藤田医科大学医学部

藤田医科大学医学部
口コミ 勉強法(17)/ 面接対策(10)/ 小論文対策(5)/ 大学生活(16
偏差値 64.767位/82校 国家試験合格率 94%17位/80校
学費 30,526,000円11位/31校 男女比 男-:女-女子比率 -位/82校

藤田医科大学医学部の受験・入試情報(2019年度)

入試実績

方式 定員 受験者数 合格者数 倍率(私立大平均)
一般前期 90名 1,953名 253名 7.70倍(23.60倍)
一般後期 5名 689名 12名 57.40倍(23.60倍)
センター利用(前期) 10名 642名 47名 13.70倍(28.40倍)
センター利用(後期) 5名 61名 9名 6.80倍(28.40倍)
推薦+AO 10名 24名 3名 8.00倍(8.70倍)

入試日程

方式 試験日 合格発表 出願期間 受験料
一般前期 19/01/29
19/02/07
19/02/08
03/20 01/30~02/22 60,000円
一般後期 19/03/03
19/03/14
02/22 12/03~01/18 25,000円
センター利用(前期) 19/02/19
03/20 01/30~02/22 25,000円
センター利用(後期) 19/03/14
11/24 11/01~11/08 60,000円
推薦+AO 18/11/11
18/11/18
02/22 12/12~01/25 60,000円

試験科目

【一般前期】

試験 数学 理科 英語 国語 地・公 面接 その他(小論文など) 総点 合格者
得点率
1次試験 200 200 200 600 非公開
2次試験 100 100
<科目詳細>
1次試験:【外国語】コミュニケーション英語ⅠⅡⅢ・英語表現ⅠⅡ 【数】数ⅠⅡⅢAB(数列・ベクトル) 【理】物理基礎・物理/化学基礎・化学/生物基礎・生物から2
2次試験:【面接】個人面接 ※1次試験通過者に2次試験を実施する。 ※詳細は大学HPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください

【一般後期】

試験 数学 理科 英語 国語 地・公 面接 その他(小論文など) 総点 合格者
得点率
1次試験 200 200 200 600 非公開
2次試験 100 100
<科目詳細>
1次試験:【外国語】コミュニケーション英語ⅠⅡⅢ・英語表現ⅠⅡ 【数】数ⅠⅡⅢAB(数列・ベクトル) 【理】物理基礎・物理/化学基礎・化学/生物基礎・生物から2
2次試験:【面接】個人面接 ※1次試験通過者に2次試験を実施する。 ※詳細は大学HPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください

【センター利用(前期)】

試験 数学 理科 英語 国語 地・公 面接 その他(小論文など) 総点 合格者
得点率
センター試験 250 200 250 100 50 850 非公開
2次試験 100 100
<科目詳細>
センター試験:5教科7科目(850点満点) 【外国語】英(リスニング含む) 【数】IA・IIB 【理】物・化・生→2 【国】(古文漢文を含む全範囲) 【地歴・公民】世B・日B・地理B・現社・倫・政・倫政経から1
2次試験:【面接】個人面接 ※1次試験通過者に2次試験を実施する。 ※詳細は大学HPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください

【センター利用(後期)】

試験 数学 理科 英語 国語 地・公 面接 その他(小論文など) 総点 合格者
得点率
センター試験 250 200 250 100 50 850 非公開
2次試験 100 100
<科目詳細>
センター試験:5教科7科目(850点満点) 【外国語】英(リスニング含む) 【数】IA・IIB 【理】物・化・生→2 【国】(古文漢文を含む全範囲) 【地歴・公民】世B・日B・地理B・現社・倫・政・倫政経から1
2次試験:【面接】個人面接 ※1次試験通過者に2次試験を実施する。 ※詳細は大学HPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください

【推薦+AO】

試験 数学 理科 英語 国語 地・公 面接 その他(小論文など) 総点 合格者
得点率
1次試験 100 100 200 400 非公開
2次試験 200 200
<科目詳細>
1次試験:英語※ <100点/90分> 数学  <100点/90分> 小論文 <*/50分> ※大学が指定する英語の外部試験を受験している場合は、本学英語試験の得点と外部試験成績の換算得点のうち高い方を合否判定に使用します。対象の外部試験は下記の通りです。
2次試験:【面接】個人面接・グループ面接 【その他】課題 ※課題・面接は一次試験の小論文および提出書類と合わせて200点とする。

藤田医科大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

勉強法の口コミ

【入学年度】2018年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:59  入学直前期:67ID:5991

参考になった:0
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
センター試験は11月頃から始め長文は毎日読むようにしました。文法はセンター試験対策というより二次試験対策かぬてやりました。発音アクセントは試験前二週間ほどで集中してやりました。
二次はひたすら長文をよみ、分からなかった単語を潰していく方法をとりました。
【参考書】
桐原書店の頻出英文法、語法問題1000
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
センター試験対策としては慣れが重要だと思ったため通して解くことをメインとし特別な対策はとりませんでした。
二次試験はひたすら入試問題をときました。受験校のみではなくあらゆる学校の入試問題です。
【参考書】
大学への数学
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
センターの勉強は直前しかしてない。二次対策の勉強をすればセンター理科はとれるきがする。化学は問題集をひたすらやり問題形式になれること。生物は記述対策を重点てきに!
【参考書】
大森徹の最強講義
受験生時代の国語(現代文・古文・漢文)の対策を具体的に教えてください。
現代文はひたすら過去問をといて効率よくよむ方法を模索した。
古文は塾の先生が作る教材を覚えたり解いたりした。漢文も同様に塾の教材で対策した。
【参考書】
解決!センター国語
受験生時代の社会(地理・世界史・日本史・現代社会・政治経済・倫理等)の対策を具体的に教えてください。
センター試験で倫理、政治経済を選択していました。ある程度覚えたらセンター形式の問題をひたすらとき、その間違え直しを、参考書を復習しながらやりました。
【参考書】
おもしろいほどとれる
所属する大学を目指す受験生にメッセージがありましたらお願いします。
大学のテストは大変ですがみんなで乗り越えられるので大丈夫です!設備や教室がとても綺麗なため快適な大学生活が送れると思います。カリキュラムも今の時代に求められる知識を養うために考えられているため将来役に立つと思います!

面接対策の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:50  入学直前期:63ID:5981

参考になった:1
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【最近のニュースで気になることは何か】子宮頸癌のワクチンを打ったことで障害が生じてしまったというニュースについて話しました。【大学に入ったら何をしたいか】部活やバイトをしたい【自分が店員で理不尽に怒る客が来たらどうするか】まずは謝罪をするといった自分ならどうすかを素直に答えた。
当日の面接の様子について教えてください。
面接は1回5分程度を4回行った。そのうち2回は〜の状況ならあなたはどうしますか。という質問に対して答える面接でその他2回は普通の面接でした。
マルチプルミニインタビュー方式が採用された年だったので面接官も少したじたじという印象だったが、答えに行き詰まると面接官がそれで〜だったらどうしますかなど聞いてくれたため5分なんとか話すことができた。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接の練習は特にしませんでした。ただ、医師の志望動機や大学を選んだ理由など典型的な問いに対してはテスト後に準備していきました。また、面接前日などは親に面接官役をしてもらい、本番に備えた練習をしていました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接対策としては過去に聞かれた質問を中心に聞かれた場合に備えて答えを準備していました。ただ、文章まるまる覚えていくと緊張で話せなくなりつまずいてしまうと思うので、端的に答えを用意していました。志望理由は必ずといってもいいほど聞かれると思うので各大学について調べていました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
あまり面接に対して特別な対策をして行かなかったのですが、やはり人前で自分のことを話すと緊張してしまい思うように話すことができなかったので、再受験するとしたら恥ずかしがらず日頃から塾の先生などにお願いして面接練習すると思います。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2018年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:59  入学直前期:67ID:5994

参考になった:0
口コミ評価
4.0
就職・進学
-
授業・実習
4.0
部活・サークル
4.0
研究
3.0
国家試験・資格
4.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
4.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
国際的な視野を取り入れており、解剖用語を英語でならったりメディカルイングリッシュなどに、力を入れている。cbtの点数が進級を左右したりと勉強する雰囲気が与えられており医学生としての自覚がもてる。またアクティブラーニングも取り入れている。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
部活は医学部のみがほとんどで、少数派で看護学部などと合同の部活がある。なにかしらの部活に入っている人が多い。勉強が中心なため、テスト前は活動がなかったりとそこまで厳しい部活ではない。学園祭は自由参加というかたち。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
学費の高い大学なため友達と価値観があうのかなという不安もあったが、お金持ちでも普段は価値観のずれは感じないし、奨学金を借りて通っている生徒もいるため心配は不要だった。思ったより上下の関わりがあるが他学部とのかかわりは少ない。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
大学受験は理系科目で英語を補った感じだが、英語に力を入れているので、一年生の間は勉強が英語の面で大変だった。受験おわってから入学までの期間にあらかじめメディカルイングリッシュの単語を勉強しておきたかった。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
教室やさまざまな設備が新しくて綺麗。アイパッド購入が必須で全ての授業資料がデータなので持ち運びが楽。同じメンバーでずっと授業を受けているため同学内がとても仲良しでテスト前もみんなで情報共有してがんばれる。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:50  入学直前期:63ID:5970

参考になった:0
口コミ評価
3.0
就職・進学
-
授業・実習
3.0
部活・サークル
4.0
研究
2.0
国家試験・資格
4.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
2.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
アセンブリといって他学部の学生たちと授業したりする機会があったり、1年生の時にはコメディカルの方たちに付いて実習を行ったり、看護の夜勤実習があったりとチーム医療を意識したカリキュラムになっていると思います。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
総合大学とは違って、医療系だけの大学でキャンパスも同じですが、棟が異なるのでわざわざ他の学部の棟に行くこともないので交流自体は少ないかなと思います。ただ、合同の部活もあるので色んな学部の人と仲良くなりたいと思う人はそういう部活に入ると仲良くなれると思います。また、全て部活なのでサークルはないですが、部活によってコンセプトが違うので新入生歓迎会などでいろんな先輩に話を聞くのがいいと思います。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
医学部は堅いイメージだったのですが、先輩たちはすごく親しみやすく、入学してからの1ヶ月は圧倒される日々でした。
部活の新歓では色んなところにご飯に連れて行ってもらったり、これからの生活についてのアドバイスをもらったりとても充実していました。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
iPadで講義を進めていくので入学前に各自でiPadの購入をお願いされます。後々便利だと感じるので強制的でなくても買うことになっていたと思いますが、色々入学にあたってお金もかかるのでそういう情報は先にあってもよかったかなと思います。あとは、1年生は実習がすぐ始まるので髪の毛はあんまり派手に染めない方がいいと思います。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
自習室が朝早くから夜遅くまでやっているので、テスト前などはすごく助かりますし、小さい教室を借りたりすることもできるので色々な勉強スタイルに合わせて勉強できるところがいいと思います。また、大学病院がすぐ隣にあるので日常的に患者さんを目にする機会があるのはすごくいいことだと思います。
大学の学費補助を受けていますか?
受けている

藤田医科大学医学部と偏差値の近い 私立大学

藤田医科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
藤田医科大学医学部の画像は藤田保健衛生大学から提供していただきました。
医学部予備校マニュアル