大阪市立大学医学部

大阪市立大学医学部
口コミ
口コミ評価
4.3
  • 勉強法(51
  • 面接対策(31
  • 小論文対策(3
  • 大学生活(45
偏差値 69.8偏差値 14位/82校
学生数 568人【男性:75.2%・女性:24.8%】
女子比率 48位/82校
6年間で
必要な学費
3,496,800円
医師国家試験
合格率
88%(合格率 52位/80校

大阪市立大学医学部の偏差値

2017年
69.8 ランキング  14位/82校
2016年
69.8
2015年
69.8
2014年
67.8
2013年
67.8
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
10 70.7 神戸大学 国公立 兵庫県
11 70.5 東北大学 国公立 宮城県
12 70.3 東京慈恵会医科大学 私立 東京都
13 70.0 奈良県立医科大学 国公立 奈良県
14 69.8 京都府立医科大学 国公立 京都府
14 69.8 大阪市立大学 国公立 大阪府
16 69.5 筑波大学 国公立 茨城県
16 69.5 北海道大学 国公立 北海道
16 69.5 広島大学 国公立 広島県
19 69.3 順天堂大学 私立 東京都
20 69.2 岡山大学 国公立 岡山県

大阪市立大学医学部の学費

6年間学費総額 3,496,800円 ※国公立大は学費が一律のため
ランキングなし
1年次学費総額 817,800円 2年次以降学費(年間) 535,800円
1年次学費 入学金 282,000円
授業料 535,800円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 -円
合計 817,800円
2年次以降学費(年間) 535,800円
6年間学費総額 3,496,800円

大阪市立大学医学部の奨学金

大阪市立大学奨学金給付

金額 90,000円
期間 1か年
条件 修学状況が良好で経済的理由のため修学困難な者

大阪市立大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

面接対策の口コミ

【入学年度】2017年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:65ID:3099

参考になった:5
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個人面接
【面接官と受験生の人数比】
1:4、
【所要時間】
五分程度
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
医学部を志望した理由、本学を選んだ理由、高校時代の思い出
当日の面接の様子について教えてください。
【雰囲気】
医学的なことはあまり聞かれなかった。圧迫面接だと感じることはなく、いたって普通の面接であった。答えるのに多少言葉に詰まったりしても問題なかった。総合的には医学部の面接としてはかなり緩い面接であると思う。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
ほぼなし。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
予想される質問をインターネットなどを使って調べ、それに対する返答は用意していた。医学的なことはあまり聞かれないという風には聞いていたので医学的なことを調べたり、対策したりということはとくにしなかった。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
予想される質問に対して返答を用意する際に、その返答にもう一つつっこまれたことを想定して、それに対する返答をさらに考えておく。あとはできるだけ日常的に返答を見返し、面接本番で詰まったり、忘れたりしないように練習しておく。

面接対策の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:70ID:3060

参考になった:2
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別面接
【面接官と受験生の人数比】
5:1
【所要時間】
10分
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
なぜこの大学を受験しましたか?
【回答】
レベルも高く、家から通えるからです。
【質問】
なぜ医者になりたいのですか?
【回答】
人を救う仕事に憧れがあり、医者がそのなかで一番魅力的だから。
【質問】
高校時代の部活は?
【回答】
●●●部に所属しており、副キャプテンを務めていた。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
アットホームな感じで気楽に話すことができました。質問も定番な内容なので困ることはありませんでした。面接官は五人いましたが、質問する人は真ん中にいた一人だけでした。全く圧迫感はなかったです。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
直前期に予備校で練習していました。またある程度質問を想定してそれにスムーズに答えられるようにしました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接では医療系の時事問題が問われることがあるため、毎日ニュースを見るようにしていました。また、想定外の質問に慌てないように予備校で面接の練習をしていました。身だしなみも大事なので、普段から意識するようにしていました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
再受験するとしたら、質問を予測しておくのも大事だけど、やはり自分の意見をしっかりもっておくことが大事だとおもいます。この問題について私はこう思っていると根拠も示して言うと、とても印象がよくなると思います。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2017年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:65ID:3001

参考になった:3
口コミ評価
4.0
就職・進学
3.0
授業・実習
3.0
部活・サークル
4.0
研究
3.0
国家試験・資格
4.0
恋愛・友人
3.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
最近カリキュラムが変わって一年からそこそこ大変になった。進級もそこそこ厳しくなり、思ったより遊べない。ただ一年から専門科目がある大学はあまりないので、意欲的な生徒にはよいのかもしれない。そうは言っても厳しさは医学部の中では平均くらい。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学部の人たちは医学部の人たちと固まるので、1年の他学部と一緒に授業を受けられる間でさえ関わりがない。2年以降はキャンパスが完全に天王寺のみになってしまうので、他学部の人たちと出会うことさえなくなる。だから学園祭もイマイチ特別感はない。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
医学部の人たちは意外といろんな人たちが多い。ただ今まで勉強を頑張ってきた人たちばかりなので、遊び方や常識を知らないことがよくあり、戸惑うことが多い。ただそう思うほうが少数派なのでその雰囲気に慣れていくしかない。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
カリキュラムが意外ときつくなっていたこと。進級が厳しくなっていたこと。杉本キャンパスは立地が悪く一年の間は面倒なこと。医学部というものがどういう社会でどういう雰囲気なのか、そこでどうやって生きていくのかということ。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
立地がよい。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:70ID:2949

参考になった:3
口コミ評価
4.0
就職・進学
5.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
5.0
研究
4.0
国家試験・資格
4.0
恋愛・友人
3.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
一回生は教養科目で医学以外の分野を幅広く学ぶ。二回生から四回生が基礎医学を勉強して医者に必要な最低限の知識をつける。五回生と六回生で臨床医学が始まり、実際に病院で実習を行う。留学制度もあるので、海外での研修も可能。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学部のキャンパスは本学のキャンパスと離れているので、日常的な交流は少ない。医学部専用の部活があり、医学部のほとんどはそちらに入部する。秋の学園祭は医学部も参加するが、春の学園祭は医学部の人はほぼ参加しない。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
大学の授業は高校の時よりも面白いと思って入学したが、そんなことはなく退屈な授業が多い。ただ、一般教養は他学部と一緒に授業を受けるので、意外と交流がある。真面目な人ばかりと思っていたが、遊んで留年する人もそれなりにいる。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
他学部と比べて授業の数が倍くらいあります。また単位を一つでも落とすと来年に持ち越しではなく即留年になるので、気をぬくと留年してしまいます。大学受験ほどとはいいませんが、勉強する習慣は必要だとおもいます。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
キャンパスが阿倍野にあるので、放課後にショッピングモールへ行ったりカラオケに行ったりできます。授業の空き時間に買い物することもできるので非常に便利な所にあると思います。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大阪市立大学医学部へのアクセス

所在地 大阪府大阪市阿倍野区旭町1-4-3
最寄駅 阪堺電軌上町線 天王寺駅前駅

大学解説

【歴史】 戦時中の医師不足を背景に設置された19の「旧制医専」の一つ。大阪市立医学専門学校、大阪市立医科大学を経て1955年大阪市立大学医学部となる。比較的自由な校風で、アクセスが便利な大阪市の中心にキャンパスを構えている。 【特徴】 1年次から教養科目と並行して、専門医の指導による心肺蘇生法実習や、早期臨床実習(EarlyExposure)を行い、一般病院での医療を実際に体験する。4年次から臓器別講義を受けた後、実習に入るための診察法を学ぶ。5年次には附属病院で臨床実習を行うが、6年次には附属病院以外の教育関連病院での臨床実習(選択BSL)を実施し、幅広い臨床技能を修得し、医療現場での経験を充実させることを目指している。

大阪市立大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

大阪市立大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
大阪市立大学医学部の画像は大阪市立大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル