横浜市立大学医学部

横浜市立大学医学部
口コミ
口コミ評価
4.1
偏差値 69.2偏差値 23位/81校
学生数 965人【男性:37.7%・女性:62.3%】※1
6年間で
必要な学費
3,496,800円
医師国家試験
合格率
98%(合格率 6位/80校

※1…医学部(看護学科等も含む)の男女比率

横浜市立大学医学部の偏差値

2015年
69.2 ランキング  23位/80校
2014年
67.5
2013年
67.5
2012年
67.8
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
18 69.7 関西医科大学 私立 大阪府
19 69.5 広島大学 国公立 広島県
19 69.5 岡山大学 国公立 岡山県
19 69.5 筑波大学 国公立 茨城県
19 69.5 北海道大学 国公立 北海道
23 69.2 横浜市立大学 国公立 神奈川県
23 69.2 日本医科大学 私立 東京都
25 68.8 岐阜大学 国公立 岐阜県
25 68.8 長崎大学 国公立 長崎県
25 68.8 昭和大学 私立 東京都
28 68.5 熊本大学 国公立 熊本県

横浜市立大学医学部の学費

6年間学費総額 3,496,800円 ※国公立大は学費が一律のため
ランキングなし
1年次学費総額 817,800円 2年次以降学費(年間) 535,800円
1年次学費 入学金 282,000円
授業料 535,800円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 -円
合計 817,800円
2年次以降学費(年間) 535,800円
6年間学費総額 3,496,800円

横浜市立大学医学部の奨学金

横浜市立大学スタートアップ奨学金給付

金額 100,000円
期間 年1回
条件 授業料減免の適用を受けた者のうち、経済的困窮度の高い者

横浜市立大学伊藤雅俊奨学金給付

金額 500,000円
期間 年1回
条件 国際総合科学部国際総合科学科経営学コースまたは会計学

災害見舞金給付

金額 100,000円
期間 1回限り
条件 火災、地震、風水害等によって著しい被害を受けた者

成績優秀者特待生給付

金額 300,000円
期間 年1回
条件 前年度の学業成績、人物ともに優秀な者

横浜市立大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

小論文対策の口コミ

【入学年度】2014年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:62  入学直前期:65ID:1957

参考になった:1
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
6~8人のグループで、メンバーが協同して1つの学習課題に取り組む場合に、目標を達成するためにどのようなことが重要か、考えを述べる。これに対し私は、リーダーをまず決めること、またメンバーで仕事を分担した際、コミュニケーションを怠らず密に行うこと、仕事の進捗状況を適宜共有すること、などを書きました。また、これを医療現場において考えた場合、職種の違う看護師と、医師や技師の間でも、かならずコミュニケーションを怠ってはならない。また、同じ仕事をする上で信頼関係は非常に重要なので、自分の私利私欲に走ったり、独断でものをきめたりしてはならない、という旨のことを書きました。テーマがかなり抽象的なので、さらに自分の経験に即した具体例を一つ挙げました。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
小論文対策は高3の夏休みが終わってから、学校の授業で対策しました。それと平行して大学の過去問も解き始めました。解いたものは必ず学校の国語の先生に添削していただきました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
学校の授業では、医療系大学の小論文で扱われるテーマを細かく砕いて解説してくれたので、それをしっかり聞いて理解しました。また、そのテーマに関する他大学の過去問も演習し、小論文で問われるとしたらどういう形で問われるのか、というのを把握しました。
小論文対策は添削してもらうことが非常に重要なので、ある程度書き方のテクニックを教わったあとは、ひたすら文章を書いてみて、それを添削してもらう、ということを繰り返すべきだと思います。また、医療時事をまとめた参考書も一通り読みました。結局、試験では医療に関する知識は必要なかったのですが、医学部に入ったあとで常識となるような知識なので、一通り学習しておくべきだと思います。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
学校の授業で医療テーマを扱ってくれたので、まずそれを取っ掛かりにして、後は自分で細かい知識を入れていきました。具体的には、それに関する本を読んだり、インターネットで調べたりしました。また、医学部といえど、一般的な時事問題も把握しておくべきなので、二ュースは折に触れてみていました。横市の場合、必ずしも医学に関する題材が出されるわけではなく、もっと抽象的なテーマが扱われることが多いのですが、そのテーマを医療現場における出来事にすりあわせてみる、ということもしました。医療系のテーマを扱った問題と、走ではない問題をバランスよく解くようにしていました。明らかに傾向の異なる他大学の過去問に関しては触れませんでした。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
面接の対策と同様、小論文の対策に時間を割いている余裕もあまりありません。なので、もう一度受験するとしても対策方法は変わりません。周りの医学部受験者がやっているように、自分もやると思います。ただ、改善点があるとすれば、より書くスピードを速くする、ということだと思います。実際の試験ではとにかく時間がないので、いかにすばやく正確な文章をかけるか、ということにかかってきます。書く内容に関しては、おそらく受験生ほとんどが似たような内容になると考えられるからです。短い試験時間内に、いままで誰も思いつかなかったような案を出すことを大学は求めていません。題意を理解し、それに対し常識的に考えられることを自らの体験、考えに即してなるべく簡潔に答えることが求められています。つまり、論理的な文章を、短い時間で正確に書く訓練をするべきです。

面接対策の口コミ

【入学年度】2014年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:62  入学直前期:65ID:1943

参考になった:2
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別面接
【面接官と受験生の人数比】
面接官3人に対して受験生1人
【所要時間】
15分前後
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】理想の医師像は?
【回答】患者さんの訴えることに丁寧に耳を傾けることのできる医師です
【質問】志望は臨床医?研究医?
【回答】将来は臨床の道に進もうと考えています。
【質問】高校生活で自慢できることは?
【回答】高校2年生のときに、学園祭の幹部を務めました。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
圧迫するような感じも、逆に甘い感じも無く、至ってフラットに行われました。3人の男性が順に質問していく、という形式で行われました。
【面接官】
医学部の教授と思われる男性が3名でした。スーツを着用していました。
【会場の様子】
机を挟んで対面形式で行われました。
【面接を受けてみた印象】
あまり変わった質問は無く、準備していったものをそのまま答えるような形でした。面接官から再面接を指示されていた学生もいましたが、合格できたそうなので、よほど人としておかしな言動や、医師を志す気持ちがかけらも感じられない、などの態度をしなければ、面接で落とされるということはないと思います。不必要に緊張する必要もないです。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接の練習を始めたのは直前になってからです。高3の冬休みごろに集中的に行いました。想定される質問に対する答えを考え、学校の先生に添削してもらいました。また、面接の練習も学校の先生に手伝ってもらいました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接の対策として日頃から取り組んでいたことはとくにありません。ただ、入学前から脳の疾患、たとえばアルツハイマー病などに興味があったため、勉強の合間の時間などにそれに関することを調べる、ということをしていました。面接対策するとしたら、やはり根幹をなすのはどうして自分は医者になりたいのか、ということだと思うので、そこから派生することを調べればよいと思います。そもそも、自分の興味の無いことを調べる、というのは苦痛ですので、何か医学に関することで興味のあることを見つけ、そのことに詳しくなる、というのが良いと思います。なぜ横市を受験したか、ということに関してですが、近くに住んでいて、学費が安いから、というこれ以上特に理由がなくても大丈夫だと思います。嘘はすぐに見抜かれます。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
おそらく、もう一度受験するとしても対策方法は変わりません。面接にたくさんの時間を割くべきではなく、合格したいのであれば2次試験科目の勉強をしっかりやったほうが良いからです。面接は、例年聞かれているものに対して、自分の気持ちを素直に述べるだけでよいと思います。本番とても緊張してしまう、という方でも、面接官は答えを待ってくれるので、心配要りません。緊張しなくて大丈夫です、とも声をかけてくださいます。また、面接対策をしていて、医師になる志望動機がでてこないようであれば、もう一度医学部受験を考え直したほうが良いと思います。志望動機は親が医者だから、という理由も悪くはないですが、自分自身の気持ちはどうなのか、というところを見つめなおしたほうが良いです。
ボーダーラインぎりぎりで、最後に差がつくのは面接、という考え方もあるとは思いますが、それに割く時間があったら二次試験、センター試験をより一点でも多く取ったほうが良いです。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2013年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:42  入学直前期:62ID:1966

参考になった:0
口コミ評価
4.0
就職・進学
4.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
4.0
研究
5.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
3.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
英語の教育に力を入れている。地域医療の基盤として、地域との交流には特に力を入れている。また、解剖実習は、担当教員が多く、一人一人にこまめな指導をしている。最近では留学を希望する学生も増えており、機会も増えてきている。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学部のキャンパスは全学のキャンパスと離れているため、独自の部活動を行っている。医学科生のための大会が多く開催されているので、そういった大会に向けてほとんどの学生が部活に所属し、一部の学生は兼部して、活動に打ち込んでいる。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
多くの学生が勉強以外にも部活動やバイト、その他の趣味などに打ち込みとても多方面で活躍している。また学ぶ科目がとても多いので興味の対象も人によってそれぞれで様々な進路の可能性が開けている。勉強しようと思えばいくらでも機会はある。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
授業のコマ数がとても多くまたすべての授業が必修なので自由な時間が思ったよりも少ない。また多くのことを同時にこなすことが求められるので時間のやりくりを上手にできる能力がとても必要である。また理系と言うよりも文系に近くコミニケーション能力がとても求められる。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
立地が良い。海に近く自然に囲まれている。周りに遊ぶ環境はあまりないがその分勉強や部活動に集中できる。人数は少ないがその分学生同士の付き合いは密で、仲の良い友達や先輩後輩との関係が築ける。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2014年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:62  入学直前期:65ID:1933

参考になった:0
口コミ評価
5.0
就職・進学
5.0
授業・実習
5.0
部活・サークル
5.0
研究
5.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
2年生で履修する生化学という科目が特徴的。授業は通常生化学で習う範囲を遥に逸脱し、かなり難しい内容まで扱っている。また、試験は朝の10時から、10分休憩を挟みながらも夜の9時までに及ぶ。他の科目はいたって普通の試験である。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学部は他学部から独立しているので、日常的な交流は少ない。部活によっては、全学で交流できる部活がある。学園祭は部活ごとに屋台を出したり、ライブで演奏したりと、高校でのそれとほぼ同じで、医学的な要素は少ない。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
入学前に考えていたよりも、大学の講義が分かりやすくない。また、出席が少しでも足りなかったり、故意ではないのに試験問題用紙を持って帰ってしまうと、留年させられてしまうので、学務科の学生に対しての態度が思っていたよりシビアである。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
入試で生物を受験していない人は、大学に入る前に生物の基礎的な知識をある程度学習するべきだと思う。医学は生物に密接に関係しているが、生物の基礎的な内容を学ぶ時間はあまりないため、入学前に少しでもまなんでおくべき。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
公立大学なので学費が安いため、もし仮に留年したとしても経済的な損失が少ない。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

横浜市立大学医学部へのアクセス

所在地 神奈川県横浜市金沢区福浦3-9
最寄駅 金沢シーサイドライン 市大医学部駅

大学解説

【歴史】 1952年設置。戦時中の医師不足を背景に設置された19の「旧制医専」の一つ。 【特徴】 医学科カリキュラムは、1年次に金沢八景キャンパスで受講する「共通教養科目・医学基礎教育科目」と、2年次以降の福浦キャンパスでの「医学科専門教育科目」のカリキュラムから成り立っている。4年次までにコア・カリキュラムを含む、基礎医学から社会医学・臨床医学までの講義および基礎医学実習などを履修し、全国規模の「共用試験」を受験する。

横浜市立大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

横浜市立大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
横浜市立大学医学部の画像は横浜市立大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル