大阪大学医学部

大阪大学医学部
口コミ
口コミ評価
4.3
  • 勉強法(26
  • 面接対策(14
  • 小論文対策(1
  • 大学生活(23
偏差値 74.7偏差値 3位/82校
学生数 1,360人【男性:53.4%・女性:46.6%】※1
6年間で
必要な学費
3,496,800円
医師国家試験
合格率
94%(合格率 21位/80校

※1…医学部(看護学科等も含む)の男女比率

大阪大学医学部の偏差値

2016年
74.7 ランキング  3位/81校
2015年
74.5
2014年
71.3
2013年
71.3
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
1 77.2 東京大学 国公立 東京都
2 75.3 京都大学 国公立 京都府
3 74.7 大阪大学 国公立 大阪府
4 74.5 慶應義塾大学 私立 東京都
5 73.0 東京医科歯科大学 国公立 東京都
6 72.3 東京慈恵会医科大学 私立 東京都
7 71.5 名古屋大学 国公立 愛知県
8 71.3 東北大学 国公立 宮城県
9 70.7 順天堂大学 私立 東京都
9 70.7 山梨大学 国公立 山梨県

大阪大学医学部の学費

6年間学費総額 3,496,800円 ※国公立大は学費が一律のため
ランキングなし
1年次学費総額 817,800円 2年次以降学費(年間) 535,800円
1年次学費 入学金 282,000円
授業料 535,800円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 -円
合計 817,800円
2年次以降学費(年間) 535,800円
6年間学費総額 3,496,800円

大阪大学医学部の奨学金

大阪大学未来基金教養教育優秀賞給付

金額 200,000円 ~ 250,000円
期間 1回
条件 2年次学生で第IIIセメスターまでに所属学科で指定された全学共通教育科目を修得した者を対象とする

大阪大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

小論文対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:80  入学直前期:80ID:2271

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】
地域医療の重要性について
【解答】
地域医療は、重要であると私は思います。なぜなら、医師の本分は「人を安心させること」だと私は考えるからです。ただ、病気を治すのではなく、来た患者さんもしくは地域に住む人々を安心させることこそが医師の役目のため、地域医療は大切だと思います。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
夏以降
数回、書き先生に添削をしてもらった。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
文章構成がしっかりしているか、考えは矛盾していないかを重視して対策した。また、書いてるうちに話が支離滅裂になることが、多かったので、できるだけ簡潔に、そして話が深くなるように意識して書いていた。医療関係の新聞のコラムなどをよく読んだ。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
昨今の医療問題を纏めた本を読んだ。(最近は今年起こった医療関係の問題を取り上げたサイトもあり、活用した)エボラ出血熱や、論文偽装問題など、その年度に起きたフレッシュな問題に対する対策が必要だと感じた。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
再受験するとしたら、もう少しちゃんと構成を練ってから書く癖をつけたかった。考えたことをかたっぱしから書いていったため、最終的に消しゴムで大量に消すことが多く、時間の無駄であり、また、紙も汚れるためよくないように感じた。

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:70ID:2218

参考になった:0
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別面接
【面接官と受験生の人数比】
面接官3人に対し、受験生1人。
【所要時間】
10分ほど
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
高校時代に力を入れていたことは?
【回答】
部活動を頑張っていた。特に部長などではなかったが、裏方として部活動を支えた。
【質問】
本大学を志望した理由は?
【回答】
阪大が、地域医療及び、高い研究力を持っているから。
【質問】
あなたが高校時代にあった面白い人は?
【回答】
高校の同級生で頭が良すぎて受験勉強が暇なため、ロシア語を勉強していた友だちがいた。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
特に落とすために面接をするのではなく、単に学生を見るために面接をするという感じのため、圧迫感は感じなかった。
【面接官】
医学部の教授、助教授が面接を行なっていた。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接対策の本を読んだ。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接対策のため、本を一冊二次試験が終わってから読んだ。正直、医学部の前期の面接は落とすことはほぼないため(日常会話ができれば通ると思われる)日頃は面接は気にせず、テストに集中すれば良いと思う。推薦や後期試験を狙う場合はガンガン落としに来るため対策は必須。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
先ほども書いたが、医学部の前期試験に限って言えば、相手は落とす気が全くないため日常会話さえできれば問題ないと思われるが、医師の志望動機、大学の志望動機のみは自然に言えるようになっておけばいいと思われる。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:72  入学直前期:75ID:2169

参考になった:0
口コミ評価
5.0
就職・進学
5.0
授業・実習
5.0
部活・サークル
5.0
研究
5.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
二回生の途中でキャンパスが豊中から吹田に移るため、一人暮らしする人は大変だと感じた。(引っ越しする人がほとんどだった。)
一回生の時も金曜日に吹田で講義があるため、少々面倒くさかった。
早期臨床実習など、早い段階で医学を体験できるのでそこは良いと感じた。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学部は他の学部とは関せず、医学部のみで部活をしているため、他学部の交流は少ないと感じた。部活により少しずつ違いはある。
学園祭は中之島祭があるが、あまり規模は大きくない。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
思った以上に他学部との交流が少なく、専門に入る前の教養でも保険学科や歯学部と一緒に体育や第二外国語をやる程度であり、かなり多くの授業が医学科生のみを対象としたものだった。
部活の雰囲気はよく、どの部活も平和な感じで良いと思った。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
第二外国語を中国語を選んだのだが、第二外国語だけは入学前に選ぶ必要があり、何も情報がない状態で選んだため、割と後悔した。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
割と田舎にあるので、落ち着いて勉学に励むことができる。
部活動の雰囲気も良く、充実した学校生活を送れる。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:70  入学直前期:76ID:2152

参考になった:0
口コミ評価
4.0
就職・進学
5.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
5.0
研究
5.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
3.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
基本的に毎日一限(8:50-)から授業があり、数学物理英語、第二外国語、一般教養などの医学部っぽくない授業がほとんどを占める。一限が体育でそれを終えるともう授業がなく、あとは帰るだけという日もある。週に2コマほど、生物学実験や医学序説などの2回生以降のための準備と言えるような授業もあるが本格的ではなくただ解剖してスケッチをしたり、講義スライドを見るだけという感じで、大変ではない。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
一回生は全学と同じキャンパスであり一般教養などでは交流があるが、英語や第二外国語では医学部だけで授業が行われるので、他学部に比べると交流は少ない。サークルは全学のものもあれば医学部のものもある。全学の方にはいれば、友達をたくさん作れるが、時間割の関係などで入ることが難しいかもしれない。医学部のサークルではそうした心配はないし学年を超えた交流ができるので良いが、閉鎖的なコミュニティとなってしまう。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
初めから医学部っぽいことをするのかと思いきやそうではなく、数学など今までと同じようなことをするんだなと思った。テスト前などは想像以上に忙しい。むしろ受験期よりも勉強するという状況もあった。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
自主的に勉強しなければすぐに留年してしまうし、病院実習などでは色々な人と話すことになるので、コミュニケーションをうまく取れないとしんどいかもしれません。医学部ということで求められるレベルが高く、きっちり勉強しなければならない場面でしないと簡単に留年してしまいます。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
色々な人がいて面白いし、自分がやりたいと思ったことが案外簡単に実行に移せれる、夢が広がる場所ですが、何も自分からしなければ何も得られないという場所です。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大阪大学医学部へのアクセス

所在地 大阪府吹田市山田丘2-2
最寄駅 大阪モノレール彩都線 阪大病院前駅

大学解説

【歴史】 歴史と伝統を誇る「旧帝国大学」7校のひとつ。大阪医科大学、大阪帝国大学などを経て1949年新制大阪大学医学部となった。国立大医学部では初の「倫理学講座」を設置したことでも知られる。2017年度には後期試験を廃止し、前期試験のみとなる。 【特徴】 1年次から教養科目と並行して、医学科のカリキュラムを開始する。伝統的に循環器系の研究、基礎研究に注力しており、「基礎医学講座配属」では4か月間希望する基礎医学講座に配属され、研究に専念する。3年次の「選択必修科目」ではゲノム科学や癌生物学など、10の研究分野から1つを選び、チュートリアル、国際セミナー、実習などを通じて最先端の知識を身につける。4年次から臨床医学の講義が開始され、5~6年次の2年間は、臨床実習に専念する。

大阪大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

大阪大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
大阪大学医学部の画像はHykw-a4さんから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル