自治医科大学医学部

自治医科大学医学部
口コミ
口コミ評価
4.5
  • 勉強法(25
  • 面接対策(12
  • 小論文対策(9
  • 大学生活(26
偏差値 69.2偏差値 21位/82校
学生数 736人【男性:67.9%・女性:32.1%】
女子比率 33位/82校
6年間で
必要な学費
22,600,000円 (学費 5位/31校
医師国家試験
合格率
99%(合格率 1位/80校

自治医科大学医学部の偏差値

2016年
69.2 ランキング  21位/81校
2015年
71.5
2014年
66.5
2013年
66.2
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
13 69.8 千葉大学 国公立 千葉県
18 69.5 岡山大学 国公立 岡山県
18 69.5 広島大学 国公立 広島県
18 69.5 筑波大学 国公立 茨城県
21 69.2 横浜市立大学 国公立 神奈川県
21 69.2 自治医科大学 私立 栃木県
23 68.8 金沢大学 国公立 石川県
23 68.8 名古屋市立大学 国公立 愛知県
25 68.5 大阪医科大学 私立 大阪府
25 68.5 熊本大学 国公立 熊本県
25 68.5 三重大学 国公立 三重県

自治医科大学医学部の学費

6年間学費総額 22,600,000円 ランキング 5位/31校
1年次学費総額 4,600,000円 2年次以降学費(年間) 3,600,000円
1年次学費 入学金 1,000,000円
授業料 1,800,000円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 1,800,000円
合計 4,600,000円
2年次以降学費(年間) 3,600,000円
6年間学費総額 22,600,000円

自治医科大学医学部の奨学金

自治医科大学医学部奨学資金(1)貸与

金額 600,000円
期間 採用時から修業年限終期まで
条件 希望者全員

自治医科大学医学部奨学資金(2)貸与

金額 900,000円
期間 採用時から修業年限終期まで
条件 学業・人物ともに優秀、かつ健康な学生であって、経済的理由により修学に支障をきたすと認められる者

自治医科大学医学部奨学資金(3)貸与

金額 1,200,000円
期間 採用時から修業年限終期まで
条件 学業・人物ともに優秀、かつ健康な学生であって、経済的理由により修学に支障をきたすと認められる者

自治医科大学医学部奨学資金(4)貸与

金額 1,500,000円
期間 採用時から修業年限終期まで
条件 学業・人物ともに優秀、かつ健康な学生であって、経済的理由により修学に支障をきたすと認められる者

自治医科大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

小論文対策の口コミ

【入学年度】2015年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:69  入学直前期:73ID:2021

参考になった:1
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
問題は2つあり、一つ目はアイデンティティに関する文章を読んでそれに対する自分の意見を書くこと、もう一つは絵を見て状況説明をすることでした。
私はほとんど対策ができていない分野だったために、素直に自分の意見を書きました。ただ、自分の意見が筋の通っているものであるか、最初から最後まで論が一貫しているか、根拠は適切かなど、内容というよりは構成がしっかりしているかということにとても気を配りました。
予想以上に考えてしまい、時間が足りなくなりそうだったのでとりあえず指定された文字数には到達するように書いた後に、修正を加えていくような形で文章を仕上げました。文章の体裁が整っていないと採点対象にならない可能性もあるのでそれは気を付けた方がいいと思います。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
小論文は秋ごろから対策を始めました。志望大学の過去問だけでなく、他の大学の医学部で形式が似ているところの問題は解いてみるようにしていました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
志望大学の過去問だけでなく、他の大学の医学部で形式が似ているところの問題は解いてみるようにしていました。受験対策本などには模範解答がついていることが多いので、まずは自分で書いてみた後に、模範解答を見て論の展開の仕方などを学び、自分の回答を添削してみるという作業を繰り返しました。
また、医学部の受験では課題が医療系の問題になることが多く、それについて意見を述べるためにはそれに関する知識を持っていることが必要であるため、最近注目されている医療問題などに関しては、予備校などが出しているまとめの本を読み、できるだけ正確に、多くの知識を持つことを意識していました。しかし、やはり重要なのは内容そのものよりも指示されたとおりに文章を記述することだと思います。形式を意識して記述する訓練をするとよいと思います。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
最近の医療問題に関しては、新聞記事をピックアップして必ず目を通すようにしていました。また医学部の小論文に頻出の問題については、予備校がまとめた本を出しているのでそれを購入し、そのまとめに目を通し、できるだけ正確な知識を、より多く身に着けられるようにしました。
その他、志望大学の小論文以外にも、私立大学や国公立大学の二次試験の問題など、様々な問題を解いて、その模範解答とそれに関する解説を読むことで、必要な知識を身に着けていきました。
注意したいのは、医療に関する知識は刻一刻と変化していくので、あまり古いものだと間違っている可能性があることです。そのため参考書などはできるだけ新しいものを使用することをお勧めします。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
やはり重要なのは内容そのものよりも指示されたとおりに文章を記述することだと思います。形式を意識して記述する訓練をするとよいと思います。
いくら内容が充実したものであっても、文字数など指定された形式に沿った回答でなければ、減点は最低でもされますし、採点対象にならないこともあります。そのため形式を守って記述することは大前提であり、決められた時間内でそれができるよう、何回も書いてみるとよいと思います。
内容に関しては周りと差をつけるためにはやはり前提となる知識をどれだけ持っているかが重要になってくると思います。参考書や新聞記事などで医療問題を見つけたら自分でより詳しく調べてみて、自分なりの意見を持っておくことで小論文に役立てることができると思います。

面接対策の口コミ

【入学年度】2015年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:69  入学直前期:73ID:2018

参考になった:8
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個人面接と集団討論
【面接官と受験生の人数比】
個人面接:面接官3人に対して受験生1人
集団討論:受験生8人、面接官3人
【所要時間】
個人が20分前後、集団が30分前後
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
本大学を志望した理由は何ですか?
【回答】
中学生のころからぼんやりと将来はひとのために働ける職業に就きたいと考えており、高校生の時にかかりつけ医の先生に憧れて本格的に医師を目指そうと思いました。臨床医になりたかったために、臨床に力を入れている自治医科大学を志望しました。
【質問】
集団生活は得意ですか?
【回答】
はい。高校の時は●●部に所属しており、合宿等で集団生活の経験がありましたが、円滑に生活を送ることができました。
【質問】
昨日の自分を振り返り、よかった点を3つ挙げてください。
【回答】
課題のノルマをこなせたこと、家族との会話の時間が持てたこと、今日の試験に向けてリラックスした状態を作れたことです。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
やや圧迫気味だったように思います。リラックスするように声をかけてくれますが、質問となると真剣に、試すような質問もしてきます。集団討論は受験生のみで進める形で、そこまで緊張感はなく、しかしお互いがライバルであるために少し空気は堅かったです。
【面接官】
40歳前後の男性が2名、女性が1名でした。みなさんピシッとスーツを着ていて、中には少し強面な方もいました。みなさん大学教授とお伺いしました。
【会場の様子】
面接は机を挟んで対面式で行われました。
【面接を受けてみた印象】
予想外の問題が多かったです。医学分野にとどまらず、様々な質問をしてくるので臨機応変に対応することがもとめられます。また必ず聞かれる質問に関しては明確な答えを持っておくことが大切です。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
対策を始めたのは直前期です。学校の先生にご協力いただき、何回も面接を繰り返しました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
まず、3年生になったころから、新聞の医療問題に関する記事をピックアップしてまとめておき、必ず目を通すようにしました。また、医学部面接の頻出問題集をみて、志望理由など必ず聞かれる問題に関しては、できるだけ具体的に、伝わりやすいように推敲を重ねて文章にし、頭に入るように何回も読んで暗記しました。
また、面接の形式などは把握しておくべきだと考え、様々な予備校が作っている資料に目を通し、面接の様子を想像し、シミュレーションを行いました。その他、大学に関することも聞かれるだろうと予想し、大学のパンフレットはじっくりと読み込んで、その大学の理念であったり、教育方針などを把握しておきました。直前期は経験を積むために学校で毎日実際に先生のご協力をいただいて面接をしていました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
時事問題については、概要の把握だけでなく、具体的なことまで知っている必要があると感じました。そのため、新聞記事を読むだけでなく、話題となっている医療問題については自分でインターネットや雑誌などを読み、より詳しく情報を把握するべきだと思います。
また、それに関して、自分はどのような見解を示すか、自分なりの解決策はあるかなど、しっかりと考えを持つことが大事だと思います。
自分の考えを持つためには根拠となる知識が必要なので、より具体的に状況を把握することが求められることはここからも言えるでしょう。あとは、やはり経験を多く積むことはとても重要だと思います。臨機応変に対応するためには、面接を何回も繰り返して、慣れることが重要だと思います。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2015年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:69  入学直前期:73ID:2013

参考になった:5
口コミ評価
5.0
就職・進学
5.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
4.0
研究
4.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
4.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
自治医科大学は臨床にとても力を入れており、ベッドサイドラーニングの期間が長く設けられています。そのため、より実践的な知識を身につけ、将来臨床医として働くために必要は知識や技術を早い段階から学ぶことができます。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
大学では部活動やサークルがとても充実しており、ほとんどの人が何らかのサークルや部活に所属しています。学園祭は小規模ですが、学内でのつながりも増え、充実したものになっています。他の大学との交流も盛んです。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
自治医科大学は授業料を免除するかわりに卒業後に県のへき地や医師の足りていない分野など指定されたところで働く義務を負います。そのため、カリキュラムはほぼ決まっていて、自由はほとんどないと思っていましたが、意外と柔軟で、海外留学や研究などもできます。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
ベッドサイドラーニングの期間を長くする代わりに、基礎医学は前倒しで詰め込まれます。そのためとても忙しいです。講義についていくためには効率よく勉強することが必須であり、物事を体系立てて理解する力が求められると思います。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
とにかく、人とのつながりがとても強いです。部活や出身県などで同級生のみでなく先輩や後輩とも仲良くなり、お互いに助け合うことができます。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:71ID:1921

参考になった:8
口コミ評価
5.0
就職・進学
5.0
授業・実習
5.0
部活・サークル
4.0
研究
4.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
普通は4年生でCBTとOSCEという病棟実習に進むためのテストを受けるのだが、私が通っている大学はそれらのテストを3年生で受ける。その後はBSLの期間が長く、臨床での勉強が充実している。卒後は僻地医療に従事する。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
部活は、医学部と看護学部の2つしかないため、そんなに人数は多くない。運動部は夏に東医体があり、文化部は様々な機会で活躍することができる。部活の数は普通程度で、自ら新しい部活を(条件を満たせば)作ることもできる。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
1年生は比較的遊べると思っていたがそれは秋までで、解剖学とかが始まると、日々予習とテスト前の勉強に圧迫される日々が続く。入学前はこんな現状を知らなかったので余裕を感じていたが、いざこの状況になると、医師になるには困難が多いと思う。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
大学のカリキュラムに含まれている教科などをしれたらいいと思った。自分が興味のある選択授業とかもとりたいので、そのような情報があればもっと有意義な学生生活が送れると思う。あと年間スケジュールが欲しかった。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

自治医科大学医学部へのアクセス

所在地 栃木県下野市薬師寺3311-1
最寄駅 JR宇都宮線 自治医大駅

大学解説

【歴史】 1972年、「医療に恵まれない地域」の診療に携わる位置を養成するために設立された。合格者は各都道府県から2~3人ずつ均等に出され、卒業後9年間、地域医療に従事すれば6年間の学費が免除される。ただし、自治医科大学に合格すると他の国公立大学を受験することができない。 【特徴】 6年間を学生寮で過ごし、医師国家試験に備える。カリキュラムには、地域の臨床現場で学生教育を担当する臨床講師制度を導入している。さらに、この臨床講師制度に加え各都道府県における実習のコーディネートや指導にとどまらず、臨床講師等のスキルアップや学内での実習への関わりなど、より幅広い活動を行うことを目的に、幅広い臨床能力を有し、地域医療の現場で学生の指導にあたる「臨床教授・臨床准教授(地域担当)制度」を導入している。

自治医科大学医学部と偏差値の近い 私立大学

自治医科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
自治医科大学医学部の画像はMiyuki Meinakaさんから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル