東京医科歯科大学医学部

東京医科歯科大学医学部
口コミ
口コミ評価
4.2
  • 勉強法(34
  • 面接対策(23
  • 小論文対策(6
  • 大学生活(33
偏差値 72.3偏差値 5位/82校
学生数 1,378人【男性:58.3%・女性:41.7%】
女子比率 5位/82校
6年間で
必要な学費
3,496,800円
医師国家試験
合格率
96%(合格率 5位/80校

東京医科歯科大学医学部の偏差値

2017年
72.3 ランキング  5位/82校
2016年
73.0
2015年
72.3
2014年
70.3
2013年
71.0
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
1 76.8 東京大学 国公立 東京都
2 75.8 京都大学 国公立 京都府
3 73.3 大阪大学 国公立 大阪府
4 73.2 慶應義塾大学 私立 東京都
5 72.3 東京医科歯科大学 国公立 東京都
6 72.0 山梨大学 国公立 山梨県
7 71.2 名古屋大学 国公立 愛知県
8 71.0 千葉大学 国公立 千葉県
9 70.8 九州大学 国公立 福岡県
10 70.7 神戸大学 国公立 兵庫県
城南医志塾バナー

東京医科歯科大学医学部の学費

6年間学費総額 3,496,800円 ※国公立大は学費が一律のため
ランキングなし
1年次学費総額 817,800円 2年次以降学費(年間) 535,800円
1年次学費 入学金 282,000円
授業料 535,800円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 -円
合計 817,800円
2年次以降学費(年間) 535,800円
6年間学費総額 3,496,800円

東京医科歯科大学医学部の奨学金

研究者早期育成コース奨学金給付

金額 2,880,000円
期間 原則3か年(特別な事情に限り1か年延長可能)
条件 MD-PhD(研究者早期育成)コースへ入学する学生

研究者養成コース奨学金貸与

金額 6,000,000円
期間 学部および大学院在学中の5年
条件 研究者養成コースへ進学する者で、研究者として研究を継続し、かつ当該研究内容の50%以上医学に関する研究を行う意思を有する者。

東京医科歯科大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

小論文対策の口コミ

【入学年度】2015年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:67ID:4297

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】
サルトル「嘔吐」の一説を読み、主人公が感じた「吐き気」の原因を考えて述べよ。(400字)
【回答】
一読したときは何のことかさっぱりわからずとても焦りました。
しかし、なんとなく高校の授業で受けた「実存主義」の内容に似ているなと感じました。出典のところにサルトルの名前があったので、そのときの授業内容をなんとか思いだしこじつけ、とりあえず空白がないようにしました。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
9月ごろに、医学部専門予備校の個別授業を受けはじめました。
試験のある12月まで毎週土曜日に通っていました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
三段落構成を意識していました。
最初の段落で結論をズバッと述べ、二段落目でその根拠を三点ほど述べ、最終段落でもう一度結論を繰り返すという流れでした。
また、一週間に400字の小論文を1つくらいのペースでコンスタントに書き続けていました。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
予備校の先生に資料をかなり用意して頂いたので、それをらを丁寧に読み込んで考察していました。
また、医療的なトピックは薄い本を買って休み時間に読んでいました。
新聞などはあまり読んでいなかったので、時事問題についてはかなり弱かったです。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
東医の推薦の小論文に限っていえば、哲学的なテーマについて免疫をつけておくといいと思います。
自分は過去問しか取り組めませんでしたが、余裕があれば色々な哲学者の文章を詠んでおくといいと思います。
どうせ本番は難しい問題が出るので、空白を作らなければいいくらいの気楽な気持ちで臨みましょう。

面接対策の口コミ

【入学年度】2017年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:74  入学直前期:76ID:4255

参考になった:0
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別
【面接官と受験生の人数比】
面接官5人に対して受験生1人
【所要時間】
15分程度
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問1】
なぜ地元の大学を受験しなかったのですか?
【回答1】
最先端の医療に触れ、またグローバル教育を通して柔軟な思考を身につけたかったからです。
【質問2】
将来の専門は?
【回答2】
専門は勉強する中で決めますが、内科あるいは新しく認定された総合診療科に興味があります。
【質問3】
大学の授業についていく自信はありますか?
【回答3】
精一杯頑張るつもりです。
当日の面接の様子について教えてください。
圧迫面接かと思っていましたが、実際はとても穏やかな雰囲気で、志望理由書がよくかけていたと最初に褒めてもらいました。
大学の授業についていけるかという質問はやや厳しいものでしたが、面接官が冗談を言ってくれる場面もありました。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接の練習は12月ごろに始めました。
週に1,2回のペースで私立の医学部を受ける人と一緒に集団面接の練習をしました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接練習で答えられなかったことについては回答を考え、ある程度内容を覚えてしまいました。
最新の医療関係の問題はあまり調べませんでしたが、東京医科歯科大学出身の先生の鎌田實先生の本や、ジャーナリストが書いた医療事故の本を読み、自分の目指す医師像について考えました。
2年生の時には病院実習やセミナーに参加しました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
将来の医師像についてもう少し具体的に考えておくと思います。
私は何となく内科医になりたいなどと言いながらも、実際に内科医がどのような疾患に対応するのかほとんど知らなかったので、もう少しどのような診療科があり、どのようなことをするのか調べておくべきだったかもしれません。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2017年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:74  入学直前期:76ID:4095

参考になった:0
口コミ評価
5.0
就職・進学
5.0
授業・実習
5.0
部活・サークル
3.0
研究
5.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1年次はまだ本格的な医学の勉強は始まりません。
英語に触れる機会が多く、英語の授業はクラスによってはネイティブの先生に教えてもらうことができます。
英語で医学に関係した問題の記事を読み、英語で講義を受け、英語で、ディスカッションするというような授業もあり、英語が得意ではない私も、英語で話すことにそれほど抵抗を感じなくなりました。
留学のチャンスもかなりあるようです。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
サークルはなく、ほとんどの人が部活に所属しています。
部活によって部員の本気度が異なるので、自分に合ったところを選ぶとよいと思います。
学園祭はそれほど大きな規模ではありませんが、アットホームに楽しめます。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
医学部は多少孤立しているのかもしれないと思っていましたが、1年次のうちはほかの学部と授業が一緒になることも多く、特に歯学科の学生とは仲良くなれます。
私は大学の寮に入りましたが、これも思っていた以上に楽しいところでした。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
ほかの医学部も同じかもしれませんが、単位を1つでも落とすと進級できません。
特に2年次は、4年次に研究期間がある影響でカリキュラムが詰まり、勉強の量が多いらしく、他大学の学生のようには遊べないという覚悟が必要です。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
医療系総合大学だということで、カリキュラムがよい医療人を育成することを主眼としたすぐれたものになっています。
ちょっと大変ではありますが、力をつけたければ東京医科歯科大学で後悔することはないと思います。
大学の学費補助を受けていますか?
受けている
奨学金名
授業料免除
貸与額
50,000円/月

大学生活の口コミ

【入学年度】2015年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:67ID:3969

参考になった:0
口コミ評価
4.0
就職・進学
4.0
授業・実習
3.0
部活・サークル
4.0
研究
2.0
国家試験・資格
4.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
新カリキュラムの施行により、基礎医学を二年生までにほぼ終わらせポリクリを四年の後期からはじめるなど、「臨床現場重視」のスケジュールが組まれている。
3年生は臨床のメジャー科目(循環器、消化器など)がメインです。
試験は多いですが、他大よりも圧倒的に緩い印象です。
進級も比較的楽な方だと思います。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
部活動は盛んで、9割の学生が部活に属しています。
ゆるいところもあれば、全学の部活と渡り合えるほどに真剣に取り組んでいるところもあります。
部活が直接的に留年のファクターになるようなことはないですが、慎重に選ぶべきだと思います。
学園祭は基本的に内輪で盛り上がるイベントとなっています。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
勉強漬けの日々が続くことを覚悟していましたが、部活に遊びに非常に充実した毎日を送れています。
もちろん高校のときとは比べ物にならないほどの勉強漬けの期間もありますが、その分メリハリもつき、終わったときの達成感はひとしおです。
場所柄遊びにも困りませんし、この大学に入れて本当に良かったと思っています。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
入学後最も衝撃的だったのはキャンパスが非常に古く(特に御苑キャンパス)、汚いことでした。
高校がわりと綺麗な学校だったので、この落差には驚きました。
入試のときにキャンパスには行っていたのである程度は予想していましたが、ここまでとは思っていませんでした。
入学前に覚悟がいるかもしれません。
ただ、高学年用のキャンパスはかなり新しいです。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
アクセスがいいです。
入学してから思いますが、立地というのは本当に重要です。
カリキュラムも昔よりは厳しくはなっていますが、医学部のなかでは優しい方だと思います。
この点も非常に重要だと思います。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

東京医科歯科大学医学部へのアクセス

所在地 東京都文京区湯島1-5-45
最寄駅 東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅

大学解説

【歴史】 1944年設置。19ある旧制医専のひとつ。学費が高額な私立医大が多い東京都内にあって、国立大学であること、また立地の良さから人気があり、難易度が上昇している。
【特徴】 1年次は教養科目を学ぶと共に、後期になると週一日、湯島地区で行われるMIC(MedicalIntroductoryCourse)において、早期臨床体験実習等を通じて医療人としての意識を高める。2年次~4年次には、生体と病気のメカニズムを講義・実習を通じて学ぶほか、教養教育も引き続き行われる。その後は、臨床導入実習で基本的診察技法を習得する。

東京医科歯科大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

東京医科歯科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
東京医科歯科大学医学部の画像はRs1421さんから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル