医学部受験に役立つ情報や合格者の口コミを多数掲載!
あなたの知りたい医学部受験・入試情報を各大学情報や偏差値・学費のランキング、医学部合格者の
口コミなど様々な観点から調べることができます。

医学部予備校マニュアル -医学部専門の予備校・塾・家庭教師のご紹介- 全国の医学部専門予備校・塾・家庭教師の情報をお探しの方はこちら

医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

高知大学医学部の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:62  入学直前期:67ID:3648

参考になった:1
勉強法の口コミ
志望理由は何ですか?
高校の評定平均が4.8あり、それを生かしたかったので、AO・推薦で入れる医学部を探した。
そんな中、高知大学のAOはセンター試験が必要ないタイプの入試であることを知り、入試時期も早かったのでチャレンジしてみようと決めた。
塾や予備校には通っていましたか?
現役:早稲田塾
浪人:河合塾
通っていた塾・予備校の講師について教えてください。
【河合塾について】
講師陣が東大、京大、東工大卒と高学歴で授業の質が非常に高かった。
私は河合塾の「トップレベル医進」というクラスで授業を受けていたが、特に数学と理科の講師はレベルが高く、入試に出るポイントを的確に指導してくれた。
また、正攻法では時間がかかりすぎてしまう問題に対する裏技も教えてくれた。
通っていた塾・予備校の指導方針・カリキュラムについて教えてください。
河合塾は毎年、その年の入試問題を参考にしてテキストを練り直している予備校だと聞いていたので、最新の入試問題にも対応できる予備校であると思い安心感があった。
一方で、河合塾はあくまでも一般入試で合格するための予備校であったため、AO・推薦狙いの私には情報不足な面もあった。
通っていた塾・予備校の教室内の環境(雰囲気)について教えてください。
【河合塾について】
私の教室は、他の教室と違い「勉強部屋」という印象が強かった。
具体的には、授業の休憩中やお昼どきにもほとんど話し声が聞こえず、聞こえるのはシャーペンで文字を書く音だけだった。
一方で、他の教室は、まるで高校の休み時間のように少し騒がしいくらいだった。
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
センター試験は、1週間に1年分くらいのペースで解いた。
リスニングは苦手だったが、センターの2か月前からの対策で十分間に合った。
【2次試験】
長文と英作文が苦手だったので、2日に1回くらいは触れるようにしていた。
あまり参考書は使っておらず、国立医学部の赤本を繰り返し解いた。
【参考書】
単語は「システム英単語」、文法・語法は「VINTAGE」を使用した。
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
1週間に1度は数1Aと数2Bの過去問を解いた。
「本番は時間が足りずあせる」と常々言われてきたので、タイマーを50分に設定して解く練習をした。
【2次試験】
数3の微分・積分が絶望的にできなかったので、他の分野の時間を犠牲にして、問題演習にあてた。
【参考書】
数1A2Bは「4STEP]、数3は「サクシード」を使って対策した。
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
化学と物理を受験した。
こちらも1週間に1年分はそれぞれ触れるように努めた。
間違える問題は基本的な内容であることが多かったので、教科書等で必ず確認した。
【2次試験】
化学と物理を受験した。
国立医学部の過去問を解いて、間違えたら教科書で確認、もしくは学校の先生に聞くという勉強法で対策した。
どうしても苦手な分野だけ、他の参考書で補強した。
【参考書】
化学「セミナー化学」、物理「重要問題集」
受験生時代の国語(現代文・古文・漢文)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
学校の授業はもっぱらセンター演習だったので、学校の授業外でセンター演習することはなかった。
もともと国語はできる方だったので予備校等でもあまり対策しなかった。
【2次試験】
2次試験はなかった。
【参考書】
評論の点数があまり伸びなかったので、「ちくま評論」という参考書を使った。
受験生時代の社会(地理・世界史・日本史・現代社会・政治経済・倫理等)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
倫政を選択した。
社会科目の対策をおろそかにしていたので本格的に勉強を始めたのはセンターの3か月前からだった。
時間がなかったのでセンターを解きながら、間違えたら教科書で確認し暗記、を繰り返し行った。
【2次試験】
2次試験はなかった。
【参考書】
特に使用した参考書はなかった。
所属する大学を目指す受験生にメッセージがありましたらお願いします。
東大や京大と違って、ここはやるべきことをきちんと毎日こなしていれば入ることができる大学だと感じる。
安心して受験すべき。

秋田大学医学部の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:68ID:3647

参考になった:0
勉強法の口コミ
志望理由は何ですか?
東北地方に住んでいたことがあり、馴染みがあったことと、後期日程のある大学の中で合格の可能性が最も高いと判断したため
塾や予備校には通っていましたか?
浪人…河合塾
●おススメポイント
数学や理科などの添削を受けられる機会が沢山あり、国公立受験をしたい人は記述力が鍛えられていいと思います!
通っていた塾・予備校の講師について教えてください。
受験で求められているレベルがどの程度なのか常に伝えてくれた。
耳の痛い話もたくさんあったが、目安としてとても参考になった。
また、特に数学では、基本の大切さ、以下に基本を身につけるのが大変かを教えてもらうことができ、着実に力をつけることができた。
通っていた塾・予備校の指導方針・カリキュラムについて教えてください。
前期は医学部入試に偏らず基本的な問題を幅広く解き、後期は医学部入試にまとを絞った問題を解いた。
通っていた塾・予備校の教室内の環境(雰囲気)について教えてください。
静かで、それぞれが集中して勉強できる環境だった。
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
【センター】
見直しの時間が取れるようにスピードを意識して解いた。
また、スピード感が鈍らないように秋頃から最低週に一度は解いた。
【二次試験】
国公立は記述式が多く、自己採点が難しいので、過去問を解いたら先生に添削をしていただいて、回答の書き方を練習した。
【参考書】
フォレスト
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
【センター】
苦手だったので、過去問20年分をまず単元ごとに解いてつまずきやすいポイントを分析した。
【二次試験】
河合塾のTテキストの問題を三周した。
また、基本事項集を利用して、基本的な定理を証明できるようにした。
【オススメの参考書】
河合塾基本事項集
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
化学は、模試や予備校のテキストで出題のあった無機や有機の知識事項をリストアップして、間違えたものは暗記カードに書いて通学の電車の中で毎日見ていた。
【二次試験】
過去問を解いて、添削してもらっていた。
【参考書】
名門の森
受験生時代の国語(現代文・古文・漢文)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
夏前までは時間を、気にせず、根拠を明確にして解くことを意識した。
ただ、本番はとにかく時間との戦いなので、夏ごろから毎週一年分解いて、スピード感を養った。
また、古文の単語は暗記カードを作って電車の中で見ていた。
【二次試験】
なかった。
【参考書】
過去問が一番勉強になると思います。
受験生時代の社会(地理・世界史・日本史・現代社会・政治経済・倫理等)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
過去問を解いて、間違った問題の解説分を丁寧に読み、あやふやなところがあれば、自分なりにタイトルを付けてノートにまとめた。
日本史での受験だったので、流れを掴みたいときは、例えば、藤原摂関家確立までの過程、などというタイトルでノートにフローチャートのような形で書いていた。
また、センター試験は教科書からしか出ないので、ノートを作るときは教科書を情報源にしていた。
【二次試験】
なかった
【参考書】
山川出版の教科書
所属する大学を目指す受験生にメッセージがありましたらお願いします。
地方の大学として地域医療を支えるため奮闘している医師の先輩がたくさんいらっしゃいます。
将来臨床家として目の前の人の役に立ちたいと思っている人にオススメですよ!

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

高知大学医学部の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:62  入学直前期:67ID:3710

参考になった:2
キャンパスライフの口コミ
口コミ評価
4.0
就職・進学
4.0
授業・実習
3.0
部活・サークル
3.0
研究
3.0
国家試験・資格
3.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
2.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
高知大学の実習(私は1年生なので1年生の実習しか知らない)で特筆すべきは、「EME初期臨床医学体験」と「家庭医道場」だと思う。
前者は1年生が医療現場を自分の目で見れる実習で、職場体験とインターンシップの中間のようなものである。
後者は希望制の実習ではあるが、地域医療を田舎の中で実際に体験できる。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
ほとんどの医学生が体育会系の部活動に所属する(兼部含め)。
体育会系のサークルは数えるほどしか存在せず、多くが高校のような厳しめの部活動である。
文化系の部活を取ってみても、他の大学のようなゆるゆるとした雰囲気の部活はそんなに多くなく、ある程度のマナーは求められる。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
「大学受験に合格すればそこでおしまい」と考えていたが、思った以上に「留年」が身近にあることに気づいた。
私の大学の生徒の多くが一人暮らしなので、親元から離れてしまい規律正しい生活を送るのが難しくなっているというのも、この大学に入学して気付いたことである。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
大学がある場所は思っている以上に田舎にある。
大学の近くにスーパーやレストランはなく、最短でも車で15分程度かかる。
また、1年生は1週間に1度本学のほうで教養科目を学ぶ必要があるが、医学部から本学まで車で45分ほどかかるので、車は必須と考えたほうが良い。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
一応、総合大学であるがいつも一緒にいるのは医学部医学科の110人だけなので、必然的にお互いの仲が深まる。
また、高知は全国で最もお酒を飲む県なので、頻繁に飲み会が行われるのも特徴の一つである。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

秋田大学医学部の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:68ID:3709

参考になった:0
キャンパスライフの口コミ
口コミ評価
4.0
就職・進学
5.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
4.0
研究
3.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
3.0
施設・設備・立地
2.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
一年次秋から大学病院や県内の各病院での実習が2週間に一度のペースである。
ここ数年カリキュラム改革が進んでいて、大きな方向性としては実習の増加である。
教養過程が短縮され、専門過程が一年次から始まっている。
また、5年生6年生は海外の大学や医療機関などでの臨床実習が可能らしい。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医療系キャンパスは他学部キャンパスと少し離れているので、部活も医学部部活がある。
秋田大学医学部では医学科だけでなく、看護学や作業療法、理学療法の人達と一緒に部活をやっている。
ただし医学科の生徒でも全学の部活に入っている人もいるし、全学の部活と練習試合をしたりすることもよくあるので、他学部との交流もある。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
低学年のうちは座学ばかりかと思っていたら、実習がとても多いくておもしろい。
病院見学だけでなく腹部エコーや心エコーの練習もさせてもらえる。
ただ、どこの大学も同じかもしれないが、一年生のうちから予想以上の勉強量が求められる。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
医学部の先生は教育者というより、研究者であるということ。
高校や予備校のように懇切丁寧には教えてくれないので、自学が大事だと思います。
また、学ぶ知識の量が高校までより飛躍的に増えるので、過去問中心の勉強をするなど、高校までの勉強方から転換する必要があること。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
実習が低学年次から多く、実際の医療現場を見て刺激を受ける機会が多くあります。
また、シュミレーションセンターというものがあり、エコーや内視鏡の練習を、学生のうちからすることができますね。
地方の大学として地域医療を支えようと奮闘してらっしゃる先輩がたくさんいらっしゃるので、臨床家を目指す人にオススメです。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

医学部専門の予備校・塾・家庭教師を探す

医学部予備校マニュアル
医学部受験生のあなたにピッタリな予備校・塾・家庭教師を探せます。
各予備校毎の指導方法やカリキュラムの特徴、自習室の紹介、合格した生徒の事例など、医学部予備校マニュアルでしか知りえない有益な情報を提供しています。

医学部受験マニュアルとは?

利用者数 No.1の医学部受験・大学選びに役立つ口コミサイトです!

医学部受験マニュアルは、医師を志す受験生やその保護者のための大学情報サイトです。医学部受験マニュアルでは、国内の全82大学の医学部医学科を網羅し、偏差値、学費など自分に合った大学選びに役立つ受験情報を掲載しています。
在学中の医学生の先輩達から集めた、合格に最適な勉強法や実際の大学生活といった生の声を紹介しており、他のサイトにはないリアルな口コミを見ることができます。 口コミだけでなく偏差値、学費のランキング、各大学の受験情報を見ながら、気になる大学を比較・検討することができます。
また医学部予備校マニュアルでは、医学部受験に特化した医学部専門の予備校・塾・家庭教師を紹介しています。医学部受験において予備校・塾・家庭教師選びは重要になってきます。大学毎に合格実績のある予備校・塾・家庭教師がわかるので、志望校合格に最適な予備校・塾・家庭教師を探すことができます。
ぜひ、医学部受験マニュアルをご利用ください。

※2016年版医学部受験情報サイトの利用に関する市場実態把握調査 実査委託先:楽天リサーチ(2016年10月)

■運営会社「(株)イトクロ」のご紹介
イトクロは、「日本の教育情報をまとめ、最適な教育機関選びを可能にする」ことを目指して、教育関連メディアサービスを 制作・運営している会社です。当サイトに加え、利用者数No.1の塾・予備校検索サイト
塾ナビ」、日本最大級の家庭教師検索サイト「家庭教師比較ネット」、大学~幼稚園まであらゆる学校の情報が満載の「みんなの学校情報」など様々な教育系サイトを運営しております。