岐阜大学医学部

岐阜大学医学部
口コミ
口コミ評価
4.0
  • 勉強法(6
  • 面接対策(1
  • 小論文対策(0件)
  • 大学生活(3
偏差値 68.8偏差値 25位/81校
学生数 968人【男性:50.9%・女性:49.1%】※1
6年間で
必要な学費
3,496,800円
医師国家試験
合格率
89%(合格率 66位/80校

※1…医学部(看護学科等も含む)の男女比率

岐阜大学医学部の偏差値

2015年
68.8 ランキング  25位/80校
2014年
66.5
2013年
66.2
2012年
66.2
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
19 69.5 岡山大学 国公立 岡山県
19 69.5 筑波大学 国公立 茨城県
19 69.5 北海道大学 国公立 北海道
23 69.2 横浜市立大学 国公立 神奈川県
23 69.2 日本医科大学 私立 東京都
25 68.8 岐阜大学 国公立 岐阜県
25 68.8 長崎大学 国公立 長崎県
25 68.8 昭和大学 私立 東京都
28 68.5 熊本大学 国公立 熊本県
28 68.5 三重大学 国公立 三重県
28 68.5 名古屋市立大学 国公立 愛知県

岐阜大学医学部の学費

6年間学費総額 3,496,800円 ※国公立大は学費が一律のため
ランキングなし
1年次学費総額 817,800円 2年次以降学費(年間) 535,800円
1年次学費 入学金 282,000円
授業料 535,800円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 -円
合計 817,800円
2年次以降学費(年間) 535,800円
6年間学費総額 3,496,800円

岐阜大学医学部の奨学金

岐阜大学短期留学(派遣)奨学金給付

金額 600,000円
期間 1か年以内
条件 本学と学術交流協定を締結している外国の大学に留学すること

岐阜大学短期海外研修奨学金給付

金額 100,000円
期間 1回限り
条件 外国の高等教育機関等で、6か月未満の短期研修(語学研修、実習、短期間プログラム等)を行う者

岐阜大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:70  入学直前期:70ID:1954

参考になった:2
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
推薦入試の面接は個別、1対3であった。10分で部屋が変わってまた10分という感じ。
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
どうして岐阜大学なのか、センターはどれくらいとれたと思うか、化学に興味はあるか
当日の面接の様子について教えてください。
面接は二部屋であったが、女性の面接官もいた。面接官が3人もいれば1人くらい演技かどうかは分からないがむすっとした顔で口調が厳しい先生もおられる。が、わざと面接のためにやっていると考えれば良いと思う。自分は入室する際受験票を忘れてしまい、1度退室して外に取りに行ったがおそらく減点はなかった。むしろそこからどのように謝って面接を始めるか、質問の解答だけでなく会話をしたいという面接官の意図がよく読み取れる面接であった。色々な質問が面接官から飛んでくるが、焦ってすぐ答えると突っ込まれるので落ち着いて考えた解答を伝えた方が良いと思う。面接室によってもアットホームな雰囲気の部屋もあればそうでない部屋もあるので最後まで忍耐が大切。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
直前期には毎日対策をしていました。対策は考えうる質問とその回答を書き出して読む練習をしました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接対策の参考書を1冊買って読み込んでいた。どんな問題がでるかだいたい決まってくるので自分ならどう答えるのかを書き出していた。とっさに質問されるとなかなか答えられないものも多かったので、スラスラ答えられるようになるまで声に出して練習していた。また地元の病院の実習に行くことで実際の病院の様子を見学したり、その病院が行っている面接対策でアドバイスをもらっていた。また日頃から医学的なニュースについては注意していた。特に新聞やテレビニュースの一面を飾るような有名な出来事(IPS細胞など)は注意して聞いていたし、それについて意見を述べることができるようにまとめたりしていた。周りの医学的な事柄に関心を向けることが大切だと思う。

勉強法の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:70  入学直前期:70ID:1893

参考になった:2
志望理由は何ですか?
実家から通える範囲の国公立、自分のレベルで確実に現役合格が狙えそうであったため。
塾や予備校には通っていましたか?
河合塾千種校に通っていた
通っていた塾・予備校の講師について教えてください。
高校3年の時河合塾で英語の授業を受けていた。
one wex名大医進というコースで毎週土曜テストゼミを行っていた。担当教師は生徒にやる気を出させる先生として有名であったがそのとおりで1年間頑張ることができた。
通っていた塾・予備校の指導方針・カリキュラムについて教えてください。
高校3年の時通っていた河合塾の名大医進コースは医学部に特化したコースで、内容も東大京大の難しい問題というよりもスタンダードだが難易度が高い問題が用意されていた。毎週土曜に英語のテストゼミを受けてその後解説という流れだった。
通っていた塾・予備校の教室内の環境(雰囲気)について教えてください。
高校の教室が縦に2倍になったぐらいの大きさの教室にほぼ満員の状態で授業を受けていた。東海高校と南山女子高校の生徒が多いことが印象的で、その他の高校の人も多くいた。ただ高校ごとに集団でまとまっているため雰囲気はいいとは思わなかった。
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
高3の頭はとにかく単語と熟語を覚えまくっていた。単語帳2冊(duoとターゲット)と熟語帳(ターゲット)1冊を完璧に仕上げて長文を解くという流れで対策をしていた。夏からはセンターも解くように、また2次の長文は志望大学以外のものも問題集を買って解いた。特にセンターは点数を落とすことができなかったので大門ごとに時間を測って解いたり、問題集で補強したりを繰り返していた。
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
数学は高校で配布されたFocusgoldを解けるようになるまで何回も繰り返していた。自分は高校1年の時大学への数学を使っていたが、難しすぎたので高校3年の夏までは基礎で大丈夫だと思う(塾で応用を解く前提で)。センターはとにかく本試験を問題ごとに分類して時間を測って解いていた。センターは基本時間がないので必ず時間を測っていた。
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
自分は物理、化学選択であったがセンター試験は共に過去問と教科書を使っていた。センターの範囲は教科書、ということを念頭に置いて過去問で分からない所があったら教科書で確認して印をつける、という作業を繰り返して教科書の知識を頭に叩き込んだ。二次試験は化学は重要問題集、物理は良問の風、名門の森を使って何回もとき直していた。
受験生時代の国語(現代文・古文・漢文)の対策を具体的に教えてください。
センター国語が苦手であったので、高校3年の1年間はZ会のセンター国語コースをとり、月に1回は解くようにしていた。直前は赤本の過去問と河合塾、駿台の対策問題集を分野ごとに毎日3題ずつ、時間を測ってひたすら練習した。また、漢字の問題集も1冊買って毎日解くようにしていた。二次試験対策はほとんどしなかった。
受験生時代の社会(地理・世界史・日本史・現代社会・政治経済・倫理等)の対策を具体的に教えてください。
社会は倫理政治経済を取ったが本当に点数を取りたいのならオススメしない(日本史が良いと思う)。高校3年の頭から倫政一問一答という問題集を完璧にできるように勉強していたが、本試験ではそこに載っていない時事問題や難しい問題が沢山でるため注意が必要だと思う。二次試験は社会がなかったので対策はしていないが社会の選択は医学部を受けるにあたって重要だと思う。
所属する大学を目指す受験生にメッセージがありましたらお願いします。
医学部に入学したらどこの大学も同じだという意見はあるがそれは違うので、自分が納得できる勉強をして納得できる大学に入学できるよう頑張って欲しい。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:70ID:1972

参考になった:3
口コミ評価
4.0
就職・進学
5.0
授業・実習
5.0
部活・サークル
5.0
研究
5.0
国家試験・資格
4.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1年生は、専門は週2で週3は全学部共通の教養科目を受ける。全共は単位が1つでも足りないと即留年。専門は落としたのが1つであれば仮進級が認められている。
専門は主に細胞生物学、基礎生理学、組織学がある。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
キャンパスそのものはおなじだが、少し離れている。学校祭も医学部だけ、独立で小規模で行なっていたりする(日にちは同じ)。
部活も医学部だけの部活や医療系のサークル活動がメイン。部活は特に西医大に向けての活動がメイン。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
真面目な秀才が多いかなと思っていたら、意外と面白い人ばかり。女子が意外と多い。
覚えることがほんとうに多くて、他学部と忙しさが全然違う。テスト前は受験期以上の勉強量と言っても過言ではない。思ったより大変。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
勉強量が尋常じゃない。大学生ということで、自学自習がメインのため、テスト前は大学に缶詰状態があたりまえ。再試になる人も多数。
また2年生はとくに進級が厳しい。留年が普通に起こりうることだということを入学前に理解すべき。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:70  入学直前期:70ID:1920

参考になった:1
口コミ評価
4.0
就職・進学
5.0
授業・実習
3.0
部活・サークル
4.0
研究
4.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
4.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
2年生から医学部の授業が本格的に始まるが、2年生から4年生まで毎週月曜1限と木曜1限にチュートリアル教育という資料を読んで生徒とディスカッションをするという授業がある。またポリクリが始まるタイミングが他大学と比べて早い。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
部活に入っている。医学部の生徒は医学部の部活、サークルに入るのが基本で先輩や先生との繋がり、なによりテストの対策や過去問を教えてもらえるというメリットがある。医学部だけの大会の数も多く、入ってから暇になることは基本ない。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
岐阜大学は岐阜の高校の生徒が圧倒的に多い。正直、推薦入試と一般前期、一般後期で入ってきた人の間には温度差があり特に最初は顕著である。1年生の時点で3人くらいが仮面浪人で名古屋大学へ移る。雰囲気は悪くないが良くもないと思う。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
入学後も高校ごとに集団を作ったり、勉強スタイルに差がでることがかなりあるということ、また本当にいろいろな考えを持つ人と6年間同じ教室で過ごさないといけないので高校卒業後早いうちに多様性を身に付けるべきだということである。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
多様な入試形式を取っており、それが均等な割合で分けられているので自分にあった入試形式を選ぶのが良いと思う。テストは厳しいが教材は良いものが多いので自分から勉強する気があればかなり多くのことを学べると思う。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

岐阜大学医学部へのアクセス

所在地 岐阜県岐阜市柳戸1-1
最寄駅 樽見鉄道樽見線 糸貫駅

大学解説

【歴史】 戦時中の医師不足を背景に設置された19の「旧制医専」の一つ。1964年に岐阜県立医科大学を統合し、岐阜大学医学部となる。日本最大の高次救命治療センターを有する。 【特徴】 1年次には全学共通教育とともに医学概論などの専門科目を学習し、学外施設での初期体験実習を行う。2年次からのテュトーリアルコースでは、各コースの症例提示があり、グループごとに問題点の抽出を行ったり、前回挙がった問題点について各自調べたことの発表や討論を行う。4年次後半からの臨床実習では、実際の症例を用いて学習をする。

岐阜大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

岐阜大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
岐阜大学医学部の画像は岐阜大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル