東京医科大学医学部

東京医科大学医学部
口コミ
口コミ評価
4.2
偏差値 66.5偏差値 45位/82校
学生数 748人【男性:-%・女性:-%】
6年間で
必要な学費
29,400,000円 (学費 10位/31校
医師国家試験
合格率
96%(合格率 6位/80校

東京医科大学医学部の偏差値

2017年
66.5 ランキング  45位/82校
2016年
67.5
2015年
68.2
2014年
64.8
2013年
64.8
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
40 66.8 昭和大学 私立 東京都
43 66.7 徳島大学 国公立 徳島県
43 66.7 群馬大学 国公立 群馬県
45 66.5 弘前大学 国公立 青森県
45 66.5 札幌医科大学 国公立 北海道
45 66.5 東京医科大学 私立 東京都
48 66.3 鹿児島大学 国公立 鹿児島県
49 66.2 日本大学 私立 東京都
49 66.2 東邦大学 私立 東京都
51 66.0 鳥取大学 国公立 鳥取県
52 65.8 福島県立医科大学 国公立 福島県

東京医科大学医学部の学費

6年間学費総額 29,400,000円 ランキング 10位/31校
1年次学費総額 7,400,000円 2年次以降学費(年間) 4,400,000円
1年次学費 入学金 1,000,000円
授業料 2,500,000円
教育充実費 2,500,000円
委託徴収金 -円
その他 1,400,000円
合計 7,400,000円
2年次以降学費(年間) 4,400,000円
6年間学費総額 29,400,000円

東京医科大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

小論文対策の口コミ

【入学年度】2017年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:63  入学直前期:68ID:5687

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
推薦入試は
有名人の言葉について日本語で言葉とその言葉を発した経緯について書いてあった。
また、英語でA 4サイズ1枚くらいに老人ホームについてのことが書いてあった。
それぞれ日本語で書くのが課題だった。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
もともと小論文は得意であったので、そこまで対策はしていない。
12月初めの推薦入試のために夏休みくらいから3回くらい書いたかなという印象。
書いた小論文は学校の先生に見てもらい添削してもらった。複数人に見てもらったが、同じのを複数人に見てもらうのはオススメしない。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
誤字脱字に注意すること。
最終的に自分が伝えたいことは何かを意識して書き始めること。
すると、はじめに、きっかけ、中に具体例2つくらい、まとめで綺麗にまとまる。
自分が理想とする医師像を混ぜこみながら書く。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
医療を含め、社会問題がまとめてある本を学校の図書館で見つけ、休み時間で読んだ。
高齢化問題、孤独死、少子化など。
新聞などで特に医療に関するところは読むようにしていた。また、海外の医療制度を少し調べ、日本との違いを理解するようにしていた。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
表現の引き出しを作っておく。
言いたいことをハッキリさせておく。
言葉を変えつつ言いたいことを反復する。
ロジカルに文章を進める。
参考資料は手元にないため、様々な情勢やデータをある程度、知識や教養として身につけておく。

面接対策の口コミ

【入学年度】2017年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:63  入学直前期:68ID:5571

参考になった:1
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
質問
苦手な教科はありましたか?それをどのように克服しましたか。
回答
数学が苦手でした。同じ問題集を用いて反復して勉強し、回答パターンを身につけました。また、友達と教え合い、勉強しました。
質問
どのような医師を目指していますか
回答
患者さんに寄り添うことのできる医師になりたいです。日頃からコミュニケーションをとって、信頼関係を築いていきたいと思っております。
質問
大学生活はどのように過ごしたいと思っていますか
回答
勉強を第1に、友人や先輩方と関わり様々な考え方を吸収したいです。
当日の面接の様子について教えてください。
体育館をパネルで区切ってある。
5畳くらいのスペースに試験官は3人
1人は高校の時の自分の生活について
1人は私の成績について
1人はこれからの大学生活、医師になってからについて
を質問された。
最初は体育館の中央の椅子で待たされ、順に呼ばれる。1人ずつ面接。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
3ヶ月前から学校、塾で様々な人に週に1.2回やってもらいました。
実践的ではないですが、だいたい1対1で練習することが多かったです。
東京医科大学は違いますが、圧迫面接の練習もしてもらったことはあります。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接を受ける人と情報共有をしたり、過去に面接でどんなことを聞かれているか、それを聞かれたらどう答えるかを常に考えていた。
初めて会う人に好印象を持ってもらうのが大切であるため、カフェ等で愛想よく振る舞う練習をした。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
首尾一貫した考え方をもつ。
にこやかに振る舞う。
お辞儀の角度や手の添え方に注意する。
立ち振る舞いに注意する。基本的に動作をゆっくりとした方が、所作が美しく見えやすい。
話す時は質問された人を見てハキハキしゃべる。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2017年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:63  入学直前期:68ID:5389

参考になった:0
口コミ評価
5.0
就職・進学
-
授業・実習
5.0
部活・サークル
5.0
研究
4.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1年生の後期から基礎医学が始まる。
2年生に解剖があり、新宿という好立地なため、たくさんの客員教授が来てくださり、手厚く指導してくれる。
少人数で実習でき、先生も2.3グループに1人くらいの割合で見て下さる。
解剖は医学の基礎のため、このような好条件の大学は他にないと思う。
2年の冬に総合試験がある。進級試験は厳しい。
4年生の終わりからポリクリがはじまり、秋にCBTを受ける。
6年生では1ヶ月間海外実習を選択することが出来る。
アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど様々な大学を選択できるが、TOEFLの点数により行ける大学が異なる。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
部活動が盛んで90%以上の人が、部活動に加入している。
活動日数は部によるがだいたい週2.3回のところが多い。
土俵や筋トレルーム道場、体育館など、それなりの設備はある。
サークル活動もあるが、サークル活動のみの生徒はすくない。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
大学生のため、もう少し遊べるかなぁと考えていたが、思った以上に小テスト等で勉強が忙しく、大変である。
部活動に入るとは思ってなかった。だが、そこから先輩や後輩との繋がりが生まれる。また、様々な情報やお話を聞ける。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
ほぼ空きコマは存在しません。夏休みも小学生と同じ感じです。
バイトと部活動と勉強の両立は厳しいものがあり、バタバタと日々を過ごしています。
また、実習になると朝早い事がおおいようで、家が遠い人は大変になるよと先輩に言われました。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
医学の基礎である解剖がとても手厚い。
教授との距離が近く、気軽に質問に行ける。
24時間学校があいているので、テスト前等に勉強するために図書室や教室が活用できる。
海外留学などの海外交流が盛んである。
立地が良い。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2014年(再入学)【模試の偏差値】高校三年4月:55  入学直前期:67ID:4976

参考になった:1
口コミ評価
5.0
就職・進学
4.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
5.0
研究
3.0
国家試験・資格
4.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
新しいカリキュラムになってから1年の後期から基礎医学が始まるようになった。
また、2年の前期は6月に入ってからは人体解剖学と生化学と脳解剖学の実習で週5回すべて午後から行われるので非常に疲れる。
基本的に医学の勉強が国立より前倒しになっているので注意が必要。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
単科医大であるため基本的に医学部だけで成り立っている。
また、サークルはほぼないため、基本的には部活しかない。
部活の上下関係は今後の学生生活すべてに影響を及ぼすようになるので、よく検討して慎重に選ぶ必要がある。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
立地が良く、新宿歌舞伎町が近いこともあり遊んでいる学生が多いのではないかと思っていたが、実際は遊びと勉強を両立している人が多い。
また、医学部ではあるが部活動に熱心なところがとても多く試験直前でも取り組んでいるところが多い。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
講義は全て必修であり、一つでも落とすと留年です。(仮進級のシステムはなし。)また、留年すると留年した年にとった単位は全て取り直しになるので注意が必要。
また、実習系の出席はかなり厳しく出席が点数化されている授業も多いので各科目がどのように点数を配分しているのか知っておく必要がある。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
人数が少ないので学年全員と仲良くできる。立地がいいので、勉強の息抜きするところには困らない。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

東京医科大学医学部へのアクセス

所在地 東京都新宿区新宿6-1-1
最寄駅 東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅

大学解説

【歴史】 19ある旧制医専のひとつ。センター試験利用入試では5教科7科目が必要。地域枠を含む公募制推薦枠を設けている。
【特徴】 異なる教育を受けた医療者間の教育の質を保証するために、国際的な認証制度の必要性が高まるなか、国際医学教育連盟が定めるグローバルスタンダード(医学教育分野別評価基準日本版)にのっとりカリキュラムを編成し、2014年度の新入生からカリキュラムを一新している。アウトカム基盤型教育の導入、早期臨床実習体験の拡充、プロフェッショナリズム、医療倫理、情報科学、緩和医療、漢方および行動科学・患者学など、新しい領域の経年的な教育を行う。 1年次には臨床医学入門として症候学を導入するほか、基礎医学を学ぶ。3年次には臨床科目の講義のほか、地域医療実習として地域の診療所などで地域医療や医療連携を学ぶ。5年次からは診療参加型の臨床実習を行う。

東京医科大学医学部と偏差値の近い 私立大学

東京医科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
東京医科大学医学部の画像は東京医科大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル