京都大学医学部

京都大学医学部
口コミ
口コミ評価
4.0
  • 勉強法(8
  • 面接対策(4
  • 小論文対策(0件)
  • 大学生活(5
偏差値 76.2偏差値 2位/81校
学生数 1,320人【男性:55.0%・女性:45.0%】
女子比率 44位/81校
6年間で
必要な学費
3,496,800円
医師国家試験
合格率
93%(合格率 34位/80校

京都大学医学部の偏差値

2015年
76.2 ランキング  2位/80校
2014年
72.0
2013年
72.3
2012年
74.2
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
1 77.2 東京大学 国公立 東京都
2 76.2 京都大学 国公立 京都府
2 76.2 慶應義塾大学 私立 東京都
4 74.5 大阪大学 国公立 大阪府
5 73.0 東京慈恵会医科大学 私立 東京都
6 72.3 東京医科歯科大学 国公立 東京都
7 71.7 順天堂大学 私立 東京都
8 71.5 自治医科大学 私立 栃木県
9 71.3 東北大学 国公立 宮城県
10 71.2 名古屋大学 国公立 愛知県

京都大学医学部の学費

6年間学費総額 3,496,800円 ※国公立大は学費が一律のため
ランキングなし
1年次学費総額 817,800円 2年次以降学費(年間) 535,800円
1年次学費 入学金 282,000円
授業料 535,800円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 -円
合計 817,800円
2年次以降学費(年間) 535,800円
6年間学費総額 3,496,800円

京都大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

面接対策の口コミ

【入学年度】2015年(再入学)【模試の偏差値】高校三年4月:70  入学直前期:78ID:1594

参考になった:2
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別
【面接官と受験生の人数比】
教官2:受験生1
【所要時間】
15分前後
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
なぜわざわざ大学を変えてまで受験するのか?
【回答】
家から通いたい
【質問】
髪の毛いつもオールバック??
【回答】
いつもです。
【質問】
何科志望?
【回答】
麻酔科
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
意外とアットホーム。結構専門的な話で盛り上がった記憶がある。確かSGLT2阻害薬の話をしたと思う。麻酔科志望しているという話をしたら、何故か盛り上がった。
【面接官】
面接官の教官は2人、(2人とも男性)、1人は受験生に優しい質問が多かった。 1 人は厳しめ質問をしてきたが、どれも意地悪な質問ではない。墓穴をほらないように細心の注意を払ったのを覚えている。
【面接を受けてみた印象】
オールバックでも意外と大丈夫。やっぱり人間は見た目じゃなくて中身。けど、スーツ or 制服じゃない人は論外。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
全くしなかった。常識があれば、対策はいらないと思ったから。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
自分を大きく見せないことが大事。やっぱり嘘ついてるのすぐ分かるからね。
面接官の先生にはきちんと礼儀を払う。(ちゃんとマナーを勉強すること。入る際にノックする、目を見て話す、脚は開けすぎない、椅子に座る前に断りをいれる。全て当然のことだが、当然のことだけに出来なれば印象は悪い。)
でも、本当にネクタイの結び方は覚えてて損はない。
形から入るの大事。
そわそわしてたら周りの受験生から下に見られるので、堂々とすべし。
精神的ストレスを与えたら向こうはすごく不安になる。
精神力大事。

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:70  入学直前期:75ID:1582

参考になった:1
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別
【人数比】
面接官2人に対して受験生1人
【所要時間】
15分弱
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
医学部を志望した理由は何か。
【回答】
再生医学に関心があったので。発生の観点をこの分野に絡めつつ医学の発展に貢献できればと思った。
【質問】
部活は何をしていたか。大変だったことは何か。
【回答】
将棋部で部長をしていた。部長として多くの部員の意見をまとめいていく作業は大変だった。
【質問】
総合的な学習の時間を通して得た知見は何か。
【回答】
生命倫理に関して考察を行い、再生医学の技術革新に際して倫理的に認められる臨床分野への応用はどの程度の限界を有しているか考察できた。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
リラックスした雰囲気である。面接というよりは雑談といった印象で、終始落ち着いて受け答え出来る環境だと思う。
【面接官】
男性と女性が一人ずつで、それぞれの人が幾つか質問をしてきた。どちらもにこやかに話を聞いてくれたので、緊張することなく話をすることができた。
【会場の様子】
面接は机を挟んで対面式で行い、面接官と自分以外には人がいない状態であった。
【面接を受けてみた印象】
併願先として私立の大学の面接も受けたが、それと比較して、面接なのにこれでいいのだろうかと思うくらいに穏やかなものであった。内容もそれ程複雑なことは聞かれないので、自分の考えを正直に述べていけば倫理観に問題がない限りは及第点を貰えると思う。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
殆ど対策は行っていない。出願の後に面接シートを書いて郵送するので、そのときに何を話すか大体考え、後は面接前日に軽くその内容を読み返して面接のイメージを作った。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
内容的なものに関してはそれ程意識したことはない。強いて言えば、自分の志望校に関するニュースや興味のある医療分野の問題に敏感に反応するように努めたくらいである。ただし、面接における所作やマナーについては面接対策の本を読んだり、学校や予備校の先生に見てもらったりしながら入念に確認を行った。医学部の面接は医師としての適性を確かめるものだと思うので、面接官を目の前にして失礼に当たったり、相手に不快な思いを抱かせたりするような言動をしてはならないと思う。また、回答の内容でどれだけ焦っていたとしても堂々と回答できるような度胸は、面接練習などを通して身につけていたように感じる。そういう意味では面接の練習はしておいたほうが良いと思う。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
自分をよく見せようとして、付け焼き刃の知識を振りかざすような回答を考えていると、何せ相手は医学のプロであるからどこかでボロが出てしまう。また、普段の自分を隠そうとしても言動の端々からそれは見抜かれてしまうものだと思う。自分を偽るということは決して面接官に良い印象は与えないと思うので、このような所作は控えたほうがよい。つまり、普段の自分を、自分の言葉を使って表現できるような練習をしておくべきである。自分に正直な回答を用意しておけば、たとえ本番緊張して頭が真っ白になってしまったとしてもしっかりと回答できるはずであるから、この心がけは有効だと思う。だからこそ、入試に至るずっと前から自分の生活を見直し、改善すべきことは改善しておくべきだと思う。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2015年(再入学)【模試の偏差値】高校三年4月:70  入学直前期:78ID:1460

参考になった:2
口コミ評価
3.0
就職・進学
5.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
4.0
研究
5.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
1.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
岐阜大では一年時から専門科目をバンバン入れられて、レポートでヒイヒイ喘いでいた記憶があるが、京大では一年次は専門なし。特にこれといって特徴的なものは知らない。あるかもしれないが、四年生以降ではないか。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学部キャンパスはすこし他学部から独立しているが、それ以前の問題で日常的な交流は少ない。ほぼないと言ってもよい。部活も医学部のみの部活にみんな入る。
医学部だからという理由で、全学には敬遠される傾向がある。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
医学部だけが他の学部と比べて浮いていること。全学部のサークルにも入っているが、医学部のカリキュラムなどの特殊性ゆえにあんまり活動に参加出来ていない。他の学部との交流はあまり期待しない方がよいだろう。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
西日本1の陣容を擁している。それのみ
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2016年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:70  入学直前期:75ID:1441

参考になった:1
口コミ評価
5.0
就職・進学
5.0
授業・実習
3.0
部活・サークル
4.0
研究
5.0
国家試験・資格
2.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
4.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
研究の分野に重きを置いていると思う。4回生では各自が国内外の研究室にお世話になり、一定期間研究の経験をするカリキュラムが組まれているという。また、1回生のうちから研究室で実習を行える仕組みも整備されている。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
どうしても医学科はキャンパスが独立しているので他学科との交流は少なくなってしまうが、全学部を通したサークルや部活に加入することが出来るので、それを通して交流している人がほとんどである。また、医学部内の部活も充実しており、学年の垣根を超えた交流が可能である。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
研究一辺倒の大学かと思っていたのだが、臨床分野においても積極的な教育を行っていると分かった。この両方を組み合わせることによって始めて可能になる、最先端の研究の臨床分野への円滑な応用というのは、このような環境が整っていることの恩恵ではないかと思う。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
基本的に勉強に関して学校側が面倒をみてくれることはないと思っていたほうがよい。つまり、自分で学ぶ姿勢がなければ実りのある生活は送れない。逆に、自分から積極的に学ぶ姿勢を見せれば、それに徹底的に応えてくれる環境が整っている。何のために自分は学びたいのか、明確な目的を持っていたほうが良いと思う。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
研究分野における教育に関しては、日本屈指の充実した環境が整っていると思う。研究面で働きたいと思っている人には向いているのではないかと感じる。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

京都大学医学部へのアクセス

所在地 京都府京都市左京区吉田近衛町
最寄駅 京阪本線 神宮丸太町駅

大学解説

【歴史】 歴史と伝統を誇る「旧帝国大学」7校のひとつ。京都帝国大学医学部を経て、1951年に新制京都大学医学部が発足。「再生医科学研究所」はiPS細胞の世界的権威であり、医師一人当たりが発表した臨床論文数では堂々の全国一位である。 【特徴】 入学後直ちに、すべての学生が基礎医学生物学の授業を通じて少人数輪読会に参加し、早期より生命科学の基本概念を学びはじめる。また、早期から学生個々の知的好奇心や研究を育む目的で、ラボローテーションの制度を導入し、関心の高い学生に対しては早期から研究室での生命科学研究を体験する機会が与えられる。5年次以降の臨床医学実習においては、単なる見学を排除し、患者受け持ちとなり、実際の医療サービスの中でチーム医療に貢献しながら、自律的に臨床能力を身につけることが求められる。

京都大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

京都大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学の画像について
京都大学医学部の画像はMojaから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル