奈良県立医科大学医学部

奈良県立医科大学医学部
口コミ
口コミ評価
3.3
  • 勉強法(39
  • 面接対策(25
  • 小論文対策(4
  • 大学生活(38
偏差値 70.0偏差値 13位/82校
学生数 659人【男性:71.5%・女性:28.5%】
女子比率 38位/82校
6年間で
必要な学費
4,016,800円
医師国家試験
合格率
93%(合格率 32位/80校

奈良県立医科大学医学部の偏差値

2017年
70.0 ランキング  13位/82校
2016年
70.3
2015年
68.3
2014年
67.5
2013年
66.3
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
8 71.0 千葉大学 国公立 千葉県
9 70.8 九州大学 国公立 福岡県
10 70.7 神戸大学 国公立 兵庫県
11 70.5 東北大学 国公立 宮城県
12 70.3 東京慈恵会医科大学 私立 東京都
13 70.0 奈良県立医科大学 国公立 奈良県
14 69.8 京都府立医科大学 国公立 京都府
14 69.8 大阪市立大学 国公立 大阪府
16 69.5 筑波大学 国公立 茨城県
16 69.5 北海道大学 国公立 北海道
16 69.5 広島大学 国公立 広島県

奈良県立医科大学医学部の学費

6年間学費総額 4,016,800円 ※国公立大は学費が一律のため
ランキングなし
1年次学費総額 1,337,800円 2年次以降学費(年間) 535,800円
1年次学費 入学金 802,000円
授業料 535,800円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 -円
合計 1,337,800円
2年次以降学費(年間) 535,800円
6年間学費総額 4,016,800円

奈良県立医科大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

小論文対策の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:50  入学直前期:68ID:4808

参考になった:2
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
奈良医大では小論文がありませんでした。しかし、私大医学部では小論文もあったので、そのことを書きたいと思います。杏林大学では確か、人生努力したところで変わらないことについて自分の意見を述べよ、といったようなことだったと思います。体験を交えながら自分の意見を書きました。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
作文は苦手な方ではなかったので、(作文と小論文は違うのですが)そんなにたくさん対策したり時間をかけたわけではありません。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
毎日新聞を読む。通っていた自習室のところに新聞を置いてくれていたので、お昼休憩のときに、お昼ご飯を食べながら新聞を読んでいました。その中でも、医療ニュースがあったときは、手帳に大雑把でいいので後で調べられるように書いておきました。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
新聞を読む。その中で医療ニュースや、理科系科学系の話題があれば手帳に記録しておく。赤本を解いたときは、赤本には著作権の関係で小論文の問題が載っていないことが多いが、回答例だけは必ず読むようにして、書き方を学んだ。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
小論文を対策してくださる先生や、添削してくださる方に自分の書いたものを見てもらったりすると思います。しかし、小論文は私大医学部であれば2次試験でないと使わないことが多く、筆記試験で落ちたら対策の意味がないので、とにかく筆記試験で点数を取ることのほうが大事だと思います。

面接対策の口コミ

【入学年度】2017年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:70ID:4798

参考になった:4
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
個別面接でした。面接官2人に対して受験生1人。10分ほどで終わりました。
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
・医学部を目指した理由はなんですか?
・学生時代に経験したことでよかったことはなんですか?
・学生時代はどんな学生でしたか?
当日の面接の様子について教えてください。
面接官の雰囲気はそれほどきついものではなく、とてもリラックスして面接を受けることができました。
聞かれる内容も医療に関わることはほとんどなく、普通に会話をすることができれば何の問題ともなくパスすることができると思います。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
直前に新聞などで最近のニュースを確認した程度でした。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
通学の電車の中で、広告などを見つけたらそれについてできるだけ関連する話題を自分のなかで思い浮かべる練習をしていました。また、ある程度の医療用語を勉強しておくことで面接への不安がほとんどなくなるように努力していました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
あまり面接の内容は重要でないと思われ、しっかりと面接官の質問に対して受け答えさえできればいいと思うので、日頃から年上の人と喋る練習をすると思います。たとえば、学校であまりしゃべったことのない先生としゃべるなどがいい練習になると思います。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2017年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:70ID:4685

参考になった:5
口コミ評価
4.0
就職・進学
5.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
5.0
研究
3.0
国家試験・資格
4.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
2.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1年生のあいだは一般教養として数学や英語などを学ぶとともに、病院見学といった医療を身近に感じられるカリキュラムになっています。
医療の専門分野の勉強は2年生以降から本格的に始まり、実際に病院実習は4年生の終わり頃から始まります。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学部ではほとんどの人が何らかの部に所属しており、西医体という1番大きな大会に向けて日々練習に励んでいます。
部活動では先輩後輩との繋がりを作ることができ、医師になってからもその繋がりがとても大事になってきます。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
医科大学なので人間関係はあまり広がらないのかと思っていましたが、部活動を通して他大学の人とも繋がることができたり、
部活動の先輩とも繋がることができたりと、かなり人間関係を広げることができるんだなと思いました。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
必修科目がとても多く、受験が終わって勉強する習慣がなくなってしまっている人にとっては、
出席しなければならない授業が多くて驚いてしまうかもしれません。
医学部なので当然勉強量が多くなるということは覚悟しておく必要があります。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
単科大学なので人間関係がとても密です。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2016年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:62  入学直前期:65ID:4665

参考になった:5
口コミ評価
3.0
就職・進学
3.0
授業・実習
3.0
部活・サークル
5.0
研究
3.0
国家試験・資格
2.0
恋愛・友人
3.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
二年次に、リサーチクラークシップで約三ヶ月間にわたって自分の希望した研究室に行くことができます。
希望すればアメリカなど海外の大学の研究室も可能で、資金もほとんど援助してくれます。
1、2年では臨床手技実習などもあります。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
サークルはほとんどなく、部活は盛んです。
練習は思っている以上にハードなところも多いですが、好きなスポーツなどがある方には向いていると思います。
学祭は単科医大なので小規模ですが、それなりに味わいのあるものだと思います。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
建物が古いのが心配でしたが、すぐに慣れて、トイレは最近改装したてなのでキレイな方だと思います。
意外と大阪も行きやすく京都も週末には気軽に行ける距離なので授業時間外も十分充実した生活は送れると思います。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
英語に最近力を入れ始めているので、英語が苦手な人はテストの時苦労するかもしれません。
出席は各講義によってまちまちですが、共通するのはICが内蔵されている学生証を
先生に言われたタイミングで専用の機械に近づけて出席をとるということです。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

奈良県立医科大学医学部へのアクセス

所在地 奈良県橿原市四条町840
最寄駅 JR桜井線 畝傍駅

大学解説

【歴史】 19ある「旧制医専」の一つ。1952年に新制大学として奈良県立医科大学医学部医学科が設置された。
【特徴】 1年次に医学特別実習がある。附属病院内で、患者や病院職員との交流を通じ、医師と共に働く職種やその役割、チーム医療について学ぶ。3年次にはコンソーシアムという奈良県大学連合の単位互換制度を利用した一般教育科目の履修システムがあり、他大学の講義を履修することができる。4年次より研究室に配属され、5年次には臨床実習コースに入る。6年次の地域医療実習では、奈良県の山間部にある診療所または近隣の開業医院の協力のもとに地域医療の重要性を学習する。

奈良県立医科大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

奈良県立医科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
奈良県立医科大学医学部の画像は奈良県立医科大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル