東京女子医科大学医学部

東京女子医科大学医学部
口コミ 勉強法(20)/ 面接対策(12)/ 小論文対策(8)/ 大学生活(19
偏差値 64.370位/82校 国家試験合格率 92%36位/80校
学費 33,916,000円16位/31校 男女比 男-:女100女子比率 1位/82校

東京女子医科大学医学部の受験・入試情報(2019年度)

入試実績

方式 定員 受験者数 合格者数 倍率(私立大平均)
一般 75名 1,333名 148名 9.00倍(23.60倍)
推薦 20名 57名 24名 2.40倍(4.60倍)
推薦(指定校) 15名 15名 15名 1.00倍(4.60倍)

入試日程

方式 試験日 合格発表 出願期間 受験料
一般 19/01/24
19/02/06
19/02/07
11/27 11/01~11/12 60,000円
推薦 18/11/21
18/11/22
11/30 11/30~11/30 60,000円
推薦(指定校) -
02/12 12/17~01/22 60,000円

試験科目

【一般】

試験 数学 理科 英語 国語 地・公 面接 その他(小論文など) 総点 合格者
得点率
1次試験 100 200 100 400 非公開
2次試験 非公開
<科目詳細>
1次試験:【外国語】コミュニケーション英語ⅠⅡ 【数】数ⅠⅡⅢAB(数列・ベクトル) 【理】物理基礎・物理/化学基礎・化学/生物基礎・生物から2 【小論文】評価は1次選抜では使用せず、2次選抜時に使用 【適性検査】評価は1次選抜では使用せず、2次選抜時に使用
2次試験:【面接】 ※1次試験合格者に2次試験を課す。判定条件は非公開。 ※詳細は大学HPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください

【推薦】

試験 数学 理科 英語 国語 地・公 面接 その他(小論文など) 総点 合格者
得点率
- 非公開 非公開
<科目詳細>
-:志望理由書、自己評価書、出身学校長の推薦書、調査書など提出された全ての書類及び適性試験、受験生による小グループ討論、面接試験の成績を総合し、合格者を決定します。

【推薦(指定校)】

試験 数学 理科 英語 国語 地・公 面接 その他(小論文など) 総点 合格者
得点率
- 非公開 非公開

東京女子医科大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

勉強法の口コミ

【入学年度】2016年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:53  入学直前期:60ID:5331

参考になった:2
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
センター試験は量をこなすようにしていました。長文で間違えたところはどうして間違えたのか分析していました。
私立大の問題は学校によって傾向が様々なので、予備校のテキストで基本的な読解力を身につけるとともに、過去問で出てきた単語はオリジナルの単語帳に書いて覚えていました。
【参考書】
河合塾のテキスト
単語王
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
センター試験は量をこなすようにしていました。時間短縮が課題だったので、計算の仕方を毎回工夫するようにしました。
センター試験も私立大の入試に対しても、基礎力がないといけません。
予備校の先生にオススメされた「定理の証明を暗記して自分で証明できるようにする」「同じ問題を完璧に解けるようにする」ことを意識しました。
予備校のテキストは7回ぐらい繰り返し解きました
【参考書】
合格る計算
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
生物。センター試験は知識と考察の問題が半々ずつ出るので、まず知識は教科書と図説を何回も読み返し暗記しました。
考察の問題は過去問を解くことでパターンを理解しました。
私立大は記述が出るので、限られた語数でポイントを入れ込むという練習をしました。先生の模範解答を見て入れなければいけないポイントを押さえるようにしました。
化学。センター試験も私立大もとにかく基本問題を解いて、同じ問題は完璧に解けるまで繰り返しました。化学はパターンが決まっているので繰り返し練習すればできるようになりました。
【参考書】
生物図説数研出版
所属する大学を目指す受験生にメッセージがありましたらお願いします。
私は共学出身で、女子大の医学部は想像もつかなかったですが、友達も先生もみんな良い人です。
女子にしかわからない将来への不安も、卒業生の先生に相談できるので心強いです。
女子医大に特徴的なテュートリアルは、自分から意見を言ったりをしたり他人の意見を聞きながら理解を深められるし、他人と協力して問題解決する能力が身につきます。
医師に必要な力だと思います。

勉強法の口コミ

【入学年度】2018年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:55  入学直前期:65ID:5313

参考になった:2
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
英語のセンター試験ではリスニングの比重が割と大きいので耳慣れするように、通塾中に聞いたり、発音アクセントは問題集を買って対策をしたりしていました。
【参考書】
桐原書店から出ている頻出英文法・語法問題1000
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
センター試験は慣れなので、特に数学は毎日過去問や駿台や河合塾が出すセンター対策の問題集を解いていました。
私立の場合、大学によって傾向が違うのでその大学の過去問を解き、できないところや分からないところをチャートで復習していました。
【参考書】
青チャートIAⅡBⅢ
フォーカスゴールド
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
物理化学受験でした。
幅広くセンター試験は出るので苦手を作らないことが鍵だと思います。河合塾のテキスト、セミナー、センサーを完璧にやることを心がけていました。
【参考書】
名門の森、センサー化学、体系物理
所属する大学を目指す受験生にメッセージがありましたらお願いします。
私は共学育ちで女子校に初めは慣れませんでしたが、仲良くなると楽しいし、将来のことを考えると医学部で同性の友達がたくさんいることは励みになると思います。
楽しい大学生活を送れるように、受験勉強頑張って下さい!

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2016年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:53  入学直前期:60ID:5522

参考になった:4
口コミ評価
4.0
就職・進学
-
授業・実習
5.0
部活・サークル
4.0
研究
4.0
国家試験・資格
4.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
4.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
女子医大発祥のテュートリアル授業が特徴です。7-8人のグループになって、ある課題について議論して、分からないところは次回までに各自参考書で調べます。
各自持ち寄った知識を発表しあい、議論を進めて解決に導いて行きます。講義で習ったことを深く理解できます。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
すべて部活動で、けっこう頑張っている部活が多い。部活によっては他大との交流があって楽しそう。運動部は年一回の東医大という大会でも結構活躍してるみたい。
先生たちも部活に参加することをかなり勧めてます。文化祭は内輪で楽しむ感じで楽しいけど他の大学に比べたら規模は小さいです。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
となりに大学病院があるので、お昼を買いに行くにも患者さんや医療従事者とすれ違います。最初は医学部に来たんだなって感じがしました。
女子医大は入試会場も人も派手なイメージだったんですが、校舎が古くて狭いのがイメージと違いました。でも数年後には新校舎が建つのでよかったです。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
曜日によって実習が早く終わったり長引いたりするので、最初はなにもわからなくてアルバイトの予定などを入れにくかったです。
講義で学ぶ内容を大学ごとに知れていればよかったかなぁと思います。
大学によっては一年は数学とか社会とか、医療に関係ない基礎科目を勉強するみたいなので。でもその点女子医大は一年生から医学を学べるので入ってよかったと思いました。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
女子医大特有のカリキュラムで医師になるためにいろんなことを学べます。先生方は学生のことを大事に考えてくださり、悩みも聞いてくれます。
女子しかいないので、将来仕事と家庭を両立できるかどうか不安なことがあっても、周りにはたくさんの卒業生の先生がいるので将来像がいろいろ考えやすいです!
テュートリアルと実習が充実していて、講義の内容をそこで理解できます。
大学の学費補助を受けていますか?
受けている
奨学金名
日本学生支援機構
貸与額
100,000円/月

大学生活の口コミ

【入学年度】2018年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:55  入学直前期:65ID:5504

参考になった:2
口コミ評価
4.0
就職・進学
-
授業・実習
4.0
部活・サークル
3.0
研究
4.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
教養科目が少なく、1年から医学を学ぶ。解剖実習は2年前期に行う。
チュートリアルやTBLといった少人数制の授業が割と多く、自ら問題点を発見し、自己学習をし、それを皆の前で発表し、情報共有をし、知識を深めていくスタイルを大学は重要視している。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
●●●部に所属している。基本は週2プラス練習試合。春と夏に合宿がある。夏に関しては、練習、合宿、東医体で1ヶ月という短い夏休みの半分を部活にとられてしまう。
学園祭は、部活ごとに出店がある。1年生ダンスと部長会ダンスがみもの。その他にも、軽音部やダンス部のライブや講演がある。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
思ったより、皆キツキツすぎず、自由で和やかな雰囲気。あまり大事ではない授業は、抜け出して遊びに行ってしまう人も多くいる。部活に熱心な人が多い。
部活によっては上下関係がとても厳しい部活も存在する。教授との距離が近く、勉強をよく教えてもらえる。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
長期休みの長さや、レポートの大変さ、おすすめの参考書、どの部活が良いか、海外留学先の種類や課題、充実度、将来どの病院に進むかなどの先輩たちの進路、女性医師としての家庭と仕事との両立具合、他大学との関わり
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
女子だけしかいないので、ラク。医学部は女子が少ないが、皆女子なので女の友達がたくさんできる。
将来医師になったとき同性の相談相手が豊富にいることは大事であるし、ロールモデルとなる先輩が数多くいるので将来設計がしやすい。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

東京女子医科大学医学部と偏差値の近い 私立大学

東京女子医科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
東京女子医科大学医学部の画像はUser:Kentinさんから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル