名古屋大学医学部

名古屋大学医学部
口コミ
口コミ評価
4.5
  • 勉強法(42
  • 面接対策(27
  • 小論文対策(5
  • 大学生活(39
偏差値 70.5偏差値 9位/82校
学生数 1,598人【男性:49.1%・女性:50.9%】※1
6年間で
必要な学費
3,496,800円
医師国家試験
合格率
92%(合格率 30位/80校

※1…医学部(看護学科等も含む)の男女比率

名古屋大学医学部の偏差値

2019年度
70.5 ランキング  9位/82校
2018年度
71.2
2017年度
71.5
2016年度
71.2
2015年度
69.2
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
4 73.0 東京医科歯科大学 国公立 東京都
4 73.0 大阪大学 国公立 大阪府
6 70.8 東北大学 国公立 宮城県
7 70.7 東京慈恵会医科大学 私立 東京都
7 70.7 奈良県立医科大学 国公立 奈良県
9 70.5 名古屋大学 国公立 愛知県
9 70.5 九州大学 国公立 福岡県
9 70.5 神戸大学 国公立 兵庫県
12 70.2 京都府立医科大学 国公立 京都府
12 70.2 大阪市立大学 国公立 大阪府
12 70.2 千葉大学 国公立 千葉県

名古屋大学医学部の学費

6年間学費総額 3,496,800円 ※国公立大は学費が一律のため
ランキングなし
1年次学費総額 817,800円 2年次以降学費(年間) 535,800円
1年次学費 入学金 282,000円
授業料 535,800円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 -円
合計 817,800円
2年次以降学費(年間) 535,800円
6年間学費総額 3,496,800円

名古屋大学医学部の奨学金

名古屋大学下駄の鼻緒奨学金給付

金額 600,000円
期間 1回
条件 【4名※2016年実績】人物および学業成績が特に優れており、経済的理由により修学が困難と認められ、指導教員等が推薦する者

名古屋大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

小論文対策の口コミ

【入学年度】2018年(再入学)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:69ID:5698

参考になった:3
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
[安楽死] /[受動喫煙]の二択で[受動喫煙]を選んだ。
害をもたらす科学的な要素、 禁止したことのメリット(サポートとして受動喫煙者の発病率など、逆論からデメリットの解消を論じた) 。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
半年前でした。長さ的には中レベルの長さなので、ネタの収集に力を入れました。
いかに医学に関連のあることを知っているかが大事ですので、いろんなテーマについて有名なことや人物をデータを集めて覚えました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
新聞をよく読みました。医療に関係のあることが出てきたら家族と議論をしました。
その時に色々意見が聞かれ、自分が使えます。
そして、定番のテーマは自分の独特の考えを書くと異彩を放つことになりますので、常に色々思考をしてきました。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
テーマ1つ1つに自分がどう考えればいいかという能力を養うために、出会ったテーマを深く考える必要がある。
基本な情報の元、自分が当事者なら、当事者の家族なら、政府なら、医療関係者ならどう思うか、身分転換をし、色々考えたら思考が広げられ、小論文も書きやすくなります。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
注目を浴びた医療系新聞を読んで考えます。
専門知識を問われる場合が少ないので、常識を持って自分の意見を論理的かつ倫理的に論じましょう。
倫理問題を間違えたら一発アウトになりますので、それは注意してください。
あとは知識量をいかに増やせるかの問題で、日頃の関心をツイッターから新聞に移しましょう。

面接対策の口コミ

【入学年度】2018年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:72ID:5674

参考になった:6
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】海外への留学に興味はありますか?
【回答】はい。留学して積極的に様々なことを学ぶことで、総合的な視野をつくりたいです。
【質問】なぜ名古屋大学を選んだのですか?
【回答】旧帝国大学の1つであり、十分な教育を受けられると思ったからです。
【質問】テストは難しかったですか?
【回答】難しかったですが、何とかいけた気がします。

当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
受験者全員がはじめに1つの大きな教室に集められ、緊張感が漂っていました。
【会場】
小さな部屋で、面接官2人と自分1人対面で座りました。
【面接を受けてみた印象】
どちらかというと雑談や受験者のやる気を問うものが多く、そこまで本気の対策は必要ないなと思いました。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接はほとんど結果に影響しないということを聞いていたので、あまり対策はしていませんでした。
しかし、それでも学校の教師などに頼んで面接の様子を再現してもらい、本番さながらの状態で練習をするということは何回かしました。
名大はセンター試験の後からでも対策としては十分でした。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接対策の参考書などは何も使っていませんが、教師からこんな質問があったよ、という感じのリストは渡されていたので、そこにある質問に対しては淀みなく答えられるように、時々思い出した頃に何度か言えるか試すということをしていました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
再受験するとしたら、常日頃の言葉使いをある程度面接で使えるような言葉使いに修正してから面接を受けます。
日常的によく使用している言葉遣いが面接で想定外の質問をされた時に出てしまい、失敗したなと思うことがあったからです。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2018年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:72ID:5546

参考になった:11
口コミ評価
4.0
就職・進学
-
授業・実習
3.0
部活・サークル
4.0
研究
3.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1年生では医学部系の講義はほとんどなく、主に一般教養です。ただし必修の講義についてはあまり自由度はありません。
時々実習がある事以外は一般的大学生とほとんど変わりません。
2年生以上になるとほぼ医学部系の講義になるそうです。その中で3年生の後半は講義ではなく実際の研究室に配属されて研究をするそうです。
5,6年生はポリクリ(病院実習)だそうです。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学部はキャンパスが独立していて、1年生だけはほぼ全学部が集まるキャンパスで講義の多くが行われるものの、他学部とは交流はほとんどありません。
部活やサークルも医学部のものがあり、大半の人はそこに入るので、全学部の人が集まる部活やサークルに入らないと他学部との交流は無いに等しいです。
学園祭もほぼやることは無く、ただの暇な日になっている人が多いです。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
医学部だからまじめな人が多いのかなと思っていたけれどもそうでもなかったです。また、国立大学なので施設は想像以上にぼろかったりします。
講義も医学部系のものばっかだと思っていたのですが、1年生はほぼ全部一般教養ということにも驚きました。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
2年生の時に医学部系の難しい講義のテストが1,2週間間隔で8個続くというものがあり、先輩がかなり苦労しているのを見て微妙に後悔しています。
また、1年生はほとんど一般教養で、必修の自由度があまり無いということも知っておきたかったです。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
名古屋大学の医学部は進級に関してはかなり緩いほうで、勉強さえすれば本試験でミスっても再試験で何とか出来る事が多いです。
やる気さえきちんとあれば進級はできるでしょう。また、その一方で国家試験の合格率も高いです。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2017年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:72  入学直前期:75ID:5493

参考になった:5
口コミ評価
4.0
就職・進学
-
授業・実習
4.0
部活・サークル
4.0
研究
4.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1年生の間は教養以外に、医学入門という講義で医学への興味を深めさせ、2年生以降に医学系科目がスタートしますが、2年生の前期は、解剖学、生理学、生化学の3科目しかなく、非常に時間に余裕がもてました。また、3年生の後期では、研究室に配属され、研究を行いました。ポリクリは、4年後期からですが、だんだん早まっています。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学科は、他学部はもとより保健科とも別のキャンパスであるため、教養以外で日常的に交流はない。しかし、医学部の部活では、保健科と共に活動できる。
全学の部活、サークルに入ることも可能であるが、ほとんどの生徒は、医学部の部活に入り、兼部という形をとる。学園祭は、全学のものはあるが、医学部には存在しない。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
大学の講義もテストも、非常にゆるい雰囲気で、予想していたものとは異なっていました。また、学生生活としては、医学部の食堂はあまり使われておらず、近くの店で各々が好きなものを食べらというのも、かなり新鮮な体験でした。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
英語の論文などを読む機会が多いので、医療系の英単語について勉強するべきだったと感じました。
また、TOEICのスコアで単位が取れるので、英語全体に関しても、もう少し勉強時間が取れると良かったと感じています。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
地下鉄の駅からほど近くにあるのでアクセスが良く、通学が楽です。また、そこから名古屋全域にすぐ行けるので、遊ぶにしても、ショッピングをするにしても便利です。
医学部そのものも、のんびりしていて、過ごしやすいのでお勧めです。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

名古屋大学医学部へのアクセス

所在地 愛知県名古屋市昭和区鶴舞町65
最寄駅 JR中央本線 鶴舞駅

大学解説

【歴史】 歴史と伝統を誇る「旧帝国大学」7校のひとつ。愛知医学校、愛知医科大学、名古屋大学付属医学専門部を経て、1949年に名古屋大学医学部となる。金沢大学、新潟大学と共に「中部地区医学部御三家」と称され、旧帝国大学である同大学の存在感は抜群である。
【特徴】 1年次から2年次にかけては、『全学教育科目』を履修する。2年次から全学教育科目と並行して医学専門科目が本格的に始まり、3年次の後期からは、講義室を完全に離れ、最前線の研究を進めている基礎講座に身を置いて生の研究生活を体験する。4年次から臨床系科目のチュートリアルと講義が始まり、5年次から臨床実習に入る。

名古屋大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

名古屋大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
名古屋大学医学部の画像は名古屋大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル