大阪市立大学医学部

大阪市立大学医学部
口コミ
口コミ評価
4.3
  • 勉強法(41
  • 面接対策(22
  • 小論文対策(3
  • 大学生活(35
偏差値 69.8偏差値 13位/82校
学生数 568人【男性:75.2%・女性:24.8%】
女子比率 48位/82校
6年間で
必要な学費
3,496,800円
医師国家試験
合格率
88%(合格率 52位/80校

大阪市立大学医学部の偏差値

2016年
69.8 ランキング  13位/81校
2015年
69.8
2014年
67.8
2013年
67.8
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
8 71.3 東北大学 国公立 宮城県
9 70.7 順天堂大学 私立 東京都
9 70.7 山梨大学 国公立 山梨県
11 70.3 奈良県立医科大学 国公立 奈良県
12 70.2 九州大学 国公立 福岡県
13 69.8 大阪市立大学 国公立 大阪府
13 69.8 京都府立医科大学 国公立 京都府
13 69.8 神戸大学 国公立 兵庫県
13 69.8 北海道大学 国公立 北海道
13 69.8 千葉大学 国公立 千葉県
18 69.5 岡山大学 国公立 岡山県

大阪市立大学医学部の学費

6年間学費総額 3,496,800円 ※国公立大は学費が一律のため
ランキングなし
1年次学費総額 817,800円 2年次以降学費(年間) 535,800円
1年次学費 入学金 282,000円
授業料 535,800円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 -円
合計 817,800円
2年次以降学費(年間) 535,800円
6年間学費総額 3,496,800円

大阪市立大学医学部の奨学金

大阪市立大学奨学金給付

金額 90,000円
期間 1か年
条件 修学状況が良好で経済的理由のため修学困難な者

大阪市立大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

面接対策の口コミ

【入学年度】2014年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:80ID:2214

参考になった:2
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別面接
【面接官と受験生の人数比】
面接官3人に対して、受験生1人
【所要時間】
10分程度
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
なぜ医学部を受験したのですか。
本校を選んだ理由は。
今までで一番楽しかったことは。浪人生活はどうでしたか。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
面接は普通の会話のような感じで進みます。
【面接官】
3人の面接官が順番に質問します
【面接を受けてみた印象】
普通の返事や会話が成り立てば落とされることはないと思います。面接の順番ですが、受験者の中からランダムで選ばれていきます。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接の対策としてはネットで面接の気をつけるとこを読んだくらいで、最低限の礼儀だけ身につけて行きました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
日頃のマナーとしての人への挨拶や、人に悪口を言わない、ゴミを道に捨てないなど、自分が人として成長していくことを心がけて生活していました。これは面接対策だけではなく、今後の人生の大きな財産になると思います。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
面接の勉強はインターネットで軽く調べて学んだだけなので、もし面接で落ちていればとても後悔していたと思います。本を読んで勉強するのはもちろん、予備校などで行っている模擬面接などを受けてみるのも良いかもしれません。

面接対策の口コミ

【入学年度】2015年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:55  入学直前期:65ID:2211

参考になった:1
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
集団面接
【面接官と受験生の人数比】
面接官3人に対して、受験生3人          
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
あらかじめ提出していた履歴書か何かにイラストレーターが使えると書いたのでそれについて少し聞かれました。パソコンを使える方が医療で役に立つからか、印象がよかった気がします。
私は部活に所属していませんでしたが部活に入っていた方は書いておくと場合によっては好印象かもしれません。運動部だと印象が良いとは聞きました。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
難しいことは聞かれず気楽に答えられました。事前に提出したプロフィールについても聞かれました。面接で落ちる人はほとんどいないと聞いていたのでリラックスしてのぞめましたが面接官の方々もそれほど厳しい雰囲気ではなく実際、面接で落とすつもりは無いのだろうという気はしました。自分より前に面接を受ける学生の面接が終わると呼ばれるので、それから部屋に入ります。ごく普通にドアをノックし、失礼しますと言ってから入り、座っていいと言われるまで勝手に座らないようにすればいいです。常識的に行動すれば問題ないと思います。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
学校の先生に面接官をして頂きました。ありがちな質問の答えは準備していました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
二次試験が終わってから面接対策の本を軽く読んだぐらいで二次試験が終わるまではほとんど何もしていません。私が受けた大学では面接対策はそれほど必要ではないと思います。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
面接でどれくらいの人が落とされるのか、何を聞かれるのかを調べておいて、本番で緊張しないように誰かに練習相手になってもらうのがいいと思います。私の場合は担任の先生にして頂きました。親しい人よりもある程度緊張感をもって話せるような人にしてもらうのが良いと思います。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2012年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:70ID:2175

参考になった:1
口コミ評価
5.0
就職・進学
5.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
5.0
研究
3.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1回生で、一般教養
2回生で、解剖実習
3回、4回生で、生理、病理
5回生で、病院の実習です。
また、各学年で、テストが多く勉強できるのでそれなりに知識もつきます。
ポリクリは先生によっていいです。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医療系の運動部に入っています。充実しています。
多くの先輩、後輩、マネジャーとの繋がりが僕の人生を豊かにしてくれると思っております。
是非部活に入ることをお勧めします。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
医学部に入ったら遊べないのかと思っていました。
大きな勘違いでした。

グローバル化も進んでます。
英語が喋れないといけないと思います。
遊びも大事ですので両立してください。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
脳外科が有名です。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2014年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:72ID:2139

参考になった:2
口コミ評価
5.0
就職・進学
5.0
授業・実習
5.0
部活・サークル
5.0
研究
2.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1回生の頃は本学の学生と同じ一般教養の講義を受けます。とても暇な時間が多いです。2回生の後期には解剖実習が始まり、一気に忙しくなります。テストも毎週ある時期もあり勉強に追われがちの1年になります。4回生ではCBTがあります。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学部キャンパスは他学部と独立しており関わることがありませんが、他学部とのサークルに参加することもできます。ほとんどの学生は医学部の部活動に入ります。学園祭は11月にあります、他学部の学生と同じ場所で行われるので良い交流の機会になります。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
医学部の部活は必死に行うものではないのだろうと思いながら運動部に入りましたが、必死に楽しくできており初期のイメージとは全く異なりました。先輩とのつながりが大事なことも実感しました。運動部に入るのがいいなと思います。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
大学生活では入学前に思い描いていたような旅行にガツガツ行けるのは1回生の時のみで、それ以降は平日に旅行に行くことができないほどのカリキュラムになっております。もっとたくさん長期旅行に行くことができればなと今でも思います。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
立地が天王寺の真ん中で、駅から10分以内で講義室までたどり着くのはとてと良い点です。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大阪市立大学医学部へのアクセス

所在地 大阪府大阪市阿倍野区旭町1-4-3
最寄駅 阪堺電軌上町線 天王寺駅前駅

大学解説

【歴史】 戦時中の医師不足を背景に設置された19の「旧制医専」の一つ。大阪市立医学専門学校、大阪市立医科大学を経て1955年大阪市立大学医学部となる。比較的自由な校風で、アクセスが便利な大阪市の中心にキャンパスを構えている。 【特徴】 1年次から教養科目と並行して、専門医の指導による心肺蘇生法実習や、早期臨床実習(EarlyExposure)を行い、一般病院での医療を実際に体験する。4年次から臓器別講義を受けた後、実習に入るための診察法を学ぶ。5年次には附属病院で臨床実習を行うが、6年次には附属病院以外の教育関連病院での臨床実習(選択BSL)を実施し、幅広い臨床技能を修得し、医療現場での経験を充実させることを目指している。

大阪市立大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

大阪市立大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
大阪市立大学医学部の画像は大阪市立大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル