医学部受験に役立つ情報や合格者の口コミを多数掲載!
あなたの知りたい医学部受験・入試情報を各大学情報や偏差値・学費のランキング、医学部合格者の
口コミなど様々な観点から調べることができます。

医学部予備校マニュアル -医学部専門の予備校・塾・家庭教師のご紹介- 全国の医学部専門予備校・塾・家庭教師の情報をお探しの方はこちら

医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

東海大学医学部の口コミ

【入学年度】2018年()【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:63ID:6003

参考になった:0
勉強法の口コミ
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
センター試験
:各予備校が出している予想問題などではなく、センター試験の過去問を15年分ほどさかのぼって対策した。間違えた問題はチェックしておき。2周目以降に再度トライ→正答が導けるように対策した。

2次試験
:同じく過去問(赤本)で対策を行った。私立大学は大学レベルを超えた知識を問うてくる重箱の隅をつつくような出題があるため、そのような問題は深追いせず、あくまでも参考書や教科書レベルの知識を正確に理解することに努めた。
【参考書】
英作文:ドラゴン・イングリッシュ基本英文100
英文法:ドラゴン・イングリッシュ必修英文法100
指導内容がぶれると混乱するため,なるべく著者を揃えて包括的に理解するように努めていた。
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
センター試験
:苦手な科目だったので、なるべく優しい問題を扱った問題集から取り組んだ。苦手意識をなくすため、図やイラストが豊富なテキストを選んで何度もとき直した。対策自体はセンター試験過去問を10年分ほど解き、理解を深めた。

2次試験
:予備校の指導を受け、受験生が解けるべきレベルの問題を取りこぼさないように対策した。
【参考書】
・やさしい高校数学シリーズ
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
センター試験
:生物と化学を受験した。生物は得意科目であったため、「大森徹の最強講義117講 」など深い知識をつける参考書を熟読した。植物の発生など苦手な受験生が多いと思うが、センター試験で問われる範囲はなるべくバランス良く習得した。
化学は「理系大学受験 化学の新研究」を辞書代わりに手元に置き、丸暗記ではなくなるべく現象を理解するよう努めた。

2次試験
:グラフ読み取りや計算問題など、暗記では太刀打ちできない出題があるため、専用の書籍などで対策した。
【参考書】
・大森徹の最強講義117講
・理系大学受験 化学の新研究
所属する大学を目指す受験生にメッセージがありましたらお願いします。
様々な経歴の学生を受け入れている大学で、色々な価値観を持った同級生と触れ合えます。講義に熱心な先生も多く、積極的に医学を学びたい学生にはおすすめできると思います。ただ、医療系キャンパスが独立した狭い世界で生活することになるので、意識しないと人間関係が狭くなってしまうかもしれません。他の学年、キャンパス、アルバイトなどで幅広い人間関係を作るというに心がけると良いかもしれません。

杏林大学医学部の口コミ

【入学年度】2019年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:70  入学直前期:65ID:6002

参考になった:0
勉強法の口コミ
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
センター試験:筆記のほうに関してはこれといった特徴的な対策はせずとも過去問で9割以上は取れていたので、過去問を5年分ほど解いて時間配分をどうしていくかの研究を行いました。リスニングのほうに関しては高校で対策をしてくれていたので模試で9割は安定していました。そのため自分では対策をしませんでした。
二次試験:構文と和訳を中心に夏までは演習していました。単語は塾のテストに合わせて進めていました。秋以降は過去問演習を中心に実践的に対策しました。
【参考書】
単語はシステム英単語。長文はやっておきたい英語長文シリーズをやっていました。
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
センター試験:特別な対策はしてないです。センターの過去問を5年分くらいは解きました。
二次試験:塾で先生が持ってきた問題(過去問が多いです)の解説を中心に苦手分野は1対1対応などで勉強しました。
【参考書】
ある程度基礎があるのであれば1対1対応の演習がおすすめです。基礎は青チャートがいいと思います。
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
センター試験:私は化学生物選択でした。両方とも塾や学校の授業を中心に勉強し、センターの過去問とセンター予想問題などをかなりの量をこなしました。
2次試験:化学は過去問をやって、苦手分野を重要問題集でつぶすという方法で行っていました。生物も過去問と学校の先生の自作問題集で対策していました。
【参考書】
化学は重要問題集、生物は大森徹の最強講義117講です。
受験生時代の国語(現代文・古文・漢文)の対策を具体的に教えてください。
センター試験:現代文は学校の先生に現代文の参考書を借りてそれを中心に解き方を学び、過去問演習を行いました。古典は塾で授業を受けて、過去問演習を行いました。
二次試験:なし
【参考書】
出口先生の現代文講義の実況中継です。
受験生時代の社会(地理・世界史・日本史・現代社会・政治経済・倫理等)の対策を具体的に教えてください。
センター試験:地理選択でした。学校の授業をひたすら真面目に受け、定期テストはまじめに取り組みました。自分で勉強し始めたのは1月に入ってからで、一週間前からはほぼすべてを地理に使いました。
二次試験:なし
【参考書】
学校の教科書をひたすら読みました。
所属する大学を目指す受験生にメッセージがありましたらお願いします。
杏林大学は国立落ちよりも私立専願の人が多いイメージです。医学部専門予備校に行ってる人であればその中で上位の成績をコンスタントに出していれば受かると思います。杏林大学に受かるというよりも医学部全勝を狙うくらいの勢いで勉強すればオーバーキルできます。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

東海大学医学部の口コミ

【入学年度】2018年()【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:63ID:6010

参考になった:0
キャンパスライフの口コミ
口コミ評価
4.0
就職・進学
-
授業・実習
4.0
部活・サークル
3.0
研究
4.0
国家試験・資格
4.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
医学部のキャンパスだけでなく、他の学科と共通で学ぶ教養科目がある。1年次で個別体験学習という実習科目があり、ランダムに振り分けられ病棟を回ってオペ・外来を見学したり、事務・栄養・看護などといった関連部署を見学できる。2年次では福祉施設での2週間程度の実習があり、介護・福祉の現場を勉強できる。高学年では、アメリカ・イギリス・デンマーク・タイなどの医学部での臨床研修も希望できる。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医療系キャンパスが独立しているので学園祭の規模は小さく、参加したことはない。部活によっては他学部と共同で練習しているところがあり、交流はできると思う。病棟でのボランティアを行うサークルや、臨床推論などの医療系のサークル活動もある。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
分子生物学や免疫学など、基礎医学をMDでない先生から教わることができる。国試対策だけにとどまらない、研究の世界の魅力を感じさせてくれる。面倒見の良い先生が多いので、積極的に学びたいと声を上げると、授業・実習以外でもどんどん参加する機会が与えられる。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
最寄り駅から15分以上歩くことになるので、殆どの学生は学校の近くに居を構えている。遠方から通う学生は、実習の多い1・2年は遅刻ができず大変だと思う。1年の秋から専門科目が始まるので、(予習などは不要だが)心構えはしておいたほうが良い。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
面倒見の良い先生が多いので、自分の気になる分野の研究室に出入りしたり、有志で勉強会に参加させてもらったりと、学びたい人にとっては良い環境だおともう。ランチョンミーティングという昼休みを使った勉強会のようなものが定期的に開催されており、お昼ごはんを食べながら参加できる。関連病院のドクターなど、色々な先生の話を聞くことができ、面白い。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

杏林大学医学部の口コミ

【入学年度】2019年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:70  入学直前期:65ID:6009

参考になった:0
キャンパスライフの口コミ
口コミ評価
2.0
就職・進学
-
授業・実習
2.0
部活・サークル
4.0
研究
4.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
2.0
施設・設備・立地
2.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1年の時に地域体験学習で医療とはあまり関係のないボランティア活動がある。私は学童保育でボランティアを行った。活動終了後にはそれらの経験を踏まえて課題などをまとめてそれを教授たちの前でプレゼンをした。ボランティア先の人もいらしていた。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学部と看護学科が同じキャンパスなので部活動はそこだけ合同であるがそれ以外の学部とはかかわりはほぼない。活動が厳しいところもあるが緩いところもある。学園祭はあるが医学部は一日参加である上に申請をしないと参加できないのであまり参加している人はいない。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
思ったより教授との距離が近く質問や雑談はしやすかった。むしろ話しかけてくれることに対して嬉しいと感じている教授もいるぐらいでそこは驚いた。思ったよりテストが多く、勉強は大変だった。特に一年の後期は三か月でテストが5個ある。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
各大学のシラバスなどが公開されている場合はそれを見て授業の量などをチェックしておくと吉。もちろん大学生の先輩の知り合いがいる場合はその人に聞くなりして進級の楽さというのを知っておいたほうが良い。また、成績が良いからと私立の医学部に進むと途中で挫折する可能性があるのでそれは気を付けたほうが良い。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
都会過ぎず、しかしながら吉祥寺にはバスで15分ほどで行けるため都会過ぎるのが苦手な人はおすすめ。テストの量が多くて大変だがしっかり勉強したい人であれば、教授たちも丁寧に対応してくれるため非常に勉強しやすいとは思う。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

医学部専門の予備校・塾・家庭教師を探す

医学部予備校マニュアル
医学部受験生のあなたにピッタリな予備校・塾・家庭教師を探せます。
各予備校毎の指導方法やカリキュラムの特徴、自習室の紹介、合格した生徒の事例など、医学部予備校マニュアルでしか知りえない有益な情報を提供しています。

医学部受験マニュアルとは?

利用者数 No.1の医学部受験・大学選びに役立つ口コミサイトです!

医学部受験マニュアルは、医師を志す受験生やその保護者のための大学情報サイトです。医学部受験マニュアルでは、国内の全82大学の医学部医学科を網羅し、偏差値、学費など自分に合った大学選びに役立つ受験情報を掲載しています。
在学中の医学生の先輩達から集めた、合格に最適な勉強法や実際の大学生活といった生の声を紹介しており、他のサイトにはないリアルな口コミを見ることができます。 口コミだけでなく偏差値、学費のランキング、各大学の受験情報を見ながら、気になる大学を比較・検討することができます。
また医学部予備校マニュアルでは、医学部受験に特化した医学部専門の予備校・塾・家庭教師を紹介しています。医学部受験において予備校・塾・家庭教師選びは重要になってきます。大学毎に合格実績のある予備校・塾・家庭教師がわかるので、志望校合格に最適な予備校・塾・家庭教師を探すことができます。
ぜひ、医学部受験マニュアルをご利用ください。

※2016年版医学部受験情報サイトの利用に関する市場実態把握調査 実査委託先:楽天リサーチ(2016年10月)

■運営会社「(株)イトクロ」のご紹介
イトクロは、「日本の教育情報をまとめ、最適な教育機関選びを可能にする」ことを目指して、教育関連メディアサービスを 制作・運営している会社です。当サイトに加え、利用者数No.1の塾・予備校検索サイト
塾ナビ」、日本最大級の家庭教師検索サイト「家庭教師比較ネット」、大学~幼稚園まであらゆる学校の情報が満載の「みんなの学校情報」など様々な教育系サイトを運営しております。