日本医科大学医学部

日本医科大学医学部
口コミ 勉強法(8)/ 面接対策(3)/ 小論文対策(3)/ 大学生活(7
偏差値 69.223位/81校 国家試験合格率 94%24位/80校
学費 27,700,000円7位/30校 男女比 男67:女33女子比率 65位/81校

日本医科大学医学部の面接対策の口コミ

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

3件中 1-3件を表示

面接対策の口コミ

【入学年度】2014年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:67  入学直前期:68ID:1128

参考になった:7
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
個別と集団それぞれ10分と20分程度
面接官3人に対して受験生が4人程度
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
なぜ日本医科大学なのか?
【回答】
日本最古の私立大学で野口英世等の著名な医師を輩出しているから。
【質問】
理想の医師像は?
【回答】
患者に寄り添うような医師
【質問】
趣味は?
【回答】
読書で最近は近代のフランスの詩集を読んでいます。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
穏やかな雰囲気で自分が話すことをよく聞いてくれた。
【面接官】
40代から50代の面接官が3人だった。
【会場の様子】
机を挟んで対面形式であった。
【面接を受けてみた印象】
願書と一緒に出した書類に書いたことについて聞かれたので、出願の書類に書いたことは覚えていた方がよいと思われる。質問に対しての回答は、日本語が破綻していなければ大丈夫だと思われる。会話のキャッチボールができていれば問題ないと思う。
集団面接では「校則」について受験生の間で討論した。このときは面接官は見ているだけなので、自分たちで話を進めていかなければならない。個人面接の方が後なので、先に終わった受験生から面接の様子をきける。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接は河合塾の面接の授業を三学期に一回受けただけである。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
日常的に行っていたこととしては、高校の友人で医学部志望の人がいたので、よく面接で意見を聞かれそうな話題については話していた。例えば、「胃ろうについて」「エホバの証人について」「安楽死について」等である。普段から友人とこういう話題について話していれば面接の際にきかれても臆することなく答えられるであろう。また、予備校の講師でも医学部受験に特化したクラスでは医学的な話題についても雑談の中で語ってくれた。河合塾ではチューター制度があり、チューターは現役の大学生がやっているので、医学生のチューターが医学的な話題を話してくれた。面接で聞かれそうなことについて、普段から考えておく必要があると思う。例えば、医療の問題を扱った本を読む等(森鴎外の「高瀬舟」等)
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
普段から医療の問題を扱った本を読み、その問題について深く考えておくと思う。
また、これは受験生のときもやっていたのだが、友人と医学的な話題について議論するべきだと思う。友人でそういう人がいなかったら予備校のチューターでもいいし、講師でもそういう話題が好きな人に相手になってもらえばよいと思う。最近、話題になっているのが「免疫チェックポイント阻害薬」である。これは新しい抗がん剤でNHKの特集でも出てきたようなものなので、知っていると面接で役に立つかもしれない。受験する大学のことは志望理由をきかれたときに答えやすいと思うので調べておいた方がよいと思う。いつ頃つくられたか、学是はなにか、その大学出身の著名な医師は等。

面接対策の口コミ

【入学年度】2013年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:50  入学直前期:70ID:1109

参考になった:0
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
集団と個別に分かれてました。
【面接官と受験生の人数比】
面接官は3人で集団は6人で議論を重ねます。個別では特異的なことがなければ普通に面接です。
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
医学部を志望した理由は?
【回答】
人を救う職業に就きたい
【質問】
理想の医師像は?
【回答】
患者のことを第一に考えて、バランスのとれた物事を多面的に見られる医師
【質問】
高校生活で熱中したものは?
【回答】
部活と体育祭の応援団長と文化祭。人とのコミュニケーションや人との繋がりについて学びました。
当日の面接の様子について教えてください。
面接形式は集団と個別に分かれてました。面接官は3人で集団は6人で議論を重ねます。集団面接では、自由に論議が重ねられる雰囲気でした。あまりに変な発言でなければ積極的な発言をして良いかと思います。私はまとめる司会の立場をやってみましたが、臆することなければ普通の場合出来ると思います。個別ではあまりに変なことがなければ普通に優しく対応してくれます。私の時は臨床の先生1人と基礎医学の先生1人と、精神科医の先生が1人座ってました。精神科の先生は一言も話さず、臨床の先生と基礎医学の先生が優しく質問してくださり、緊張しないで落ち着いて会話していれば落とされる心配はないかと思います。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
現役の時に一度やったことしかありませんでしたが、医師になることへの強い意志を持っていれば大丈夫です。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接対策は前日以外には全くしてませんでした。本当に心から強く医師になりたいと思うのであれば医学に対しての知識や情報に関しては自分から手に入れようと思うと思いますし、その後の人生設計やどんな医師になりたいかや、どのような学生生活を送りたいかについては日頃から考えるであろうと思うので大丈夫だと思います。強いて言えば、いわゆる典型的な面接の質問を受けた時に答えられるような対策はしておく必要があると思います。どのように答えれば失礼がなくかつ強い意志を持っているのかを示せられるのかについては自分だけでは判断がつかない部分もあるとおもうので、塾の先生に添削してもらったり親や先生に相談してみるのも良いかと思います。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
とりあえず今の経歴で学んできたことをまとめ言えるようにしておきます。人間を救うことや人間関係の重みや大切さを理解し噛み締めながら、典型的な面接での質問に答える練習を繰り返します。一般的な常識を持っていて、性格的にひん曲がっていたりしなければ受かるものなので、緊張せずに落ち着いて臨みたいと思います。自分で自分のことは考え、自分で決めて自分で行動するという当たり前の自立した状態に受験生のうちに慣れておく(言われたから勉強するのではなく、自分が必要だと思ったものだから勉強するといった行動姿勢にしておく)ことが大切になってくると思います。医学に興味を持ち、人の気持ちを考えられる人になれるように勉強だけではなく人との触れ合いを忘れないことが大事です。

面接対策の口コミ

【入学年度】2014年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:68ID:1083

参考になった:0
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別面接と集団面接は討議形式
【面接官と受験生の人数比】
面接官5人程度に対して受験生5人程度
【所要時間】
30分程度
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
医学部を志望した理由は?
【回答】
医師である父の影響を受けて。
【志望】
この大学を志望した理由は?
【回答】
学校から通える範囲であること。
【質問】
これまで挫折したことは?
【回答】
飼っていたハムスターが死んだ時のこと。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
かなり穏やかでした。集団面接の討論が行き詰まった時は面接官の方が問題を提議してくれて助かりました。討論の議題も校則といった軽いものだったので、自分の学校の校則をみんなで発表しつつ時々笑いも起きたり、楽しく討論出来ました。
【面接官】
医師もいれば生物などの講師の方もいます。圧迫感は特にありません。
【会場の様子】
面接は机を挟んで対面式で行われました。受験番号順で行われるので、番号によってはかなり待たされることになります。
【面接を受けてみた印象】
個人面接は特に5分程度で終わった上に基本的な質問ばかりであったため、面接に関しては特に対策の必要がないように感じました。集団討論の方が緊張せずやりやすかったです。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
きちんとした対策は高三の冬に予備校で行われた面接対策ぐらいです。あとは事前につくっておいた基本的な質問の回答を面接当日に読み返しました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは医療系のニュースを読むぐらいで、参考書を読んだりはしなかったです。ただ基本的な質問に対する自分の回答は事前にメモ帳に書き込み、面接当日に読み返せるようにしていました。高三の冬に行われた予備校の面接対策は実技形式で行われたため、面接官担当の方からアドバイスもいただき、非常に参考になりました。現役生であったこともあり、面接はそこまで重視していなかったのでこれらだけでは対策不足なところもあったかと思います。ただ面接で知らないことを聞かれた時は知らないとはっきり言い、事前に回答を作っていなかった質問も自分の考えを素直に述べたのですが、問題はなかったと思います。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
自分は基本的な質問に対する回答があまりにもテンプレートなことばかりであったので、もっとオリジナリティーのある回答を作ることが出来ればなお良かったかと思います。ただ、実際それでも問題はなかったのでそこまで面接に神経質になる必要はないと思います。参考書も余裕があれば読む、といった感じでよいと思います。また予備校で面接対策をやってくれるところが多いと思うので、それは最大限に活用した方が良いと思います。また、自分の知っている知識を最大限に生かしてさらに自分の意見もしっかりと述べるためには日頃から関心のある物事に対してよく調べ、自分の意見をもつことが大切になってくるかと思います。それを少し意識して生活するだけでも随分違うかと思います。

3件中 1-3件を表示

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

日本医科大学医学部と偏差値の近い 私立大学

日本医科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学の画像について
日本医科大学医学部の画像は日本医科大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル