山口大学医学部

山口大学医学部
口コミ
口コミ評価
3.7
  • 勉強法(13
  • 面接対策(7
  • 小論文対策(1
  • 大学生活(10
偏差値 67.3偏差値 34位/82校
学生数 1,215人【男性:42.3%・女性:57.7%】※1
6年間で
必要な学費
3,496,800円
医師国家試験
合格率
88%(合格率 56位/80校

※1…医学部(看護学科等も含む)の男女比率

山口大学医学部の偏差値

2017年
67.3 ランキング  34位/82校
2016年
67.3
2015年
68.2
2014年
66.2
2013年
66.2
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
29 68.3 金沢大学 国公立 石川県
30 68.2 大阪医科大学 私立 大阪府
31 67.7 新潟大学 国公立 新潟県
31 67.7 和歌山県立医科大学 国公立 和歌山県
33 67.5 日本医科大学 私立 東京都
34 67.3 山口大学 国公立 山口県
34 67.3 滋賀医科大学 国公立 滋賀県
36 67.2 愛媛大学 国公立 愛媛県
37 67.0 富山大学 国公立 富山県
37 67.0 浜松医科大学 国公立 静岡県
37 67.0 信州大学 国公立 長野県

山口大学医学部の学費

6年間学費総額 3,496,800円 ※国公立大は学費が一律のため
ランキングなし
1年次学費総額 817,800円 2年次以降学費(年間) 535,800円
1年次学費 入学金 282,000円
授業料 535,800円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 -円
合計 817,800円
2年次以降学費(年間) 535,800円
6年間学費総額 3,496,800円

山口大学医学部の奨学金

医学部高度学術医育成コース奨学金貸与

金額 1,800,000円
期間 学部生として最大3年/院生として最大3年
条件 SCEAプログラムを履修している者から4名以上

山口大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

小論文対策の口コミ

【入学年度】2013年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:68ID:3123

参考になった:1
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
小論文は英語が一文と日本語の文が一文出て、それぞれ何問か質問に答える形式だった。どちらの文章においても、論じる上でその文章に書いてある趣旨に沿って論じることを意識して書いた。あまり逸脱することを書かないよう心がけた。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
大学の過去問
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
日頃から文章を書くことを習慣づけていた。この習慣をつけることで、漢字にも強くなるし、文章を書くことに対する抵抗がなくなる。また、文章を読むスピードもかなり早くなり国語のテストにもいい効果が期待できた。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
小論文の知識を吹かれめるのには、日頃からいろんなことに興味関心を持つことが大切だと感じた。そのためにもニュースや新聞といったメディア媒体を大いに活用し、日頃からいろんな時事問題について情報を得て考える癖をつける。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
小論文を再受験するとしても、いろんな時事問題などに興味関心を持って日頃から知識を深めることを意識すると思います。あとは文章を読む能力と文章を書く能力を養うことも大切だと思います。考える力も必要ですが、スピードもある程度いるので慣れておくことが大事。

面接対策の口コミ

【入学年度】2013年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:68ID:3049

参考になった:7
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別面接
【面接官と受験生の人数比】
面接官は4人ほどいて、中には圧迫面接があった人もいるみたいです。
【所要時間】
面接は2回行われてどちらも10分ずつ。
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
好きな本はなんですか?
【質問】
大学ではどんなことをやりたいですか?
【質問】
高校ではどんなことを頑張りましたか?
当日の面接の様子について教えてください。
自分の時は2回とも終始穏やかだった。4人いたが適当に好きな人が好きなタイミングで質問を投げかけてるイメージだった。中には圧迫面接があった人もいたみたいだった。けっこう世間話も多くてあまり緊張感はなかった。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
予備校で何回か先生と実際に練習した。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
志望大学で聞かれた質問の内容などは確実に答えられるようにしていた。緊張した場面でもあがって頭が真っ白にならないように日頃から緊張する場面では、冷静になることを心がけていた。日頃から医学のことに関する時事問題などには目を通していた
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
面接を再受験するとしても、緊張感のある中でいかに冷静でいられるかを日頃から養う訓練をすると思います。いざ本番で上がってしまうようなことがあれば今までやってきたことが台無しになってしまうので、まずそこの訓練はしておくべき。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2013年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:68ID:2932

参考になった:2
口コミ評価
4.0
就職・進学
5.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
5.0
研究
3.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1年次は共通教育で数学や化学など、全学部共通の科目を学習する。2年次から医学の勉強が始まり、3年次の際に自己開発コースと呼ばれ、自分の好きな研究を行う期間が半年設けられる。5年からポリクリと呼ばれる臨床実習、6年ではクリクラと呼ばれる臨床実習が始まる。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
部活は基本的にほとんどの人が入部しており、かなり盛んな方。サークルはほとんどなくみんな部活に入っている。医学祭は毎年11月の初めあたりで開催され、毎年アーティストやお笑いタレントなどを招いて大いに盛り上がる。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
医学部はすごく真面目で、みんな勉強熱心であまり盛り上がりに欠けるのかなぁというイメージだったが、実際は真逆でみんな元気すぎてついていけないぐらいすごい。特に医学祭の盛り上がりとかは最初非常にびっくりした。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
どんな部活があって、どんなサークルがあるのかとかは知りたかった。あと各学年での留年率や、どの学年が1番しんどい学年がなども知りたかった。あとは学閥はあるのか、勉強する環境がしっかりと整っているのかなども知りたかった。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
みんな優しくてノリも良くて一緒にいてすごく楽しい。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2014年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:70ID:2924

参考になった:1
口コミ評価
4.0
就職・進学
3.0
授業・実習
3.0
部活・サークル
4.0
研究
4.0
国家試験・資格
3.0
恋愛・友人
3.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
3年次に7月~12月まで、それぞれの学生が各研究室に所属して研究をおこなった。希望すれば他県や海外の大学での研究もできる。二年次の解剖学実習では、県内のコメディカルの大学や専門学校の学生が見学に来るので、こちらから説明したり、逆に教えてもらったりした。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
総合大学ではあるが、医学部は他の学部と離れたところにキャンパスがあるので、日常的に交流することは少ない。部活動や学園祭も医学部生だけでおこなわれており、あまり広くいろんな人と交流する機会はないと思う。一年次のみ全学のキャンパスなので、一年の時だけサークルに入ってる人などはいる。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
医学部はすごく忙しいというイメージがあり身構えていたが、思った以上に自由な時間が多く、そこまで忙しくもなかった。これに関しては大学間でかなり差があると思うが、少なくとも自分の大学は進級はそこそこゆるいと感じた。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
知っておいたほうが良かったというよりは、やっておけばよかったという話になるが、一年次のみ他学部と同じキャンパスなので、この機会にサークル活動や他学部との交流をもっとすべきだったと思う。二年次以降はサークル活動といったいわゆる大学生っぽいことをする機会が無くなってしまう。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
進級があまり厳しくないほうだと思う。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

山口大学医学部へのアクセス

所在地 山口県宇部市南小串1-1-1
最寄駅 JR宇部線 宇部新川駅

大学解説

【歴史】19ある「旧制医専」の一つ。山口県立医学専門学校、山口県立医科大学を経て、1964年山口大学医学部となる。
【特徴】 1年次では教養科目とともに、医学入門として医学・医療(福祉)の現場で実習・見学を行う。2年~3年次には主に基盤医学系科目を臓器・系統別に編成されたカリキュラムで学ぶ。4年次には臨床医学の専門分野を系統的に学ぶとともに、展開医学系テュートリアルで具体的な症例をもとに少人数での自学自習を行う。5年次より臨床実習が始まる。

山口大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

山口大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
山口大学医学部の画像はArecsey,Slarovskiさんから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル