横浜市立大学医学部

横浜市立大学医学部
口コミ 勉強法(30)/ 面接対策(16)/ 小論文対策(13)/ 大学生活(28
偏差値 69.221位/82校 国家試験合格率 98%6位/80校
学費 3,496,800円 男女比※1 男38:女62女子比率 -位/82校

※1…医学部(看護学科等も含む)の男女比率

横浜市立大学医学部の大学生活の口コミ

口コミ評価
4.1
就職・進学
4.4
授業・実習
3.8
部活・サークル
4.1
研究
4.0
国家試験・資格
4.4
恋愛・友人
3.8
施設・設備・立地
2.6

29件中 1-10件を表示

大学生活の口コミ

【入学年度】2014年(現役)ID:2038

参考になった:8
口コミ評価
5.0
就職・進学
5.0
授業・実習
5.0
部活・サークル
5.0
研究
4.0
国家試験・資格
3.0
恋愛・友人
3.0
施設・設備・立地
2.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
一年生は教養。二年生から解剖学実習、組織学実習や基礎の勉強、三年生になると臨床の授業が多くなります。四年生ではリサーチクラークシップといって研究を体験するカリキュラムがあり、今年の春から整形外科の教室で研究をします。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
部活はバレーボールをやっています。他大学との交流などもあり、コミュニティーが広がります。他には軽音楽部に入っていますが、そこには他学部の学生もたくさんいるのでそこで他学部の学生との交流をすることができます。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
医学部には変な人が多いと思っていましたが、意外とそうでもないと入学当初思いました。ですが今になって、改めて変な人が多いと感じます。授業がとてもおもしろいと期待していましたが、そうでない先生もいてがっかりしました。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
春休み、夏休みが他学部に比べて圧倒的に短いのがとても気になります。医学部の中でもうちは特にカリキュラムに授業が多く盛り込まれていて、休みが少ないそうです。あとはうち特有のPractical Englishという単位があるのですが、それを知っておきたかったです。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
学費が安いです。アットホームで大学の周りも余り栄えていないので落ち着いた空気が好きな人にはいいと思います。
大学の学費補助を受けていますか?
受けている

大学生活の口コミ

【入学年度】2013年(浪人)ID:1966

参考になった:3
口コミ評価
4.0
就職・進学
4.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
4.0
研究
5.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
3.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
英語の教育に力を入れている。地域医療の基盤として、地域との交流には特に力を入れている。また、解剖実習は、担当教員が多く、一人一人にこまめな指導をしている。最近では留学を希望する学生も増えており、機会も増えてきている。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学部のキャンパスは全学のキャンパスと離れているため、独自の部活動を行っている。医学科生のための大会が多く開催されているので、そういった大会に向けてほとんどの学生が部活に所属し、一部の学生は兼部して、活動に打ち込んでいる。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
多くの学生が勉強以外にも部活動やバイト、その他の趣味などに打ち込みとても多方面で活躍している。また学ぶ科目がとても多いので興味の対象も人によってそれぞれで様々な進路の可能性が開けている。勉強しようと思えばいくらでも機会はある。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
授業のコマ数がとても多くまたすべての授業が必修なので自由な時間が思ったよりも少ない。また多くのことを同時にこなすことが求められるので時間のやりくりを上手にできる能力がとても必要である。また理系と言うよりも文系に近くコミニケーション能力がとても求められる。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
立地が良い。海に近く自然に囲まれている。周りに遊ぶ環境はあまりないがその分勉強や部活動に集中できる。人数は少ないがその分学生同士の付き合いは密で、仲の良い友達や先輩後輩との関係が築ける。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2014年(現役)ID:1933

参考になった:3
口コミ評価
5.0
就職・進学
5.0
授業・実習
5.0
部活・サークル
5.0
研究
5.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
2年生で履修する生化学という科目が特徴的。授業は通常生化学で習う範囲を遥に逸脱し、かなり難しい内容まで扱っている。また、試験は朝の10時から、10分休憩を挟みながらも夜の9時までに及ぶ。他の科目はいたって普通の試験である。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学部は他学部から独立しているので、日常的な交流は少ない。部活によっては、全学で交流できる部活がある。学園祭は部活ごとに屋台を出したり、ライブで演奏したりと、高校でのそれとほぼ同じで、医学的な要素は少ない。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
入学前に考えていたよりも、大学の講義が分かりやすくない。また、出席が少しでも足りなかったり、故意ではないのに試験問題用紙を持って帰ってしまうと、留年させられてしまうので、学務科の学生に対しての態度が思っていたよりシビアである。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
入試で生物を受験していない人は、大学に入る前に生物の基礎的な知識をある程度学習するべきだと思う。医学は生物に密接に関係しているが、生物の基礎的な内容を学ぶ時間はあまりないため、入学前に少しでもまなんでおくべき。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
公立大学なので学費が安いため、もし仮に留年したとしても経済的な損失が少ない。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2014年(浪人)ID:1544

参考になった:5
口コミ評価
4.0
就職・進学
5.0
授業・実習
3.0
部活・サークル
4.0
研究
4.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
2.0
施設・設備・立地
2.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1年生は教養で、教室体験などの医学概論を除けば特に医学的な学習はなかった。2年生は基礎医学で、前期に解剖学、後期に組織学があり両者とも実習形式だった。それ以外の生化学や生理学などの授業は基本的には座学だった。3年生は前期に残った基礎医学(病理学など)をやって、後期から臨床科目を行なっています。その後は研究室に配属されたり、5、6年では病棟で実習をおこないます。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
部活は基本的に医学部単独の部活で、他学部との交流は少ない。部活によっては他学部も受け入れているところもある。また規模が小さい分、他大学の同じ部活の人と仲良くなれる。学園祭についても基本的に同じようなことが言える
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
想像以上に田舎にキャンパスがあって、割と横浜まで出るのに時間がかかる印象。国試合格率は比較的高い方だが、かといってみんながみんな優秀というわけではない。以外と留年している人が多い。横浜以外から来ている人が割といる。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
やりたい部活がなかったこと。(今やってる部活は楽しいですが)交友関係が少ないので、高校の友達は割と重要だと思った。割と悪い噂が立っていたが、入ったら想像以上だった(上の学年のせいで、僕ら下の代がとばっちりを受けている印象)
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
アットフォームでみんなと仲良くなれるし、顔も覚えられる。海が近い(部活柄非常に嬉しいです。)実家から近いので、何かあった時にすぐに帰れる。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2014年(現役)ID:1542

参考になった:5
口コミ評価
4.0
就職・進学
5.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
4.0
研究
5.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
最近は多くの大学で行われていると聞きますが、教養課程は1年間のみで、2年生から医学的な内容に入ります。
また、4年生では全員がリサーチクラークシップという制度によって、研究室に配属されて4月から7月末まで研究に取り組みます。この間、通常の座学は一切行われないので、興味のある分野の研究活動を行うことができます。卒業後はほとんどの人が臨床へ進む中で、研究に携わる貴重な機会となっています。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医療系のキャンパスは他学部から独立しており、別の部活として存在しますが、お互いに練習に行き来したり、医学部の生徒が全学の部活の試合に助っ人として参加したりすることもあります。
学園祭は、全学のものと別に医学祭もありますが、もともと小さい規模の大学なのでどちらもそれほど盛り上がりはしません。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
入学前は大学といえば自由に学問ができる印象でしたが、医学部に限ってはすべての授業が必修で講義を受ける場所やメンバーもずっと同じなので、高校の延長のような感じです。
世界が狭くなるという短所はありますが、ずっと同じ100人前後のメンバーで6年間をともに過ごすので、卒業後もかなり強い縁が残るだろうなとは感じています。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
大学に入って自由時間が増えるということはありませんし、卒業後はさらに忙しい日々が待っています。また、医学部に入学するということは将来の可能性をかなり狭めてしますことなので、本当に医師や医学研究者になりたいのかはよく考えたほうが良いです。
学生生活に関しては、四六時中勉強しなければならないことはなく、バイトも部活もやろうと思えば問題なくできますが、普段から地道に勉強できない人はテスト前になって連日睡眠不足の憂き目にあいます。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
横浜という名前を冠してはいるが、いわゆるお洒落な「ヨコハマ」とは程遠い工業・倉庫地帯のど真ん中に位置しています。学習面での誘惑が少ないというのがメリットといえばメリットです。
また、附属病院は研修制度が整っていて、本学卒業生以外からもマッチング希望が集まっており、その数は全国で一番多いと聞いたことがあります。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2014年(現役)ID:1501

参考になった:0
口コミ評価
3.0
就職・進学
3.0
授業・実習
3.0
部活・サークル
4.0
研究
3.0
国家試験・資格
3.0
恋愛・友人
3.0
施設・設備・立地
1.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1年生の間は基本的に教養科目を学んでおり、2年生から解剖実習など専門科目が始まった。2年生から3年生の前期にかけて基礎科目を学ぶ。かなり詰め込み式のカリキュラムで2年生の間は特に大変である。3年生は科目は多いがそこまで大変ではない。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
ほとんどの学生は運動部に所属している。
キャンパスが全学とが違うため医学部だけで孤立している印象。部活によっては、全学のキャンパスを活動の場としている。学園祭の規模は狭く、各部活屋台を出している。またアカペラや軽音のライブなども行われる。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
みんな勉強ばかりしているのかなと思っていたが、意外にも運動に熱を注いでいる人が多かったこと。また、実験などの授業が思っていたのよりもかなりの時間を要し、高度なことをやっているのもそうである。基本的には悪いイメージが良いイメージに変わったことの方が多いともう。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
基本的に勉強をきちんとしなければ簡単に留年してしまうことは覚悟しておいた方がいいと思う。普通の大学生の生活とはかなりの異質なもので、高校生のような生活を送ることになる。また積極的に人と関わろうとし、人脈を持つことも大事だと考える。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
首都圏にあるということ。また公立なので学費がやすいこと。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2014年(現役)ID:1498

参考になった:1
口コミ評価
5.0
就職・進学
4.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
4.0
研究
4.0
国家試験・資格
4.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1年生には福祉施設実習、教室体験(臨床と基礎の教室に見学に行ける)、医療に触れられるような授業があり、早くから医学に触れる機会はあります。他に特徴としては、4年生のリサーチクラークシップというもので、3ヶ月間研究できます。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学部はキャンパスが別なので、基本は医学科と看護学科で交流します。部活は運動系が盛んで、多くの人が所属しています。ですが、それ以外にもボランティアや文化系のサークルもあり、小規模の大学だからこそみんな仲良いです。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
入学する前は、もっとキラキラとした大学生活だと思ったが、想像以上に田舎であり、あまりやることが近くにないですが、先生との距離は近く、とても教育熱心な先生が多くいるのでとても良い教育環境だとは思います。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
出席は厳しいので、毎日忙しいです。休みも結構短くて、遊べる時間は少ないですが、その分勉強面では手厚く面倒を見てもらっている気がします。他学部の友達は出来ないので、もし欲しいなら積極的に1年生の時から外に出るべきだとは思いました。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
人数が少ないのでアットフォームな雰囲気です。先生は優しくて教育熱心です。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2014年(現役)ID:1489

参考になった:1
口コミ評価
4.0
就職・進学
5.0
授業・実習
5.0
部活・サークル
5.0
研究
5.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
同期の学生はやる気も能力も高いので自分を高めることができる。基礎系の教授が自己満足としかいえない問題を作るので、将来的に役に立たない割に時間をとられるかつ進級が難しい。臨床の先生は優秀でためになる授業をしてくれる。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
都市部から離れているが運動するには最高の環境。医療系キャンパスは他学部キャンパスと独立しているので他学部との交流はあまりない。他の医大と比べて女子が多いので完全に共学なので男子校出身の人は楽しいと思う。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
医学部は上下関係が厳しいと聞いていたがそこまでではなかった。地元から離れて来て知り合いは誰もいない状態で、最初は自分の異物感を感じたが、すぐに打ち解けることができて、自分の居場所はここなんだと実感が湧くようになった。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
コマ数は多いが案外さぼっても大丈夫なので極端に忙しいわけではない。進級するだけなら直前の勉強だけで大丈夫だが、一定以上の成績を取りたいなら日常的な勉強が必要。医学部の勉強はとっつきやすいし楽しいし生活に役に立つ。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
関東圏にある。学生が優秀。臨床の先生はいい先生が多い。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2014年(現役)ID:1486

参考になった:0
口コミ評価
5.0
就職・進学
5.0
授業・実習
5.0
部活・サークル
5.0
研究
3.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
4.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
四年生前期にそれぞれが好きな研究室を選んで配属され、簡単な研究者気分を味わう事が出来る。実験で成果をあげる人も中にはいる。一年生の時は国際総合科学部と同じ授業もあり、英語の教育に力が注がれてると感じる。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
多くの人はいずれかの運動部に所属している。中には文科系サークルと兼部している人もいる。ゆるふわ系のサークルに入ってる人も考えれば、皆いずれかの団体に所属しているだろう。学園祭は医学看護のみで行われ、小規模なものだ。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
基礎医学の段階から留年を多く出すため、臨床に行く前から厳しいのかと感じた。ただ部活をする環境はかなり整っているため、高校でやり切れなかった事を今出来ている感じもする。看護学科との交流が思ったより無いため、将来職場に出た時が気になる。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
2年生からは毎日朝から夕方までカリキュラムが詰まっているため、バイトなどの社会勉強は一年生のうちにしておくべき。メインは放課後に図書館に行って勉強する事になるから、自学自習は当然必要となる。無味乾燥な暗記も多いけれども。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
解剖はやっぱり楽しい。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2014年(現役)ID:1485

参考になった:1
口コミ評価
5.0
就職・進学
4.0
授業・実習
3.0
部活・サークル
4.0
研究
4.0
国家試験・資格
3.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
4.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
私の学校、横浜市立大学医学部医学科では、90分授業では集中力がもたないとのことで、60分制授業を取り入れた。このおかげで、授業中寝る事はおろか、ぼーっとする事ですらしなくなり、かなりの生徒に好評である。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学部キャンパスは全学のキャンパスと離れている。ゆえに医学部専用の部活に入ることが多い。部活故にみな真面目にスポーツに挑み、結果を残し、有意義な時間を送っている。一方で全学との交流はほとんど無いのが虚しい。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
実際、もっと全学の生徒の友達が出来ると思い、様々な価値観の人々と交流を深めることが出来ると思っていたのに、ほとんど医学部医学科の人とつるむことが多くて、結局あんまり全学の友達が出来なくてショックであった。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
意外と勉強ばっかりしなくても、効率よく単位をとる方法ならいくらでもあるということ。すなわち、勉強ばかりではなく、部活や、遊び、そしてバイトに費やせる時間はいくらでもあるということを知っておくと気が楽かも知れません。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

29件中 1-10件を表示

横浜市立大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

横浜市立大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
横浜市立大学医学部の画像は横浜市立大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル