和歌山県立医科大学医学部

和歌山県立医科大学医学部
口コミ
口コミ評価
3.5
偏差値 67.7偏差値 31位/82校
学生数 615人【男性:66.0%・女性:34.0%】
女子比率 28位/82校
6年間で
必要な学費
3,496,800円
医師国家試験
合格率
92%(合格率 30位/80校

和歌山県立医科大学医学部の偏差値

2017年
67.7 ランキング  31位/82校
2016年
67.3
2015年
67.7
2014年
65.7
2013年
65.3
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
24 68.5 熊本大学 国公立 熊本県
24 68.5 名古屋市立大学 国公立 愛知県
29 68.3 金沢大学 国公立 石川県
30 68.2 大阪医科大学 私立 大阪府
31 67.7 新潟大学 国公立 新潟県
31 67.7 和歌山県立医科大学 国公立 和歌山県
33 67.5 日本医科大学 私立 東京都
34 67.3 山口大学 国公立 山口県
34 67.3 滋賀医科大学 国公立 滋賀県
36 67.2 愛媛大学 国公立 愛媛県
37 67.0 富山大学 国公立 富山県

和歌山県立医科大学医学部の学費

6年間学費総額 3,496,800円 ※国公立大は学費が一律のため
ランキングなし
1年次学費総額 817,800円 2年次以降学費(年間) 535,800円
1年次学費 入学金 282,000円
授業料 535,800円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 -円
合計 817,800円
2年次以降学費(年間) 535,800円
6年間学費総額 3,496,800円

和歌山県立医科大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

小論文対策の口コミ

【入学年度】2014年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:62  入学直前期:68ID:4377

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】
「人の病気はミクロの異常だと言う人もいるが、それについてどう思うか」というようなテーマでした。
【自分の回答】
ミクロの異常と捉えるのは治療法の研究には役立つかもしれないが、患者さんにとっては深刻な問題なので医師はそこを忘れてはいけないと思う
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
小論文対策は直前期に行いました。和医大の過去問を解き、高校の先生に添削してもらっていました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
論理的に説明することを意識して、始めのうちは自分が納得できるまで時間をかけて書き、試験が近づいてくると、実際の時間で書く練習をしました。
大まかに、構想を練る時間~分、下書き~分、清書~分というふうに時間配分を決めていました。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
現代文の延長にもなるのですが、特に小論文で問われやすい題材を集めた本を読んで、基礎となる知識をつけるようにしました。
また、添削してくださる先生から、知らなかった知識を教えてもらうことでさらに深めることができました。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
もう一度受けるとしたら、小論文の書き方の本を読み、「まず」「次に」「さらに」などといった接続詞を多く身につけて、なめらかな文章のつなぎ方を練習をしようと思います。
小論文を課す大学を受験することが決まっているのであれば、直前期になる前に書き方の基本を少し知っておいてもよかったかなと思います。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2014年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:55  入学直前期:72ID:4364

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】
「『病気』と呼ばれる事態は、かなり多くが、生物学的にはむしろ些細な不具合あるいは故障である」について、考えるところを論述する。
【どのように論じたか】
病気についての自分の意見を述べ、それが「生物学的にはむしろ些細な不具合あるいは故障」と言えるかどうか比較しながら述べた。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
現役時は直前に対策をしたのみ。
浪人時は予備校で小論文対策の授業を週一回とっていたのでそこで対策した。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
予備校の小論文対策講座を使って、実際に小論文を書き、先生に添削してもらう作業を繰り返した。
日頃から、受験勉強の休憩がてら医学関連のニュース記事を読んだりして、倫理面、技術面で問題になっていることなどを知識として知っておけるようにした。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
小論文対策にあまり時間をさきたくなかったので、とくに小論文対策の本を使ったりせず、時間のあるときに医療問題をとりあげたテレビをみたり、ニュースの記事を時々みたりして、時事的な医療問題に関して知識を入れるようにした。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
医学の一般的な知識も大事だけれど、小論文なので知識を入れることに加え文章構成や言葉づかいの点が大切だと感じたので、もっとわかりやすい文章を書いて、段落の構成にも気をつけて、誰が読んでもわかりやすい文章を書けるように対策したい。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2014年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:62  入学直前期:68ID:4139

参考になった:0
口コミ評価
4.0
就職・進学
3.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
3.0
研究
4.0
国家試験・資格
4.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1年生は教養、2年生は人体の正常構造と機能(解剖、生理学等)を学び、2年生後期からは解剖実習が行われます。
3年生では遺伝学、病理学などを学び、研究室に所属もします。
4年生では臨床医学を学びます。
5年生、6年生では病棟での実習が行われます。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学部、保健看護学部からなる大学で、部活によっては医看合同で練習しています。
ボランティアサークルもあり、早い時期から病棟で患者さんと接することもできます。
大学祭は比較的こじんまりとしていますが、各部活が屋台を出店し、ステージや外部の方を招いた講演も行われます。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
全学年が同じところで授業を受けるのかと思っていましたが、1年生は保健看護学部と同じキャンパスで、2年生以降は病院と同じ敷地にあるキャンパスで授業を受けます。
また、絵が苦手な私は実習で行うスケッチができるのか心配でしたが、見た物の特徴を捉えて書けば大丈夫だということがわかり安心しました。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
試験の数が多く、進級するだけでもかなり勉強しないといけません。
量が多いので、問題集を繰り返し解く体力をつけておけばよかったかなと思います。
また、医学の教科書は一冊一冊が高価で、安いもので3000円くらい、高いものでは1~2万円ほどかかります。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
2つの学部からなる大学なのでアットホームな雰囲気で、友人ができやすいです。
大学の学費補助を受けていますか?
受けている
奨学金名
日本学生支援機構
貸与額
50,000円/月

大学生活の口コミ

【入学年度】2017年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:67ID:4110

参考になった:0
口コミ評価
5.0
就職・進学
5.0
授業・実習
5.0
部活・サークル
5.0
研究
5.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
4.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
大学一回生は一般教養を学びます。
そのため、キャンパスも2年以降とは違い、看護学生と同じになります。
2年次以降から付属病院のあるキャンパスに移り、三年間本格的に医学を勉強します。
二回生で解剖実習があります。
5、6回生で病院実習を行います。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
部活、サークル共にたくさんあります。
単科医大なので医学部と看護学部共通が多いです。
練習日数は多くはないので、兼部している学生も多いです。
時間帯や曜日もたくさんの種類があるので、忙しい人でも部活やサークルに入りやすいと思います。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
大阪育ちなので、最初に大学見学に行った時には田舎だなぁと思いましたが、入学してから大学周辺で色々するにつれて、大学生活を送る上で必要なものは一通り揃っているなと思いました。
近くにラウンドワンなどもあり、遊びやすいと思います。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
大学の必修科目が多くて、大学の授業が高校の授業の延長線上のように感じました。
ただ大学の授業は色々なことを学ぶことが出来るので、楽しいと思います。
例えば、大学受験で学んだ内容をより深く学ぶことができ、興味関心がある内容だったりします。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
1学年100人と少ないので、友達を作りやすいです。
大学の学費補助を受けていますか?
受けている
奨学金名
日本学生支援機構
貸与額
45,000円/月

和歌山県立医科大学医学部へのアクセス

所在地 和歌山県紀三井寺811-1
最寄駅 JR紀勢本線 紀三井寺駅

大学解説

【歴史】 19ある「旧制医専」の一つ。1945年に設立された和歌山県立医学専門学校を前身とする。医学部における女子学生比率が比較的高い。
【特徴】 1年次にはリベラルアーツ(教養教育)が中心となり、2、3年次には臨床の基礎となる基礎医学の領域を中心として学ぶとともに、約2ヶ月間の基礎配属において研究に親しむ期間を設けている。4~6年次には臨床医学の基礎的な内容を学ぶとともに、臨床の現場での臨床実習を行う。これらの課程では、従来の講義形式の授業と並行して、自分自身で問題点を発見し、解決する問題解決型の教育を多く取り入れている。

和歌山県立医科大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

和歌山県立医科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
和歌山県立医科大学医学部の画像は和歌山県立医科大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル