弘前大学医学部

弘前大学医学部
口コミ 勉強法(9)/ 面接対策(6)/ 小論文対策(2)/ 大学生活(9
偏差値 66.545位/82校 国家試験合格率 90%50位/80校
学費 3,496,800円 男女比 男66:女34女子比率 27位/82校

弘前大学医学部の小論文対策の口コミ

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

2件中 1-2件を表示

小論文対策の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:75ID:4375

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】
問題に掲載されている写真から(男の子の写真)。彼の目の前にはどんな世界が広がっているのか。
【論じ方】
まず問題文には年代が書いてあり、戦争直後であった。なお男の子はアメリカ人であった。
表情やシチュエーション(窓枠の中から覗く様子)から様々推察した。
時代背景等、知識を使いつつ論理的に述べるように意識した。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
予備校に小論文の任意の講座があり、それを受講していたため、週一回を約一年かけて対策を練っていた。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
予備校の小論文の講座のテキストに目を通して、よく使われている題材に関しては少し検索をかけて知識を入れるようにしていた。
あくまでも学力試験がメインなので、日々の息抜き程度に隙間時間を設けて調べ学習をしていた。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
基本的にはスマホやパソコンでネット検索をして、その題材に関する記事やコラムを読んで知識を増やしていった。
小論文は自分の意見を書かせることが多いので、2つの立場両方書いてあるコラムを読むことが1番ためになると思った。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
上記のやり方をずっと行って、本番も上手くいったため、もう一度受けるとしても同じことをすると思う。
強いて言うならば、もっと添削を受けて、さらにしっかりとした復習を行えたら自分の文の変な箇所のパターンを抑えられたのかなと考えている。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:70  入学直前期:70ID:1866

参考になった:2
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
小論文のという名前ではなくケーススタディという配布される資料をもとに自分の考えを論じていくものです。私の代のテーマは、女性の労働環境や子供の貧困などについてでした。文字数の指定はありませんでしたが、a4のプリント2枚であるので、1000〜2000文字程度であれば良いと思います。自分は2枚全部埋めました。配布された資料には番号がついているため、その資料を使う際には番号を書いたほうがいいと思います。流れとして、まず、自分が考えた問題を書いて、それは〜番の資料でわかる。そして、〜番の資料からこのような解決策を考える、みたいな感じです。また、自分が知っている知識も使っていいのでそれを分かりやすくかければいいと思います。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
1ヶ月前から週一回程度していました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
最近の自治問題についてはネットや新聞、ニュースなどでしっかり理解しておいて、それについて自分の考えを述べることができるように対策しておきました。

また、医療に関する倫理の問題についても本などでしっかり調べ、自分の考えを述べることができるようにしました。また、実際に過去の入試で出されたテーマについても実際に時間を計って書き、先生に添削をお願いしてもらっていました。

また、自分は、あまり文章をかくのが得意ではないので、最初に大まかな流れを書いて、しっかり理路整然とした文章になるように、日頃から気をつけて文章をかくようにしました。また、時間が短いため、素早く丁寧に文字を書くように心がけていました。

医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
まず、近年問題になっている医療の問題や、倫理に関して、それを取り上げたテーマ本を1冊でもいいのでしっかり読み込んでおく必要があると思います。そしてその少しでも気になったことがあれば自分で調べてみることで、よりそのテーマについて深く理解することができるようになると思います。

また、資料をもとにして論じる小論文であるためまず、資料を読みとりそれを要約する練習から始めました。そして、そのことから読み取ることができる問題や課題についての解決策を最初は自力で書いてみて、あまり書けなかった時はそのことについて本やネットなどで調べてみてもう一度書き直してを繰り返していました。先生の添削もとても参考になりました。

小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
再受験する場合、やはりその年ごとにテーマが変わるため、自分の得意、不得意の分野によってうまく書けるものと書けないものとあると思います。自分の年のテーマはよく知っているものであるため、うまく書くことができましたが、次はうまくいくかわかりません。そのため、どの分野で出されてもしっかり対応できるように日頃からいろいろなことに興味を持ち疑問に思ったことはすぐ調べてみることを心がけて生活したいと思います。また、勉強の隙間時間にでも多くの本を読む事を習慣化すればより深い知識を得ることができ、より論理的により深くそのテーマについて論じることができるようになると思います。小論文が苦手な方も日頃からいろいろなことを調べてみてはいかがですか。

2件中 1-2件を表示

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

弘前大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

弘前大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
弘前大学医学部の画像は弘前大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル