杏林大学医学部

杏林大学医学部
口コミ
口コミ評価
3.5
  • 勉強法(5
  • 面接対策(3
  • 小論文対策(2
  • 大学生活(5
偏差値 66.0偏差値 53位/81校
学生数 4,424人【男性:47.6%・女性:52.4%】
女子比率 16位/81校
6年間で
必要な学費
37,550,700円 (学費 25位/30校
医師国家試験
合格率
87%(合格率 76位/80校

※学生数は医学部生以外も含みます

杏林大学医学部の偏差値

2015年
66.0 ランキング  53位/80校
2014年
62.3
2013年
63.0
2012年
63.7
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
50 66.3 愛媛大学 国公立 愛媛県
50 66.3 鳥取大学 国公立 鳥取県
52 66.2 旭川医科大学 国公立 北海道
53 66.0 香川大学 国公立 香川県
53 66.0 高知大学 国公立 高知県
53 66.0 杏林大学 私立 東京都
56 65.7 大分大学 国公立 大分県
56 65.7 久留米大学 私立 福岡県
56 65.7 東京女子医科大学 私立 東京都
56 65.7 宮崎大学 国公立 宮崎県
56 65.7 福井大学 国公立 福井県

杏林大学医学部の学費

6年間学費総額 37,550,700円 ランキング 25位/30校
1年次学費総額 10,050,700円 2年次以降学費(年間) 5,500,000円
1年次学費 入学金 1,500,000円
授業料 3,000,000円
教育充実費 1,000,000円
委託徴収金 550,700円
その他 4,000,000円
合計 10,050,700円
2年次以降学費(年間) 5,500,000円
6年間学費総額 37,550,700円

杏林大学医学部の奨学金

杏林大学奨学生給付

金額 360,000円
期間 1か年(毎年更新)
条件 人物・学業成績ともに優れ、経済的理由により修学が困難と判断された者で、奨学金の給付を求める者

緊急時奨学生給付

金額 500,000円
期間 1回のみ
条件 保護者(家計支持者)の経済的な状況が急変し、学業継続の意思が認められるにもかかわらず、修学の継続が困難になった者

海外研修・留学奨学生給付

金額 600,000円 ~ 4,800,000円
期間 各期間につき1回
条件 学部等が定める海外研修・留学プログラム等に参加する者で、成績優秀で勉学意欲に富み、海外研修・留学の成果が期待できる者

優秀学生奨励金(成績優秀学生奨励金)給付

金額 100,000円
期間 1回
条件 前年度の学業成績が優秀かつ人物・生活面において優れ、杏林大学生として模範的と認められる者。

優秀学生奨励金(成績優秀学生奨励金)給付

金額 50,000円
期間 1回
条件 前年度(最終学年生においてはその年度)中に、各学部学科が定める難関資格・検定等の合格、または高得点を収めた者のほか、課外活動、ボランティア等において顕著な実績を残した者

杏林大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

面接対策の口コミ(Yさん)

【入学年度】2014年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:45  入学直前期:65

参考になった:1
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
面接形式: 個別面接  面接官の数: 3名   所要時間: 20分
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
質問1: 本学志望動機
回答1: 東京都地域医療奨学金制度を利用して 受験出来るので。自宅から 1時間以内で通学出来るので。
質問2: 医学部志望動機
回答2: 医系の家系なので。父親から小さい時から、医者になれ 国家資格を取れ と言われていたから。
質問3: 高校時代について
回答3: 卓球部に所属して、試合を通して他校との交流が楽しかった。
3年次には、部長となり、皆をまとめる大変さを知った。
当日の面接の様子について教えてください。
面接の雰囲気: 私の場合は圧迫感がなく、問われた事について好きなように話して下さい・・・という雰囲気で、とても喋り易かったです。
面接官: 4~50代の男性が三名だったと 記憶しています。さぁ 君の話しを聞こう!という感じで座っていらっしゃいました。
面接を受けてみた印象: 問われた質問が予想されていたものだったので、緊張する事なく 答える事が出来たのは、予備校で 十分な面接対策をしておいたからだと 思います。中には 圧迫感がある面接官もいるので、何故そう思うのか、どうしてか・・・ という、繰り返しの細かい嫌な質問を続けられても、対処出来る様事前に準備しておくと、問題なく済ませると思います。
色々な角度から物事を見るのが大切だと思います。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接の準備をしたのは、秋以降で、予備校で対策を練りました。
一度、模擬面接を受けました。
それからは、何度か講師に質問しに行って、直前まで対策を立てました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接での想定質問には直ぐに答えられる様に、普段から鏡を見ながら、家族を相手に練習していました。
面接でのマナー等は、対策本を参考にしました。
いじわるな質問に対して、動揺せずに答弁出来る様に予備校の講師に練習して頂きました。
見聞を広げる為、時間があれば新聞やニュース読み聞して即答出来る様に準備しておきました。気になる記事は、さらにネットで調べて 自分の考えを簡潔に述べる練習もしました。
当日着るスーツや革靴にも慣れる為、時々着て過ごしました。これは以外と役立ちました。
友人や家族、時には講師にも協力してもらい、あらゆる面から対策を取りました。
私の場合、十分に準備して臨んだ面接でしたので、絶対の自信がありました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
もう少し、海外の文献やニュースにも触れておけば良かったと思います。
今では簡単にネット上で電子書籍や動画を得られますので、利用すべきです。
また、答弁は参考書や例文集に載っている言葉を使うのではなく、なるべく自分の言葉でした方が、更に説得力があると思いますので、その練習をするべきです。
もう少し、アメリカの弁論の様に身振り手振りを入れて答弁するのも、説得力を増す手段かも知れません。
私は恥ずかしくて、あまり 友人と 面接の練習をしませんでしたが、もっと 頻繁に彼等を巻きこんで 普段から練習すべきでした。
今思えば友達の方が、かなり突っ込んだ いじわるな質問をしてくれると思います。

勉強法の口コミ(Yさん)

【入学年度】2014年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:45  入学直前期:65

参考になった:1
志望理由は何ですか?
医師の家系であるからだし、3・11で 救急救命の大切さを知ったから
塾や予備校には通っていましたか?
駿台予備校 市ヶ谷校
通っていた塾・予備校の講師について教えてください。
大変ベテランな教師群が揃っていて、毎日の学習態度や日々の生活指導もしてくれた。
小論文の添削問題では、何度も添削してくれた。
保護者会で配る資料も生徒達に配布してくれて、ほぼ全ての医学部受験の情報を得る事が出来た。 
受験直前まで相談に乗ってくれて大変頼もしかった。
通っていた塾・予備校の指導方針・カリキュラムについて教えてください。
国公立医学部受験のカリキュラムで、とにかくセンター試験での高得点を目指すのに重点が置かれていた。
面接や小論文試験対策にも十分対応してくれた。 土曜日の特別カリキュラムでは、医療系英語に慣れ親しむ事が出来て、英語の長文読解力が着いた様に思われる。
過去問題や出題傾向の高い問題を繰り返し解く事で、自然と必要な学習能力がついて、本番の試験では実力以上が発揮出来た様に思う。
通っていた塾・予備校の教室内の環境(雰囲気)について教えてください。
最初は狭い教室一杯に生徒がいたので、大変息苦しかったのだが、夏を過ぎる頃から徐々に出席する生徒の数が減ってきた。
机と椅子が一体化していたので、ちょっと不便だったが、自習室の机には問題なかった。
講師はマイクを使っての授業だったので、聞き辛いという事はなかった。
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
兎に角、単語と熟語は隙間時間を利用して、繰り返し繰り返し暗記した。
使用したのはターゲット。自慢出来る位ぼろぼろになった。
参考書はブレイクスルーを使用した。
日々の勉強は、主に予備校のテキストと志望校の過去問、センター試験の過去問を利用した。10年分は軽く解いた。
長文読解に関しては、毎日英語に慣れる為、英字新聞やサイエンス系の週刊誌にも目を通した。
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
数学は好きで得意科目だったので、ひたすら問題を解いていた。チャート式は現役時代から使用した。 
予備校のテキストは、かなりよれよれになるまで解いた。 
判らなかった問題は、解き方を覚えるまで何度も解いた。
志望校の過去問とセンター試験の過去問は15年分は解いた。
何回も解く事によって、問題に慣れて自信が着いた様に思う。
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
殆どの理系専攻の生徒と同様に、物理と化学を専攻しました。でも、医学部に進学して、生物を勉強しておけば良かったと後悔しています。生物は暗記モノなので、かなり現在苦労しています。
受験勉強では、テキストと高校時代の図録を参考に勉強しました。
計算問題は、数学と同様、何度も問題を解いて、解き方を暗記して、更に解く・・・ というサイクルを繰り返しました。
数学と同様、高得点を狙う為にも、過去問もかなりの量解きました。
受験生時代の国語(現代文・古文・漢文)の対策を具体的に教えてください。
センター試験対策の古文と漢文は、高校時代の教科書と問題集を解きました。予備校のテキストも参考になりました。
朝日新聞の天声人語を読んで、要約する習慣をつけていたので、小論文対策になったと思います。
夏過ぎから、小論文を書いては講師に添削してもらいました。
受験生時代の社会(地理・世界史・日本史・現代社会・政治経済・倫理等)の対策を具体的に教えてください。
残念ながら、一番苦手意識を持っていた科目でした。倫理・政治を選択しました。
他の科目に行き詰った時位しか勉強しませんでした。
予備校の一問一答のテキストを利用して、暗記するように心がけました。
年末~年始にかけて発表される重大ニュースには目を通して、簡単に説明出来る様にしておきました。
所属する大学を目指す受験生にメッセージがありましたらお願いします。
考えていたよりも、ずっと勉強漬けの毎日になります。それも、学年が上がるに従って更に大変になります。
毎日少しでも、机に向かう習慣をつけておいて下さい。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ(Yさん)

【入学年度】2014年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:45  入学直前期:65

参考になった:0
口コミ評価
4.0
就職・進学
4.0
授業・実習
5.0
部活・サークル
5.0
研究
5.0
国家試験・資格
4.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
大学では、基礎教養課程の授業は全くなく、医学専門科目ばかり勉強します。高校では生物を選択していなかったので、生物の科目 (細胞学 生化学 免疫学) を多く学びます。外国語は選択で選べます。私は中国語を選択しています。
杏林大学は中国語を始めとする外国語のカリキュラムに力を入れていて、留学も多く行われます。新一年生からは英語での授業も行われると聞いています。
インターンシップも、語学に優れている者は留学を選択して、海外で学べます。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
杏林大学の医学部は、附属病院と看護学校のみのキャンパスなので、他の学部との交流は全くなく、花やかな学園生活ではありません。学園祭も他のキャンパスで行われています。
部活では他校との交流があり、特に全国の医療系大学との合同大会があるので、それは楽しいです。
ボランティア活動を通して、他校と交流する場も作っています。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
花やかな学園生活を夢見ていましたが、違いました。授業は生物の授業ばかりで、数学や社会、国語、それに体育もなく、かなりシンドイです。
今春、遠くになった他のキャンパスが徒歩圏に越してくるので、少しは他の学生との交流が図れるのではないかと楽しみにしています。 
勉強が大変で、バイトや部活に専念していると簡単に単位を落としてしますので、気を付ける必要があります。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
高校時代に生物をしっかりと勉強しておかなかったので、かなり苦労しています。
取りあえず、ゼロからのスタートなのですが、少しでも知識があれば、暗記するにも理解するにも良かったのではないかと思います。
レポート提出もあるので、パソコン(ワープロ)を操作に慣れておいた方が良いかもしれません。
タブレット端末や、電子辞書も、最新のを用意しておくと日々の学習にとても役立ちます。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
語学力があると、四年生以降の研修で海外に行けるので、時間のある時に勉強しておくと良いと思います。
大学の学費補助を受けていますか?
受けている
奨学金名
東京都地域医療医師奨学金
貸与額
100000円/月

大学生活の口コミ(Yさん)

【入学年度】2015年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:45  入学直前期:67

参考になった:0
口コミ評価
就職・進学
-
授業・実習
-
部活・サークル
-
研究
-
国家試験・資格
-
恋愛・友人
-
施設・設備・立地
-
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
英語教育に力を入れているというのは本当です。ただ今年から講師が変わったため、カリキュラムは試行錯誤して作っているようです。レベルは高いですが、ついていけない人もいます。米国の大学への海外実習も積極的に行っています。米医師国家試験について、ECFMGが要求する教育の基準も満たしています(教授からは問題ない見通しであると説明を受けています)。
大学は自主性が求められるので、結局自分次第です。基礎研究への参加などあらゆる可能性に対応する環境はあります。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学部と看護学部、看護専門学校の人しか交流はありませんが、2016年からは近くに他学部が引っ越してくるため他学部との交流は増えると思います。病院が近くにあるので盛大に文化祭はやっていません。しかし、校舎が移転する来年からどうなるのかはまだ分からないです。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
先生と生徒の距離感は近いです。大学としてはあまり積極的に革新的なことを行う気質はないです。まさに臨床医を目指すための学校という感じです。出席は厳しいです(休んでも構いませんが、ある程度出席しておかないと定期試験が受けられません)。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
所属する部活動・サークルによって生活が全然違います。特に運動部は上下関係の厳しいところが多いです。学生生活6年間と卒業後も付き合うことになるため相手を慎重に決めてください。カリキュラムは1年生のうちは楽です。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
大学が狭い分、あまり移動しないです。吉祥寺駅が最寄なので遊ぶことには困りません。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

杏林大学医学部へのアクセス

所在地 東京都三鷹市新川6-20-2
最寄駅 京王京王線 つつじヶ丘駅

大学解説

【歴史】
1970年設置。センター試験利用入試を導入している。

【特徴】
英語によるコミュニケーション能力を重視しており、1・2年次において「英語」、3・4年次において「医学英語」の授業を設け、通算4年間の英語学習を必修化している。3年次の夏期休業期間が明けると、臨床医学の講義が始まる。4年次の後期には、5年次での臨床実習に備え、診断能力と基本的な臨床技能を身につけるための臨床診断学講義および実習が行われる。実習は小グループで、各テーマをローテートしていく形で行われる。臨床実習は、ほぼ1年間にわたって小グループで各科を順次廻って行われる。

よく見られている大学

大学の画像について
杏林大学医学部の画像は杏林大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル