福島県立医科大学医学部

福島県立医科大学医学部
口コミ 勉強法(4)/ 面接対策(1)/ 小論文対策(0件)/ 大学生活(3
偏差値 65.361位/82校 国家試験合格率 92%28位/80校
学費 3,496,800円 男女比 男68:女32女子比率 35位/82校

福島県立医科大学医学部の勉強法の口コミ

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

4件中 1-4件を表示

勉強法の口コミ

【入学年度】2016年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:68ID:2085

参考になった:1
志望理由は何ですか?
公立大学で、面倒見が良いため。
自分の深く勉強したい分野に精通した教授がいるため。
医学部を目指したのは、祖父が病気になり治したい、支えたいと強く思ったため。
塾や予備校には通っていましたか?
【浪人】
河合塾
医学部クラスだと周りのレベルが高く、いい刺激を受けながら勉強することができる。
通っていた塾・予備校の講師について教えてください。
質問にも丁寧に対応してくれる。また、何回も質問に行くと、プリントを用意してくれる講師もいた。
通っていた塾・予備校の指導方針・カリキュラムについて教えてください。
テストの成績により、同じ医学部コースでもクラス分けされる。上のクラスはかなりレベルが高い問題を扱っている。12月くらいからは授業はなくなり、冬季講習となる。
また、小論文対策もあり、大学ごとの面接対策も何回もしてもらえる。
通っていた塾・予備校の教室内の環境(雰囲気)について教えてください。
個別ブースのある自習室は狭い。
開放教室での自習室は広く使えるため、快適である。
また、ラウンジでも学習ができる。
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
センター試験だけに特化して学習は特にしませんでした。過去問や模試などで対策し、2次試験の勉強と並行して、文法なども勉強していきました。
【2次試験】
2次の勉強としてはある程度読み応えがある文章を音読していました。また、長文の問題は必ず1日1題は解いていました。
【参考書】
単語は、初級の単語は百式英単語で2,000単語くらいを1ヶ月以内に覚え、上級単語を速単で覚えていきました。あとは模試や文章に出て来た単語や熟語をひたすら覚えました。
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
直前に時間配分などを確認した程度です。パターン化しているので、模試などで確認していきました。
【2次試験】
大学への数学の項目ごとに分けられている参考書を使いました。あとは、過去問をひたすら解きました。
【参考書】
大学への数学
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
センター試験の勉強は2次試験の勉強と並行して行っていました。
【2次試験】
物理、化学ともに、重要問題集をひたすらやっていきました。また、物理が苦手だったため、基礎から確認したい分野は物理のエッセンスを参照し、予備校のテキストも何回も解きました。化学は、教科書の細かいところまで全て暗記しました。暗記するときは、小さなノートに書き出して、電車で通学してるとき、休み時間などスキマ時間に覚えていました。
【参考書】
重要問題集 物理のエッセンス
受験生時代の国語(現代文・古文・漢文)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
過去問をかなりの年やりました。追試は傾向が少し違っていたり、特殊な問題があったりするので、本試メインで解きました。あとは、模試でなにがダメなのかをしっかり確認し、記述を解くときと同じように解くことを心がけました。
【参考書】
古文単語や漢文の文法、単語は全てゴロゴで覚えました。
受験生時代の社会(地理・世界史・日本史・現代社会・政治経済・倫理等)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
地理選択です。過去問を25年分解きました。本試も追試も解きました。間違えた問題はコピーして、間違えた問題の要点をまとめたノートを作りました。模試の前はこれを確認していました。データ集で覚えるべきところは丸暗記しました。
【参考書】
センター試験過去問

勉強法の口コミ

【入学年度】2015年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:68ID:576

参考になった:5
志望理由は何ですか?
実家が福島にあったから。生物系、とくに人体機能に興味があったので
塾や予備校には通っていましたか?
鉄緑会
通っていた塾・予備校の講師について教えてください。
講師のレベルがとても高く、なんでも質問に答えてくれるところが素晴らしかった。また、講師によって自作のプリント、課題などを作っている人が多く、教材へのアプローチの仕方や、問題の解説がとてもわかりやすかった。講師に従っていれば失敗しないであろう安心感もあった。
通っていた塾・予備校の指導方針・カリキュラムについて教えてください。
主に東大などの超難関大学の過去問を扱っていた。高3はほとんど入試問題を解いていた。授業時間が3時間であるがほとんどその授業時間で終わることはなく、延長してまで解説を細かくしてくれた。圧倒的な問題演習量で他と差をつけるカリキュラムだった。
通っていた塾・予備校の教室内の環境(雰囲気)について教えてください。
まず入塾できるのは指定された高校に通っている生徒だけであるので(現役のみ)生徒のレベルはとても高かった。毎回の演習ごとにクラス内での得点の順位が出るので、その順位が生徒のモチベーション向上になっていたと思う。とにかく切磋琢磨していた。
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
センターの英語は11月頃から主に過去問(赤本)を使って時間配分の方法などを身につけるためにやっていた。英語のセンター対策は主にそのくらいで、むしろ今までの積み重ねの方が大事だと思う。
二次試験の対策はやはり過去問であるが、特徴のある問題ではないのでとりあえず単語の量を確保するために単語帳を隅から隅まで覚えた。
参考書は、鉄緑会出版の単語帳、鉄壁
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
センター対策はとにかくその形式の問題を解いた。センター数学は解き方云々よりも時間の厳しさの方が大きいのでそれを克服するためにやっていた。
二次試験は予備校の配布プリント、過去に解いた問題の復習などを主にやっていた。
参考書は、ほとんど使っていないが、各大学の赤本は解いた。センター用には駿台のセンター予想問題集を使った。
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
センター物理化学であったがほとんど対策はしなかった。
二次試験の物理に関しては難易度があまり高くないので、基本問題を忠実に解くことを繰り返していた。化学は東大、医科歯科大などの難関大学の過去問を解いて、理論化学と有機化学は完成させた。無機化学はほとんど暗記。
参考書は、鉄緑会の基本シリーズだが、非売品だったはず。
受験生時代の国語(現代文・古文・漢文)の対策を具体的に教えてください。
センター国語は10月頃からまず古文漢文を完成させるために単語、文法、句法、古典常識などを暗記した。そこから毎日一題必ずセンターの国語は解くようにしてどのようにすれば点が取れるのか自分なりに考えながら進めた。
2次試験は国語は無かった。
参考書は、センターの赤本と、古文はZ会の速読古文単語、あとは駿台のセンター予想問題集。
受験生時代の社会(地理・世界史・日本史・現代社会・政治経済・倫理等)の対策を具体的に教えてください。
センター地理は高3で学校の授業で配られたプリントを主に使って暗記をしていた。国語と同じように11月くらいから毎日一題必ず解くようにしていた。
2次試験はなかった。
参考書は、駿台のセンター予想問題集を使った。

勉強法の口コミ

【入学年度】-年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:-  入学直前期:-ID:164

参考になった:13
所属する大学の入試の特徴を教えてください。また具体的にどのような対策をしたか教えてください。
最終的にこの大学を決めたのはセンターの後だったので、センター後に過去問は5年分くらい解いた。
その前までは、特に大学別とかではなく、医学部対策的なことをしていた。
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
Z会の通信をしていた。記述ができるように何回か添削してもらった。
最後まで単語を増やすために単語帳をやっていた。

おすすめの問題集:英語頻出問題総演習(桐原書店)単語帳:速単
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
解答を見ずに、自分で答えを導き出せるように書く練習をした。
塾に行っていたので、対策は塾のテストゼミなどの復習がメインだった。
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
化学は、暗記はせずに理論に戻って考えられるようにした。

おすすめの参考書:化学ⅠⅡの新研究
物理は、重要問題演習シリーズをやっていた。
受験生時代の国語(現代文・古文・漢文)の対策を具体的に教えてください。
センターの過去問をたくさん解いた。
古文、漢文でできるだけ点数を落とさないようにした。
受験生時代の社会(地理・世界史・日本史・現代社会・政治経済・倫理等)の対策を具体的に教えてください。
センターの過去問をひたすら解いた。
模試の成績はどのくらいでしたか?
高3第1回駿台全国模試 千葉大医学部E判定
第2回駿台全国模試 千葉大医学部E判定
福島県立医科大学医学部D判定

勉強法の口コミ

【入学年度】-年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:56  入学直前期:64ID:163

参考になった:6
志望理由は何ですか?
医師になることが目標であったため、大学に強いこだわりはなかった。
ただ金銭的な事情から進学できるのは国公立大学のみであった。
センター試験を終えた後、自分のセンターの点数と今までの成績を合わせて現在の大学が一番だと考えた。
医学部を目指すきっかけは幼稚園くらいの頃、ある博物館で人間の脳の原寸大の模型を見て、触った。その時人間の体の不思議さに興味をひかれ、人間の体について学びたいと思ったことがきっかけで志望した。
塾や予備校には通っていましたか?
現役時代は高校と提携している予備校のようなものに通っていた。
高校提携の予備校なので大手と違い個別に相談でき、融通もきくので学生の意見が反映されやすい点はよかった。しかし、閉鎖的な空間だったので他の高校の生徒がどのような勉強をしているのかを知る機会がなかった。
浪人時代は大手予備校に通っていた。
大手予備校の校舎のなかにも医学部受験に特化した校舎があるが、私は家から近い校舎を選択した。そのおかげで通学に時間や労力が費やされるのは防げたと思う。ただあまり有名講師の講義には出られなかった。
通っていた塾・予備校の講師について教えてください。
現役時代の予備校のようなものでは、高校の延長にあったようなものなので先生と生徒の距離が非常に近く、質問があればすぐに質問することができた。浪人時代の大手予備校講師は、私のいた校舎では人数も少なかったため、わりと気軽に質問できる空気があったように感じる。しかし、夏の講習や冬の講習で人気講師の講座をとると、授業が終わったあとに長い質問の列ができるので、どうしても気になることがある人か、質問をしに行くこと自体に意味があると思っている人しか質問しに行かないだろう。
ただ、授業の進め方や説得力、わかりやすさは有名講師が一番であった。
通っていた塾・予備校の指導方針・カリキュラムについて教えてください。
現役時代はどの大学でもすべりこめればいいと思っていたので、特に大学別の対策はしていなかった。どこの大学でもでるような問題を地道にひとつひとつ解けるようにしていた。
浪人時代は目標としている大学はあったものの特殊な問題の出るような大学ではなかったので現役時代と勉強法としてはあまり変わらなかった。
通っていた塾・予備校の教室内の環境(雰囲気)について教えてください。
現役時代はまわりが皆医学部合格を目指して勉強していたので、同じ目標を持つ仲間として質問しあったり、模試の成績を競ったりしていた。また、高校生なので勉強以外のところでもいろいろな行事を楽しんでいた。 浪人時代はまわりにいる人と全員と仲良くなることはなかったが、何人かとは今でも連絡をとるくらいの仲になった。ただ、勉強を教え合うようなことはあまりなかった。
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】普段から英語の長文を読むようにしていた。テキストは高校や予備校で配られているものでいいと思う。リスニングは速読英単語を毎日1ページ分欠かさず聞いていた。
【2次試験】英作文は先生に添削してもらっていた。記述問題に関しては復習するときに面倒くさがらずにしっかり自分の手で書いていた。
【参考書】単語帳に関してはなんでもいいので、まずは1冊しっかり覚える。
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】センター数学は時間との勝負なので、目標時間を設定して解くことが大事。
【2次試験】同じ問題集を何度も繰り返し解くことが重要。1回解いただけでは、分かっているつもりでも最後まで解き切ることができる問題は少ない。逆に最後まで解き切れる問題が増えれば別な問題が出たときにも応用ができる。
【参考書】予備校等で配布されている問題集で十分であった。あとは各大学の過去問を解く。
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】化学と生物を受験した。化学に関してはセンター試験対策本を購入し、細かい知識問題でミスをしないようにした。生物に関しては自信があったので特にセンター試験対策はしていなかった。
【2次試験】化学は重要問題集をしっかりと解けるようにすればだいたいの問題は解けるようになると思う。生物は範囲が幅広く、記述が多いため点数が伸びにくいと思う。ただ、記述はポイントが書けていれば点数になるのでだらだら書くのではなく、その問題で答えなければならないポイントは何かということを考えながら勉強するのが一番ではないか。
【参考書】化学は重要問題集。生物は解説に記述のポイントが明記されているものがいい。
受験生時代の国語(現代文・古文・漢文)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】現代文、古文、漢文のいずれも記述ができれば記号も選べると言われたので記述を練習していたが、私は効果を感じられなかった。ただ、まわりで同じ勉強法で高得点をとった人もいるので人それぞれだと思う。
【2次試験】2次試験はなかった。
【参考書】予備校で配布されたテキスト。
受験生時代の社会(地理・世界史・日本史・現代社会・政治経済・倫理等)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】政経を選択した。政経は暗記だけではないところが多く勉強しやすかった。どの教科でもいえることだが、苦手分野を作らないことが大事。
【2次試験】2次試験はなかった。
【参考書】センターの社会はセンター対策本をやっておけばいいと思う。

4件中 1-4件を表示

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

福島県立医科大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

福島県立医科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
福島県立医科大学医学部の画像はKozoさんから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル