東京医科大学医学部

東京医科大学医学部
口コミ
口コミ評価
4.1
偏差値 66.5偏差値 45位/82校
学生数 748人【男性:-%・女性:-%】
6年間で
必要な学費
29,400,000円 (学費 10位/31校
医師国家試験
合格率
96%(合格率 6位/80校

東京医科大学医学部の偏差値

2017年
66.5 ランキング  45位/82校
2016年
67.5
2015年
68.2
2014年
64.8
2013年
64.8
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
40 66.8 昭和大学 私立 東京都
43 66.7 徳島大学 国公立 徳島県
43 66.7 群馬大学 国公立 群馬県
45 66.5 弘前大学 国公立 青森県
45 66.5 札幌医科大学 国公立 北海道
45 66.5 東京医科大学 私立 東京都
48 66.3 鹿児島大学 国公立 鹿児島県
49 66.2 日本大学 私立 東京都
49 66.2 東邦大学 私立 東京都
51 66.0 鳥取大学 国公立 鳥取県
52 65.8 福島県立医科大学 国公立 福島県

東京医科大学医学部の学費

6年間学費総額 29,400,000円 ランキング 10位/31校
1年次学費総額 7,400,000円 2年次以降学費(年間) 4,400,000円
1年次学費 入学金 1,000,000円
授業料 2,500,000円
教育充実費 2,500,000円
委託徴収金 -円
その他 1,400,000円
合計 7,400,000円
2年次以降学費(年間) 4,400,000円
6年間学費総額 29,400,000円

東京医科大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

小論文対策の口コミ

【入学年度】2014年(再入学)【模試の偏差値】高校三年4月:55  入学直前期:67ID:5055

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
論説文の一部を読みその内容を400字程度で要約するというものでした。
文の内容がどのようなものかはあまり覚えてはいないのですが、そんなに難しい内容ではなかったと思います。
文章を読む力が最低限あれば、苦労することはないと思います。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
特に対策はしていませんでした。(東京医大で小論文が配点には含まれていなかったので)
また、問題も現在はどうなっているかはわかりませんが、当時は公開していなかったので対策しようがなかったと思います。
ただ、2次試験の直前に市販の参考書を買ってそれを解いて添削は何回かしてもらいました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
文を書いて塾で添削してもらった。その際、正しい日本語を使っているかのチェック、正しい文法を使えているかのチェック、文の構成が問題ないかのチェックを重点的にやってもらうように頼みました。あとは、普段からニュースを活用して色々な情報を仕入れておくのは大事だと思います。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
ニュースと新聞から主に仕入れました。SNSでも気になるニュースが流れてくることがあるので活用していましたが、その際ソースがどこなのかの確認とその内容が正しいのかどうかを必ず確認していました。フェイクニュースである可能性もあるため必ず元をとることが大事だと思います。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
文の構成、正しい漢字、正しい日本語が使えているかを徹底的に確認します。
また、文章を書く練習以外には普段から小説など様々なジャンルの本を読むことが大事だと思います。
自分の知らない文の書き方や単語、漢字が出てくるので非常に勉強になります。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:52  入学直前期:67ID:5052

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】やりがい
正直書いたことについてはあまり覚えていないが、おそらく今までに書いた医療系小論文の中で書きやすかった何かの話題についてやりがいと繋げてかいたとおもう。
一つの立場に固執して書くと大学の方針とズレかねないので2個くらいの立場で書いた記憶がある。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
小論文対策は毎週行われる予備校の対策講座で行なっていた。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
自分で書いた文章は自分で見直してもわかりにくいところがあるかどうかわからないので先生からの添削をよく見るようにしていた。
またまた、予備校の講座だと先生が同じため、模試などで知らない人から受けられる評価を大事にするようにしていた。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
小論文はその場で題にそって書くものだが、ある程度大学の傾向を知って対策を取っておけば、本番に練習で書いたことのある題が当たることもある。
特に医系の問題に関するものはそのようなトピックをまとめた参考書が売っているので一通り読んで考えを深めるようにしていた。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
もう一度受験するとしたら、本番までに書き方をもっとしっかり確立させておきたい。
書き方さえ確立させておけば自分の考えをそのテンプレートに当てはめるだけでわかりやすいポイントを押さえた文を書けるので余裕を持って書けると思う。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2014年(再入学)【模試の偏差値】高校三年4月:55  入学直前期:67ID:4976

参考になった:1
口コミ評価
5.0
就職・進学
4.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
5.0
研究
3.0
国家試験・資格
4.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
新しいカリキュラムになってから1年の後期から基礎医学が始まるようになった。
また、2年の前期は6月に入ってからは人体解剖学と生化学と脳解剖学の実習で週5回すべて午後から行われるので非常に疲れる。
基本的に医学の勉強が国立より前倒しになっているので注意が必要。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
単科医大であるため基本的に医学部だけで成り立っている。
また、サークルはほぼないため、基本的には部活しかない。
部活の上下関係は今後の学生生活すべてに影響を及ぼすようになるので、よく検討して慎重に選ぶ必要がある。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
立地が良く、新宿歌舞伎町が近いこともあり遊んでいる学生が多いのではないかと思っていたが、実際は遊びと勉強を両立している人が多い。
また、医学部ではあるが部活動に熱心なところがとても多く試験直前でも取り組んでいるところが多い。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
講義は全て必修であり、一つでも落とすと留年です。(仮進級のシステムはなし。)また、留年すると留年した年にとった単位は全て取り直しになるので注意が必要。
また、実習系の出席はかなり厳しく出席が点数化されている授業も多いので各科目がどのように点数を配分しているのか知っておく必要がある。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
人数が少ないので学年全員と仲良くできる。立地がいいので、勉強の息抜きするところには困らない。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:52  入学直前期:67ID:4971

参考になった:1
口コミ評価
4.0
就職・進学
4.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
4.0
研究
3.0
国家試験・資格
4.0
恋愛・友人
3.0
施設・設備・立地
4.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
国立と比べると忙しいが私立の中ではどちらかというと余裕のあるカリキュラムだと思う。
テスト前や2年前期の解剖実習など期間はハードだがそれ以外の期間は1、2年は大きなテストもなく自由な時間が持てると思う。
3年から臨床が始まり、2週間置きにテストがあったりして大変な印象がある。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
部活は盛んで部活に入っていない人は少ない。
サークルと兼部する人もいる。飲み会の多さは部活によってかなり違うため一概には言えないが、立地のせいもあり比較的多い印象がある。
学園祭はかなり小規模だが部活によっては参加必須。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
生活面では、医学部=芋っぽいという先入観があったが、華やかな人が他の大学に比べてもとても多く衝撃を受けた。
勉強面では、ネットでは進級ゆるゆると言われていたが大学が方針を変えたのか一般教養の単位が厳しくなっていて驚いた。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
夏休みの長さなど大学を選ぶ際に特に重視していなかったが、実際はとても短くてつらかったのでそれは知っておくべきだった。
留年者が全教科再履修ということも、留年する前提でないにしても知っておいて損はないと思った。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

東京医科大学医学部へのアクセス

所在地 東京都新宿区新宿6-1-1
最寄駅 東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅

大学解説

【歴史】 19ある旧制医専のひとつ。センター試験利用入試では5教科7科目が必要。地域枠を含む公募制推薦枠を設けている。
【特徴】 異なる教育を受けた医療者間の教育の質を保証するために、国際的な認証制度の必要性が高まるなか、国際医学教育連盟が定めるグローバルスタンダード(医学教育分野別評価基準日本版)にのっとりカリキュラムを編成し、2014年度の新入生からカリキュラムを一新している。アウトカム基盤型教育の導入、早期臨床実習体験の拡充、プロフェッショナリズム、医療倫理、情報科学、緩和医療、漢方および行動科学・患者学など、新しい領域の経年的な教育を行う。 1年次には臨床医学入門として症候学を導入するほか、基礎医学を学ぶ。3年次には臨床科目の講義のほか、地域医療実習として地域の診療所などで地域医療や医療連携を学ぶ。5年次からは診療参加型の臨床実習を行う。

東京医科大学医学部と偏差値の近い 私立大学

東京医科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
東京医科大学医学部の画像は東京医科大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル