北里大学医学部

北里大学医学部
口コミ
口コミ評価
4.0
  • 勉強法(10
  • 面接対策(6
  • 小論文対策(5
  • 大学生活(9
偏差値 63.8偏差値 77位/82校
学生数 750人【男性:57.5%・女性:42.5%】
女子比率 4位/82校
6年間で
必要な学費
33,200,000円 (学費 15位/31校
医師国家試験
合格率
93%(合格率 30位/80校

北里大学医学部の偏差値

2017年
63.8 ランキング  77位/82校
2016年
63.5
2015年
64.5
2014年
62.3
2013年
61.7
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
71 64.3 帝京大学 私立 東京都
71 64.3 愛知医科大学 私立 愛知県
74 64.0 藤田保健衛生大学 私立 愛知県
74 64.0 聖マリアンナ医科大学 私立 神奈川県
74 64.0 東海大学 私立 神奈川県
77 63.8 北里大学 私立 神奈川県
78 63.7 秋田大学 国公立 秋田県
79 63.3 岩手医科大学 私立 岩手県
80 62.5 埼玉医科大学 私立 埼玉県
80 62.5 獨協医科大学 私立 栃木県
82 61.2 川崎医科大学 私立 岡山県

北里大学医学部の学費

6年間学費総額 33,200,000円 ランキング 15位/31校
1年次学費総額 9,000,000円 2年次以降学費(年間) 6,400,000円
1年次学費 入学金 1,500,000円
授業料 3,000,000円
教育充実費 3,500,000円
委託徴収金 -円
その他 1,000,000円
合計 9,000,000円
2年次以降学費(年間) 6,400,000円
6年間学費総額 33,200,000円

北里大学医学部の奨学金

北里大学給付奨学金給付

金額 -円
期間 原則採用年度1か年以内 ※次年度以降も申請可
条件 【25名程度】2年次以上対象。原則として学業成績が上位3分の1以内の者。家計状況の急変または経済的理由等により学費の支弁が困難と認められる者で、かつ勉学に強い意欲を持ち、人物が優秀で成業の見込みがある者。また日本学生支援機構奨学金の貸与を受けている者

北里大学医学部地域医療医師養成修学資金貸与

金額 1,200,000円 ~ 7,200,000円
期間 2か年以内
条件 【8名以内】5・6年次対象。学業成績に問題がなく人物が優れている者であり、かつ北里大学病院・東病院または北里大学メディカルセンターにおける卒後臨床研究を受ける意思を有する者

北里大学貸与奨学貸与

金額 600,000円
期間 採用年度1か年以内
条件 【年間10名程度】主たる家計支持者の失職、死亡または災害による家計急変、その他経済的理由により学費の支弁に支障が生じた者で、家計の収入が日本学生支援機構第二種奨学金の対象となる家計基準を超えていないこと

北里大学PPA給付奨学生給付

金額 -円
期間 原則採用年度1か年以内
条件 【年間6名程度】北里大学給付奨学金と同様

北里大学PPA貸与奨学生貸与

金額 600,000円
期間 採用年度1か年以内
条件 【年間8名以内】学費の支弁が困難と認められる者で、かつ勉学に強い意欲を持ち、人物が優秀で成業の見込みがある者で、家計の収入が日本学生支援機構第二種奨学金の対象となる家計基準を超えていないこと

北里大学学生表彰による奨励金(北島賞)給付

金額 100,000円
期間
条件 【各学年2名程度】前年度の学業成績並びに人物が優秀な者

北里大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

小論文対策の口コミ

【入学年度】2016年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:64  入学直前期:71ID:4827

参考になった:6
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
チーム医療についての中程度の長さの文章があり、それについての自分の考えを述べよ、という問題だったと思う。
チーム医療と、医者中心の医療の対比を使って、チーム医療がいかに優れているかということを書いた。
ただ単にチーム医療がすごいと褒めるのではなく、こういうデメリットもあるが総合的にはチーム医療が優れているという結論に持って行った。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
予備校の授業で小論文があったためそれを受けていた。
毎週一回授業があり、問題を解いて、次週に添削された答案を元に解説が行われた。
一年を通してこの授業があったため、これだけで小論文の力はついた。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
一番大切なことは、設問をしっかり読むことということを教えられた。
いくら素晴らしい考えを持っていて、それを答案用紙に書いたとしても、設問の意図からずれていれば0点になるからである。
設問をしっかり読んで、出題者は受験生に何を聞いているのか、そこを必ず分析していた。
設問の意図からずれていなければ、絶対に点数は取れるはずである。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
小論文の授業では、医学系の問題も数多く解いてきた。
解説では、知っておかなければならない単語や、医療系の知識をピンポイントで教えてくださったため効率よく知識を深めることができた。
他にも、ドクターGなど医療系の番組も見て、どんどん興味を深めていったため、それほど苦労せずに自然と知識はついていた。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
小論文は短期間で習得はできないと思う。日ごろからどれだけニュースを見て、それに対して自分の考えをどれだけ持っているかということがダイレクトに反映される試験である。
なので、勉強の合間に新聞を読んだり、ニュースを見たり社会に関してもっと興味関心を持つことが一番の対策だと思う。

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:64  入学直前期:71ID:4713

参考になった:3
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
面接形式:集団面接
人数比:面接官三人に対して受験生二人
所要時間:40分くらい
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
・中学校時代頑張ったことは?
中学校時代には●●●部に所属しており、副キャプテンをやっていました。
●●●は集団スポーツであるため、チーム力を鍛えようと人一倍声を出してチームをまとめようとしていました。

・今まで読んできた本の中で印象に残ったものは?
コードブルーです。医者を目指すうえで医療の現場の雰囲気が分かったし、救命救急医の大変さもわかりました。
これから医学部に入って医学を勉強していくうえでモチベーションアップにつながったからです。

・大学に入った後何をしたい?
●●●部に入って●●●をしたいです。中学では●●●をやっていたものの、高校では医学部に入るため部活には所属しませんでした。
なので大学では高校時代の分まで思いっきり●●●がしたいです。
当日の面接の様子について教えてください。
面接の雰囲気:
とても穏やかな雰囲気で圧迫面接とは程遠かった。僕が話しているときには面接官が相槌を打ったりしてくれて、とてもリラックスできた。

面接官:
三人とも40代くらいで、男性が2人、女性が1人だった。

会場の様子:
机を挟んで対面式であり、面接官との距離がかなり近い印象だった。

面接を受けてみた印象:
同じ質問を2人の受験生に順番に聞いていく形式だったため、もう1人の受験生と比較されている感じはした。
しかし、他の受験生の回答に惑わされないで自分の思ったことを話したほうが面接官にとっては好印象だと思った。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接対策はセンター試験が終わってから、予備校のチューターと4,5回行った。
その度にアドバイスをもらい、日に日にうまくなっていった。
僕の大学は志望動機書も必要だった。これは、夏休みが終わった後から小論文の先生にお願いして添削してもらい何度も書き直して完成させた。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
現役の時は予想される質問の答えを丸暗記していった結果、失敗してしまった。思ったことを正直に話すほうが好印象だと思い、面接対策の参考書などは全く買わなかった。
時事問題の対策だけはしっかりしようと思い、ニュースには目を向けた。医学的なニュースだけじゃなくてあらゆるジャンルのニュースを見た。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
予想される質問の答えを考えるのはいいことだが、それを暗記しようとするのは絶対にやめたほうがいい。
この質問が来たら何を話そうかということを、箇条書きにしておき後は自分の言葉で話すのが一番いいと思う。
なぜ医師になりたいのか、この大学の志望理由など絶対に聞かれそうな質問だけはしっかり考えたほうがいい。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2016年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:64  入学直前期:71ID:4560

参考になった:2
口コミ評価
4.0
就職・進学
4.0
授業・実習
5.0
部活・サークル
5.0
研究
4.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
僕の代は旧カリキュラム最後の代であり、僕の一個下の代から新カリキュラムが始まったため旧カリキュラムしか分からないが、一年生は教養科目を学び、医学的な授業はほとんどなかった。
二年になると一気に医学的な授業だらけになり、後期は解剖実習と組織学実習があり毎日午後は実習になる。
僕の大学の解剖実習のコマ数は全国の医学部でもトップクラスに多く、それをこなすのはかなり大変だったが、とても勉強になった。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
大学の学校行事として球技大会や学校際があるのだが、なぜか医学部だけはそれらの行事に関する情報が一切回って来なく、隔離されているという印象を受ける。
サークルはなく部活のみであり、ほとんどの学生が何らかの部活に参加していて、部活と勉強を両立している。
部活というのは医学部だけが入れる部活で、大会も医学部だけが参加できる大会に出場している。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
医学部というだけあって最初はみんな勉強ばかりしているだろうというイメージだった。
しかし、みんな全国いろんなところから来ており個性豊かな人ばかりでとても楽しい大学生活を送っている。
さらにみんな部活やらバイトやら、勉強以外の面に関してとても熱心に感じた。もちろんテスト前になると勉強もおろそかにせず、うまく両立をしていると思う。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
医学部は必ず一限があり、他の大学生がまだ寝ていても起きて登校しなければいけないので当たり前のことだが朝は起きれるようにしたほうがいい。
一年生はまだ大丈夫だが二年生になると一気に勉強がきつくなり、生半可な気持ちでは乗り越えられなくなる。なのでモチベーションアップのためにも、自分がどんな医者になりたいのかなどチラッと考えておくのはいいと思う。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
僕の大学は解剖学実習のコマ数が全国の医学部の中でもトップクラスに多く、また教授陣もとても熱心である。
解剖学実習は二年生の後期に約三か月行われるがそれを終えた後は、実習が始まる前と比べて比べ物にならないほど知識が入っていると思う。
コマ数が多いため実習自体一つ一つ丁寧に行えるため、是非とも真剣に取り組んだほうがいいと思う。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2014年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:50  入学直前期:65ID:4096

参考になった:4
口コミ評価
2.0
就職・進学
5.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
5.0
研究
5.0
国家試験・資格
4.0
恋愛・友人
1.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
今年からカリキュラムの変更があったので自分達の代のカリキュラムについてですが、一年生は基本的に教養が中心でした。
二年次から解剖実習があり、四年生にCBTがあり五年生の総合試験、臨床実習を経て六年生で選択実習と国家試験対策があるという感じです。
今年の一年生からはじまる新カリキュラムについては把握してないです。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学部は他学とは別に医学部だけの部活があるという感じです。
他学との交流は一部の部活を除いてほとんどありません。
体育系の部活がメインで皆何かしらの部活に入っており東医体目指して練習などを頑張るといった感じです。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
看護学部など他学と交流があるイメージがあったが実際はとても閉鎖的で他学との交流も一切なく医学部内だけで交流をするという点に驚愕しました。
カリキュラムも自分達で選ぶイメージがあったのですが全て組まれていてしかも全て必須単位でその点もイメージと違いました。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
予想以上に勉強が大変で受験生以上もしくは受験生と同等くらいの勉強量を毎年課せられる。
勉強や閉鎖的な人間関係のストレスでメンタルを病んでしまい休学するケースもあり強靭なメンタルが無いとかなりきつい。
もし入るなら何かしら趣味など別の世界を持っておいたほうがいいです。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
比較的教授や運営側が温厚でちゃんと勉強していれば留年することはないという点。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

北里大学医学部へのアクセス

所在地 神奈川県相模原市南区北里1-15-1
最寄駅 JR相模線 原当麻駅

大学解説

【歴史】 1962年設置。入試では指定校推薦枠を設けている。
【特徴】 1年次より教養科目と並行して、病院当直を体験し、医学の専門科目を学ぶことができる。3年次より独自の医学教育システムである「器官系別総合教育」がスタートし、講義は、基礎医学科目の「各論」を中心とした内容で、器官系ごとに疾病のメカニズムや治療法について学ぶ。5年次の臨床実習では、キャンパスに隣接した北里大学病院と北里大学東病院の28の診療科を各1~2週間ずつ少人数グループでローテーションしてまわり、医療現場の厳しさ、命を預かる緊張感、医師という仕事の醍醐味を経験する。

北里大学医学部と偏差値の近い 私立大学

北里大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
北里大学医学部の画像は北里大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル