福島県立医科大学医学部

福島県立医科大学医学部
口コミ
口コミ評価
4.4
  • 勉強法(6
  • 面接対策(2
  • 小論文対策(0件)
  • 大学生活(5
偏差値 65.8偏差値 52位/82校
学生数 758人【男性:68.2%・女性:31.8%】
女子比率 36位/82校
6年間で
必要な学費
3,496,800円
医師国家試験
合格率
92%(合格率 28位/80校

福島県立医科大学医学部の偏差値

2017年
65.8 ランキング  52位/82校
2016年
65.3
2015年
65.3
2014年
63.7
2013年
63.7
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
45 66.5 東京医科大学 私立 東京都
48 66.3 鹿児島大学 国公立 鹿児島県
49 66.2 日本大学 私立 東京都
49 66.2 東邦大学 私立 東京都
51 66.0 鳥取大学 国公立 鳥取県
52 65.8 福島県立医科大学 国公立 福島県
53 65.7 産業医科大学 私立 福岡県
53 65.7 大分大学 国公立 大分県
53 65.7 国際医療福祉大学 私立 千葉県
53 65.7 宮崎大学 国公立 宮崎県
53 65.7 福井大学 国公立 福井県

福島県立医科大学医学部の学費

6年間学費総額 3,496,800円 ※国公立大は学費が一律のため
ランキングなし
1年次学費総額 817,800円 2年次以降学費(年間) 535,800円
1年次学費 入学金 282,000円
授業料 535,800円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 -円
合計 817,800円
2年次以降学費(年間) 535,800円
6年間学費総額 3,496,800円

福島県立医科大学医学部の奨学金

福島県緊急医師確保修学資金貸与

金額 -円
期間 正規の修業年限内
条件 【52名※平成29年度】将来福島県内の公的医療機関に医師として勤務する意思のある学生に月額15万円、および入学料相当額(県内出身者:28万2,000円、県外出身者:84万6,000円)を貸与する

福島県立医科大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

勉強法の口コミ

【入学年度】2014年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:65ID:3956

参考になった:0
志望理由は何ですか?
実家から遠くなく、一次試験で落とされなさそうだったから
塾や予備校には通っていましたか?
●駿台
値段が高いので体験を一度受けてから教え方や性格が合う先生を選ぶべき。
自己学習できる人向き。
自己学習したいと思える好きな科目の対策に使うべき。
●東進
大学生講師にイライラしたが効率的。
値段が高い。押し売りがち。
通っていた塾・予備校の講師について教えてください。
かなり頻繁に生徒を当てる先生がいるので自然と予習復習するようになる。厳しい言葉が多いので好き嫌いが分かれる。配布プリントはかなり有用。

通っていた塾・予備校の指導方針・カリキュラムについて教えてください。
駿台は基本的に放任。仲間を作るとモチベーションが保ちやすいかもしれない。
東進は面倒見が良いが様々なイベントに参加しないと馴染めなくてストレス。
通っていた塾・予備校の教室内の環境(雰囲気)について教えてください。
駿台市ヶ谷校舎
狭い。自習室を取るのが大変で嫌だった。
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
センター試験も二次試験も、駿台市ヶ谷校舎の斎藤英先生のSαを取ったことでそこそこ取れるようになった。
センター試験は高2の同日模試で9割を取れるようになっていたが二次試験の文法問題が苦手だったので駿台で補強した。
【参考書】
単語はキクタン、その他は駿台のテキストを用いた。
文法ではネクストステージも使った。
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
センター試験は過去問、二次試験は問題集を用いて対策した。
センター試験は早期に9割を取れるようになっていた。
二次試験対策として高難易度の問題集を2種類、2週はした。
整数問題は、Z会の短期講習を受けたことがある。
【参考書】
大学への数学
やさしい理系数学
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
化学は駿台市ヶ谷校舎のSαクラスの授業を高2から高3にかけて受けた。
物理は高校での進度が遅く、予備校の講師の教え方が合うか不安だったので大学の物理学科に通う姉から週に数回定期的に指導を受け、課題を解き、同時に問題集も解いた。
【参考書】
名門の森物理
受験生時代の国語(現代文・古文・漢文)の対策を具体的に教えてください。
センター試験のみだった。
現代文は東進予備校の有名講師の講座、古文漢文も東進予備校の講座を取った。
単語は単語帳を一冊使って覚え、過去問も一通り解いた。
【参考書】
センター試験過去問
受験生時代の社会(地理・世界史・日本史・現代社会・政治経済・倫理等)の対策を具体的に教えてください。
社会はセンター試験でのみ必要で、地理を選択し、東進予備校の講座を取った。板書が多かった。別に参考書も用いた。
最終的に8割行かない程度しか取れなかった。
【参考書】
忘れた。

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:65ID:3719

参考になった:6
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
・面接官3人に対して受験者1人
・1人15分程度
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】医学部を志望した理由
【回答】小児科医になりたい。
【質問】高校3年間はどのようだったか
【回答】素晴らしい友人、先生に囲まれ幸せな3年間だった。
【質問】何で来たか
【回答】バスで来た。
当日の面接の様子について教えてください。
・3人中、1人がやや圧迫かなと思った。少し怖かった。
・全体的には話しやすい雰囲気だった。そこまで緊張することなく、リラックスしてできた。
・1人は必ず相槌をうって、頷いてくれる人がいた。この人が中和している感じ。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
・面接練習を本格的に始めたのはセンターの後。
・1週間に3回程度。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
・聞かれていることを答えるといった当たり前のことが、きちんとできるようにしていた。面接は緊張するため、日頃からリラックスして臨むようにしていた。
・面接対策用のノートを作っていた。直前なども見られるため、とても使えると思う。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
資料を見せられて、それについて話してくださいというのがあったが、物事を多面的に見られる力がないと厳しい。
言うことがなくなって、すぐに終わってしまう。
日頃から物事を多面的に見ることが大事だと思った。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2014年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:65ID:4143

参考になった:0
口コミ評価
4.0
就職・進学
5.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
4.0
研究
3.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
福島学、漢方医学など、福島医大ならではの科目がある。
他の重要科目の試験の間に試験があるとうざったく感じる。
ほとんどどの科目も再試を用意してくれて面倒見がかなり良い。
普通に周囲と同じ危機感を持って真面目に勉強すれば、進級できる。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
●●(文系)に入っている。
部員は90人を超え、OB、OGとの縦のつながりが強く、現役医師と関わることが出来て楽しい。
人数の多さから企画が大変でイベントは少ないが、飲み会で酒を強要されることもなく民度が高い。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
福島は人が優しい。
都会ではないが、文化が発展していて住み良い。
大学の面倒見が良い。
(再試をやってくれる。)
どの部活もレベルが高い。
医学部は予想よりはるかに勉強が必要。
進捗を確認しあえる友達が必要。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
公共交通機関が貧弱であり車での登校が実質的には必要不可欠であること。
学生のほとんどが南福島駅周辺のアパートを住居として選択していること。
サークルがほとんど無く、部活動もそんなに数が無いということ。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:65ID:3661

参考になった:5
口コミ評価
5.0
就職・進学
5.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
5.0
研究
3.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
4.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
・一昨年からカリキュラムが変わり、4年後期から実習に入る。
前倒しとなったため、割ときつきつなカリキュラムになってしまったと思う。
・2年前期で解剖実習を行う。早いうちから人体を見ることは、良いことだと思う。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
・医学部、看護学部の学校だが、スポーツがとても盛ん。体力がかなりつく。
・部活の仲間は本当に学祭生活において大事。県外からも多く来ているので、新たな発見や出会いがある。
・学祭も医学的なことを発表するのはもちろん、トリワンやステージ発表などもあってとても盛り上がる。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
・医学部ということで、お堅い人たちが多いのかなと思っていたら、全くそうではなかった。普通にフレンドリーな感じで、とても馴染みやすい。
・大学がとにかくきれい。また、新たな建物ができてきて発展してるなと思った。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
・授業がびっしりと詰まっていて、その上部活も活発なので、バイトが全然できない。そのことを前もって知っていれば、入る部活を考えていたと思う。
・街とは少し離れた場所にあるため、車がないと少し不便。バスも雨の日や雪の日は、なかなか来ない。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
・一学年の人数が少ないため、本当にみんなと仲良くなれる。
・県外から来ている人が多いため、出会いや発見があって楽しい。
・学内はとてもきれい。
建設中の建物もあり、発展途上中。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

福島県立医科大学医学部へのアクセス

所在地 福島県福島市光が丘1
最寄駅 JR東北本線 金谷川駅

大学解説

【歴史】 19ある旧制医専のひとつ。1944年に創設された福島県立女子医学専門学校を基盤として、1947年に開学した。
【特徴】 1年次には、語学・自然科学・人文社会科学系科目群と総合教育科目群を効率よく配置。2年次~4年次は、生命科学・社会医学系および臨床医学系科目が主体となっている。5年次からは、約13か月間にわたるベッドサイドラーニング(BSL)が始まる。医療チームの一員として医療に参加し、実践的な診療能力を身につけることを目的とする。

福島県立医科大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

福島県立医科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
福島県立医科大学医学部の画像はKozoさんから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル