東京医科歯科大学医学部

東京医科歯科大学医学部
口コミ
口コミ評価
4.2
  • 勉強法(35
  • 面接対策(24
  • 小論文対策(6
  • 大学生活(34
偏差値 72.3偏差値 5位/82校
学生数 1,378人【男性:58.3%・女性:41.7%】
女子比率 5位/82校
6年間で
必要な学費
3,496,800円
医師国家試験
合格率
95%(合格率 14位/80校

東京医科歯科大学医学部の偏差値

2017年
72.3 ランキング  5位/82校
2016年
73.0
2015年
72.3
2014年
70.3
2013年
71.0
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
1 76.8 東京大学 国公立 東京都
2 75.8 京都大学 国公立 京都府
3 73.3 大阪大学 国公立 大阪府
4 73.2 慶應義塾大学 私立 東京都
5 72.3 東京医科歯科大学 国公立 東京都
6 72.0 山梨大学 国公立 山梨県
7 71.2 名古屋大学 国公立 愛知県
8 71.0 千葉大学 国公立 千葉県
9 70.8 九州大学 国公立 福岡県
10 70.7 神戸大学 国公立 兵庫県
城南医志塾バナー

東京医科歯科大学医学部の学費

6年間学費総額 3,496,800円 ※国公立大は学費が一律のため
ランキングなし
1年次学費総額 817,800円 2年次以降学費(年間) 535,800円
1年次学費 入学金 282,000円
授業料 535,800円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 -円
合計 817,800円
2年次以降学費(年間) 535,800円
6年間学費総額 3,496,800円

東京医科歯科大学医学部の奨学金

研究者早期育成コース奨学金給付

金額 2,880,000円
期間 原則3か年(特別な事情に限り1か年延長可能)
条件 MD-PhD(研究者早期育成)コースへ入学する学生

研究者養成コース奨学金貸与

金額 6,000,000円
期間 学部および大学院在学中の5年
条件 研究者養成コースへ進学する者で、研究者として研究を継続し、かつ当該研究内容の50%以上医学に関する研究を行う意思を有する者。

東京医科歯科大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:73ID:4767

参考になった:1
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別面接であり、面接官に聞かれたことに対して答える形式
【面接官と受験生の人数比】
面接官3~4人に対して受験生1人
【所要時間】
15分ほど
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】医学部を志望した理由はなんですか?
【回答】私の親が医師であり、幼い頃からその姿を見ていて、自分も将来このような人を救う仕事をしたいと思っていたからです。
【質問】この大学を志望した理由はなんですか?
【回答】この大学は世界的な研究をしていて、そのための教育も盛んに行われており、本校の留学制度によって海外で勉強したいと思ったからです。
【質問】高校時代に熱心に取り組んだことはなんですか?
【回答】部活動です。私は高校では●●●部に所属していて、毎日のように朝や放課後に練習をしていました。とても大変でしたがどんどん上達していき、共に練習をしてきた仲間と団体戦で勝ったときはとても嬉しかったです。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
かなり穏やかで圧迫するような雰囲気ではなかった。
【面接官】
40前後の男性2人と女性1人
【会場の様子】
面接官の机から少し離れた位置に受験生のための椅子が置かれていた
【面接を受けてみた印象】
かなりリラックスした状態で受けることができた。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
志望動機などは自分のなかで固まっていたため、準備自体はほとんどしなかった。1度だけ高校の先生を相手に模擬面接は行った。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
日頃から新聞やニュースなどで医学に関連した情報などは取り入れるようにしていた。またそのような記事を読むだけではなく自分なりに考えたり友達と議論し会うことで説明する力を養ったり、他人の意見を取り入れることも行っていた。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
その大学の面接についてその大学の先輩などに訪ねる。
それほど医学の知識が必要な面接ではなく、受験生のコミュニケーション能力を試すものであったため、何を話すのか、どのように話すのかについてしっかり模擬面接などをして考えておくべきだった。

勉強法の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:73ID:4483

参考になった:2
志望理由は何ですか?
幼い頃から生物、特に人体に興味があった。中学生の頃に見たドキュメンタリー番組や小説の影響で、人命を救う医師という職業に憧れて医学部を目指すことを決めた。
最初は東大の理三を目指していたが、模試などの結果や、現役で医学部に行きたいということもあり、現在の大学を志望した。
塾や予備校には通っていましたか?
●臨海セミナー
東大受験科では東大や医学部など難関大に特化した授業を受けることができた。また生徒と先生との距離が近いことが良かった。
通っていた塾・予備校の講師について教えてください。
生徒との距離が近く、授業外でもすぐに質問をしたり、受験の悩みなども話すことができた。
苦手な部分の補習も行ってくださった。
通っていた塾・予備校の指導方針・カリキュラムについて教えてください。
東大受験のためのカリキュラムであるがゆえに、授業では小手先の能力ではなく、しっかりとした基礎固めを行うことができたため、医学部を目指す上でも有意義であった。
通っていた塾・予備校の教室内の環境(雰囲気)について教えてください。
授業外の時間でも教師と気軽に話すことができたので、すぐに疑問を解決することができた。
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
本番の1,2カ月前から毎日過去問や予想問題集を解いていた。
【二次試験】
高2のころから当時目指していた東大の過去問研究を塾で行っていた。東京医科歯科大学に決めてからは長文に慣れるために英語の論文を読んだりした。
【参考書】
角川学芸出版から出ている「鉄緑会東大英単語熟語鉄壁」
Z会出版から出ている「解体英熟語」
旺文社から出ている「基礎英語長文問題精講」「基礎英文問題精講」「基礎英作文問題精講」「英語長文問題精講」
河合出版から出ている「河合塾やっておきたい英語長文1000」
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
1ヶ月前から過去問や予想問題集を解いて時間配分などの練習をした。
【二次試験】
基本は東大の問題研究をした。塾の授業で使った問題を繰り返し解いた。
直前期は医科歯科の過去問を使って演習した。
【参考書】
河合出版から出ている「やさしい理系数学」「理系数学の良問プラチカ数学3」
「文系数学の良問プラチカ」(←理系数学の良問プラチカ数学1A2Bよりも難しいため)
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
2ヶ月前から過去問や予想問題集を解いていた。教科書などを呼んで細かい知識を補填した
【二次試験】
東大の過去問対策が基本だった。同じ問題集を繰り返し解いた。医科歯科の過去問は直前期の演習に使った。
【参考書】
【物理】
河合出版から出ている「物理のエッセンス」「名門の森 物理」
【化学】
三省堂から出ている「化学の新演習」「化学の新研究」
受験生時代の国語(現代文・古文・漢文)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
3ヶ月前から過去問を解いて、20年分の問題に触れた。古文漢文は単語帳を毎日やった。
文法の参考書も日頃から読むようにしていた。直前期は予想問題を解いて演習をした。
センター試験対策ではもっとも多く時間を割いた。
【二次試験】
二次試験はなかった。
【参考書】
筑摩書房から出ている「高校生のための現代思想ベーシックちくま評論入門」
桐原書店から出ている「読んで見て覚える重要古文単語315」
Z会出版から出ている「漢文道場 入門から実践まで」
受験生時代の社会(地理・世界史・日本史・現代社会・政治経済・倫理等)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
倫理政経を選択した。本番の3ヶ月前ごろから教科書や参考書を読んだり、一問一答の問題集で勉強し始めた。
知識が固まってきたら、過去問や予想問題集で問題を解いて演習を繰り返した。
【二次試験】
二次試験はなかった。
【参考書】
KADOKAWAから出ている「センター試験 倫理、政治・経済の点数が面白いほどとれる本」
東進ブックスから出ている「センター倫理、政経一問一答」

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:73ID:4637

参考になった:1
口コミ評価
4.0
就職・進学
5.0
授業・実習
5.0
部活・サークル
4.0
研究
5.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
2.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
2年では基礎医学の実習を行う。解剖や感染などの実習が他大と比べても非常に深い内容まで扱うことができる。
4年生では各自が研究室に入り、半年間研究を行うことが特徴的である。
5年から本格的に臨床実習が始まる。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
キャンパスは湯島キャンパスと国府台キャンパスがあり、部活により活動場所は異なるが、
グラウンドは国府台キャンパスにしかないため、グラウンド部活は国府台で行う。
医療系の大学のためサークルはなく、部活の数もそれほど多くはない。
しかしその分どの部活も熱心に活動している。インカレのサークルや部活はあるようである。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
受験界ではマイナーなイメージであったが、医学や歯学の分野では活発に世界的な研究が行われており、
ほかの大学に引けを取らないこと。
低学年のうちからそのような研究を行う教授の授業を受けることができること。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
授業が毎日1限からあり、長期休みも他大よりも短いこと。
1年生のみキャンパスが御茶ノ水ではなく千葉県市川市の国府台キャンパスであること。
2年は特に試験が多く大変であること(周りは勉強してないと思っても実はしている…)。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
英語教育に力を入れており、4年生の研究や6年生の臨床実習では海外に留学することもできる。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2017年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:74  入学直前期:76ID:4095

参考になった:9
口コミ評価
5.0
就職・進学
5.0
授業・実習
5.0
部活・サークル
3.0
研究
5.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1年次はまだ本格的な医学の勉強は始まりません。
英語に触れる機会が多く、英語の授業はクラスによってはネイティブの先生に教えてもらうことができます。
英語で医学に関係した問題の記事を読み、英語で講義を受け、英語で、ディスカッションするというような授業もあり、英語が得意ではない私も、英語で話すことにそれほど抵抗を感じなくなりました。
留学のチャンスもかなりあるようです。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
サークルはなく、ほとんどの人が部活に所属しています。
部活によって部員の本気度が異なるので、自分に合ったところを選ぶとよいと思います。
学園祭はそれほど大きな規模ではありませんが、アットホームに楽しめます。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
医学部は多少孤立しているのかもしれないと思っていましたが、1年次のうちはほかの学部と授業が一緒になることも多く、特に歯学科の学生とは仲良くなれます。
私は大学の寮に入りましたが、これも思っていた以上に楽しいところでした。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
ほかの医学部も同じかもしれませんが、単位を1つでも落とすと進級できません。
特に2年次は、4年次に研究期間がある影響でカリキュラムが詰まり、勉強の量が多いらしく、他大学の学生のようには遊べないという覚悟が必要です。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
医療系総合大学だということで、カリキュラムがよい医療人を育成することを主眼としたすぐれたものになっています。
ちょっと大変ではありますが、力をつけたければ東京医科歯科大学で後悔することはないと思います。
大学の学費補助を受けていますか?
受けている
奨学金名
授業料免除
貸与額
50,000円/月

東京医科歯科大学医学部へのアクセス

所在地 東京都文京区湯島1-5-45
最寄駅 東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅

大学解説

【歴史】 1944年設置。19ある旧制医専のひとつ。学費が高額な私立医大が多い東京都内にあって、国立大学であること、また立地の良さから人気があり、難易度が上昇している。
【特徴】 1年次は教養科目を学ぶと共に、後期になると週一日、湯島地区で行われるMIC(MedicalIntroductoryCourse)において、早期臨床体験実習等を通じて医療人としての意識を高める。2年次~4年次には、生体と病気のメカニズムを講義・実習を通じて学ぶほか、教養教育も引き続き行われる。その後は、臨床導入実習で基本的診察技法を習得する。

東京医科歯科大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

東京医科歯科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
東京医科歯科大学医学部の画像はRs1421さんから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル