福島県立医科大学医学部

福島県立医科大学医学部
口コミ
口コミ評価
4.0
  • 勉強法(3
  • キャンパスライフ(2
  • 面接対策(0件)
  • 小論文対策(0件)
偏差値 65.3偏差値ランキング62位
学生数 1,044人【男性:48.2%・女性:51.8%】
女子比率ランキング18位
6年間で
必要な学費
3,496,800円
医師国家試験
合格率
97.2%(医師国家試験合格率ランキング9位

※学生数は医学部生以外も含みます

大学解説

【歴史】
戦時中の医師不足を背景に設置された19の旧制医専のひとつ。1944年に創設された福島県立女子医学専門学校を基盤として、1947年に開学した。

【特徴】
1年次には、語学・自然科学・人文社会科学系科目群と総合教育科目群を効率よく配置。2年次~4年次は、生命科学・社会医学系および臨床医学系科目が主体となっている。5年次からは、約13か月間にわたるベッドサイドラーニング(BSL)が始まる。医療チームの一員として医療に参加し、実践的な診療能力を身につけることを目的とする。

福島県立医科大学医学部に合格した人の口コミ・評判

福島県立医科大学医学部に合格した人の勉強法の口コミ

Yさん 2015年度入学(現役)入学時偏差値:60
志望理由は何ですか?
実家が福島にあったから。生物系、とくに人体機能に興味があったので(続きを見る

福島県立医科大学医学部に合格した人のキャンパスライフの口コミ

Yさん 2015年度入学(現役)入学時偏差値:60
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1年次は基礎科目が多く、ほとんど座学だが、化学、物理、生物の実験がありそれなりに手の込んだ実験を行う。夏休み後には地域実習という形で一週間弱学習する機会がある。解剖(続きを見る

福島県立医科大学医学部におすすめの医学部予備校・塾・家庭教師

  • 創医塾京都

    創医塾京都
    創医塾京都が示す最適針路とは、学習効率・テクニックだけを求めるものではありません。また、「みんながやっているから」とやみくもに努力するだけでも成果は期待できま・・・(続きを読む)
  • セント・メプレス

    セント・メプレス
    セント・メプレスは下記指導方針のもと、生徒さんを医学部合格へ・やる気へと導きます。 ①【精神的姿勢の確立】現状に甘え、漠然と毎日を過ごしていませんか?当塾では・・・(続きを読む)
  • HASHIKEN橋本高等予備校

    HASHIKEN橋本高等予備校
    現状の学力を確認し、志望校までの合格力をつけるためのスケジュール『プロジェクト表』を、一人一人に作成します。それに基づいて、一日一日の学習をオリジナルの9つの・・・(続きを読む)

福島県立医科大学医学部の偏差値

過去3年間の入試偏差値の推移

年度 2013 2014 2015 直近3年平均
偏差値 63.7 63.7 65.3 64.2

※偏差値は独自の方法により算出しています。

センター試験配点・二次試験配点・合格者得点率

  センター試験配点 二次試験配点 合格者得点率
前期試験 650点 660点 69.7%
後期試験 450点 360点 76.6%

福島県立医科大学医学部の入試情報

出願実績

  定員 受験者数 合格者数 実質倍率
前期試験 67名 308名 68名 4.5倍
後期試験 23名 94名 23名 4.1倍

入試情報




センター試験 センター試験 5教科7科目(650点満点)
【国語】国語(150)
【数学】数IA必須,数IIB・工業数理・簿記・情報から1,計2科目(150)
【理科】物・化・生から2(150)
【外国語】英[リスニングを課す](150[30])
《地歴》世B・日B・地理Bから選択(50)
《公民》「倫理・政経」(50)
 ※理科は,基礎科目の選択不可
●選択→地歴・公民から1
2次試験 【数学】数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)・数III(200)
【理科】「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」から2(200)
【外国語】英I・英II・リーディング・ライティング(200)
【面接】(60)
備考 セ試および個別学力検査等の合計得点が合格者最低得点を上回っていても面接成績によっては不合格になる場合がある。
【センター試験備考】第1段階選抜は国200、地公100、数200、理200、外200の計900点。
旧教育課程履修者に対する経過措置(センター試験) 大学入試センターが実施する経過措置による科目の利用を可能とする。
旧教育課程履修者に対する経過措置(2次試験) 数学 数Ⅰ・数Ⅱ・数Ⅲ・数A・数B
数Bは「数列」、「ベクトル」から出題。
ただし、旧教育課程履修者については、不利益が出ないように配慮。
物理 『物理基礎・物理』は物理基礎、物理の全範囲から出題。ただし、旧教育課程履修者については、不利益が出ないように配慮。
生物 『生物基礎・生物』は生物基礎、生物の全範囲から出題。ただし、旧教育課程履修者については、不利益が出ないように配慮。
化学 『化学基礎・化学』は化学基礎、化学の全範囲から出題。ただし、旧教育課程履修者については、不利益が出ないよいうに配慮。



センター試験 センター試験 5教科7科目(450点満点)
【国語】国語(100)
【数学】数IA必須,数IIB・工業数理・簿記・情報から1,計2科目(100)
【理科】物・化・生から2(100)
【外国語】英[リスニングを課す](100[20])
《地歴》世B・日B・地理Bから選択(50)
《公民》「倫理・政経」(50)
 ※理科は,基礎科目の選択不可
●選択→地歴・公民から1
2次試験 【総合問題】(300)
備考 第1段階選抜は国200、地公100、数200、理200、外200の計900点。
旧教育課程履修者に対する経過措置(センター試験) 大学入試センターが実施する経過措置による科目の利用を可能とする。
旧教育課程履修者に対する経過措置(2次試験)

受験料(単位:円)

入学検定料 17,000

在学中の学費一覧(単位:円)

1年次の学費 入学金 282,000
授業料 535,800
教育充実費 -
施設設備費 -
委託徴収金 -
(入学時納付金) 817,800
初年度学費合計 817,800
2年次の学費(年間) 535,800
3年次以降の学費(年間) 1
6年間の学費総額 3,496,800

大学独自の奨学金・特待生制度

【奨学金制度】






1
奨学金名 福島県緊急医師確保修学資金
形態 貸与
金額 2,082,000円 ~ 2,646,000円
期間 正規の修業年限内
採用条件 将来福島県内の公的医療機関に医師として勤務する意思のある学生

福島県立医科大学医学部へのアクセス

所在地 福島県福島市光が丘1
最寄駅 JR東北本線(黒磯~利府・盛岡) 金谷川駅
医学部予備校マニュアル
大学の画像について
福島県立医科大学医学部の画像はKozoさんから提供していただきました。