和歌山県立医科大学医学部

和歌山県立医科大学医学部
口コミ
口コミ評価
3.4
偏差値 68.8偏差値 21位/82校
学生数 625人【男性:65.4%・女性:34.6%】
女子比率 24位/82校
6年間で
必要な学費
3,966,800円
医師国家試験
合格率
93%(合格率 20位/80校

和歌山県立医科大学医学部の偏差値

2019年度
68.8 ランキング  21位/82校
2018年度
67.7
2017年度
67.3
2016年度
67.7
2015年度
65.7
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
15 69.8 広島大学 国公立 広島県
17 69.5 金沢大学 国公立 石川県
17 69.5 横浜市立大学 国公立 神奈川県
19 69.2 名古屋市立大学 国公立 愛知県
20 69.0 筑波大学 国公立 茨城県
21 68.8 和歌山県立医科大学 国公立 和歌山県
21 68.8 長崎大学 国公立 長崎県
21 68.8 三重大学 国公立 三重県
24 68.7 日本医科大学 私立 東京都
24 68.7 岡山大学 国公立 岡山県
24 68.7 順天堂大学 私立 東京都

和歌山県立医科大学医学部の学費

6年間学費総額 3,966,800円 ※国公立大は学費が一律のため
ランキングなし
1年次学費総額 1,287,800円 2年次以降学費(年間) 535,800円
1年次学費 入学金 752,000円
授業料 535,800円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 -円
合計 1,287,800円
2年次以降学費(年間) 535,800円
6年間学費総額 3,966,800円

和歌山県立医科大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

小論文対策の口コミ

【入学年度】2018年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:71ID:5780

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
過去に受験した際は、児童教育及び家庭に関する社会問題が中心テーマになっていたと記憶しています。
幸運にもそれと似た問題を私立医大の併願先でも経験していたので、診察する医師として気をつけるべき視点を導入して、原稿用紙を埋めていきました。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
読書好きなので、文の書き方や構成方法には小さい頃から妙に詳しかったと思います。
また、小論文対策の授業が高校の国語の授業に盛り込まれていたので、その課題問題集を怠らずに書きまくっていた時に文を書きこなす力が伸びたと思います。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
駿台の小論文講座を友人が受けており、それに誘われる形で何となく受講してみました。学ぶ点が多かったので感謝しています。
また、現代文の記述問題は実力養成に有効なので、時々東大国語の過去問を遊び半分で読んだり解いたりしていました。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
プロが書いた本を読むことは文の構成方法のみならず、周辺知識や最新の知識も手に入ることが多いので、とてもオススメです。
勉強の息抜きにもなりますし、ゲームをしたりカラオケに行くより罪悪感もないので、良かったと感じています。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
小論文では差がつかないと感じたので、常識的な内容を書き連ねれば大きな失点になることはないと思います。
やはり受験は主要科目が大切ですので、特化した対策はほどほどに留めてバランスよく勉強することが一番の近道だと思います。

面接対策の口コミ

【入学年度】2018年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:71ID:5775

参考になった:0
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
大学への志望理由については、家族や自身の生い立ちを紹介する形式で簡潔に答えました。
女性医師の問題については、外科系の激務やシフト体制などについて中心に答えました。
高校時代については、部活動のエピソードを答えました。
当日の面接の様子について教えてください。
結構長めの面接試験だったので驚いてしまいました。後半の受験生だったということもあってか、お疲れになっていた先生方や多少ピリピリしていた先生もおられました。
あまり緊張はしなかったですが、待ち時間が長く疲れました。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
とりわけ何か対策に取り組んだわけではないですが、前日に兄と姉と一緒に練習を助けてもらいました。
2人とも医学生なので、面接の雰囲気も理解してくれていたので、スムーズに練習できました。また高校でも練習会に参加しました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
父の医学書を興味本位で大量に読み漁った時期もありましたが、今から考えると試験そのものには全く役に立っていなかったように思います。
素直に面接の練習をするようになってからは、あまりガチガチに緊張したりすることもなくなりました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
医学知識はあまり必要ないのではないかとアドバイスすると思います。
それよりも普段テレビから流れている様々なニュースに対して興味を持ち、考えを自分なりに巡らせるほうが面接対策としてはよほど大切かと思います。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2018年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:71ID:5769

参考になった:1
口コミ評価
3.0
就職・進学
-
授業・実習
3.0
部活・サークル
3.0
研究
4.0
国家試験・資格
3.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
2.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
和医大の平常時の教育システムは他大学よりも厳しいようですが、先生方は熱いので表裏一体かと思います。
数学などは大変です。規模としては小さな大学ではありますが、研究で名を挙げている先生もおられます。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
部活は運動部のマネージャーをしています。大抵の人は何らかの部活動に参加しているといった印象です。
練習や試合だけでなく、スキーやバーベキュー、地方への遠征なども年に数回あって先輩後輩関係なく仲良くなれます。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
大学の場所は海が大変近いですが、日常生活においては全く無関係だということです。
また、先生方が厳しくも優しい人ばかりで、質問をすれば手厚く指導して下さいます。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
アルバイトや試験勉強をしながらの一人暮らしは結構大変です。とりわけ試験が集中している期間は、先輩に相談したり、学年のみんなで助け合いながら、乗り切っていく必要がありますので、高校時代とは大きく異なると思います。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
医科大学ということで、アットホームな雰囲気だと思います。
和歌山は田舎なので、騒がしくなく落ち着いた雰囲気で生活できます。
優秀な先輩や先生方を見ると憧れますし、同級生とも切磋琢磨することで、より勉学に集中できる環境だと感じています。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2016年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:58  入学直前期:67ID:5541

参考になった:4
口コミ評価
3.0
就職・進学
-
授業・実習
1.0
部活・サークル
3.0
研究
3.0
国家試験・資格
4.0
恋愛・友人
1.0
施設・設備・立地
2.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
中堅医学部らしく、進級が微妙に厳しく1年生は鬼門です。
生物選択でも物理をやらなければならないなど負担が大きく、しっかり勉強していても落ちる可能性もなくはないです。
ただ、無駄に頑張ろうとせず過去問をしっかりやれば受かります。他の学年は勉強してたら進級できると思います。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
地方なので閉鎖的な雰囲気がありますが、部活は活発です。学園祭は全く盛り上がらず、補助金か何かが目当てで開催しているのではないかと思われているほどです。サークル活動はなく、一般に部活の縛りはきついです。幹部学年だと試験前に部活に行かなければならない状況もあります。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
僕は進学校出身なのであまり毎日毎日しっかり勉強する人をあまり見たことがなく、大学にきてそういう人たちが案外多いことに気づきました。
また、授業があまり役にたたず試験をクリアするには情報戦もひつようになります、
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
進級が難化しており、TOEICなどよくわからない項目があります。
また、他大が参考にしかしない模試の結果を卒業の要件に加えるなど国試合格率を非常に重視している点は学生にとってメリットがあるように思われますが実際には授業をわかりやすくするなどではなくハードルが多いだけなので学生のメリットはないです。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
生協など勉強する場所がおおくまあまあ集中できます。また、部活が良くも悪くも活発なので上下のつながりが強くいろいろと楽しいことが多いです。
遊ぶところは少ないですが、一応勉強に集中できます。大阪からは近いのですぐでれます。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

和歌山県立医科大学医学部へのアクセス

所在地 和歌山県紀三井寺811-1
最寄駅 JR紀勢本線 紀三井寺駅

大学解説

【歴史】 19ある「旧制医専」の一つ。1945年に設立された和歌山県立医学専門学校を前身とする。医学部における女子学生比率が比較的高い。
【特徴】 1年次にはリベラルアーツ(教養教育)が中心となり、2、3年次には臨床の基礎となる基礎医学の領域を中心として学ぶとともに、約2ヶ月間の基礎配属において研究に親しむ期間を設けている。4~6年次には臨床医学の基礎的な内容を学ぶとともに、臨床の現場での臨床実習を行う。これらの課程では、従来の講義形式の授業と並行して、自分自身で問題点を発見し、解決する問題解決型の教育を多く取り入れている。

和歌山県立医科大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

和歌山県立医科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
和歌山県立医科大学医学部の画像は和歌山県立医科大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル