東京医科歯科大学医学部

東京医科歯科大学医学部
口コミ
口コミ評価
4.3
  • 勉強法(15
  • 面接対策(7
  • 小論文対策(1
  • 大学生活(14
偏差値 72.3偏差値 6位/81校
学生数 1,378人【男性:58.3%・女性:41.7%】
女子比率 5位/81校
6年間で
必要な学費
3,496,800円
医師国家試験
合格率
94%(合格率 25位/80校

東京医科歯科大学医学部の偏差値

2015年
72.3 ランキング  6位/80校
2014年
70.3
2013年
71.0
2012年
71.3
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
1 77.2 東京大学 国公立 東京都
2 76.2 京都大学 国公立 京都府
2 76.2 慶應義塾大学 私立 東京都
4 74.5 大阪大学 国公立 大阪府
5 73.0 東京慈恵会医科大学 私立 東京都
6 72.3 東京医科歯科大学 国公立 東京都
7 71.7 順天堂大学 私立 東京都
8 71.5 自治医科大学 私立 栃木県
9 71.3 東北大学 国公立 宮城県
10 71.2 名古屋大学 国公立 愛知県
11 71.0 千葉大学 国公立 千葉県

東京医科歯科大学医学部の学費

6年間学費総額 3,496,800円 ※国公立大は学費が一律のため
ランキングなし
1年次学費総額 817,800円 2年次以降学費(年間) 535,800円
1年次学費 入学金 282,000円
授業料 535,800円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 -円
合計 817,800円
2年次以降学費(年間) 535,800円
6年間学費総額 3,496,800円

東京医科歯科大学医学部の奨学金

研究者早期育成コース奨学金給付

金額 960,000円
期間 原則3か年
条件 研究者早期育成コースに、医学部医学科または歯学部歯学科から入学する学生に対し、申請のうえ採用する

研究者養成コース奨学金貸与

金額 1,200,000円
期間 2か年(大学院に進学する場合は5か年)
条件 研究者養成コースに進学する学生

東京医科歯科大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:73  入学直前期:74ID:1986

参考になった:3
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別
【面接官と受験生の人数比】
面接官3人に対して受験生1人
【所要時間】
5分前後
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
医学部を志望した理由は何ですか?
【回答】
人の役に立ちたかったから 特に日常的に人の生命に関わる医師ならば、その目標を一番達成できると考えたから
【質問】
高校の頃の部活は何をやってましたか?
【回答】
●●部

「質問」なぜ内の大学を志望したのですか?
「回答」2年次に研究実践プログラムというのがあり、低学年のうちから研究にも触れる機会が与えられるから
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
全く圧迫ではなく、面接官は皆さん笑顔で優しく接してくれたので落ち着いて正直に答えることができた。
【面接官】
男性3名でした。真ん中に少し年配の方がいて、両サイドに若い(30~40代)の方がいた。
【会場の様子】
面接は机を挟んで対面式で行われました。全員が一度大きい講堂で待機をし、4人ずつくらい呼ばれたら、面接の行われる建物へ連れていかれました。その後部屋の前で待たされました。ただ、お手洗いに行きたいといったところ、行かせてくれたので良かった。
【面接を受けてみた印象】
予備校などで実施する模擬面接の方ですごく深いことまで聞かれていたので、それに比べるとやりやすかった。本番よりも厳しい状況に慣れておくということが大切だと思った。また、あらかじめある程度の答えを用意しておくと、本番も緊張せずに話すことができると思った。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
11月頃の予備校の模擬面接を受けたときと、防衛医科大学の面接試験を受ける前に少し練習をした。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
高2の夏ごろは医系小論文という読み物と医学部の面接という本を買って、暇な時間に読んでいた。また、予備校で医系論文の授業を受講し、医療ニュースなどを毎週講義してもらうことをしていた。
また、自分が受験する学校が他の学校と違ってよい点、独特な点(例えばプログラムなど)を調べ、書き出していた。さらに研究に興味があったので、志望校の研究について調べておいた。また、絶対に聞かれるであろうことについては全部書き出し(30設問くらい 例えば趣味や最近の医療以外のニュース・最近読んだ本について詳しく述べられるように)自分の答えをあらかじめ考えておいた。それに加えて、模擬面接などを活用し、面接試験というものになれるようにしていた。

面接対策の口コミ

【入学年度】2015年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:62  入学直前期:67ID:1949

参考になった:0
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別面接
【面接官と受験生の人数比】
面接官3人に対して受験生1人
【所要時間】
待ち時間45分 面接10分
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
(質問) 医学部を志望した理由は何か?
(回答) もともと研究の道を志しており、研究する環境という面で考えた時医学部が最適の選択だと考えたからです。
(質問) 尊敬する人物は?
(回答) 高校の倫政の教師です。
(質問) なぜその人物を尊敬するのか?
(回答) もともと目をつけられておりあまり好きでは無かったが、彼から聞いた倫理の話は非常に興味深く自分の見識を深められ影響を受けたからです。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
非常に和気藹々としたものでした。個人面接で前の受験生の方が非常に緊張されていましたが、自分はリラックスして自分の言葉でその場で考えて答えることを意識しました。
【面接官】
年配の男性が3名でした。特に厳しそうな印象もなく、優しいおじいさんという感じの先生方でした。
【会場の様子】
面接は机を挟んで対面式で行われました。
【面接を受けてみた印象】
面接は点数化されていないだけあって本当によほどコミュニケーションに問題のある生徒でない限り落とされることはないなと感じる程度に緩い面接でした。ただ入学後に他の人に聞くと面接官によっては結構圧迫気味だったと言う人もいるらしく、これは当日の運でしかないなあと思いました。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
もともと医学部志望でなかったため面接対策は全くしていませんでした。直前に医療系のトピックが書かれた記事などを読むようにしました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接対策としては本当に医学部に決めたセンター後より前の時期については何も講じていなかったのですが、直前に医科歯科の後期の問題に触れることで自分の中の引き出しを増やしておくことに専念しました。また典型的な質問を学校、塾の先生に教えてもらい(例えば医師を志したきっかけ、医科歯科を選択した理由、など)、それに対するある程度の答えをなんとなく作り(例えば「もともと研究の道を志しており、研究する環境という面で考えた時医学部が最適の選択だと考えたから」「医科歯科の教授のこの研究の記事を読んで興味深いなと感じたからです」など)それを暗記しておく、という作業をし、実際その質問がそのままできて良かったなあと思いました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
基本的に何も大きな対策をしてこなかったので、医学部についての事情や入ってからのカリキュラムなど、何も知らない状態で入試に臨むことになった。生物選択だったため研究内容や興味のある内容に関して(自分の場合分子生物学に興味がありました)ある程度の知識があり面接でも取り繕えた部分はあったが、もし深く聞かれていたら正直歯が立たなかったため、もう少し日本の医療の実態や、近年の医学研究に関するトピックに関して時間があれば勉強できればよかったなあと感じました。基本的にハキハキと返事することと、自分の言葉でものをいうことを第一に考えていれば、点数化されるわけでもない面接に関してそこまで緊張する必要もないなと思います。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:73  入学直前期:74ID:1980

参考になった:2
口コミ評価
4.0
就職・進学
5.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
3.0
研究
4.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
3.0
施設・設備・立地
4.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1年生のうちは教養の授業がほとんど
しかし、1年後期の火曜日だけは医学挿入の授業があり、症候学導入などの基礎的な医学的授業が行われる
4年生の後期にはプロジェクトセメスターという自由研究期間があり、この時期に留学して海外の大学の研究室で勉強をするということができるらしい
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
結構閉鎖的な感じはする。他大学との交流はほとんどないといっていいです。
単科大学なので、部員が少ないことも特徴だと思います。少ないからこそ、上下間の仲が深まるというメリットがある一方、人数が少ないので練習が大変というデメリットもあります。学園祭は結構、小規模でした。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
単科大学ではあるが、1年次の授業は教養科目なので、他の学科(例えば歯学科)の友達ができた。予想していなかったわけではないが、とにかくカリキュラムが忙しいというのと、1年生は国府台キャンパスでの授業なので、湯島は自宅から近いのに、国府台は予想以上に遠くて驚いた。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
とにかく授業のコマ数が多いということと、合格後、ずっと遊ぶのではなく合格後に少しでもいいから、勉強する習慣をつけておかないと勉強をするのが苦になってしまうということ。1年生のうちは水曜日くらいしか放課後に時間がある日がないということ。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
人数が少なく、クラスというものが存在しないので、仲良くしたい人と仲良くできる。
不良がいない。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2012年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:50  入学直前期:68ID:1940

参考になった:2
口コミ評価
4.0
就職・進学
3.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
3.0
研究
4.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
3.0
施設・設備・立地
4.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
周りにも優秀な人が多いので、モチベーションを高めることができる。医師になるのに必要不可欠な数多くの知識を学ぶことができる。
講義・授業
その道のプロである教授の講義であるのでとても有益な情報が多く得られる。テストに必要な知識以上のことを知ることができる。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
男女比8対2なので、女子は少なくインカレなどで仲良くなることが多い。どの部活もあまり盛んではなく、週に数回体を動かす程度だった。学祭も参加不参加自由であり、強制ではないので当日休む学生もいるが、ほとんどの生徒はそれなりに楽しんでいる。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
ガリ勉ばかりかと思ったが、そうではなかった。真面目な生徒もいるが、みんなそれなりに遊んでいる。ただ、やるときはやる。切り替えが上手くできる人が多い。また、医学部の勉強は思っていたよりも広く浅く。勉強しても終わりはない。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
常にモチベーションを高く持ち、勉強は少しずつやったほうがいい。一夜漬けで覚えたものはすぐに忘れるし、実際に手を動かしてやったことは忘れない。なにより患者は1人の人であることを忘れないようにすること。目の前の勉強にとらわれがちだが、もっと広い視野をもつほうがよい
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

東京医科歯科大学医学部へのアクセス

所在地 東京都文京区湯島1-5-45
最寄駅 東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅

大学解説

【歴史】 1944年設置。戦時中の医師不足を背景に設置された19の「旧制医専」の一つ。学費が高額な私立医大が多い東京都内にあって、国立大学であること、また立地の良さから人気があり、難易度が上昇している。 【特徴】 1年次は教養科目を学ぶと共に、後期になると週一日、湯島地区で行われるMIC(MedicalIntroductoryCourse)において、早期臨床体験実習等を通じて医療人としての意識を高める。2年次~4年次には、生体と病気のメカニズムを講義・実習を通じて学ぶほか、教養教育も引き続き行われる。その後は、臨床導入実習で基本的診察技法を習得する。

東京医科歯科大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

東京医科歯科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
東京医科歯科大学医学部の画像はRs1421さんから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル