筑波大学医学部

筑波大学医学部
口コミ
口コミ評価
4.0
  • 勉強法(9
  • 面接対策(4
  • 小論文対策(0件)
  • 大学生活(6
偏差値 69.5偏差値 18位/82校
学生数 1,234人【男性:44.1%・女性:55.9%】※1
6年間で
必要な学費
3,496,800円
医師国家試験
合格率
98%(合格率 2位/80校

※1…医学部(看護学科等も含む)の男女比率

筑波大学医学部の偏差値

2016年
69.5 ランキング  18位/81校
2015年
69.5
2014年
67.5
2013年
68.2
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
13 69.8 神戸大学 国公立 兵庫県
13 69.8 北海道大学 国公立 北海道
13 69.8 千葉大学 国公立 千葉県
18 69.5 岡山大学 国公立 岡山県
18 69.5 広島大学 国公立 広島県
18 69.5 筑波大学 国公立 茨城県
21 69.2 横浜市立大学 国公立 神奈川県
21 69.2 自治医科大学 私立 栃木県
23 68.8 金沢大学 国公立 石川県
23 68.8 名古屋市立大学 国公立 愛知県
25 68.5 大阪医科大学 私立 大阪府

筑波大学医学部の学費

6年間学費総額 3,496,800円 ※国公立大は学費が一律のため
ランキングなし
1年次学費総額 817,800円 2年次以降学費(年間) 535,800円
1年次学費 入学金 282,000円
授業料 535,800円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 -円
合計 817,800円
2年次以降学費(年間) 535,800円
6年間学費総額 3,496,800円

筑波大学医学部の奨学金

つくばスカラシップ(緊急支援)給付

金額 200,000円
期間 1回
条件 主たる学資負担者の死亡、またはやむを得ない事由による失職により家計が急変し、修学が困難な者。

つくばスカラシップ(交換留学支援)給付

金額 720,000円 ~ 1,200,000円
期間 最長1か年
条件 本学と提携した大学に3か月以上1年以内の間派遣される学生で、他の奨学金等の支給を受けていない者

つくばスカラシップ(短期海外研修支援)給付

金額 100,000円
期間 1回限り
条件 海外の大学等と協力して実施する短期研修プログラムのうち、本奨学金による支援が決定しているプログラムに参加する者。

つくばスカラシップ(国際的医学研究人養成コース支援)給付

金額 600,000円
期間 最長1か年
条件 医学群医学類国際的医学研究人養成コースに在学する者

筑波大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:78ID:2256

参考になった:0
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個人面接
「面接官と受験生の人数比】
面接官3人に対し、受験生1人
【所要時間】
10分程度
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
とても緊張して臨んだのですが、拍子抜けするほど和やかな雰囲気で面接が進んでいったように感じました。圧迫的な感じもなく、こちらの回答をよく聞いてくれたように思います。特に答えづらいような質問を見されることもありませんでした。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接対策は、志望大学を決めた1月末くらいから、大学の情報を集めるところから始めました。模擬面接は、高校で行われた面接対策1回のみで本番に挑みました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
これといって参考書を買ったりすることはしませんでしたが、医療関係の時事ニュースには、気を配るようにしていました。また、大学の情報を集め、特徴や魅力を考えておくのも、面接本番のためには、重要だったと感じます。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
自分の志望動機や、なぜ医学部に入りたいのかということについては、日頃から考えておくことが大事だと思いました。ありきたりの答えでは、やはり周りと差がつきづらいと思います。自分なりの答えをきちんと考えて、将来を見据えることが対策になるのだと思います。

勉強法の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:68ID:2115

参考になった:3
志望理由は何ですか?
専門的な医学授業の開始時期が、全国的に見てもトップレベルに早いということが筑波大学を志望しようと思った大きな要因です。
また、私自身の事情として、どうしても現役で医学部に合格したかったので、関東圏内の国立大学の中でも比較的現役合格率の高い筑波大学を志望しました。
塾や予備校には通っていましたか?
駿台に高3の1年間通っていました。やはり、全国でもかなりメジャーな予備校であるので、受験に対する情報量はかなりのものがあると感じました。また、夏期講習や冬期講習、直前講習で選べる講座の自由度が高いのもいいと思いました。
通っていた塾・予備校の講師について教えてください。
やはり、人気の先生は人気が出るだけの理由のある、わかりやすく記憶に残るような教え方だったように思います。私はあまり講師室を利用しなかったのですが、講師に直接質問することが出来るというシステムはいいと思いました。
通っていた塾・予備校の指導方針・カリキュラムについて教えてください。
現役コースは、特に志望大学別のコースなどはなく、自分の学力に合わせたコースを受けるような感じでした。そのため、授業についていけないというような悩みはありませんでした。
通っていた塾・予備校の教室内の環境(雰囲気)について教えてください。
想像していたよりも綺麗で、自習室や、休憩スペースも充実していたように思います。ただ、教室に関しては、窓がなかったので閉塞感を感じることもありました。
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
いかにミスを減らすかということにかかってくると思います。長文読解は二次試験対策をすれば十分なので、センターでは特に発音、文法を重点的にやるといいと思います。
【二次試験】
長文読解がメインになってくるので、高校3年の秋までは多読をするのが有効でした。
【参考書】
『英語長文問題精講』を用いていました。1度解くだけではなく、文中に出てきた単語や構文を復習するだけで、長文読解がかなり楽になると思います。
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
わたしは、数学が苦手だったため、センターは8割を切らないように、出来る問題を解くということを意識していました。そのためには、やはり量を解いて傾向を掴むのが大事になってくると考え、過去問をひたすら解きました。
【二次試験】
大学の過去問を解くことが一番の対策になったと思います。
【参考書】
高校で配布された『サクシード』を繰り返し解いていました。
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
生物と化学を選択しました。生物は、高校で使用していたセンサーという問題集を5周ほどして知識を固めました。化学も同様に、重要問題集を繰り返し解くことで、基礎ができたように思います。
【二次試験】
センターレベルの知識がしっかりと入っていれば、あとは志望大学の過去問を解いて傾向を掴むだけでも点数がとれるようになると思います。
【参考書】
上記の通りセンサーと重要問題集を使用していました。
受験生時代の国語(現代文・古文・漢文)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
国語は、理系の人は苦手とするところですが、古文・漢文に関しては単語や構文をしっかりと覚えるだけでも、確実に点が取れるようになってくると思います。現代文は、直近になってその場しのぎのテクニックを身につけても遅いです。高校の授業をしっかりと受けることが一番の対策になるのではないかと思います。
【二次試験】
ありませんでした。
受験生時代の社会(地理・世界史・日本史・現代社会・政治経済・倫理等)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
世界史Bを選択しました。理系の人はなかなか選ばない科目なのですが、暗記が得意な人は、地理や倫政よりも確実に点が取れると思います。一問一答形式の問題集を繰り返しやると力がつくと感じました。
【参考書】
東進の一問一答形式の問題集を使いました。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:68ID:2192

参考になった:0
口コミ評価
4.0
就職・進学
5.0
授業・実習
5.0
部活・サークル
4.0
研究
3.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
3.0
施設・設備・立地
4.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
早い時期から、実際の病院での実習や、解剖実習などを行えることが、大学のカリキュラムの最大の特徴だと思います。座学と実習、グループ学習など、様々なパターンの講義で、ただ知識を暗記するだけででなく、使える知識を増やしていけるのも特徴です。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
全ての学部が一つのキャンパスにまとまっているので、他の学部との接触の機会は多いと感じます。教養科目などでは、他学部の人と一緒に授業を受けることも多いです。
医学の部活は独立しているのですが、全学の部活に入ることもちろん可能です。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
大学の講義というと、教授が話していることをただ座って聞くようなイメージがありましたが、意外と実習が多く、自分で手を動かしながら学べる機会も多くありました。
また、大学は想像していたよりもずっと自由度が高く、何でも自分で決めることができます。

入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
大学というと、自分で好きに授業を組めるという印象がありますが、医学部に関していえば、大体のスケジュールはすでに決められています。もちろん教養科目などは自由に選ぶことができますが、医学の授業は結構過密なスケジュールが決められていることもあります。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
東京から近すぎず遠すぎず、程よく田舎で程よく都会な雰囲気は、とても暮らしやすいです。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2014年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:65ID:1432

参考になった:8
口コミ評価
4.0
就職・進学
5.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
5.0
研究
5.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
基礎医学は一年の秋学期から二年の春学期までであり、6週間の解剖実習も二年の春学期に含まれる。臨床医学・社会医学は二年の秋学期から四年の春学期まで。四年の夏休み明けにCBTがあり、その後は6年の頭まで臨床実習がある。この臨床実習が多いのが特徴的。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
教養の授業や学祭、宿舎祭、部活、サークルなどあらゆる場面で他学群の人と交流することは可能。ただ、医学系の部活のみに所属していると交流関係は医学群の人に限られがち。多くの医学生は医学系の運動部に所属している。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
広大なキャンパスの中で医学群は他学群と少し校舎が離れているため、教養科目が終わってしまうと他学群の人と関わる機会は減ってしまう。ただ、全学のサークルや学祭実行委員などで他学群の人と関わることも可能である。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
夏休みは他学群と比べると短いです。講義のコマ数も特に一、二年は他学群と比べたらかなり多い方。一人暮らしで生活リズムが崩れがちな中でも、しっかりと必要な単位を取っていかなければならないので、一年の早い段階から自立した生活が求められる。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
文理、体育、芸術と様々な学類があるのでつくばに住んでいると色々な人がいて楽しい。医学類では講義の他にシナリオに対し少人数で議論しあうチュートリアル方式の授業があり、自主的に考える機会が多くなる。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

筑波大学医学部へのアクセス

所在地 茨城県つくば市天王台1-1-1
最寄駅 つくばエクスプレス線 つくば駅

大学解説

【歴史】 1973年設置。国際バカロレア特別入試による人材受け入れを行うなど、教育・入試の改革に取り組んでいる。 【特徴】 1年次から医学セミナーや介護体験を通して、医学・医療に触れるとともに、3年次修了までに生命科学やヒトの構造と機能の基礎、ヒトの正常と病態が統合された形で学ぶ。4~6年次の病院での臨床実習では、各個人が診療チームの一員として行動しながら、医学士となるべき知識・態度・技能を身につける。実習修了時には、医療に関係するすべての領域を網羅できる。6年次には、海外の大学や病院での臨床実習、院外の各施設での実習、基礎医学や社会医学の研究室での研究などを行う。

筑波大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

筑波大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
筑波大学医学部の画像は筑波大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル