東海大学医学部

東海大学医学部
口コミ
口コミ評価
3.9
  • 勉強法(19
  • 面接対策(16
  • 小論文対策(7
  • 大学生活(19
偏差値 64.0偏差値 74位/82校
学生数 698人【男性:-%・女性:-%】
6年間で
必要な学費
36,000,000円 (学費 22位/31校
医師国家試験
合格率
85%(合格率 74位/80校

東海大学医学部の偏差値

2017年
64.0 ランキング  74位/82校
2016年
65.0
2015年
65.3
2014年
61.5
2013年
61.5
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
71 64.3 兵庫医科大学 私立 兵庫県
71 64.3 帝京大学 私立 東京都
71 64.3 愛知医科大学 私立 愛知県
74 64.0 藤田保健衛生大学 私立 愛知県
74 64.0 聖マリアンナ医科大学 私立 神奈川県
74 64.0 東海大学 私立 神奈川県
77 63.8 北里大学 私立 神奈川県
78 63.7 秋田大学 国公立 秋田県
79 63.3 岩手医科大学 私立 岩手県
80 62.5 埼玉医科大学 私立 埼玉県
80 62.5 獨協医科大学 私立 栃木県

東海大学医学部の学費

6年間学費総額 36,000,000円 ランキング 22位/31校
1年次学費総額 6,400,000円 2年次以降学費(年間) 5,720,000円
1年次学費 入学金 1,000,000円
授業料 2,148,000円
教育充実費 520,000円
委託徴収金 -円
その他 2,732,000円
合計 6,400,000円
2年次以降学費(年間) 5,720,000円
6年間学費総額 36,000,000円

東海大学医学部の奨学金

医学部奨学金給付

金額 1,200,000円
期間
条件 【25名程度】前年度の成績を審査し、人物・学業成績ともに優秀な2年次以上の学生

国際交流奨学金給付

金額 -円
期間 留学期間
条件 本学と交換協定を結んだ外国の大学へ留学が許可された者のうち、人物、学業成績ともに優れた者。受け入れ先大学により金額が変遷

【松前重義記念基金】建学記念奨学金給付

金額 50,000円 ~ 200,000円
期間 年1回
条件 【若干名】大学が指定する期間に独創力豊かな論文を提出した学生に対し、審査の上優秀者に対して給付する

応急奨学金貸与

金額 600,000円
期間 当該学期(次学期に限り再申請可)
条件 【年間30名以内】家計支持者の死亡・失職等で家計が急変し修学困難な第5セメスター以上の学生

医学部奨学金<ひまわり>給付

金額 1,200,000円
期間
条件 【定員5名程】度学費納入が困難な2年次以上の学生

東海大学医学部特別貸与奨学金貸与

金額 2,000,000円
期間
条件 【2017年度以降入学生(10名)】人物、学業成績ともに優れ、特定地域医療機関への就職を希望する学生。大学指定の特定地域医療機関(原則、大学付属病院群)において、奨学金の貸与期間、医師または教員として勤務した場合奨学金の変換が免除される

佐藤兼蔵貸与奨学金貸与

金額 3,000,000円
期間
条件 【若干名】家計支持者の志望・失職等で家計が急変し就学困難となった学生

【松前重義記念基金】自己研鑚奨学金給付

金額 100,000円 ~ 500,000円
期間
条件 【個人:年間20名程度、グループ:年間5グループ程度】文化活動、スポーツ活動などの各分野において計画し実現に努力している学生

東海大学後援会(校友会)奨学金給付

金額 10,000円 ~ 100,000円
期間 最長1年間
条件 【該当者全員】天災などで自宅(実家)が被害を受け、家計急変などにより就学困難となった学生

勤労奨学金給付

金額 360,000円
期間
条件 【定員171名】学業、人物に優れていながら経済的困窮により修学が困難な学生で、キャンパス内で年間240時間の勤労作業を行える学生

東海大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

小論文対策の口コミ

【入学年度】2015年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:60ID:4350

参考になった:3
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】
受精卵の分割の写真が四枚ほど貼ってありました。問題文はそれをみて思うことを答えよ。でした。
【どのように論じたか】
生物の知識が全く無かったので、自分の根源だと考えると思うところがある、みたいな感じのことを書きました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
医学部の模試などでは小論文の問題もあったので、積極的に受けるようにしていました。
あとは、小論文の講座を予備校で取ったり、文章を書くときの注意点(段落など)をしっかり確認した上で文章を書くようにしていました。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
例えば、その年になにか医学における大きな進歩があればそれは押さえておいたほうがいいと思いますが、専門的な知識が必要な小論文を出すところはそんなに無いので、あまり細かく知識をいれておく必要はないと思います。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
知識はあまり考えなくてよいので、読み手にとって魅力的な文章を書けるように努力するといいと思います。
あまりにやりすぎるとマイナスになるかもしれませんが、少しふざけた文章を入れてみたりしたらウケがいいと思います。

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(再入学)【模試の偏差値】高校三年4月:53  入学直前期:65ID:4260

参考になった:6
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
編入試験での面接です。

1回目は個別面接。
学生1人に対して教員2名。
20分。

2回目はプレゼン。
20分で出されたお題についてのプレゼンを作成し、10分で発表、10分で質疑応答をうける。
発表の時のみ先生がおり、先生は5人。
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
●個別
【質問1】
医学部を目指した理由
【回答1】
友人が事故に遭い記憶障害になった。
悲しい思いをする人を少しでも減らすために医師になりたいと思った。
【質問2】
編入試験を受けた理由
【回答2】
兼ねてから医学部志望であった。
浪人しても結果が出ずに別の大学へ進んだが、やはり医師になりたいと思うようになった。
一般入試の受験を念頭に再受験の勉強を始めた。
東海大の編入試験を知り、受験を決めた。
【質問3】
前の大学でやってきたことを活かせるか
【回答3】
化学工学を学んでいた。
血液流体と動脈瘤の関係を研究していたため、力になれる。
【質問4】
今までの人生で人の上に立つ経験をしたとこがあるか。
あればその時に苦労したことと解決方法。
【回答4】
高校時代に部活で指揮者をやった。
意見をまとめるのに苦労した。
全員から意見を聞き、説得を重ねた。
結果、みんなで一丸となって活動し10年ぶりに東北大会に進出した。
【質問5】
なぜ東海大学なのか
【回答5】
受験資格があった。
調べる中で設備の充実や教育体制で先進的であると知
当日の面接の様子について教えてください。
20分の時間が取られているのでじっくり聞かれる。
メモを取りながら真摯に聞いてくれるので感動した。
回答をじっくり掘り下げて聞かれるが、圧迫のような雰囲気はなく、興味を持って聞いてくれている感じだった。
嘘や虚栄を廃して、素朴でいいので本音を素直に答えられればそれでいいと思う。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
1次試験合格が決まってから対策を始めた。
メルリックス学院の東海大対策講座を受講した。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
新聞やネットニュースの医療、福祉関係の記事を集めていた。
また、それらについて自分の考えを言えるようにしていた。
また、過去に全国の医学部面接で聞かれたことが書かれた本を用いて、自分が聞かれたらどう答えるか、想定していた。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
医療の知識があることをアピールするのではなく、医者になりたい熱意を見せられるように気を使うと思う。
なぜ医師になりたいのか、どんな医師になりたいのか、医師になって何をしたいのか、などをしっかりと話せるようにしたい。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2016年(再入学)【模試の偏差値】高校三年4月:53  入学直前期:65ID:4100

参考になった:10
口コミ評価
5.0
就職・進学
4.0
授業・実習
5.0
部活・サークル
4.0
研究
3.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
4.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
・私たちの代からカリキュラムが新しくなり、1年生の後期から基礎医学の授業が始まる。
・4年生の後期から病院実習が始まり、卒業すれば日本の医師国家試験に加え、米国のUSMLE受験資格も得られる。
・実際に卒業と同時にUSMLEをパスしたい学生向けに、ハワイ大学医学部と組んでHMEPプログラムが動いている。
希望者は誰でも参加可能である。
・デンマーク、アメリカなどでクリクラを行うことができる。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
東海大本学とはキャンパスが離れているので交流は少ない。
部活もキャンパス単位である。
学園祭も伊勢原で行う。
東海大医学部は本学からかなり独立している印象がある。
しかし部活動は盛んで、学年の約半数は、なんらかの部活動に参加している。
体育会系から文科系まで、多くの部活がある。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
臨床の先生たちの懐がとても深い。
基礎医学しか学んでいない私でも「見学したい」と伝えたら救急救命科に見学に行くことができた。
実際に患者さんの血圧を測ったりドクターヘリの搬送を見たりなどもできた。
他のすべての科も、学生の見学を受け入れており、学びたい意欲さえあればいくらでも学ぶことができると思う。
ここまで先生たちが協力的であるとは思わなかった為、嬉しい誤算であった。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
一年中試験に追われます。
伊勢原に住んでいる学生が非常に多く、カリキュラム的にも伊勢原に住むことをお勧めします。
休みは一般学部よりも短く、休み明けにすぐテストがあったりします。
成績が良いだけで医学部にきてしまうと、医学部での勉強に意味を見出せずに苦労すると思います。
なぜ医師になりたいのかを思い出し、勉強する覚悟をしっかり固めてくる必要があると思います。
思い描かれがちな桜色のキャンパスライフは一年生の前期のみです。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
学年全員が仲良く、ともに進級しようという意識で団結しています。
カリキュラムはきついですが仲間に恵まれています。
1年のうちから病棟に出る実習があります。
早い段階から白衣を着る機会があるため、モチベーションが保てます。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2015年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:60ID:4076

参考になった:3
口コミ評価
5.0
就職・進学
4.0
授業・実習
5.0
部活・サークル
5.0
研究
4.0
国家試験・資格
4.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
4.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
カリキュラムが変わり一年から解剖実習と三週間の病院での実習が行われるようになりました。
またCBTが四年の夏にあります。
テストの日程を教学課が調整していますが非常にシビアな日程になっていることがままあります。
しかし、難しいテストは2,3科目しかないので進級は比較的楽です。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
部活は多くありますが、比較的楽な部活が多いです。
大体の部活は初心者が多いので楽しくできると思います。
また、部活の掛け持ちも可能です。
学園祭は、校舎が狭いのでどうしても小規模になってしまいます。
湘南のキャンパスは非常に規模が大きいです。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
編入で入ってくる方が多くいたり再受験に対して寛容なので年齢層が高めな気がしますが、大人の人達と仲良くなれて非常に楽しめています。
以前働いていた人たちの話を聞くのも興味深いです。
基本的に授業も楽なのでシビアに考えなくて良いのも魅力です。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
やはり医学部だけあって授業の数は他学部に比べると全然多いです。
また、一般教養として一年の前期に湘南校舎に通わなくてはならないため、なかなか面倒でした。
学校まで駅から歩くと20分近くかかるので意外と疲れます。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

東海大学医学部へのアクセス

所在地 神奈川県伊勢原市下糟屋143
最寄駅 小田急小田原線 伊勢原 駅

大学解説

【歴史】 1964年東海大学が開学し、1974年に医学部が設置された。センター試験利用入試の導入や付属校推薦枠を設けている。編入学試験による社会人の入学も多い。
【特徴】 1年次には、一般教養や医学英語などの学習とともに、病院内での様々な部門で実習を行い、医療の実際の現場を経験する機会が設けられている。2年次から「人体解剖学」や「組織学」など、医学の基礎となるものを学び、3年次より臨床医学領域の学びがスタートする。5年次には、診療参加型の臨床実習で実践的な臨床能力を身につけるとともに、これまで培った知識の定着も図る。

東海大学医学部と偏差値の近い 私立大学

東海大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
東海大学医学部の画像は東海大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル