日本医科大学医学部

日本医科大学医学部
口コミ
口コミ評価
3.8
偏差値 68.7偏差値 24位/82校
学生数 725人【男性:60.7%・女性:39.3%】※1
6年間で
必要な学費
22,000,000円 (学費 3位/31校
医師国家試験
合格率
93%(合格率 21位/80校

※1…医学部(看護学科等も含む)の男女比率

日本医科大学医学部の偏差値

2019年度
68.7 ランキング  24位/82校
2018年度
67.5
2017年度
67.8
2016年度
69.2
2015年度
67.3
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
19 69.2 名古屋市立大学 国公立 愛知県
20 69.0 筑波大学 国公立 茨城県
21 68.8 和歌山県立医科大学 国公立 和歌山県
21 68.8 長崎大学 国公立 長崎県
21 68.8 三重大学 国公立 三重県
24 68.7 日本医科大学 私立 東京都
24 68.7 岡山大学 国公立 岡山県
24 68.7 順天堂大学 私立 東京都
27 68.5 自治医科大学 私立 栃木県
28 68.2 山梨大学 国公立 山梨県
29 68.0 新潟大学 国公立 新潟県

日本医科大学医学部の学費

6年間学費総額 22,000,000円 ランキング 3位/31校
1年次学費総額 4,500,000円 2年次以降学費(年間) 3,500,000円
1年次学費 入学金 1,000,000円
授業料 2,500,000円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 1,000,000円
合計 4,500,000円
2年次以降学費(年間) 3,500,000円
6年間学費総額 22,000,000円

日本医科大学医学部の奨学金

新入生と在学生奨学金貸与

金額
人数
目的
条件
免除
備考

父母会奨学金貸与

金額
人数
目的
条件
免除
備考

特別学資ローン貸与

金額
人数
目的
条件
免除
備考

日本医科大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

小論文対策の口コミ

【入学年度】2018年(再入学)【模試の偏差値】高校三年4月:56  入学直前期:73ID:5844

参考になった:4
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】
外国人労働者について コミュニケーションが円滑に取れない可能性がある外国人と働くことは何かトラブルを生み出すかもしれないが、
人材不足などの点で大きく役にたつと考える。
たしかに、なんの教育もなければ不慣れな日本で働くことは困難だろうが、しっかりと日本語や文化、労働環境の教育がなされればこの問題は解決する。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
1週間に一回は600字の小論文を書くように4月から始めていました。
テーマ型、一文型、絵を見て答える問題、要約型、国語型などさまざまなパターンに触れることで、本番では必ず半分の時間で書き終えていました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
文の構成を崩さないように決めていました。
与えられた問題について、対となる2つの事項AとBを考え、そのAとBのそれぞれの利点と欠点をあげるように心がけることで、難しい問題も整理できるようにした。
面接でも同じ考えが使えた。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
毎朝、祖母が新聞を取っていたので、ご飯を食べるときに祖母が見ている新聞記事を覗くように心がけていた。
そうすることで特別時間を使うことなく社会のことがわかるようになっていった。
本などは特別読んでいないが、自分が感銘を受けた本の中身を喋ることができるようにしていた
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
再受験するとしたら、焦らないこと。問題文を何度もしっかりと読んで何を聞かれているのかをしっかりと見極めることが大切。
書き始めてからは止まることがほとんどないように普段から書く練習をすることが大切です。

面接対策の口コミ

【入学年度】2018年(再入学)【模試の偏差値】高校三年4月:56  入学直前期:73ID:5839

参考になった:3
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】調査書にホームステイをしたことがあると書いてあるけど、これで何か学んだ?
【回答】ホームステイを始めた頃は、文化の違いに戸惑うこともあり、なかなか馴染むことができませんでした。
しかし、開き直って自分から積極的に話しかけてみることで、現地の文化を学びました。そのことから多くの価値観を身に付けることができました。
【質問】お父さんはお医者さん?
【回答】医師ではないのですが、医学研究に携わっており、医学という世界に興味をもつきっかけとなりました。
【質問】最近のニュースなにかみた?
【回答】脱プラスチックの動きが加速しているというニュースを見ました。紙ストローやレジ袋の廃止です。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
とても穏やかで特に圧迫などはありませんでした。
【面接官】
教授のような先生が真ん中に1人、左側に武蔵小杉病院の先生が1人、右側に女性の方が1人でした。
【配置】
面接官3人に対して1人座る形です。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接対策は、直前が中心でした。それでも普段から人と話すことを意識していました。
また、自分で何個かテンプレートを作っておくと引き出しになるので、関連したものを聞かれた時はそれを出せばいいという風にしていました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接対策として本などは使っていないのですが、自分の考えをはっきりともつようにしていました。
あやふやなことを言ってしまうと自信がなさそうに見えてしまうので。
また、普段からちゃんと笑うようにして、面接の時も自然に笑っていました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
自分は、面接試験を受けたところは全て合格をいただいたので、何かを変えるつもりはないですが、
しっかりと自分の意見や動機をもって、それでも面接官の質問には謙虚に。
強張ることなく笑顔でいけば印象が悪くなることはないと思います。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2018年(再入学)【模試の偏差値】高校三年4月:56  入学直前期:73ID:5834

参考になった:3
口コミ評価
5.0
就職・進学
-
授業・実習
5.0
部活・サークル
5.0
研究
5.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
教養の勉強もしっかりとさせていただけるので、一般大学の方と変わらずに一年生の半分近くを過ごすことができます。
また日本医科大学は、国際認証を受けており、英語の授業に力が入ってる印象です。
英語を忘れることなく、将来活用できればと思っています。
一年生の後期から本格的に医学について始まり、在学生が真面目なのでみんなで勉強してみんなで成長しています。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
グラウンドは持っているが教育を受けているキャンパスからは遠く、決して便利とは言えないと思います。
ただキャンパスの立地がいいのでそこは仕方がないのかもしれません。校舎も綺麗です。
運動部で部活の日にちが多いのにグラウンドが遠い人は少しかわいそうです。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
すごく真面目な人やおちゃらけた人、様々な趣味を持った人など年齢も様々なことがあり、いろんな人がいて楽しいです!
みんな優しく、嫌な人がいない印象です。
学校自体の雰囲気はとてもいいのですが、他の医学部の話を聞いていると日本医科大学は授業のコマ数が多いように感じます!
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
食堂が一年生ではあるけれど、二年生からはないことですかね。
二年生以降の千駄木キャンパスでは、付近にご飯屋さんもそこまで多くないためどうしてもコンビニでご飯を食べることになってしまいがちです。
健康にはよくないので早く知っておきたかったです。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
1年次の授業で体育があります。
また、ここ数年では留年数も減り、救済措置なども増えたため留年する可能性が低くなりました。
国試の合格率も徐々にですが、カリキュラムが変わった影響で良くなってきています!
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2018年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:35  入学直前期:70ID:5770

参考になった:5
口コミ評価
5.0
就職・進学
-
授業・実習
5.0
部活・サークル
5.0
研究
5.0
国家試験・資格
4.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1年から実習があり早いうちから医師として働く自覚を持たせるカリキュラム構成になっている。
海外留学の支援が手厚く提携している海外の大学に留学するプログラムが用意されている。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
部活に入る人の割合がおよそ90%と、かなり部活は盛んに行われていて兼部する人もそれなり。
部活の勧誘が一大イベントになっていてどこの部も力を入れているのですごく楽しい。
体育祭や学園祭のようなのもありイベントごとも色々ある。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
単科であることと御三家と呼ばれる医学部であることと私学であることから結構お堅いピリピリした学校かと思いきや、みなかなり自由で先生方も優しくゆったりとした過ごしやすい大学なんだなと感じた。他の学校とも交流があり輪が広がりやすい。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
授業ではプリントが配られず、あらかじめネットの特定のページからファイルを自分で落とすなり目を通すなりする必要があるため、タブレット又はパソコンがないと不便。
部活をする場所が部によっては遠いため入りたい部がどこで活動しているかあらかじめ情報収集が必要。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
歴史ある学校であるためOB、OGが全国に多くいらっしゃるので支援が手厚い。
自由でゆとりのある雰囲気なので居心地がとてもいい。
先生や先輩たちが優しく、仲がいいため変に気を使う心配がない。
奨学金の制度なども充実している。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

日本医科大学医学部へのアクセス

所在地 東京都文京区千駄木1-1-5
最寄駅 東京メトロ南北線 東大前駅

大学解説

【歴史】 慶應義塾大学、東京慈恵会医科大学と共に「私立大医学部御三家」と称される名門。前身である医師養成学校「済世学舎」は、野口英世の学び舎としても知られている。
【特徴】 課程は基礎科学、基礎医学、臨床医学に区分される。 基礎科学はいわゆる教養課程で、医学生に必要な教養および倫理観を養い、専門医学の受容を容易にするための基礎的能力を養う。外国語、人文社会科学系、自然科学系の科目のほかに、臨床看護業務実習などがある。基礎医学は、医学の基礎分野を系統的に学修する課程。解剖学、生理学など本来の基礎医学科目に社会医学系の科目が加わる。臨床医学では、医師になるために必要な臨床的知識と技術、態度を修得する。内科学、外科学など広範な領域の科目を学ぶ。系統講義コース、臨床実習、臨床講義の各科目で構成される。 後半は小グループに分かれ、付属病院のベッドサイドで医学実践の直接指導を受ける。付属の4病院があり、効果的な実地修練を目指した綿密なカリキュラムが組まれている。患者の体と心を理解し、チーム医療の基本を身につけることができる。

日本医科大学医学部と偏差値の近い 私立大学

日本医科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
日本医科大学医学部の画像は日本医科大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル