慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部
口コミ
口コミ評価
4.5
偏差値 73.5偏差値 3位/82校
学生数 681人【男性:75.3%・女性:24.7%】
女子比率 42位/82校
6年間で
必要な学費
21,999,600円 (学費 3位/31校
医師国家試験
合格率
95%(合格率 13位/80校

慶應義塾大学医学部の偏差値

2019年度
73.5 ランキング  3位/82校
2018年度
73.2
2017年度
74.5
2016年度
76.2
2015年度
72.8
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
1 76.2 東京大学 国公立 東京都
2 75.2 京都大学 国公立 京都府
3 73.5 慶應義塾大学 私立 東京都
4 73.0 東京医科歯科大学 国公立 東京都
4 73.0 大阪大学 国公立 大阪府
6 70.8 東北大学 国公立 宮城県
7 70.7 東京慈恵会医科大学 私立 東京都
7 70.7 奈良県立医科大学 国公立 奈良県
9 70.5 名古屋大学 国公立 愛知県
9 70.5 九州大学 国公立 福岡県

慶應義塾大学医学部の学費

6年間学費総額 21,999,600円 ランキング 3位/31校
1年次学費総額 3,833,350円 2年次以降学費(年間) 3,633,250円
1年次学費 入学金 200,000円
授業料 3,040,000円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 593,350円
合計 3,833,350円
2年次以降学費(年間) 3,633,250円
6年間学費総額 21,999,600円

慶應義塾大学医学部の奨学金

慶應義塾大学「学問のすゝめ奨学金」給付

金額 900,000円
期間 1か年(継続申請可)
条件 日本国内(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県を除く)の高等学校等出身者で、人物および学業成績が優秀であるにもかかわらず、経済的理由により本学への入学に困難を来している者(入学後に所定の手続きを行い採用となる)

慶應義塾大学給費奨学金給付

金額 500,000円
期間 1か年(ただし毎年申請可)
条件 経済的に修学困難であると認められ、勉学の意欲があり、成績・人物ともに特に優れ、将来成業の見込みのある者

修学支援奨学金給付

金額 -円
期間 1か年(再申請可)
条件 急激な家計状況の変化、あるいは継続的な困窮のため修学が困難な学生について、学費の範囲内の金額を給付する

慶應義塾維持会奨学金給付

金額 800,000円
期間 1か年(再申請可)
条件 人物・学業成績ともに優れ、経済的理由により修学が困難と判断された者※地方出身者を優先する

慶應義塾大学医学部奨学基金奨学金給付

金額 1,000,000円
期間 1か年(再申請可)
条件 【対象:2年次以上】学業もしくは社会的貢献活動が優れており、かつ経済的支援が必要と認められる者

慶應義塾大学医学部教育支援基金奨学金給付

金額 500,000円
期間 1か年
条件 【対象:2年次以上】学習環境の維持・向上を支援し、質の高い医学生を育成するために支給する

慶應義塾大学総合医学教育奨励基金給付

金額 1,000,000円
期間 1か年(再申請不可)
条件 【対象:2年次以上】人物・学業成績ともに優れ、課外活動にも意欲的であり、将来社会に医学を通じて貢献し得る優秀な者

慶應義塾大学医学部贈医奨学金(経済支援部門)給付

金額 1,000,000円
期間 1か年(再申請可)
条件 【対象:2年次以上】経済的困窮を主な理由とし、修学が困難な者

慶應義塾大学医学部贈医奨学金(顕彰部門)給付

金額 1,000,000円
期間 1か年(再申請可)
条件 【対象:4・5年次】学業人物優秀なうえ、医学部生の模範となる特に優れた業績を挙げた者

慶應義塾大学医学部贈医奨学金(研究奨励部門)給付

金額 1,000,000円
期間 1か年(再申請可)
条件 【対象:2年次以上】人物・学業成績ともに優れ、医学の将来を担う医学部生の研究を奨励するために給付する

慶應義塾大学医学部研究医養成奨学金給付

金額 1,000,000円
期間 1か年(再申請可)
条件 【対象:4・5年次】研究医を目指し、MD-Ph.Dコースを選択した者

慶應義塾大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

勉強法の口コミ

【入学年度】2018年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:73ID:5808

参考になった:2
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
センターでしか使わない国語と地理の勉強を直前に詰め込みました。また、英語の発音アクセントも直前に詰め込みました。
【二次試験】
自分は数学が苦手だったので、絶対に確率の問題を解けるように準備しました。英語の英作文も早めに対策をしました。
【参考書】
単語は学校の授業で扱ったプリントで出てきた単語を英英辞書で調べてノートにまとめてました。
文法はNEXTSTAGEを何周もして完璧にしました。
英作文と和訳は慶應にこだわらず他の大学の良問などを解いて先生に添削してもらってました。
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
時間との勝負なので、ひたすら過去問を解いてました。統計は2次試験だけの勉強だと難しいので直前に詰め込みました。
【二次試験】
慶應医学部の数学は特徴的です。まず、ほぼ毎年確率漸化式が出るので自分はこの50年間で出てきた確率の問題を全て解けるようにしました。
後半の難しい問題はとても自分には無理だったので本番では少しだけ解いてあとは小問集合の検算をしてました。
【参考書】
河合出版の「理系数学の良問プラチカ数学Ⅲ」
聖文新社編集部の「慶應義塾大学 数学入試問題50年: 昭和31年(1956)~平成17年」
赤本
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
化学生物選択でした。化学は無機の問題だけ20年くらい過去問を遡りました。生物は分類学を直前に詰め込みました。
【二次試験】
慶應医学部の化学は割と簡単で高得点が求められます。
平衡とか反応速度など頻出な分野は決まってるのでそこを重点的にやりました。あと、ベンゼン環の書き方も指定されてるので注意してください。
生物はほぼ2、3行の記述問題です。暗記というよりはその場で考える問題が多い印象です。
ただ時間配分には気をつけて、分からない問題はとりあえず何か書いてすぐ次に行った方がいいです。僕は50分で終わらせました。
【参考書】
物理は、河合出版の「物理のエッセンス」や「名門の森」が組み合わせて使うことで非常に役に立った。
化学は、予備校の授業で使った教科書やプリントを使っていた。
化学:「化学の新研究」「化学の新演習」(三省堂)
「化学重要問題集」(数検出版)
生物:「東大の生物 27ヶ年」(教学社)
「生物新・考える問題100選」(駿台受験シリーズ)
「生物重要問題集」(数検出版)
受験生時代の国語(現代文・古文・漢文)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
国語は学校の授業だけでなんとかしました。古文は単語を、漢文は句形の暗記を暇な時にやっていました。時間配分には気をつけました。

受験生時代の社会(地理・世界史・日本史・現代社会・政治経済・倫理等)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
学校が過去問を提供してくれたのでそれを解いてました。詰め込むのも大変なのでちゃんと授業を聞いて地理的感覚を身につけると良いと思います。
【参考書】
直前30日で9割とれる 鈴木達人のセンター地理B(角川文庫)
所属する大学を目指す受験生にメッセージがありましたらお願いします。
いろいろなことを書きましたが、総合的に良い学校だと思います。卒業後のつながりも強いですし、最先端の医学を学べる大学病院もあります。
そして意欲があれば研究室に早くから入って研究することもできます。受験勉強は大変だと思いますが、もう少しの辛抱なので頑張ってください。

面接対策の口コミ

【入学年度】2018年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:70  入学直前期:70ID:5734

参考になった:8
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
医学部を志望した理由: 研究医として働いてさまざまな人を助けたいから。
併願校にも受かったらどちらに行くか: (正直に併願した)東京大学の理科三類に行くといいました。
親は、進学を勧めているのか(つまり学費を払えるのか): 応援してくれている
(インフォームドコンセントとか専門的な難しい話はしません)
当日の面接の様子について教えてください。
部屋が8つほどあり、そこに6組ほどの面接が同時に行われます。空きが出たらそこに1人ずつ入れる感じです。
面接官2人に対し、受験者1人で基本的に2回面接が行われます。
3回目の面接を受ける人もいます。3回目に呼ばれたから、受からないというわけではないので安心してください。面接官はフランクで圧迫感はありません。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接の対策を本格的に始めたのは直前期でしたが、学校で面接対策の疑似面接が12月ぐらいにありましたね。
面接対策の本と、これまでの慶應の面接のあり方をまとめた本を何回か読みました。また、慶應医学部に進学した先輩の話を聞いたりもしました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
日頃から行なっていたことはとくにないです。ただ、面接の時は、頑張って相手の目を見て会話しようと心がけ、無理でも相手の目の向こう側を見るようにしていました。
普段はボソボソ話すタイプでしたが、ハキハキ話すようにはしました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
もう一度対策することはほぼないでしょう。聞いた通りの面接だったので、形式が大幅に変わることはほぼないでしょうから、とにかく面接の形式を理解して、慶應の特殊な面接のあり方に驚かないように心構えはすべきです。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2018年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:73ID:5817

参考になった:3
口コミ評価
4.0
就職・進学
-
授業・実習
2.0
部活・サークル
5.0
研究
4.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
2.0
施設・設備・立地
4.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
一年生は教養課程なので高校の延長です。ただメディカルプロフェッショナリズムという授業が週1であり、そこでは医療倫理や法医学について学びます。
夏休みにEEPといって病院で行う実習が1週間ほどあります。進級は他の医学部に比べて楽です。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
ほとんどの人は医学部体育会の部活に所属します。ただ時間的、金銭的にキツイ部活もあり、しっかり考えて入部した方がいいでしょう。
学園祭は三田祭には参加出来ず、四谷祭という小規模なものが信濃町キャンパスで行われます。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
内部生のレベルは低いのかと思っていましたが、想像よりもテストが出来ます。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
部活によっては時間的にも金銭的にも負担が大きいものもあり、勉強やバイトをする時間が取りづらい場合があること。
部活は入らない選択肢も持っておきましょう。一度入るとやめにくいです。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
フレンドリーな人が多い印象です。また、みんなで進級しようという雰囲気 が出来てるので仲は良いです。
一年生のうちは日吉キャンパスなので昼休みや空コマにご飯を食べるところがたくさんあります。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2018年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:70  入学直前期:70ID:5729

参考になった:7
口コミ評価
5.0
就職・進学
-
授業・実習
5.0
部活・サークル
5.0
研究
5.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1年生は日吉キャンパスで一般教養を勉強します。日吉キャンパスには殆どの学部が集まります。
2年から信濃町キャンパスに移り、本格的に医学を学んでいきます。
4年までに国試に必要な内容は一通り終え、5、6年はいろんな病院を見て回ることになります。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学部の部活が存在し、他学部が参加するガチガチの部活と比べ、緩めの部活に入る人が殆どです。いろんな部活があり、困ることは特にないとおもいます。
もちろん医学部でも厳しい全学部の部活に入ることもできますし、サークルも入れますが、好奇の目で見られがちかもしれません。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
慶応ボーイというぐらいだから、チャラチャラした人しかいないんだろうなーと思いきや全くそんなことはなかったです。チャラチャラしているのは一部の人だけですね。
また、医学部だけ独立している感じで、他学部との交流がほぼ部活やサークルのみで若干驚きました。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
ドイツ語とフランス語のどちらかしか選べません。そのうちドイツ語はフランス語と比べかなりきついです。覚悟しておくのがいいです。後悔しました。
嫌ならフランス語を選びましょう。また、ツイッターとかで慶応の入学生がグループを作りつつあるので、それに参加してみるのもいいかもしれません。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
医学部は研究も盛んでかなり設備がととのっています。臨床しながら研究することも可能です。大学生活では、部活が盛んなのでかなり楽しめます。
医学部の人数が少なく、グループワークが多いので学部内の仲はかなりいいと思います。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

慶應義塾大学医学部へのアクセス

所在地 東京都新宿区信濃町35
最寄駅 JR総武線 信濃町駅

大学解説

【歴史】 1917年発足。創設者・福沢諭吉が細菌学者の北里柴三郎を迎えたことで同校に医学部が誕生した。東京慈恵会医科大学、日本医科大学と共に「私立大医学部御三家」と称される名門であるとともに、東大・千葉大と並び「首都圏の御三家」と呼ばれるほどの実力を備えている。
【特徴】 本格的な医学教育前の早期医療現場体験実習として1年次にEEPという独自の授業を設けている。2年次では、基礎・社会医学系科目を履修し、3年次にはさらに幅を広げ、医学・医療関連の生物学的、社会的な知識を固めていく。カリキュラムの特長として、「自主学習」があり、学生が教員と直接マンツーマンに接しながら研究を行うというものである。自主学習では、基礎医学および臨床医学の分野で多くの研究テーマが設定されており、学生自身が興味のあるテーマを選択し履修することができる。

慶應義塾大学医学部と偏差値の近い 私立大学

慶應義塾大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
慶應義塾大学医学部の画像は慶應義塾大学から提供していただきました。
医学部予備校マニュアル