東京女子医科大学医学部

東京女子医科大学医学部
口コミ 勉強法(7)/ 面接対策(4)/ 小論文対策(2)/ 大学生活(6
偏差値 65.756位/81校 国家試験合格率 90%53位/80校
学費 33,416,000円14位/30校 男女比 男-:女100女子比率 1位/81校

東京女子医科大学医学部の面接対策の口コミ

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

4件中 1-4件を表示

面接対策の口コミ

【入学年度】2015年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:65ID:1855

参考になった:2
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
個別面接は生徒1人に対して、面接官3人でした。
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
・理想の医師像

・高校で努力したこと

・大学に入ったら入りたい部活
当日の面接の様子について教えてください。
アットホームでした。

試験を受ける前に、自己推薦書を送ったのですが、その内容に沿って質問されたきがします。わたしは体育祭のことを中心に今まで自分が頑張ってきたことを発表するかたちでした。
予想していなかった質問である、あなたの理想医師像は?と聞かれた時は一瞬戸惑いましたが、落ち着いてすぐ答えるのでなく、自分で伝えたいことがなんとなく固まったら確実に答えるようにしました。また、大学に入学したらどんな部活に入りたいのかという質問に対してはおそらく大学側は、生徒がその大学に入学したあと、勉強と並行して部活をやりこなせるのかということを確認したかったのだと思います。是非部活やりたいと言った時、雰囲気が良かったです。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
学校で2.3回練習しただけで、あとは質問に答えられる練習を1人でしました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
まず、日頃から言葉遣いに気をつけていました。面接は人の第一印象が決まる為、特に慎重に取り組みました。よく、気が抜けると内転筋がゆるんで、大股開きをしてしまいますが、毎日姿勢を意識して正し、足を閉じるということを心がけることで、大事な場面でミスしないようにしました。

あとは、緊張をするとは思いますが、例えば患者さんと医師という立場から考えて見ると、患者さんはきっと親身に聞いてくれる医師に治療してもらいたいと思います。ですので、面接官ちたいしても、目と目を合わせ、相づちを適度にうち、ちゃんと真剣に聞いているということを体で示した方が印象が良いと思います。話す緊張と恥ずかしさもあると思いますが、楽しんでやるといいと思います。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
思わぬ質問を聞かれたりするので、全て対策どおりに聞かれるだろうとはじめから先入観をもたず、焦るのは当たり前、思わぬことを聞かれても焦らずちゃんと自分の言葉を使おう!という心持ちでいた方がよいと思います。また、わたしの場合は面接練習の回数が少なかったので、緊張から解放するためにも何度も納得いくくらいまで練習を積み込んでも良いのかなと思いました。

また、自分が伝えたいことがあっても、緊張の場では忘れてしまうことがあると思います。ですので、それをなるべく避ける為に言いたいことはリストにまとめ覚えておくのもよい方法ではないかと思います。わたしなそうすることで適度にスラスラ発言できたきがします。スラスラ言えなくても、質問にきちんと答えることが大切ですので、時間をかけてでもじっくり答えるようにしましょう。

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(再入学)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:65ID:1717

参考になった:0
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別面接

【面接官と受験生の人数比】
面接官3人に対して受験生1人

【所要時間】
15分前後
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】 医学部を志望した理由は何ですか?

【回答】 私は薬剤師として大学病院で勤務した際、処方提案することもありましたが、実現することがほとんどなく、薬剤師として患者さんの訴えに応えらないことを痛感しました。それがきっかけとなり、医師への憧れが高まり、医学部の再受験を決意致しました。

【質問】 他の同級生と年が離れていると思うが、うまくやっていけそうか?

【回答】 予備校でも年下の友人と良い交友関係を築くことができたので問題ないと思います。人生経験が多いので、良き相談相手となれるようにしたいと思います。

【質問】うちの大学の特徴的な教育を知っていますか?

【回答】 テュートリアル教育です。学生自らが問題点を見つけ、解決法を探る自己主導型の学習法です。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
圧迫という噂がありましたが、私が受けたときは圧迫ではありませんでした。

【面接官】
男性が2名、女性が1人でした。真ん中にいたのが学長だったので驚きました。

【会場の様子】
面接は机を挟んで対面式で行われました。

【面接を受けてみた印象】
私は再受験であったので、以前の大学の研究の話や、働いていた仕事の話、またなぜ前の仕事を辞めて医師になろうとしたのかという話を主に聞かれていたと思います。別の大学の面接では緊張して上手く話すことができませんでしたが、この大学の面接は圧迫ではなかったのであまり緊張せずに話すことができたと思います。テュートリアル教育はこの大学の特色であるので深く調べておいたほうがいいと思いました。

面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
直前期になってから(1次試験が終わった後で)予備校で対策をしてもらいました。1大学につき1回してもらいました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
予備校で面接対策のためのDVDを見て所作やマナーはを学びました。

また、毎日できるだけ新聞を読んで、時事ネタを聞かれても答えられるようにして、その時事に対する意見も自分なりにまとめていました。

面接練習では、声が小さいことを指摘されていたので、アナウンサーがやるような早口言葉を家で繰り返し練習し、はっきり大きい声で発声できるよう練習しました。

ネットで医学部でよく聞かれる質問項目について情報収集し、どう答えるかすべて考えノートに書き留めました。私は緊張すると真っ白になって言葉が出て来なかったり、どもったりしてしまうので、練習で先生を目の前にして本番さながらの雰囲気で対策をやってもらったのは良かったと思いました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
当たり前ですがその大学の面接に関する情報収集をすることです。それに対する回答が面接官にとってどう捉えられそうかということは自分で判断できないこともあるので必ず添削してもらったほうがいいと思います。毎日できるだけ新聞を読んでいましたが、直前期になると新聞を読むどころではなくなるので、前々からきちんと時事ネタに対する情報収集と意見をまとめておく必要があったなと思いました。また、ここの大学は出願時に自己推薦書で記載する分量が多かったので面接前にどんなことを書いたか確認する必要があると思います。まず1次試験の突破が必要なので、本格的な面接対策は1次試験合格後で問題ないと思うのでとりあえず1次試験頑張ってください。

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:59  入学直前期:64ID:1649

参考になった:4
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別
【面接官と受験生の人数比】
面接官3人に対して受験生1人
【所要時間】
10分程度
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
この大学の特徴は?
【回答】
テュートリアル教育です。受け身の体制で授業を聞くのではなく、能動的に調べたり議論したりできると聞いて楽しみにしています。
【質問】
好きな科目は?
【回答】
化学です。日常の現象が化学的に証明できる事に感動したのと、有機化学について勉強して医薬品に対する知識を広げたいと思うからです。
【質問】
研究に興味はありますか?
【回答】
今は産科医を目指していますが、高校生の私が狭い視野でしかものを見れていないと思うので、貴学で様々な可能性を見据えつつ勉強していきたいと思っています。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
とても和やかで、あまり緊張せず、話しやすかったです。
【面接官】
50代の学内でも偉い教授の方と、少し意地悪な質問をする40代の男性と、50代の女性の方でした。
【会場の様子】
面接は机を挟んで対面式で行われました。
【面接を受けてみた印象】
あまり難しい質問がされず面接後に心配になるくらいでした。私の学科試験の点数が合格圏内だったのかもしれないのですが、大学の友達に聞いてもそうなので、裏表なく話をする事が大切な気がします。ただ、圧迫面接だったという友達もいるので、面接官によると思います。願書に志望動機と自己アピールを書くのですが、それがしっかり書けていれば難しいことは聞かれないと思いますが、突っ込まれても大丈夫なように答えは用意しておくべきだと思います。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
塾で一度模擬面接を受けました。集団面接でしたが場慣れになりました。
その後は、一次試験の合格が分かってから、塾のサクセスレポート(去年女子医大に合格した先輩方が学科試験や面接で聞かれたことを事細かく書いているもの)を参考にして一通りの答えを考えていきました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
参考書は使っていませんでした。面接の所作やマナーは、塾の先生に教わりました。今までの女子医大の面接で聞かれたことや医学部入試の面接でよく聞かれていることた、それに対する自分の答えを、スマートフォンのメモ帳に書き出し、直前まで何度も見直しました。願書に書いた志望動機と自己アピールもコピーしたものを何度も読み、突っ込まれてもいいように質問を想定して答えを用意しました。日常的に行っていた対策としては、新聞を読んで、時事的な医療関係のニュースや理科系のニュースを切り抜いていました。面接が近ずいてきてからその記事を再度詳しく読み、そのニュースについての理解を深め、自分の見解やどうしてそのニュースに興味を持ったのかも話せるようにしていました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
同じ事をしたと思います。次世代のじ受験生へのアドバイスとしては、模擬面接は絶対受けるべきです。できれば、本番さながらの雰囲気で受けた方がいいです。本番緊張してまっしろになってしまう事が一番怖いので、集団面接でも個人面接でも受けることをおすすめします。また、女子医大の面接試験の場合あまり早くから対策する必要は無いように思われます。それよりも学科試験の対策に時間を使うべきです。参考書は使ってなかったので分からないですが、参考書を読むより、過去に出題された質問を集めて対策する方が効率がいい気がします。過去に女子医大を受験した人に聞いたり、受験情報の載ってる雑誌などに書いてあったりします。あと、願書は添削をしてもらい丁寧に書く方がいいです。

面接対策の口コミ

【入学年度】2014年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:63  入学直前期:65ID:1035

参考になった:5
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別
【面接官と受験生の人数比】
面接官3人に対して受験生1人
【所要時間】
15分前後
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
医学部を志望した理由はなんですか?
【回答】
私の住む地域では医師の数が不足しています。自分自身地域医療に興味があり、地元に貢献したいと思ったため志望しました。
【質問】
どんな医師になりたいですか?
【回答】
知識や技術が備わっているのはもちろんですが、患者さんの気持ちに寄り添えるような医師になりたいです。
【質問】
数学の成績が年々上がっていますが具体的にどんな対策をしましたか?
【回答】
高校1年で自分が数学が苦手であると自覚してから、毎日の授業の復習を怠らないようにしました。また、同じ問題集の基本問題を繰り返し解き、基礎がある程度できてから応用問題にチャレンジしました。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
圧迫ということはなく静かな面接でした。個人面接で一番最初だったので特に緊張することもなく自然体で答えることができました。
【面接官】
男性が2名、女性が1名という構成でした。男性のうち1名は入学式で医学部長だと判明しました。医学部長以外の2名は優しい雰囲気で女性の方は私が言葉に詰まったときフォローして下さいました。
【会場の様子】
小会議室で机を挟んで対面式で行われました。
【面接を受けてみた印象】
面接は特に特徴がありませんでした。回答に対し次の質問がくることが多かったので、回答を掘り下げられることもあるのだと心構えをしておくと良いと思います。また、数学の成績などの想定できない質問もあるということを認識しておくと良いと思います。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
直前1ヶ月前くらいから始めました。学校の先生に2回練習してもらったっきりでした。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接対策のために特に参考書は使いませんでした。あらかたの所作やマナーは高校受験時の面接でマスターしていたため面接の練習に割く時間を勉強にあてていました。また、その大学に通っている先輩がいたのでその方に面接された内容をお聞きしその質問に対して自分なりの回答を用意した紙を見返していました。
また、私はすべての作業を同時にしてしまう(例えばドアを開けながらお辞儀をしてしまう)癖があったので普段からそうならないよう気をつけていました。医療ニュースについては質問されると思っていたので、勉強しながらもニュースはきちんと見るようにしていました。また医療ニュース以外の時事問題が質問される可能性もあったのでニュースを見て分からなかったトピックは後で自分で調べていました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
私は大学受験時の面接において「なぜ医師になりたいのか?」という質問にたいして回答した「患者さんの気持ちに寄り添える医師」について「具体的には?」と質問されてしまい言葉に詰まってしまいました。
特に志望理由というのは抽象的になりがちですが具体性のある回答ができると良いと思います。そのためには、面接練習において質問に対する自分の回答を紙に書き出し、具体性のある回答かどうか今一度振り返ってみることが大事だと思います。
また、面接試験の際あまり目を合わせることができず、目が泳いでしまったため相手の目を見て話すということを習慣づけたいと思います。習慣になったことはたとえ緊張状態でも無意識にできると思うので、毎日目を見て話すということを意識して習慣化させてしまいたいです。

4件中 1-4件を表示

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

東京女子医科大学医学部と偏差値の近い 私立大学

東京女子医科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
東京女子医科大学医学部の画像はUser:Kentinさんから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル