群馬大学医学部

群馬大学医学部
口コミ
口コミ評価
3.6
  • 勉強法(10
  • 面接対策(4
  • 小論文対策(3
  • 大学生活(8
偏差値 67.0偏差値 42位/81校
学生数 749人【男性:69.2%・女性:30.8%】
女子比率 37位/81校
6年間で
必要な学費
3,496,800円
医師国家試験
合格率
91%(合格率 44位/80校

群馬大学医学部の偏差値

2015年
67.0 ランキング  42位/80校
2014年
64.7
2013年
64.7
2012年
65.7
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
39 67.3 札幌医科大学 国公立 北海道
42 67.0 日本大学 私立 東京都
42 67.0 浜松医科大学 国公立 静岡県
42 67.0 富山大学 国公立 富山県
42 67.0 信州大学 国公立 長野県
42 67.0 群馬大学 国公立 群馬県
47 66.8 弘前大学 国公立 青森県
48 66.7 徳島大学 国公立 徳島県
48 66.7 鹿児島大学 国公立 鹿児島県
50 66.3 愛媛大学 国公立 愛媛県
50 66.3 鳥取大学 国公立 鳥取県

群馬大学医学部の学費

6年間学費総額 3,496,800円 ※国公立大は学費が一律のため
ランキングなし
1年次学費総額 817,800円 2年次以降学費(年間) 535,800円
1年次学費 入学金 282,000円
授業料 535,800円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 -円
合計 817,800円
2年次以降学費(年間) 535,800円
6年間学費総額 3,496,800円

群馬大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

小論文対策の口コミ

【入学年度】2014年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:57  入学直前期:68ID:1865

参考になった:6
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
群馬大学の小論文は、英語の長文が出題され、それについて設問が数問あります。2次試験での英語の問題と考えてくれればいいと思います。一般的な小論文とはかなり異なるので注意してください。おそらく、どこかの論文の一部だと思います。かなり長い文章で、単語の注釈も多く本文を読むのにかなり時間がかかります。図表もあり、それに絡んだ問題もありました。しかも、問題は文章全体から満遍なく出題されていたので、話がわからないと解けない問題です。テーマは、患者の呼気からその患者に癌があるかどうかを判断するというもので、嗅覚の鋭い犬と人間が作った機械のどちらが正確かという、いかにも論文のような文章でした。図表もありました。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
群馬大学の小論文は、英語の論文を読み解く力が試されます。普段は二次試験での英語対策で十分です。私はセンター試験が終わってから群馬大学の過去問を解きました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
群馬大学の小論文は、一般的な英語の試験と形式は見てるので、特別な対策はしなかったと思います。ただ、私立大学の入試のような文法問題(選択問題や整序問題など)は出題されませんので、文法の勉強はしませんでした。過去問を解くとわかると思いますが、内容は、医学的なことから生物学的なことまで様々です。例えば、ある年ではメンデルの遺伝の法則について英文で書かれていて、交配結果の比を求めるといった、高校生物の問題も出ました。群馬大学は物理、化学の筆記試験が出題されるため、生物の勉強はまずしないと思います。遺伝のように、生物の知識が必要な問題があったり、生物の知識があった方が問題が解きやすかったりしたので、私は高校生物の教科書を一通り読んでから入試に臨みました。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
内容は様々ですが、医学知識、生物知識に絡んだ題材がよく出題されると思います。ただ、大学が入試科目に物理と化学を選択しているので、そのような知識がなくても、解けないことはありません。もちろん、知識があればあるだけ文章も読みやすくなりますし、問題も解きやすく、かなり有利になると思います。様々な大学の医学部での英語入試問題を集めた問題集が何冊か売っているので、それをすると英語の読む力もつくし、医学知識も入っていていいかと思います。生物知識を入れるのには、やはり教科書が一番ですし、それよりも深い内容を入れる必要はありません。問題を解けるようになる、というよりかは生物学的思考を身につけるという意味で読んだ方がいいと思います。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
再受験するとしても、特別に勉強方法を変えることはないと思います。英語力のある人は、対策をしなくてもできます。論文の一部ですので、文自体はそんなに難しくはありません。ただ、文がかなり長い割に、文全体から満遍なく出題されます。一度、設問文を見てどんなことを聞かれているのかを把握した上で本文を読んだ方がいいと思います。1つの設問に対して200字など論述させる問題が多いです。全て解き終わる人はなかなかいないので、自分が解けそうな問題からする、といった定番を守った方がいいと思います。また、もし余裕があったら医学的内容の論文を検索して、辞書を使いながら読むということをするといい対策になるのではないかと思います。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2015年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:70ID:1863

参考になった:2
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
小論文といっても特定のテーマがあってそれについて自分の意見を述べるのではなく、英語の文章を読んで日本語の長文で答えるといった形式です。

詳しくは覚えていませんが感染症の話がでてきました。その年に流行したエボラ出血熱を意識した問題であると感じました。特にそれをからめた問題があったかは覚えていませんが、面接でその話題がでてきました。

また、治療を拒否する患者にどのように対応するかということについて書くような問題があったと思います。質問については英語の文章に線がひいてありそれを訳すのですが、答えはどこにも書いておらず自分で考えて自分の意見を論じる問題でした。私は患者に治療を拒否する理由を聞き、その原因をこちらでできるだけ取り除いていく、というようなことを書きました。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
小論文といっても英語の試験であるので特別に対策はしていません。センター試験が終わり受験校が決まってから過去問を解きました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
自分の書いている文章が読みやすいものであるかどうか、採点する人が読んで分かりやすいかどうかに気をつけて文章をつくった。自分の書いた文を読んで、日本語が間違えていないか、独りよがりな文章になっていないか、論点がずれていないかなどできるだけ客観的にみるようにした。伝えたいことの要点をまとめて端的に伝えることを意識して、短い文章のなかにできるだけ多くの要素を取り入れられるようにした。

また、日本だけでなく海外でなにが起こっているのか、つまり時事ネタを手に入れるためにニュースや暇なときは新聞にも目を通し、自分なりに考えることもした。政治の解説番組などは息抜きとしてはあるが、必ず観ることで知識と理解をふかめた。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
テレビのニュースや、携帯などで日本だけでなく海外の時事ネタをおさえるようにしました。気になったことについては調べるなどして興味を持ちながら知識を深めました。また、政治を分かりやすく解説する番組は必ず観るようにして知識と理解をふかめました。

また、医療問題については他のものよりも興味があったこともあってより詳しく調べ、どのように対策したらいいのかなどまで自

分なりに考えるようにしました。

興味を持ったことについては本を読み、知識を深めた。本を読むことでさらに興味が広がり、さまざまなことについて興味をもつことができた。また多角的な見方ができるようになったと感じた。受験直前ではなかなかむずかしいのでテレビやネットに頼っていた。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
小論文の知識がまったくないようでは文章をすらすらと書くことはむずかしいと思います。知識は多いに越したことはないと思うのでさまざまな本や新聞を読んだり、ニュースを観るなどして知識を蓄えることは重要であると思います。また、知識として持っているだけではなく、さまざまなことに対して自分なりに考え、自分の意見を持つということも大切であると思います。自分なりに考えることで新たな興味にもつながり、知識がさらに深まると思うからです。

また、自分の意見を持つと同時に重要なことは、多角的な考え方ができることです。一つの意見に偏ることなく、いろいろな角度から物事をみることでバランスをとるということが非常に重要であると思います。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2014年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:57  入学直前期:68ID:1813

参考になった:3
口コミ評価
4.0
就職・進学
3.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
5.0
研究
4.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
一年生のうちに一般教養を全て取り終えます。二年生以降は専門科目のみです。四年生の後半で教養試験を受け、合格すると臨床実習に入ります。六年生の夏頃に卒業試験があり、その後国家試験があります。二年生が一番留年率が高いです。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学部は他学部とは別のキャンパスなので、他学部との交流はほとんどありませんが、保健学科との交流はあります。サークル活動も活発であり、先輩から授業のことや、試験のこと、勉強のことも聞けて、さらには教科書の貸し借りもあります。学園祭は2年に一度あります。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
色々な人がいます。いい意味で変な人もいるし、頭のいい人など様々です。決して、ガリ勉ばっかではありません。むしろガリ勉は少ないです笑。友達同士で勉強を教えあったり、学年全体で試験を通ろうと色々してくれます。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
一般に、医学部は忙しいと思われがちです。他学部に比べると忙しいのは否めません。ですが、思っている以上に時間は確保できます。特に一年生はかなり時間が余るので、そこで留学に行く人もたくさんいます。そこまで不安に思う必要はなかったかなと思います。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
二年生からはずっと同じメンバーで授業を受けるため、かなり仲良くなれます。また、部活動などで先輩ともかなり仲良くなれるので、先輩から過去問を入手できたり、アドバイスも受けられたりするので、とても楽しいです。
大学の学費補助を受けていますか?
受けている
奨学金名
日本学生支援機構
貸与額
45000円/月

大学生活の口コミ

【入学年度】2015年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:70ID:1809

参考になった:2
口コミ評価
4.0
就職・進学
5.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
4.0
研究
2.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
一年次は一般教養を学ぶため、教育学部と社会情報学部のある荒牧キャンパスに通う日数の方が多い。週3〜4日は荒牧キャンパスでの授業となる。他学部とともに授業を受けるため交流が深まる。

本格的に医学を学び始めるのは二年生からである。解剖や生化学といった授業にとりくむ。

またカリキュラムではないが、入学時に生徒それぞれに担当の先生がつき、面倒をみてくれるというチューター制度が特徴的である。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学部でのみ成り立っている部活が多数存在しており活動している(医学部サッカー部、医学部バレーボール部など)。運動部は主要な部活はだいたいあり、週2〜5日というように部活によって忙しさは様々である。勉強はもちろん大変であるがその中で部活にも一生懸命であることは難しいがとても意味のあることだと感じます。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
医学部のみのキャンパスがあることから医学部だけ孤立しているようなイメージであったのですが、一年次は教育学部と社会情報学部のある荒牧キャンパスに一年間通うためにそこで他学部との交流もあると感じました。また、他学部とのサークルも多くあるのでそこでの交流もあります。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
一般入試は物理受験のみであるため、生物の知識はほとんどない状態でした。しかしやはり医学部であるため生物の勉強がほとんどです。もちろん大学で生物を基礎から教えてくれるのですがもう少し予習してから授業にのぞみたかったと思います。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
一学年が少ないのですぐにみんなの名前と顔を覚えることができました。入学してすぐに全員参加の交流合宿のようなものがあるため、そこで友だちがたくさんできます。また、他にも新入生交流会など、学校側から行事があるのでとてもよかったです。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

群馬大学医学部へのアクセス

所在地 群馬県前橋市昭和町3-39-22
最寄駅 上毛電鉄上毛線 中央前橋駅

大学解説

【歴史】 1943年設置。戦時中の医師不足を背景に設置された19の旧制医専のひとつ。二次試験では医学部に珍しく、試験科目に英語が無い。 【特徴】 サイエンス(科学的知能)、エシックス(倫理観)、スキル(医療技術)の3つの能力のバランスのとれた医師や研究者の育成を目指す。医療現場での体験型教育に力を注いでおり、入学後すぐに病院や介護施設などで、診療や介護の手伝いをし、医療現場を体験する。 また、チームワークに関連した実習、討論などを保健学科と共同で実施し、医療チームの一員として、医療現場で高度なリーダーシップを発揮できる能力を身につける。

群馬大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

群馬大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
群馬大学医学部の画像は群馬大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル