慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部
口コミ 勉強法(27)/ 面接対策(14)/ 小論文対策(6)/ 大学生活(26
偏差値 76.22位/81校 国家試験合格率 94%27位/80校
学費 21,759,600円2位/30校 男女比 男76:女24女子比率 49位/81校

慶應義塾大学医学部の面接対策の口コミ

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

14件中 1-10件を表示

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:58  入学直前期:76ID:2019

参考になった:0
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個人面接
【人数比】
受験生1人に対して面接官2人
【所要時間】
15分×2
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
医学部を志望した理由は何か
【回答】
親ががんになり、親戚はがんで亡くなりました。今まで病気は身近なものではありませんでしたが、家族が大きな病気になりなくなったことで病気の人を助けたいと思い医学部を志望するようになりました。
【質問】
なぜこの大学を志望したのか
【回答】
慶應義塾大学は臨床、研究とも最先端でありどちらの道に進んだとしても活躍できるのではないかと思ったからです。
【質問】
仕事と家庭の両立はできるか
【回答】
確かに仕事と家庭の両立は難しいとは思いますが、両立している人の意見を聞いたり周りのサポートを受けたりなどして両立したいと思います。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
1回目は少し圧迫気味で2回目はアットホームな雰囲気だった。
【面接官】
1回目は40代の女性1人と50代の男性1人、2回目は50代の男性2人だった。
【会場の様子】
1つの教室で4人が別々に面接を受けていたので結構賑やかであり声を張らないと面接官に聞こえなかったり、面接官の声が聞きにくかったりした。
【面接を受けて】
1回目の面接ではあまり自信のない回答をするとそこにどんどん突っ込んできて圧迫気味になった。自信がなくても堂々と答え、質問攻めになっても冷静に答えることが大切だと思った。1回目と2回目では質問の内容が同じものが多いので、回答に矛盾がないよう1回目で答えた内容を覚えておくよう心がけた。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接の対策は直前期に開始しました。12月に行われた予備校の模擬面接に参加しました。そこで受けたアドバイスを参考に回答を練り直しました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
普段は面接の対策はあまりしていませんでしたが、各大学でされた実際の質問の一覧を見て自分だったらどのように答えるのかを考えたりしていました。医療系知識は毎週予備校で小論文の授業を受けていましたがそこで医療系知識の解説を受けていたのでそこで学び、講習では医療系知識の解説を行う授業を取っていました。
また毎週授業で小論文を書いていて、小論文の内容と面接で聞かれることは共通しているところも多いので、普段から小論文を書く時にしっかりと考えて自分の考えをまとめてそれを面接の回答に繋がるようにしていました。予備校では志望理由の添削などを行なっているので先生などに添削してもらうと良いアドバイスがもらえると思います。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
私は面接対策はあまりしておらず、直前期の模擬面接と面接の前日にしか対策していなかったので、回答があまりまとまっていなかったりその場で考えることが多かったと思います。もう少し前もって考えておくべきだったと思います。普段からニュースや新聞を見たりなどアンテナを張っておくべきだったなと思います。
面接はあまり経験したことがなく不安も大きいと思います。実際に受けてみなければどんな質問をされるのかはわからないし圧迫面接になるかもしれません。しかし、どんな時も自信のないそぶりは見せずに堂々としていることが大切です。どんな面接も明るく、元気に、はきはきと答えていれば乗り切れると思います。面接官に自分の熱意を伝えましょう。

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:58  入学直前期:74ID:1856

参考になった:1
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
個別で、2人の面接官がいました。

同じ部屋で、複数の面接が行われてました。
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
・医学部を志望した理由、

・どんな医者になりたいか?

・最近読んだ本で心に残ったものはありますか。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
和やかな雰囲気で、リラックスできた。

【面接官】
男女1名ずつでした。男の先生が話をして、女の

先生は時々、相づちをうったりするなど、あまり話していませんでした。

男の先生がとても優しそうな先生だったため、緊張しなかった。

面接中、私の話をよく聞いてくれて、うなずいて同調してくれるなど、話しやすかったです。私の話す内容を、時々メモする程度で、一語一句書き取るようなことはしていなかったと記憶してます。

私が志望動機で、慶應大学医学部の学生から個別で家庭教師をしていること、その先生をすごく尊敬していることを話したので、「誰だろうね〜」と話が盛り上がりました。また、どんな医師になりたいかなついても聞かれましたが、私の答えに先生が頷いてくれて、とても話しやすい雰囲気でした。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
志望動機や理由は年末くらいから考え、400字くらいで紙にまとめて、用意しました。内容は予備校の



面接用に、練習も行いました。

大学の教育目標などをチェックして、大学の方針に合った答えが出来るようにしました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
大学のウェブサイトの内容をチェックしたり、新聞を一面で主なニュースに目をを通すようにしていました。特にips細胞など、話題になったトピックについては、より深く調べて、考えを答えられるようにもしていました。面接対策も小論文対策は内容的に共通する部分があります。小論文対策でまとめた内容を面接用にも利用しました。

また、まとめた内容については予備校の先生に見てもらい、修正をして、面接でどのような形で聞かれても答えるようにしました。直前の時期は、予備校の先生に模擬面接をして貰い、練習しました。二次試験の前日も、何度も面接の練習をして、本番で緊張しないように備えました。両親にも見てもらい、完璧を目指して準備しました。



大学によって、質問内容や面接形式が違います。一通り、それらについて目を通しておきました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
慶應大学医学部の面接は、とても和やかな雰囲気だったので、対策してきたことが生かされたのか、少し準備しすぎたのかなぁという気がしました。しかし、準備が十分だったからこそ、緊張しないで話ができたのかもしれません。大学によっては、臨床医を育てることを第一の目的にしているところや、研究医も育てたいと考えているところなど、大学によって異なります。しっかり、大学の教育目標をみて、それに即した答えをするようにした方がいいです。

自分の理想像を正論として、主張しても、面接官の反感を買ったり、またそれが理由で面接試験で落とされる原因にもなり得ます。とにかく大学の教育目標に合わせて、自分独自の解答を作り、答えられるようにしましょう。

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:85ID:1840

参考になった:1
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
個別面接を二回(人によっては3回)

面接官二人に対して受験生一人

所要時間は十分
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
医学部志望理由
【回答】
身近な人がガン治療で苦しんでいるにもかかわらず何も出来ない自分が悔しく思ったので、医師になってガン患者の役に立ちたいと思ったから。

【質問】
理想の医師像
【回答】
患者さんが病気を抱えることで感じる心の痛みを理解できる医師

【質問】
自分の価値観に強く影響を及ぼした本
【回答】
まだそのような本に出合ったことはない
当日の面接の様子について教えてください。
面接の雰囲気はアットホームな感じで受けやすかった。慶応義塾大学医学部の面接は圧迫面接で有名であり、しかも浪人生には厳しいと聞いていたが、実際に受けてみるとそういった印象は微塵も感じなかった。ただ質問に対して中途半端な解答をしたり、曖昧な返事をしたりすると厳しく追及されます。その厳しい追及にもめげず、はっきりと自分の意見を言えるかどうかが合否の分かれ目になるでしょう。

とはいえ基本的に慶応義塾大学医学部は筆記試験の成績を重視するため、筆記試験でしっかり点数が取れていれば面接で多少失敗しても問題は特にない。

面接は事前に教室で書いた内容(例えば自分の趣味や賞罰や大学志望理由など)について聞かれた。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
河合塾のスタッフに面接対策をしたいと言えば快諾してくださるので、4月から毎月対策していた。また12月からは学校の先生にも対策を協力してもらった。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
時事問題を理解しようとしました。現在の医療についてしっかり理解しておき、面接で話題をできる限り作っておきたいと思い、新聞やインターネットでニュースを調べていた。また、オープンキャンパスや大学の学園祭にも参加し、そこで研究について知ったり、医療について知ったり、学生と話したりした。そのおかげで、受験へのモチベーションがアップした上、面接の話題を作ることができた。

面接を受けるときに気を付けるべきマナーは人に見てもらい、そこで評価を受けるのが一番いいと思う。巷に出ている情報に振り回されるより信頼できるスタッフや先生のアドバイスを聞くのが最高の面接対策になると思います。

最後に、多少知識が不足してたりマナーが多少まずくてもそれで不合格にはならないので、堂々と、そしてはきはき答えましょう。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
全く同じ対策をしていたと思う。時事問題を理解しようとしました。現在の医療についてしっかり理解しておき、面接で話題をできる限り作っておきたいと思い、新聞やインターネットでニュースを調べていた。また、オープンキャンパスや大学の学園祭にも参加し、そこで研究について知ったり、医療について知ったり、学生と話したりした。そのおかげで、受験へのモチベーションがアップした上、面接の話題を作ることができた。

面接を受けるときに気を付けるべきマナーは人に見てもらい、そこで評価を受けるのが一番いいと思う。巷に出ている情報に振り回されるより信頼できるスタッフや先生のアドバイスを聞くのが最高の面接対策になると思います。

最後に、多少知識が不足してたりマナーが多少まずくてもそれで不合格にはならないので、堂々と、そしてはきはき答えましょう。

面接対策の口コミ

【入学年度】2014年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:67  入学直前期:70ID:1835

参考になった:0
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別

【面接官と受験生の人数比】
面接官2人に対して受験生1人

【所要時間】
40分前後
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】 医学部を志望した理由は何ですか?

【回答】人間に興味があったから

【質問】志望は臨床医?研究者?専門医?総合医?希望の診療科は?

【回答】総合診療医

【質問】 高校生活で熱中したものは?

【回答】部活

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:70  入学直前期:75ID:1720

参考になった:0
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
二度の個人面接。担当教員はそれぞれ2人で別人。場合によって三度ある人もいたらしい。
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
・医学部志望理由

・受験試験のでき

・高校生活で記憶に残っていること
当日の面接の様子について教えてください。
4人とも話しやすい雰囲気を作ってくださっていたためリラックスして試験に臨むことができた。どちらも片方の方が事前に提出した受験カードを見ながら質問される形だった。他の受験者の面接との区切りはあまりなく、大きな部屋に4人分の面接ブースが設けられていたため他の人の声が聞こえてきて少しかが散るところもあった。私は受験番号が早い方だったので小論文の試験が終わった後割とすぐ面接会場に案内されたし、一度目の面接が終わった後二度目の面接までほぼ待たされることがなく進んだが、人によってはかなり待たされた人もいたようだった。二回の試験官同士は特に連絡を取り合っていた様子もなく、同じ質問をされることも何度かあった。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接の練習はほぼしなかったが学校で3度ほどした。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
特に医学部志望理由についてよくまとめて考えるようにしていた。他の同級生に比べて、私は理由が多かったので、それを口頭でいう際にごちゃごちゃにならないよう、できるだけ整理してわかりやすく本番言えるように紙に書いたりもして考えていた。また、医療関係の、時事的話題にうとくならないよう、受験勉強に疲れた時や、バスや電車の移動時間などで気分転換の一環として新聞やスマホのニュースアプリなどを読んでいた。また、わたしは話すのが早口になりがちなので、普段からできるだけゆっくり滑舌よく話すように気をつけるようにしていた。あとは、AO入試を受ける同級生が何人かいたので、その人たちと話したり、その人たちの練習を見たりして自分の試験のイメージをしていた。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
慶應義塾大学では面接はそれほど重きを置かれていないように思われるので、それほど神経質にならなくても良いと思う。しかし、そうは言ってもやはり医学部に入る上で最低限の志望動機や常識は知らなければならないし、それについて考えておいたほうが良いと思う。そのためにも、できるだけ暇な時間にはニュースに目を通すようにしたほうがいいと思う。もちろん、市販の面接対策用のほんでまとめて知識を詰め込むことでもできるかもしれないが、医学部に入ってからも何かと情報収集能力が試されることは多いように思うし、何より受験勉強により時間を使いたい間近にそのような時間の使い方をするのはもったいない。また、いろいろな知識をもとに自分なりに考えてまとめられる力も急にはつかないので日頃から意識する必要があると考えられる。

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:70  入学直前期:75ID:1719

参考になった:0
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別面接

【面接官と受験生の人数比】
受験生1人面接官2人を2回

【所要時間】
10分×2程度
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
・医師の志望理由

・大学の志望理由

・高校時代の部活に関する質問
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
塾の模擬面接を受けました。

志望理由などはホームページなどを見て、魅力的な箇所かつ他の大学にはないものを選びました。

そのことに関して少し踏み込んだ質問をされることを想定して、カリキュラムや制度についてしっかりと理解しました。

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:70ID:1567

参考になった:1
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別
【面接官と受験生の人数比】
面接官二人に対し受験生一人
【所要時間】
5分×2回
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
気分転換には何をしますか?
【回答】
十数分散歩します。歩くと頭が整理されてリフレッシュするので。
【質問】
うちと東大理Ⅱ受かったらどっち行く?
【回答】
双方ともに、実験設備などの利点があるのでまだ決めかねています。
【質問】
小論文できましたか?
【回答】
自分の考えを時間内にまとめることができたので自分なりにはできたと思います。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
二対一での面接であったが、圧迫感は全く感じられず、おどおどせずにリラックスして自分の意見を言うことができました。
【面接官】
大学教授と思われる方が二人でした。どちらの方からも堅苦しさを感じることはなく、自分に自信をもって話すことを期待されているようでした。また、話す際しっかりとこちらの目を見ていました。
【会場の様子】
一つの教室で面接を四隅で計四人分行っていたため、他の受験生が話すことが聞こえたりしました。
【面接を受けてみた感想】
面接対策をせず、決まりきった回答も用意をしていませんでしたが、自分の意見を堂々と言えば良いということが分かりました。自分の回答を掘り下げられることが多々あったので、その都度ものを考えて話す力が試されているのだと思います。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
前日に、大学の研究室で主にどのようなことをしているか確認しました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接で一番大切なことは、相手の目を見て堂々と自分の意見を相手に伝えるということです。これは、参考書を買って一朝一夕で出来るようになるものではありません。そのため、常日頃から相手の目を見て話す、自分の意見をおどおどしながら話さないなど、ごく当たり前に思えるようなことを心がけました。それでも、本番では緊張してパニックになってしまい、今までの努力が無駄になる恐れもあったため、緊張を押さえる方法、僕の場合は人差し指を握るなどを用意しておきました。面接では、自分の回答を掘り下げられ、新たに自分で意見を作る必要があります。そのための材料を新聞やテレビ、ネットのニュースなどで手にいれておき、自分の意見が一人歩きしているように捉えられ無いようにしました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
知識は意見の構築に必要不可欠です。この知識は医学的な物だけではなく、一般常識と言われるようなことも含みます。そのため、もう一度受験するならば、雑誌などからさらに細かい知識を得ようと思います。また、僕は面接のリハーサルなどをしていなかったため、自分の受け答えが正しいか、相手に不快な思いを与えていないかなどが自分ではわからないので、家族相手でもよいので一度他人に評価をしてほしいと思います。今回は個別面接でしたが、次受けるならばグループ面接の可能性もあります。そのため、自分一人で語り終わるのではなくて他者の意見も尊重する、他者に意見を促すような話の運びが出きるように参考書を買いたいと思います。最後に、アドバイスとして、面接官も一人の人間であるので恐れることはないです。

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:70  入学直前期:76ID:1563

参考になった:0
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別
【面接官と受験生の人数比】
面接官二人に対し受験生一人が二回
【所要時間】
40分前後
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
医学部の志望理由
【回答】
曽祖母がなくなった時の主治医の先生に憧れて。
【質問】
併願校(東大理III)と両方合格した場合どちらに進学するか
【回答】
慶応医学部です。
【質問】
それはなぜ
【回答】
灘から理IIIは多く、せっかく大学に入るのだから違った環境に身を置きたいから。
当日の面接の様子について教えてください。
受験番号順に11人ほどのグループに分けられて試験会場から面接会場に呼ばれます。呼ばれる間隔は10分程でした。私の受験番号は前のほうだったので早めに呼ばれたグループでした。試験会場を出ると寒い廊下にて試験番号順に整列して移動。面接会場へと続く廊下の最後に椅子とストーブが11個ずつ並んでいて、そこに座って写真照合をされた後さきほど記入した志願票を受け取りました。ここでグループが前後半の二つに分けられて面接会場の教室前の廊下に誘導されます。廊下には各教室ごとに椅子とストーブが4個ずつあってそこで待機。目の前の壁に掲示された注意事項に目を通しました。この教室の中で一次面接を受けました。
教室を出て移動。同じように二次面接の教室前の廊下で待機。係員の誘導で中には入ります。二次面接も一次面接と同じような面接形式でした。ただ内容は明らかに異なっていて、より志望動機を深く尋ねてきました。また会話が続くにつれて出てきたトピックについてさらに詳しい説明を要求されました。会話が一段落すると話題を突然変えさせられて、アベノミクスについてどう思うかと質問されました。私は二次面接後、帰宅する指示がありました。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
ほぼしなかった。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
日頃から取り組んでいたことは特になかった。
だが、面接を受けて助かったのは、高校時代に勉強はほとんどせず、部活動や委員会活動、体育祭や文化祭等の学校行事に積極的に参加したことだ。
慶応医学部の面接では、当日に志願票というものが配られ、そこに受験者本人が高校生で行ったことをひたすら書き上げ、それに基づいて面接官が質問してくるのだが、僕は前述の通り書くことに何も困らず、さらにでっち上げでもないので質問されても矛盾が生じることなく応対できた。
なので、変に医学的知識を付け焼刃でつけるのではなく、そういうことは大学に入っていくらでもするのだから、高校生を思う存分謳歌し、充実した毎日を送ることが大切だ。

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:86  入学直前期:80ID:1562

参考になった:0
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別面接
【面接官と受験生の人数比】
面接官2人に対して受験生1人
【所要時間】
10分弱×2
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
医学部を志望した理由は?
【回答】
幼い頃の入院経験がきっかけで医学に興味を持つようになり、その後中高で野球部に所属していた経験から自分は協調性やコミュニーケーション能力が強く求められる医者という職業に向いていると思ったから。
【質問】
志望は臨床か研究か?
【回答】
まだ決められていませんので、実際に医学部に入って現場を見てから決めようと思っております。
【質問】
学科試験どうだった?
【回答】
初めての入試ということもあり、緊張からか失敗してしまった。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
とても穏やかでリラックスして面接に臨むことができました。途中で、●●大学に合格されることを祈っておりますけど、ぜひ慶應に入って頂きたいと言われるほどべた褒めされて驚きました。
【面接官】
1回目は男性1人女性1人で、2回目は男性2人でした。いずれも50歳前後と思われます。
【会場の様子】
他にも複数の組が面接を実施していました。面接は机を挟んで対面式で行われました。
【面接を受けてみた印象】
当初想像していたよりもはるかに良心的な面接で、意地悪な質問はありませんでした。特に、●●大学とどちらが第一志望であるかを直接聞かれるようなこともなかったのでとても安心しました。過度の緊張は無用だと思います。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接の練習は東大の二次試験が終わった後から始めたので、あまり時間はありませんでした。1回学校で練習することしかしませんでした。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接対策という訳ではありませんが、学校で週に一回医学部志望者を対象にして医療倫理を学ぶ授業が用意されていたので、そこで医者として必要な素質などをよく理解したことは面接における受け答えの指針にはなったかなと思います。その授業で使っていた参考書は駿台文庫の医系小論文21世紀の医療というものです。医学部受験において最も大事なのは面接の前にしっかりとした点数を学科試験で取ることです。実際、同じ高校で医学部志望ではなく東大理一志望の人も複数名お試し受験として慶應義塾大学医学部を受験しましたが、皆合格して1人は特待まで取っていましたので、面接があるとはいえほぼ点数勝負だと思われます。面接の対策をする時間があるならば勉強すべきだと個人的には思います。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
38に書いたような対策を変えないと思います。そもそも面接というのは、何度も練習を重ねることによって思ってもいないようなことをすらさら言えるようにする、というものでは決してありませんので、対策しすぎるのは逆効果だと思います。医学部を志望して勉強している以上、何らかの医学的興味がある訳ですからそれを素直に面接の場で表現すればいいだけだと思います。そうは言っても何も練習しないと本番緊張しすぎて、変なことを言ってしまう可能性もあるので、直前に少し練習する程度がベストではないかと私は考えます。
とにかく一番重要なのは絶対的な学力を身につけることです。医学部だから特別なことをしないと受からないなどということは全くありません。

面接対策の口コミ

【入学年度】2013年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:72  入学直前期:70ID:1560

参考になった:0
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別
【面接官と受験生の人数比】
面接官1人に対して受験生1人
【所要時間】
15分前後
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
医学部を志望した理由は?
【回答】
幼少期より医師へのあこがれがありました。高校時代に医師体験に参加して治療が済んで患者から感謝される医師の姿を見て、人のために尽くし感謝されるような人間になりたいと思って医師を志すようになりました。
【質問】
あなたの長所と短所は?
【回答】
長所は常に明るい点で、周りの人を和ませることです。短所は先通しをあまり見通せないことで、その場その場で判断を下しがちであとになって失態に気づいたりすることです。なるべく、後先のことを考えるように意識して気を付けるようにしています。
【質問】
大学のアドミッションポリシーに理解はある?
【回答】
はい、臨床医としての目線に立って治療するのではなく、目まぐるしく進歩する医学を担う1人として研究という目線をもって臨床現場に向かうことでさらなる治療・検査の幅を広げられるようにすることは大事だと思います。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
小論文の試験が終わったあとで、和やかな雰囲気だと思います。落ち着いて答えることに気を付けました。
【面接官】
50歳前後の男性2人でした。教授が准教授だと思います。
【会場の様子】
机を挟んで対面式で行われました。
【面接を受けて見た印象】
面接官が出した質問に対して質問者が想定しているような答えを想起して、しっかりとハキハキと答えることが大事だと思います。面接は合否の判定では大きく左右するわけでないので、学力試験を突破できるようにしっかりと実力を積み上げていくことが大事だと思います。オーソドックスな質問が中心だと思われるので、あらかじめ自分の答えを想起して準備しておくとよいと思います。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接試験の対策は直前期になってからで、週に1日の頻度で学校で先生と面接の練習を3回ほどやりました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接対策で使用した参考書は特にないです。直前期になって学校の先生と面接の練習をやってきて、自分のよくやってしまいがちなミスをしっかりと指摘してもらうようにしました。そういったミスを自覚した上で、面接の場面であわてずに落ち着いて言いたいことを主張することを心がけました。新聞で取り上げられている医療問題の新聞記事をそのままノートに貼って、それに対する自分の意見をノートでまとめて試験の直前になって見返してすらすらと言えるようにしていたと思います。志望校ごとに面接試験の比重がかなり異なるので、それぞれの志望校の面接試験の直前期では学力試験対策と面接試験対策のウェートが異なるように対策していたと思います。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
面接官に対して怖がらずにしっかりと一対一で向きあって堂々と落ち着いて発言できるように対策します。面接試験は受験者の人柄をしっかりと見極める数少ない試験の一つです。将来、臨床現場に立つと医師は否が応でも生身の人間と向き合うことになります。生身の人間とのコミュニケーションを通じて医療が展開していくのです。このコミュニケーションが滞りなく進み、必要な情報をゲットする能力は医師に大事なことです。面接試験では立場が逆転しているけれども、面接官とコミュニケーションが滞りなくこなせることは大事なことです。改めて自分のことを考え直してどうして医師になりたいのか、どのような医師像を目指しているのかを想定してほしいです。

14件中 1-10件を表示

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

慶應義塾大学医学部と偏差値の近い 私立大学

慶應義塾大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
慶應義塾大学医学部の画像は慶應義塾大学から提供していただきました。
医学部予備校マニュアル