弘前大学医学部

弘前大学医学部
口コミ
口コミ評価
3.5
  • 勉強法(4
  • 面接対策(2
  • 小論文対策(1
  • 大学生活(4
偏差値 67.5偏差値 35位/82校
学生数 777人【男性:65.9%・女性:34.1%】
女子比率 26位/82校
6年間で
必要な学費
3,496,800円
医師国家試験
合格率
88%(合格率 55位/80校

弘前大学医学部の偏差値

2016年
67.5 ランキング  35位/81校
2015年
66.8
2014年
64.3
2013年
64.3
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
30 68.2 滋賀医科大学 国公立 滋賀県
31 68.0 長崎大学 国公立 長崎県
32 67.8 浜松医科大学 国公立 静岡県
32 67.8 日本医科大学 私立 東京都
34 67.7 新潟大学 国公立 新潟県
35 67.5 弘前大学 国公立 青森県
35 67.5 東京医科大学 私立 東京都
35 67.5 昭和大学 私立 東京都
35 67.5 愛媛大学 国公立 愛媛県
35 67.5 関西医科大学 私立 大阪府
40 67.3 和歌山県立医科大学 国公立 和歌山県

弘前大学医学部の学費

6年間学費総額 3,496,800円 ※国公立大は学費が一律のため
ランキングなし
1年次学費総額 817,800円 2年次以降学費(年間) 535,800円
1年次学費 入学金 282,000円
授業料 535,800円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 -円
合計 817,800円
2年次以降学費(年間) 535,800円
6年間学費総額 3,496,800円

弘前大学医学部の奨学金

弘前大学生活支援奨学金貸与

金額 100,000円
期間 原則1回
条件 一時的な経済的理由により生活が困難となった者

岩谷元彰弘前大学育英基金(奨学金)給付

金額 200,000円
期間 1回
条件 成績優秀で、かつ経済的理由により修学が困難な者。

岩谷元彰弘前大学育英基金(留学費用)給付

金額 50,000円
期間 1回
条件 留学する成績優秀な者。

弘前大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

小論文対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:70  入学直前期:70ID:1866

参考になった:1
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
小論文のという名前ではなくケーススタディという配布される資料をもとに自分の考えを論じていくものです。私の代のテーマは、女性の労働環境や子供の貧困などについてでした。文字数の指定はありませんでしたが、a4のプリント2枚であるので、1000〜2000文字程度であれば良いと思います。自分は2枚全部埋めました。配布された資料には番号がついているため、その資料を使う際には番号を書いたほうがいいと思います。流れとして、まず、自分が考えた問題を書いて、それは〜番の資料でわかる。そして、〜番の資料からこのような解決策を考える、みたいな感じです。また、自分が知っている知識も使っていいのでそれを分かりやすくかければいいと思います。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
1ヶ月前から週一回程度していました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
最近の自治問題についてはネットや新聞、ニュースなどでしっかり理解しておいて、それについて自分の考えを述べることができるように対策しておきました。

また、医療に関する倫理の問題についても本などでしっかり調べ、自分の考えを述べることができるようにしました。また、実際に過去の入試で出されたテーマについても実際に時間を計って書き、先生に添削をお願いしてもらっていました。

また、自分は、あまり文章をかくのが得意ではないので、最初に大まかな流れを書いて、しっかり理路整然とした文章になるように、日頃から気をつけて文章をかくようにしました。また、時間が短いため、素早く丁寧に文字を書くように心がけていました。

医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
まず、近年問題になっている医療の問題や、倫理に関して、それを取り上げたテーマ本を1冊でもいいのでしっかり読み込んでおく必要があると思います。そしてその少しでも気になったことがあれば自分で調べてみることで、よりそのテーマについて深く理解することができるようになると思います。

また、資料をもとにして論じる小論文であるためまず、資料を読みとりそれを要約する練習から始めました。そして、そのことから読み取ることができる問題や課題についての解決策を最初は自力で書いてみて、あまり書けなかった時はそのことについて本やネットなどで調べてみてもう一度書き直してを繰り返していました。先生の添削もとても参考になりました。

小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
再受験する場合、やはりその年ごとにテーマが変わるため、自分の得意、不得意の分野によってうまく書けるものと書けないものとあると思います。自分の年のテーマはよく知っているものであるため、うまく書くことができましたが、次はうまくいくかわかりません。そのため、どの分野で出されてもしっかり対応できるように日頃からいろいろなことに興味を持ち疑問に思ったことはすぐ調べてみることを心がけて生活したいと思います。また、勉強の隙間時間にでも多くの本を読む事を習慣化すればより深い知識を得ることができ、より論理的により深くそのテーマについて論じることができるようになると思います。小論文が苦手な方も日頃からいろいろなことを調べてみてはいかがですか。

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:70  入学直前期:70ID:1853

参考になった:7
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【AO】
決められた時間に合わせていく形で、面接官は教授3名。30分程度。

【前期】
全員集団面接をしたのち、地域枠で出願した人は個人面接
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
・医師を志した理由

・青森県が短命県である理由

・高校の部活動について
当日の面接の様子について教えてください。
私はAO入試で合格したのでAO入試について書きます。面接は1次試験の2日目で1日目に渡される自分の面接時間に合わせていく形です。面接会場は8つありどの場所の面接官も教授3名です。そのうちの1つは圧迫面接気味だったそうです。毎年あるようです。面接は机を挟んで行われ、荷物は後ろの台に置きます。面接は自己推薦書に沿って行われました。自分のところは結構フレンドリーな雰囲気で行われやりやすかったです。時には、少し突っ込んだことも聞かれるため対応が必要です。また、誓約書についても聞かれることがあるためしっかり内容を確認したほうがいいです。あと、青森県は短命県であるためそのことの原因や対策についても考えておいたほうがいいです。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接では担任の先生を中心に、時には主任や教頭先生とも練習を行っていました。また、時間がある時には医学部志望の友達同士でも簡単に練習しあっていました。週一回程度でした。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
夏休みから面接対策が始まり、担当の先生との面接が定期的に行われていましたが、それだけでなく、医学部志望の友達同士でも簡易的な面接練習をして対策を行っていました。これはとてもいい経験になるのでとてもおすすめです。あとは、最近の医学のニュースに関してもしっかりチェックしておきました。自己推薦書に書いてあることについても深く知るようにしました。また、青森県の医療の実情についてもしっかり知っておく必要があると思ったので調べていました。他にも、医療だけでなく最近の県内のニュースなどを知るために定期的に新聞をよんでいました。自分の興味のある本は何冊か読んでおいて面接で聞かれてもいいように内容をまとめたりしていました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
自分は楽しい雰囲気で面接できたのでラッキーだと思っています。でも、その中でも、深く質問をしてくることも少なくなかったので、もう少し自分の興味のあることについても学んでおく必要があったと思います。また、圧迫面接気味のグループに入った人は、それ以上に踏み込んだ質問が来たり、自分の考えが否定されたりしたらしいので先生に頼んで圧迫気味の面接の練習も何回かしておくことができればどこのグループに入っても対応することができると思います。面接は終了とても緊張すると思いますが、練習してきたことを活かして笑顔もはさみながらできれば決して悪い評価はつかないと思います。先生や友達同士でしっかり面接対策を行ってください。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:70  入学直前期:70ID:1819

参考になった:3
口コミ評価
4.0
就職・進学
5.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
4.0
研究
4.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
4.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1年次は教養科目が中心で週2回専門科目があります。大きいテストは前期、後期で1回ずつあり、昨年は20人以上留年しました。

2年次から専門科目だけとなりとても忙しくなります。

3年次の病理学は100人以上が落ちてしまう厳しいものです。

6年次には地域学実習で地方の病院に行かなければなりません。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
部活は医学部と全学という形で分かれているのであまり他学部との交流が少ないです。

医学部には運動部中心でサークルはないため、サークルは全学の方に入る必要があります。

入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
医学部キャンパスは離れているためあまり他学部との交流が少ないと思っていたが必修科目で他学部との交流があった

保健学科との交流はほとんどない。

1年次は医学より英語の課題が多い。

部活や県人会などでスーツを着る機会が多い。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
今年から物理が必修科目ではなくなり、また、テストがある生物中心であることから、物理選択の人は自分で生物の勉強をしなければならず、物理を取っていてもあまりいいことがないこと。

1年生は他学部と比べても楽なこと。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
県外出身も多く、いろいろな人に出会えること。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2015年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:65ID:445

参考になった:5
口コミ評価
3.0
就職・進学
3.0
授業・実習
3.0
部活・サークル
5.0
研究
4.0
国家試験・資格
4.0
恋愛・友人
3.0
施設・設備・立地
4.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1学年の夏休みの途中でアーリーエクスポージャーという看護、介護体験があります。この体験で実際の医療現場がどのようになっているか、そしてこれから自分たちが医師になるうえでのモチベーションにつながってくるのだと思います。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
軽音と国際医療研究会というサークルに入っていますが、一応どちらも全学のサークルです。医学科生が半数以上います。やはり、縦の繋がりのために部活やサークルに入る人が多いです。部活は、週4以上のハードなものが多いです。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
総合大学であるので他学部の人ともたくさんコミュニケーションがとれるのかと思っていましたが、教養科目でもほとんど医学科生しかいない場合が多く2年生以降は医学科のキャンパスにしかいかなくなるので部活やサークルでしか会えないのかもしれません。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
物理選択者は1学年時に生物選択者よりも専門科目で苦労するかもしれません。物理選択者用の生物の科目があるのでそれで学ぶとかなり楽になるので、入学前に参考書を買ってガリガリ勉強はしなくても問題ないと思います。生協から買うことを勧められるノートパソコン(17万円くらい)は、高いと思う人はもっと安いものでまったく問題ないです。TOEICで600点以上とっておくといいことがあるのでぜひとっておきましょう。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
田舎すぎず、都会すぎず、周りの人はせかせか時間に振り回されないで生活していてやさしいというような印象を受けます。
大学の学費補助を受けていますか?
受けている
奨学金名
日本学生支援機構
貸与額
80000円/月

弘前大学医学部へのアクセス

所在地 青森県弘前市在府町5
最寄駅 弘南鉄道大鰐線 中央弘前駅

大学解説

【歴史】 1949年設置。国立大学で最初に医学部の医局制度廃止を打ち出した大学である。AO入試の募集定員が多く、多様な学生に門戸を開いている。 【特徴】 多種多様な実習が特徴である。早期臨床体験実習(earlyexposure)、種々の基礎・専門教育実習、臨床実習と診療参加型実習(clinicalclerkship)などが含まれる。早期臨床体験実習では、入学後早期から見学を中心に医療現場を体験することができる。

弘前大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

弘前大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
弘前大学医学部の画像は弘前大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル