東京医科歯科大学医学部

東京医科歯科大学医学部
口コミ
口コミ評価
4.2
  • 勉強法(38
  • 面接対策(26
  • 小論文対策(6
  • 大学生活(37
偏差値 72.3偏差値 5位/82校
学生数 653人【男性:70.9%・女性:29.1%】
女子比率 37位/82校
6年間で
必要な学費
3,496,800円
医師国家試験
合格率
95%(合格率 14位/80校

東京医科歯科大学医学部の偏差値

2017年
72.3 ランキング  5位/82校
2016年
73.0
2015年
72.3
2014年
70.3
2013年
71.0
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
1 76.8 東京大学 国公立 東京都
2 75.8 京都大学 国公立 京都府
3 73.3 大阪大学 国公立 大阪府
4 73.2 慶應義塾大学 私立 東京都
5 72.3 東京医科歯科大学 国公立 東京都
6 72.0 山梨大学 国公立 山梨県
7 71.2 名古屋大学 国公立 愛知県
8 71.0 千葉大学 国公立 千葉県
9 70.8 九州大学 国公立 福岡県
10 70.7 神戸大学 国公立 兵庫県

東京医科歯科大学医学部の学費

6年間学費総額 3,496,800円 ※国公立大は学費が一律のため
ランキングなし
1年次学費総額 817,800円 2年次以降学費(年間) 535,800円
1年次学費 入学金 282,000円
授業料 535,800円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 -円
合計 817,800円
2年次以降学費(年間) 535,800円
6年間学費総額 3,496,800円

東京医科歯科大学医学部の奨学金

研究者早期育成コース奨学金給付

金額 2,880,000円
期間 原則3か年(特別な事情に限り1か年延長可能)
条件 MD-PhD(研究者早期育成)コースへ入学する学生

研究者養成コース奨学金貸与

金額 6,000,000円
期間 学部および大学院在学中の5年
条件 研究者養成コースへ進学する者で、研究者として研究を継続し、かつ当該研究内容の50%以上医学に関する研究を行う意思を有する者。

東京医科歯科大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

面接対策の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:66  入学直前期:72ID:5043

参考になった:11
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【東京医科歯科大学】
個人面接で面接官3人に対して受験生一人。面接の所要時間自体はとても短く、どんなに長くても恐らく10分以内には終了する。ただ人によっては待ち時間が長めになる(一時間ほど?)。
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【東京医科歯科大学】
質問1:医学部を志望した理由を教えてください。
回答1:私は人から「ありがとう」と言われることがとても好きで将来人からそういった言葉を言われる人になりたいと小さい頃から考えていた。そして、自分で言うのもおかしいが、私はかなり勤勉な質なので、自分は医師になるべきだと思うようになり、医学部を志望した。
質問2:東京医科歯科大学を志望した理由を教えてください。
回答2:実家から通える距離にある国立大学で、また4年生で行うプロジェクトセメスター(研究室配属)がとても魅力的だったからです。
質問3:高校時代に一日医師体験をしてそうだが、その感想は?
回答3:地域医療をメインにした病院で行ったのですが、その地域の人々との繋がりをとても大事にしていることに感動しました。その病院内にあった温かい雰囲気を僕も将来患者さんのために作ってあげたいなと思いました。
当日の面接の様子について教えてください。
【東京医科歯科大学】
面接の雰囲気:とてもやりやすくてよかった。医科歯科の面接はほとんど合否に関係しないと聞いていたため、緊張することもなかった。
面接官:他の受験生はどうだったか知らないが、面接官に一人精神科医が含まれていたと入学後に知った。
面接を受けてみた印象:とにかくゆるかった。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
具体的な面接の対策は冬休みに予備校主催で行ってくれた面接対策だけしか行っていない。
一応前日に部屋の入退室の仕方だけ再確認した。面接対策本は前年の5月ごろから少しずつ読んでいた(後述)。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接で聞かれがちな医療的な話をまとめた本を読んだ。
その本には現在日本が抱えている地域医療にかかわる問題点や国民皆保険、安楽死・尊厳死などの話が載っていた。
この本を週に1~2回、予備校の行き帰りの電車の中で読んだ。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
日本が現在抱えている医療問題だけではなく、もっと広い視点でいるべきだと思った。
別の大学を受けた友人が医療とは関係ないことを聞かれたと言っていたので、他の勉強と上手く折り合いを付けながら政治問題について調べてみるなどを時間の許す限るするべきだと思う。

勉強法の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:63  入学直前期:65ID:4958

参考になった:7
志望理由は何ですか?
実家から通える範囲、関東圏で大学を選ぼうと考えていた。
さらに、医学部を志した時期が高校2年の夏頃であったこと、学費等の観点から国公立大学の医学部を目指そうと考えていたことから、東京医科歯科大学を選んだ。
医学部をめざすきっかけは、いちばん人の役に立っていることを直接感じられる職業だな、と思ったからである。(だいぶ省略)
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
英文法が一通り載っている参考書を1冊もち、それを繰り返し復習するようにしていた。
【2次試験】
長文読解は苦手であったがやりたくなかったので、軽めの英語小説を少しずつ読み進めるようにやった。要約することにはあまり苦労しなかった。
英作文は自信がなかったので、高校の英語の先生にいくつか問題をいただいて、それを演習・添削してもらう形で進めていた。
【参考書】
旺文社がだしている『標準○○精講』シリーズ
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
年明けからセンター試験の問題集を解き始めた
【2次試験】
年が明けるまでは数Ⅰ・Ⅱ、数A・B、数Ⅲそれぞれで問題集を1つもって、そこにある問題を、別解も含めて理解して導けるように行った。
【参考書】
『プラチカ』
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
特に対策はしなかった。1週間前からセンター試験の過去問を解いた。
【2次試験】
生物と化学で受験した。生物はどんな問題が出るにしろ、『○○に対して知るところを述べよ』という記述を自分でたて、それに対してポイントを書けることが大事だと考えていたので、100個ぐらい項目をつくり、繰り返し復習していた。
化学はあまり覚えていない。高校の先生が素晴らしい方だったので、その先生の講義資料を利用して勉強していたように思う。
【参考書】
『重要問題集』
受験生時代の国語(現代文・古文・漢文)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
忘れました。過去問でやっていたと思います。古文漢文は単語集のようなもので勉強していたと思う。
【2次試験】
なかったと思います。
【参考書】
とくに使っていません。
受験生時代の社会(地理・世界史・日本史・現代社会・政治経済・倫理等)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
地理で受験しました。高校の授業で勉強し、あとは過去問で仕上げました。
先生が素晴らしかったため、特に苦労はしませんでしたが、やはり暗記量は多かったです。
【参考書】
使ってないです。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:63  入学直前期:65ID:5004

参考になった:1
口コミ評価
4.0
就職・進学
5.0
授業・実習
5.0
部活・サークル
3.0
研究
5.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
3.0
施設・設備・立地
4.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
4年時に半年間自由なテーマで研究を行える期間がある。
また、この研究期間ないしは6年時のポリクリで、海外に留学してあっちの大学で研究・実習をすることができるプログラムがある。
その分2年・3年に講義がつめこんである。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医療系の学部しかないため、そんなに他学部とのかかわりがない、といったようなことはない。
学園祭は敷地に病院が入っているため、あまり周囲に影響が及ぶようなことはできず、サイズ感が小さなものとなっている。その分内輪で楽しめる。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
ないです。
思っていた通り高いレベルの教育が受けられていますし、その分自主的な勉強を求められることも想像通りでした。
ただ、臨床の先生と基礎研究の先生で、やはり雰囲気が違うし、価値観も違うものなのだなと強く感じます。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
勉強以外にやりたいことを常になにか見つけておくといいと思います。
また、キャンパスが千葉県市川市国府台にあるということも大事です。
家が遠い人は一人暮らしをする必要があるかもしれません。他は入ってから経験するのが一番いいでしょう。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:66  入学直前期:72ID:5003

参考になった:3
口コミ評価
5.0
就職・進学
5.0
授業・実習
5.0
部活・サークル
5.0
研究
5.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
一年生の後期にshadowingというものがあり、看護師・医師・病院実習中の5年生、そして患者に一日ついて回るという実習があった。
詳しくはわからないが、4年生にはプロジェクトセメスターという期間があり、その期間には学生が基礎医学系の研究室に所属して研究をできる。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
東京医科歯科大学は医療系の部活しかないということもあり、学部関係なく部活動をしている。
運動系の部活だと、主に8月にある東医体という医学部医学科の学生だけが出場できる大会を見据えて練習をする。
医科歯科の学園祭は病院併設のキャンパスで行うためほとんど盛り上がることはない。
参加者は学生・その友人・一部の教授で、外部の人が来ることはほとんどない(受験生でさえまず来ない)。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
入学前は医学部に入るくらいだから(しかも八割ほどの学生が現役で入学している)、とても勉強熱心で真面目な人ばかりいるのだろうと考えていた。
しかしその予想はいい意味で裏切られ、真面目な人がいる一方少し不真面目な人がいたり、高校では部活ばかりしていた人がいたりなど、多種多様な人がいた。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
一年生の間はほぼ教養科目しかしないので一年生を迎えるにあたって入学前にしなくてはいけないことはほとんどない。
しかし、二年生になると基礎医学の授業が始まりこれは高校生物の内容をきちんと理解していると非常に楽になる。
また、入試後から勉強する習慣が抜けてしまうと、二年生以降とても大変になってしまう。入学前からもこつこつと生物系の勉強をしておくことをお勧めします。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
全学部合わせても一学年の人数が多くないので(1~4年生で280人ほど、5~6年生で150人ほど)、とてもアットホームな雰囲気である。
二年生以降で通うことになる湯島キャンパスは御茶ノ水駅前にありとても便利です。またMDタワーという建物がとても高く格好いいです。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

東京医科歯科大学医学部へのアクセス

所在地 東京都文京区湯島1-5-45
最寄駅 東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅

大学解説

【歴史】 1944年設置。19ある旧制医専のひとつ。学費が高額な私立医大が多い東京都内にあって、国立大学であること、また立地の良さから人気があり、難易度が上昇している。
【特徴】 1年次は教養科目を学ぶと共に、後期になると週一日、湯島地区で行われるMIC(MedicalIntroductoryCourse)において、早期臨床体験実習等を通じて医療人としての意識を高める。2年次~4年次には、生体と病気のメカニズムを講義・実習を通じて学ぶほか、教養教育も引き続き行われる。その後は、臨床導入実習で基本的診察技法を習得する。

東京医科歯科大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

東京医科歯科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
東京医科歯科大学医学部の画像はRs1421さんから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル