東京医科歯科大学医学部

東京医科歯科大学医学部
口コミ
口コミ評価
4.1
  • 勉強法(26
  • 面接対策(15
  • 小論文対策(4
  • 大学生活(25
偏差値 73.0偏差値 5位/82校
学生数 1,378人【男性:58.3%・女性:41.7%】
女子比率 5位/82校
6年間で
必要な学費
3,496,800円
医師国家試験
合格率
96%(合格率 5位/80校

東京医科歯科大学医学部の偏差値

2016年
73.0 ランキング  5位/81校
2015年
72.3
2014年
70.3
2013年
71.0
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
1 77.2 東京大学 国公立 東京都
2 75.3 京都大学 国公立 京都府
3 74.7 大阪大学 国公立 大阪府
4 74.5 慶應義塾大学 私立 東京都
5 73.0 東京医科歯科大学 国公立 東京都
6 72.3 東京慈恵会医科大学 私立 東京都
7 71.5 名古屋大学 国公立 愛知県
8 71.3 東北大学 国公立 宮城県
9 70.7 順天堂大学 私立 東京都
9 70.7 山梨大学 国公立 山梨県

東京医科歯科大学医学部の学費

6年間学費総額 3,496,800円 ※国公立大は学費が一律のため
ランキングなし
1年次学費総額 817,800円 2年次以降学費(年間) 535,800円
1年次学費 入学金 282,000円
授業料 535,800円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 -円
合計 817,800円
2年次以降学費(年間) 535,800円
6年間学費総額 3,496,800円

東京医科歯科大学医学部の奨学金

研究者早期育成コース奨学金給付

金額 960,000円
期間 原則3か年
条件 研究者早期育成コースに、医学部医学科または歯学部歯学科から入学する学生に対し、申請のうえ採用する

研究者養成コース奨学金貸与

金額 1,200,000円
期間 2か年(大学院に進学する場合は5か年)
条件 研究者養成コースに進学する学生

東京医科歯科大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

小論文対策の口コミ

【入学年度】2013年(再入学)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:70ID:3190

参考になった:4
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
[テーマ]
医療の世界では技術が進歩して、診断や治療が日々簡単になっている。
しかしその一方で医療者が患者に接する姿勢が問題視されています。
あなたはこの問題についてどのように思いますか。
[どのように論じたか]
技術が進んでて診断が簡単になっているということは、患者さんと接する時間が短くなっているという欠点がある。
また、患者さんの検査の結果に注目をしすぎて、患者さんの社会的背景などに重きをおかず、疾患を治療することにばかり気を取られてしまいがちである。
このため、患者さんの心に寄り添うことができなくなっている医療者が多くなってしまっている可能性があると思う。
医療者として患者さんも一人の人間であり、医療は患者と医療者の信頼関係の上に成立しているということを忘れないようにしなくてはならない、ということを書きました。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
小論文の対策を本格的に始めたのは、入試の3日前からでした。
ですが、入試日の一ヶ月前くらいから定期的に小論文の問題をみて、頭の中で回答をイメージするようにしていました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
小論文の問題で一番気をつけるようにしたのは、論理構成で内容が矛盾しないようにすること、そして繰り返し表現が多くならないようにすることでした。
論理に矛盾があると文章全体で一番伝えたいことがわからなくなってしまいます。
私は文章を描くのが苦手だったので、小論文の型を作るようにしていました。
まず、自分の言いたいことを一つ決め、それについての理由を数個考えます。
それぞれについて具体例や自分の経験を一つか二つ書くようにしていました。
このようにすれば、どのような問題がきても自分の意見をしっかりと一つ決めれば、論点がブレてしまうことは少ないように感じました。
具体例の引き出しをできるだけ多くするのが日頃からできる小論文対策かと思います。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
医学部の小論文では、医療の知識というよりは自分の経験に即した具体例の方が使いやすかったように感じます。
このため、高校でのイベント(文化祭や体育祭)の経験をしっかりと記憶しておくのは意外と役に立つと思います。
クラスや学年で結束して頑張ったことがあれば、それは小論文のネタとしては使えることが多いと思います。
また、家族が病気になった時の医療者の対応などを記憶しておくのも一つの良い具体例かと思います。
将来自分がどのような医療者になりたいかのイメージと、実際にみた医療者との類似点や相違点を小論文に盛り込むことで、小論文としての深みがでると思います。
どうしても具体例が思いつかないというときのために、具体例をでっち上げる訓練もしておく必要があると思います。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
小論文は対策をすればするほど深みのある小論文になると思います。
小論文では医療に関連した事項について聞かれることが多いので、医療の知識を持っておけば小論文のネタとして使える引き出しも増えると思います。
日頃から医療のニュースを読むのは無駄にならないと思います。
もう一つ特に大事だと個人的に思うのは、自分はこうなりたいという理想の医療者像をしっかりと築くことです。
小論文自体で問われることはなくても、それを基準にして小論文を書いていくことで、採点官にじぶんんの理想に医療者像をアピールすることができるからです。
小論文では字数が限られているので、最後のまとめの段落などに一言理想の医療者像を組み込めると良いかと思います。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2013年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:73  入学直前期:73ID:3189

参考になった:1
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】
どのような小論文が医学部の小論文として適切か?
【どのように論じたか】
すごくユニークな内容でしたので回答に悩みました。
まず、医学部の小論文として大切なことは、あるトピックに関してどのような理由でその立場をとるのか、ということを測ることだと思いましたので、一つの提示した文章に対してどのような意見を述べるのかという形式をとることがよいと思いました。
解答については、立場に関わらず論理的に意見を述べられるかを見たほうがよいと思いました。
また、医師としての倫理観を測ることができる問題がよいと思いました。
医師として最低限の倫理観が必要だと思いますし、その倫理観はなかなか医学部はいってからは変えることが難しいものだと思いますので根本の倫理観を測ることのできるとよいのほうがよいとと思いました。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
小論文の対策としては高3の夏期講習で初めて勉強しました。
頻度としては面接対策と並行して直前に行いました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
小論文対策としては、面接と同様、日頃から医療ニュースに関心を持っていました。
特にips細胞に関して話題になっていた年でしたので、その細胞とは何か、どのように今後発展し利用されていくのかという点などは山中先生の著書や新聞の切り抜きなどを用いて、特におさえておきました。
また、オーソドックスな話題である、輸血、代理母、クローンなどの医療の話題については予備校の講習でまず内容について学び、どのような立場をとっているか答えられるように一通り回答を用意しておきました。
また、文章の形式のルールは知っておくべきだと思いましたので参考書を用いて勉強しました。
二次対策をしている中でこのような対策をすることはなかなかできないため、直前期に面接の対策を行いました。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
常日頃から医療ニュースに関心を持っていました。
また、オープンキャンパスに参加した際にその大学でどのような研究が行われているか、どのような方針で進めているのかについて情報を収集していました。大学によって最先端の研究は特色がありますのでしっかり押さえておきました。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
小論文に関してはもちろんオーソドックスな話題である、輸血、代理母、クローンなどの医療の話題については知っておくことが大切です。
また、医療に関係のない内容でも一般的な時事問題については日頃からどのような立場をとっているのかということを考えておくことが大切です。
それに加えて、小論文の書き方も大切でしょう。
意外に知らないルールがあったりしますので一応知っておきましょう。
ただ、小論文はあまり差のつく試験だとは思いませんので、筆記試験に障害が出るほど特に重点的に対策を行うことは必要ないと思います。
まずは筆記試験でしっかり点を取っておくことが大切だと思いますので、そこで合格圏内に入れるように勉強しましょう。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2013年(再入学)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:70ID:3179

参考になった:0
口コミ評価
4.0
就職・進学
4.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
3.0
研究
5.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
3.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
四年生の時に、プロジェクトセメスターという期間が半年間あります。
この期間では、講義は一切なく、大学あるいは海外の研究室に所属して研究を行います。
期間の最後にポスターを用いて、学会さながらの発表を行います。
この期間は他の大学ではなく、特に医科歯科大学では半年間と長く設けられているので、非常に勉強になります。
また、海外に留学したいと希望している人にとっては非常にいいチャンスかと思います。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
大学での部活は基本的には学内での活動に限られています。
中には、他の大学と合同でインカレのような形をとっているような部活もあります。
自分から積極的に多大のインカレサークルなどに所属し、他の分野を専攻する学生と交流を深めている人もいます。
学園祭も、非常にこじんまりしていて、高校の文化祭のような雰囲気に近いかと思います。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
こじんまりした大学で、学部が医学部と歯学部しかありません。
このため、医学系の事しか勉強できないような印象があったのですが、次は大学が文系の大学との共同講義を行なっていたり、他の大学から先生がいらしたりして、医学以外の勉強もできる大学なのだと、考えが変わりました。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
大学でのカリキュラムは自由のような印象がありましたが、医学部ではそうではないというのが驚きでした。
授業の時間や時間割はきっちり決まっているので、自分の時間を大事にしたいという人は、授業のカリキュラムをしっかりと把握しておく必要があると思います。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
学年全体が一つの教室で授業を聞くので、学年内での中がとてもよくなります。
また小さい大学なので、学年が少し離れた先輩とも仲良くなれます。
大学の学費補助を受けていますか?
受けている
奨学金名
授業料免除

大学生活の口コミ

【入学年度】2013年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:73  入学直前期:73ID:3178

参考になった:0
口コミ評価
4.0
就職・進学
4.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
4.0
研究
4.0
国家試験・資格
4.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
主にグローバル教育を取り入れたカリキュラムになっており、1年生から4年生の初めまで英語の授業があります。
また、試験についても試験の4割ほどに英語の問題がついていることが特徴だと思います。
留学プログラムもあり、4年で研究、6年で臨床実習を海外で行うことができます。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
部活については、多くの人が運動部に入っており、夏の大会やリーグ戦に向けて練習しています。
学園祭については秋に行われますが、病院を含んだ大学の敷地内で行われるため、内部向けの小さな学園祭を行っています。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
もともとグローバル教育を目指した大学のカリキュラムで様々な英語のカリキュラムがあるのは知っていましたが、実際に海外で働く人が多くはなくなかなか、結果に結びついていない印象を大学に入ってから持つようになりました。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
講義のコマ数、実習の忙しさは入学前にはあまり実感できなかったですが、実際ハードな学年があります。
特に2年生では実習講義がハードで、試験もとても難しいため10名ほど留年する人が出てしまいます。
他の学部と比べると大変さをとても実感しています。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
周りを見ているととてもまじめな学生が多くとても刺激的です。
また、実際にグローバルを意識した教育がなされているため、将来的に海外を目指す人にはとても良いと思います。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

東京医科歯科大学医学部へのアクセス

所在地 東京都文京区湯島1-5-45
最寄駅 東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅

大学解説

【歴史】 1944年設置。19ある旧制医専のひとつ。学費が高額な私立医大が多い東京都内にあって、国立大学であること、また立地の良さから人気があり、難易度が上昇している。 【特徴】 1年次は教養科目を学ぶと共に、後期になると週一日、湯島地区で行われるMIC(MedicalIntroductoryCourse)において、早期臨床体験実習等を通じて医療人としての意識を高める。2年次~4年次には、生体と病気のメカニズムを講義・実習を通じて学ぶほか、教養教育も引き続き行われる。その後は、臨床導入実習で基本的診察技法を習得する。

東京医科歯科大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

東京医科歯科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
東京医科歯科大学医学部の画像はRs1421さんから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル