群馬大学医学部

群馬大学医学部
口コミ 勉強法(16)/ 面接対策(10)/ 小論文対策(7)/ 大学生活(14
偏差値 67.046位/82校 国家試験合格率 90%39位/80校
学費 3,496,800円 男女比 男69:女31女子比率 37位/82校

群馬大学医学部の小論文対策の口コミ

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

7件中 1-7件を表示

小論文対策の口コミ

【入学年度】2017年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:60ID:3151

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】
テーマは、感染症患者への対策についてだった。
【どのように論じたか】
倫理的問題を加味しながらも、感染を防ぐ努力が必要である、と答えた。オリジナリティーを出す必要はなく、一般的な意見を分かりやすく書いたとおもう。文字数が短かったため、書きやすかった
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
対策はほとんどしなかった。過去問を3年分といた。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
対策はほとんどしなかった。よくわからない話でも、それらしく、文字数を埋めればよいと考えていた。文章は、短く主語と述語が離れすぎないように常に意識はしていた。また、新聞はよく読んでいた。書評は、勉強になったとおもう。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
過去問が全てだとおもう。新聞や科学系雑誌を読んだところで、聞かれるのは知識出はなくどう考えたか、であるのであまり意味はないと思っていた。昔からよく本を、よんでいたので小論文の役にたったのかもしれない。知識はあまり要らないとはおもう。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
群馬大学の小論文は、かなり特殊なので対策のしようがないと思いますが、自分が思ったことを丁寧にかけば先生方はきちんと判断してくれます。分かりやすく、読む相手のことを思いながら書くことが大事だとおもいます。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:62ID:2741

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【小論文のテーマ】
英語の文章をよんでそれに対して答える問題でした。単純な英語の問題も多く含まれており、英語力が必須でした。
【どのように論じたか】
本文の読み取りをしたあとそれに対して自分の考えを述べました。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
夏頃に始めて、1ヶ月に一つ問題を解くようにしていました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
文章で使う表現などは使い慣れないことも多く、効果的に使えないことも多いと先生に言われました。最初の文章をある程度形にするためには何週間もかかりました。作文と小論文は違うということを先生に言われて、構成などを丁寧に考えるようにしました。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
医療系の問題などついてニュースやテレビ番組をみたり、よく問われる医療倫理については書店などで本を立ち読みしていました。どのようなポイントが論点になるのかを意識していました。他の問題にも言えることかなど考えていました。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
文章力というのはすぐにつくものでもないのではやい段階からの対策が必要です。一年生のころなどおろそかにしてしまいがちな国語の記述問題は文章を書くいい練習になると思います。本格的な対策を始めるのは2年生終盤くらいがよかったと思っています。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2013年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:62  入学直前期:66ID:2287

参考になった:3
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
一般的な小論文ではなく、英語の長文問題に対して日本語で回答する形式で英語の2次試験のようなものである。比較的長い英語の長文で、内容は医学的なことから生物学的なことなど年度によって様々だが、基本的には生物学的な内容が中心となっている。自分が受けた年は太古の生物の進化を大気の酸素濃度などに関連して論じている内容だった。全部で10箇所ほどに下線が引かれていて内容説明など字数指定で日本語で回答する問題がほとんどだった。医学的な単語や難しいものには語注があるが、その量が多いために読み止まっているとなかなか読むことができず、時間も無くなってしまうため、文章の全体的な理解を進めていくことが大切であるように思った。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
英語長文形式であるのもあり、センター以降に始めた。過去問を中心に週1過去問を解くペースであった。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
前述したように小論文は一般的な英語の試験であるため、医学的な知識を深めるのどの特別な対策はしなかった。形式になれるため過去問を中心に対策を行い、文法問題や選択肢問題が無いなどの特徴を把握した。内容は、医学的なことから生物学的なことまであり医学的なことについては他の受験生も分からない部分が多いと思うが、生物学的なことについては自分が物理選択であったため他の受験生より不利になりたくないと思い、基本的な高校生物の内容を少し勉強した。過去問には遺伝の法則や進化論の話があり、そこから必要性を感じた。また、長文の内容説明問題がほとんどであるため、内容を確実にとらえて指定された語数に収める演習を重ねた。一般的な長文読解と同じであるが、大事だと思う。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
医学的、生物学的な内容の英語長文読解であり、前述の内容と被るが生物学的な内容を少し理解できるようにした。生物学的な内容は高校生物の教科書を一通り読み、大まかな内容を理解できるようにした。また、医学的なことはあまり深めるまではしなかった。過去問などで演習を重ねたが、共に一般的な知識、教養は知っている前提で論じられていることが多いと感じたため、そのような部分も知識を広げられるように意識した。医学的な単語は語注があるため、特に対策する必要はないのではないかと思う。小論文というよりも長い英語の長文を内容をとらえながら読み解いていく力をつけられるように長文読解の問題も演習して、内容説明や要約する練習をしていった。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
小論文というよりも英語の長文読解であるが、普通の一般的な長文とは少し違い、文量が多めであり、下線部説明、要約が中心であるといった特徴があるため、まずは過去問を多く演習し傾向をつかむことが重要であると思う。なかなか制限時間内に全てを十分に解ききることは大変であると思うため、出来るだけ早く読めるように長文を読む練習も必要であろう。問題を解くのに必要の無い部分も多くあることもあるため、関係ない部分を読み飛ばす練習も役に立つだろう。また、生物学的な内容に対応しなければならないため、遺伝や進化など生物学的な内容の基本を理解しておくことで読解しやすくなるだろう。それには高校生物の教科書などで十分であると考える。またできれば解いた過去問を先生などに添削して頂き、解釈の正しさを確かめると良いだろう。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:63ID:2273

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】
道徳とは何か
小論文は文章題で出題され、多くの問題があった。何か正解があるようなタイプの問題ではなく、哲学的な内容だった。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
学校の先生に週に一回、推薦入試の一ヶ月前から行ってもらってました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
国語の先生に要約の課題をもらって、それをやっていました。内容は、日々の新聞のコラム(3社)を読んだ感想と、それの要約でした。文章の構成などを直してもらって、自分のおかしい日本語を直してもらってしました。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
医療系のニュースをファイリングして、それを何回も読んで、内容を深めていました。特に医療系の本などは読まずにニュースを読んでいました。その方が医学部を目指すモチベーションにもつながりましたし、お勧めします。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
問題数が多かったように思うので、再受験するとしたら、もっと時間配分など意識して全ての問題に答えれるようにしたい。また、医療系のニュースだけでなく、日々のニュースにももっと敏感になって、考えを深めておけばよかった。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2014年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:57  入学直前期:68ID:1865

参考になった:8
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
群馬大学の小論文は、英語の長文が出題され、それについて設問が数問あります。2次試験での英語の問題と考えてくれればいいと思います。一般的な小論文とはかなり異なるので注意してください。おそらく、どこかの論文の一部だと思います。かなり長い文章で、単語の注釈も多く本文を読むのにかなり時間がかかります。図表もあり、それに絡んだ問題もありました。しかも、問題は文章全体から満遍なく出題されていたので、話がわからないと解けない問題です。テーマは、患者の呼気からその患者に癌があるかどうかを判断するというもので、嗅覚の鋭い犬と人間が作った機械のどちらが正確かという、いかにも論文のような文章でした。図表もありました。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
群馬大学の小論文は、英語の論文を読み解く力が試されます。普段は二次試験での英語対策で十分です。私はセンター試験が終わってから群馬大学の過去問を解きました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
群馬大学の小論文は、一般的な英語の試験と形式は見てるので、特別な対策はしなかったと思います。ただ、私立大学の入試のような文法問題(選択問題や整序問題など)は出題されませんので、文法の勉強はしませんでした。過去問を解くとわかると思いますが、内容は、医学的なことから生物学的なことまで様々です。例えば、ある年ではメンデルの遺伝の法則について英文で書かれていて、交配結果の比を求めるといった、高校生物の問題も出ました。群馬大学は物理、化学の筆記試験が出題されるため、生物の勉強はまずしないと思います。遺伝のように、生物の知識が必要な問題があったり、生物の知識があった方が問題が解きやすかったりしたので、私は高校生物の教科書を一通り読んでから入試に臨みました。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
内容は様々ですが、医学知識、生物知識に絡んだ題材がよく出題されると思います。ただ、大学が入試科目に物理と化学を選択しているので、そのような知識がなくても、解けないことはありません。もちろん、知識があればあるだけ文章も読みやすくなりますし、問題も解きやすく、かなり有利になると思います。様々な大学の医学部での英語入試問題を集めた問題集が何冊か売っているので、それをすると英語の読む力もつくし、医学知識も入っていていいかと思います。生物知識を入れるのには、やはり教科書が一番ですし、それよりも深い内容を入れる必要はありません。問題を解けるようになる、というよりかは生物学的思考を身につけるという意味で読んだ方がいいと思います。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
再受験するとしても、特別に勉強方法を変えることはないと思います。英語力のある人は、対策をしなくてもできます。論文の一部ですので、文自体はそんなに難しくはありません。ただ、文がかなり長い割に、文全体から満遍なく出題されます。一度、設問文を見てどんなことを聞かれているのかを把握した上で本文を読んだ方がいいと思います。1つの設問に対して200字など論述させる問題が多いです。全て解き終わる人はなかなかいないので、自分が解けそうな問題からする、といった定番を守った方がいいと思います。また、もし余裕があったら医学的内容の論文を検索して、辞書を使いながら読むということをするといい対策になるのではないかと思います。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2015年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:70ID:1863

参考になった:2
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
小論文といっても特定のテーマがあってそれについて自分の意見を述べるのではなく、英語の文章を読んで日本語の長文で答えるといった形式です。

詳しくは覚えていませんが感染症の話がでてきました。その年に流行したエボラ出血熱を意識した問題であると感じました。特にそれをからめた問題があったかは覚えていませんが、面接でその話題がでてきました。

また、治療を拒否する患者にどのように対応するかということについて書くような問題があったと思います。質問については英語の文章に線がひいてありそれを訳すのですが、答えはどこにも書いておらず自分で考えて自分の意見を論じる問題でした。私は患者に治療を拒否する理由を聞き、その原因をこちらでできるだけ取り除いていく、というようなことを書きました。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
小論文といっても英語の試験であるので特別に対策はしていません。センター試験が終わり受験校が決まってから過去問を解きました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
自分の書いている文章が読みやすいものであるかどうか、採点する人が読んで分かりやすいかどうかに気をつけて文章をつくった。自分の書いた文を読んで、日本語が間違えていないか、独りよがりな文章になっていないか、論点がずれていないかなどできるだけ客観的にみるようにした。伝えたいことの要点をまとめて端的に伝えることを意識して、短い文章のなかにできるだけ多くの要素を取り入れられるようにした。

また、日本だけでなく海外でなにが起こっているのか、つまり時事ネタを手に入れるためにニュースや暇なときは新聞にも目を通し、自分なりに考えることもした。政治の解説番組などは息抜きとしてはあるが、必ず観ることで知識と理解をふかめた。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
テレビのニュースや、携帯などで日本だけでなく海外の時事ネタをおさえるようにしました。気になったことについては調べるなどして興味を持ちながら知識を深めました。また、政治を分かりやすく解説する番組は必ず観るようにして知識と理解をふかめました。

また、医療問題については他のものよりも興味があったこともあってより詳しく調べ、どのように対策したらいいのかなどまで自

分なりに考えるようにしました。

興味を持ったことについては本を読み、知識を深めた。本を読むことでさらに興味が広がり、さまざまなことについて興味をもつことができた。また多角的な見方ができるようになったと感じた。受験直前ではなかなかむずかしいのでテレビやネットに頼っていた。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
小論文の知識がまったくないようでは文章をすらすらと書くことはむずかしいと思います。知識は多いに越したことはないと思うのでさまざまな本や新聞を読んだり、ニュースを観るなどして知識を蓄えることは重要であると思います。また、知識として持っているだけではなく、さまざまなことに対して自分なりに考え、自分の意見を持つということも大切であると思います。自分なりに考えることで新たな興味にもつながり、知識がさらに深まると思うからです。

また、自分の意見を持つと同時に重要なことは、多角的な考え方ができることです。一つの意見に偏ることなく、いろいろな角度から物事をみることでバランスをとるということが非常に重要であると思います。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2015年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:73ID:1013

参考になった:11
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
英語の小論文でした。
【テーマ】
大きくみると感染症についてです。どちらかというと小論文というよりは英語の長文読解のテストといった感じで、英語の二次対策をすることによって補えるものだと感じました。 
【回答】
私の受験の時はエボラが流行した時期であったため、時事ネタをチェックすることは大切なことだと思います。また、余力があれば、医学についての本などから基礎的な知識などを蓄えておいたほうが試験で有利に戦えます。感染症患者を隔離することに関して、議論する問題に関しては、医師側の立場、患者側の立場の両方から論じ、倫理問題を絡めて回答しました。断定するような言い方になってしまうと、偏った見方しかできないと思われてしまうため、注意が必要です。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
毎日英文に触れる程度です。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
私の受けた小論文の試験は、英語の長文が数ページあり、それを読んで10個くらいの問いに対し答えるというものでした。中には、ただの長文読解の問題となるものもあったりしました。長文読解をするにあたって大切なのは、筆者が何を言いたいのかということです。筆者が最も言いたいことというものに対し、しっかりとチェックをいれることが大切です。また、それを回答するときに大切なこととしては、自分自身の考えを持ちつつも、その考えに固執しすぎないことです。医師になるにあたって、自己中心的な考えは非常に良くないです。自分とは異なる様々な意見があるということをしっかりと頭に入れてほしいです。また、日頃から長文を書くことも大切です。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
医学部の小論文に必要な知識は、医学系の英単語本を買って、そこにでてきたわからない単語を調べる、ということをしました。そうすることで、英単語、小論文対策、医学に関する一般教養的なものを一度に行えるという効率的な方法だったと思います。自分自身、サッカー部を夏の引退まで続けており、時間がない中の受験であったため、どうしても効率の良い勉強をしなければなりませんでした。ですので、時間があまりない、という人に対しては、先程述べた勉強方法はおすすめです。もちろん時間があればもっと詳しく調べることで知識を蓄えられると思います。また、テレビで放送されている医療系の番組をみることも良いと思います。息抜きついでに知識も入ってきてとても良いと思います。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
小論文をもう一度受験するなら、高校時の生物の勉強をもっとしっかりするべきだったなと感じています。高校時の生物は、私自身物理化学選択であったため、一年生の時に軽く基礎だけをやった程度です。そのため、生物についての知識は極めて少ないものでした。医療と生物は大変近いものであるため、生物についての知識を得ることは医学についての知識を得ることとほとんど同義です。ですから、小論文を書く際には、少なからず医学の知識を試されるポイントがあるため、そこで差をつけたいのであれば、生物の勉強をすることはかなり重要なもことなります。それだけでなく、大学入学後も医学について勉強するにあたってかなり有利になってくるため、おすすめです。

7件中 1-7件を表示

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

群馬大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

群馬大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
群馬大学医学部の画像は群馬大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル