和歌山県立医科大学医学部

和歌山県立医科大学医学部
口コミ
口コミ評価
3.4
偏差値 68.8偏差値 21位/82校
学生数 625人【男性:65.4%・女性:34.6%】
女子比率 16位/82校
6年間で
必要な学費
3,966,800円
医師国家試験
合格率
93%(合格率 20位/80校

和歌山県立医科大学医学部の偏差値

2019年度
68.8 ランキング  21位/82校
2018年度
67.7
2017年度
67.3
2016年度
67.7
2015年度
65.7
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
15 69.8 広島大学 国公立 広島県
17 69.5 金沢大学 国公立 石川県
17 69.5 横浜市立大学 国公立 神奈川県
19 69.2 名古屋市立大学 国公立 愛知県
20 69.0 筑波大学 国公立 茨城県
21 68.8 和歌山県立医科大学 国公立 和歌山県
21 68.8 長崎大学 国公立 長崎県
21 68.8 三重大学 国公立 三重県
24 68.7 日本医科大学 私立 東京都
24 68.7 岡山大学 国公立 岡山県
24 68.7 順天堂大学 私立 東京都

和歌山県立医科大学医学部の学費

6年間学費総額 3,966,800円 ※国公立大は学費が一律のため
ランキングなし
1年次学費総額 1,287,800円 2年次以降学費(年間) 535,800円
1年次学費 入学金 752,000円
授業料 535,800円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 -円
合計 1,287,800円
2年次以降学費(年間) 535,800円
6年間学費総額 3,966,800円

和歌山県立医科大学医学部の奨学金

修学奨学金・修学奨励金貸与

金額 100,000円(月額)
人数
目的
条件 卒業後、本学において臨床研修を行う意思、または、基礎医学研究に従事する意思のある医学部6年生
免除
備考

医学部学生支援奨学金給付

金額 50,000円(月額)
人数 2人
目的
条件 卒業後、本学で2年間の卒後臨床研修を終えた後、県内の医療機関等において、奨学金の給付を受けた期間の1.5倍に相当する期間を医師として就業する意思のある学生(新3年生が対象)
免除
備考

和歌山県立医科大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

小論文対策の口コミ

【入学年度】2018年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:71ID:5871

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
別の私立大学医学部医学科の小論文です。
医師の仕事とプライベートがテーマでした。
研修医の過労死が出るほどに過酷な現場の医師達を追い詰めるのは、国の政策として間違っていると書きました。書きやすい内容でした。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
添削を積極的に受けるために、直前期には他大学の小論文をひたすら書いていました。
結果は不合格だったので、本番の小論文がしっかりできていたかは不明ですが、小論文そのものの手応えとしては悪くなかったように思います。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
小論文だけのために日頃からは特に対策はしていません。
けれども、推薦入試によく出題されるようなテーマについては事前に意見を考えるようにしていました。
それだけでも自信がつくので、やって損はないかなと思います。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
医療系の本や番組を読んだりすることしか思い浮かびません。
高校生レベルの最低限の常識があれば、特別に難しい知識を持っていなくても、入試小論文を書くのに影響はないと思います。
色んなことに関心を持つことが重要だと思います。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
小論文試験の得点を気にするよりも、まずは筆記試験を頑張ったほうが無難です。筆記で点数が足りないと合格できないと思った方が良いです。
その上で余裕があるのであれば、小論文の対策に奮闘するのも良いと思います。

面接対策の口コミ

【入学年度】2018年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:71ID:5866

参考になった:0
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
医師になりたい理由
→心臓外科医である親の影響であるという趣旨
趣味について
→幼い頃から製菓や英会話が趣味であるという趣旨
調査書に記載されたの内容から
→高校時代の茶道部の活動内容や茶道歴について
当日の面接の様子について教えてください。
誰も私語をしておらず、試験会場は周りの方達もピリピリしていて凄い緊張感がありました。
私は近くに友人が何人かいたので、そこまで緊張はしませんでしたが、もし1人だと雰囲気に飲み込まれていたかもしれません。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
普段はしていません。ただし予備校での面談の中で、面接対策の授業をなるべく受講するように勧められたので、必要性には疑問がありながらも一応受講しました。
割と有意義な情報も多かったので、後悔はしていません。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
予備校の授業以外には、よくテレビのニュース番組を見ていました。
番組が終わった後も、関係のないバラエティー番組に釣られてしまうこともありましたが、そのあたりを上手くコントロールすれば時事問題には強くなれると思います。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
面接本番では焦りのあまり、思い浮かんだ事をすぐに口から発してしまう悪い癖があったので、もう少し考えて整理してから話せば良かったかな、と思います。
圧迫気味の質問が次々に飛んできても動揺しないようにしたいです。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2018年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:71ID:5858

参考になった:0
口コミ評価
3.0
就職・進学
-
授業・実習
3.0
部活・サークル
3.0
研究
4.0
国家試験・資格
3.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1年は教養系の科目ばかりで、医学部に在籍しているという実感は湧きにくいです。
その後基礎系の科目は2年から始まります。医療現場の空気に触れることができるプログラムがあったり、関心のあるテーマの研究室を見学することもできます。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
運動会の部活に所属している方は、パワフルで熱心な人ばかりです。
小さい大学ですので、良くも悪くもみんな仲良くやっていると思います。
初めは環境に馴染めない方もいらっしゃるようですが、そこは折り合いをつけて乗り切っていきます。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
大学受験を終えて勉強から解放されるかと思いきや、受験生時代よりもむしろ勉強のボリュームは増えたように思います。
医学生特有の数々の試験類はテンポよく乗り切らないと、進級への重圧に負けて悪循環に陥ります。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
自宅を出て一人暮らしをするには凄くお金が必要になるということです。
幾分甘く考えていたところがあって、実際に何から何まで自分で対応するとなると、勉強時間も消耗します。
もっと早期から家事のイロハを身ににつけておきたかったです。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
キャンパスは都会から離れており自然も多いので、勉強には適しているのではないでしょうか。
確かに都会は遠くはありますが、その分静かで落ち着いています。小規模な大学なので、濃い人間関係の中で大学生生活を過ごすことができると思います。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2018年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:71ID:5769

参考になった:2
口コミ評価
3.0
就職・進学
-
授業・実習
3.0
部活・サークル
3.0
研究
4.0
国家試験・資格
3.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
2.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
和医大の平常時の教育システムは他大学よりも厳しいようですが、先生方は熱いので表裏一体かと思います。
数学などは大変です。規模としては小さな大学ではありますが、研究で名を挙げている先生もおられます。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
部活は運動部のマネージャーをしています。大抵の人は何らかの部活動に参加しているといった印象です。
練習や試合だけでなく、スキーやバーベキュー、地方への遠征なども年に数回あって先輩後輩関係なく仲良くなれます。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
大学の場所は海が大変近いですが、日常生活においては全く無関係だということです。
また、先生方が厳しくも優しい人ばかりで、質問をすれば手厚く指導して下さいます。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
アルバイトや試験勉強をしながらの一人暮らしは結構大変です。とりわけ試験が集中している期間は、先輩に相談したり、学年のみんなで助け合いながら、乗り切っていく必要がありますので、高校時代とは大きく異なると思います。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
医科大学ということで、アットホームな雰囲気だと思います。
和歌山は田舎なので、騒がしくなく落ち着いた雰囲気で生活できます。
優秀な先輩や先生方を見ると憧れますし、同級生とも切磋琢磨することで、より勉学に集中できる環境だと感じています。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

和歌山県立医科大学医学部へのアクセス

所在地 和歌山県紀三井寺811-1
最寄駅 JR紀勢本線 紀三井寺駅

大学解説

【歴史】 19ある「旧制医専」の一つ。1945年に設立された和歌山県立医学専門学校を前身とする。医学部における女子学生比率が比較的高い。
【特徴】 1年次にはリベラルアーツ(教養教育)が中心となり、2、3年次には臨床の基礎となる基礎医学の領域を中心として学ぶとともに、約2ヶ月間の基礎配属において研究に親しむ期間を設けている。4~6年次には臨床医学の基礎的な内容を学ぶとともに、臨床の現場での臨床実習を行う。これらの課程では、従来の講義形式の授業と並行して、自分自身で問題点を発見し、解決する問題解決型の教育を多く取り入れている。

和歌山県立医科大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

和歌山県立医科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
和歌山県立医科大学医学部の画像は和歌山県立医科大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル