三重大学医学部

三重大学医学部
口コミ
口コミ評価
4.2
  • 勉強法(25
  • 面接対策(15
  • 小論文対策(5
  • 大学生活(24
偏差値 68.8偏差値 22位/82校
学生数 762人【男性:68.5%・女性:31.5%】
女子比率 29位/82校
6年間で
必要な学費
3,496,800円
医師国家試験
合格率
96%(合格率 12位/80校

三重大学医学部の偏差値

2017年
68.8 ランキング  22位/82校
2016年
68.5
2015年
68.5
2014年
66.8
2013年
65.7
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
16 69.5 広島大学 国公立 広島県
19 69.3 順天堂大学 私立 東京都
20 69.2 岡山大学 国公立 岡山県
20 69.2 横浜市立大学 国公立 神奈川県
22 68.8 防衛医科大学 国公立 埼玉県
22 68.8 三重大学 国公立 三重県
24 68.5 岐阜大学 国公立 岐阜県
24 68.5 長崎大学 国公立 長崎県
24 68.5 自治医科大学 私立 栃木県
24 68.5 熊本大学 国公立 熊本県
24 68.5 名古屋市立大学 国公立 愛知県

三重大学医学部の学費

6年間学費総額 3,496,800円 ※国公立大は学費が一律のため
ランキングなし
1年次学費総額 817,800円 2年次以降学費(年間) 535,800円
1年次学費 入学金 282,000円
授業料 535,800円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 -円
合計 817,800円
2年次以降学費(年間) 535,800円
6年間学費総額 3,496,800円

三重大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

小論文対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:74  入学直前期:77ID:4831

参考になった:4
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
※他大学の入試の小論です。
医療ミスについて
医療ミスはなくならないが、制度や同僚同士でなるべくチェックしあうような体制が必要だと思う、という趣旨で書きました。
知識は求められていないので、素直に書けばいいです。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
たまに学校の国語の先生に目を通してもらいました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
とにかくロジックを大切にして書きました。
専門知識はどうでもよいので、きれいな字でわかりやすく書くことを心がければよいと思います。
また、字数が足りないのはかなり減点を食らうので、思いつくことはなるべく盛り込みましょう。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
日頃から医療ニュースだけでなく、テレビなども見て教養をつけておいたほうがいいかもしれません。
専門知識は求められないですが、幅広いバックグラウンドの知識はあると有利にはたらくと思います。またたまに本も読みました。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
時間が足りなくなる可能性があるので、普段から時間制限のある中で小論のトレーニングをしたほうが良いです。
また、各予備校の小論文の講座をいくつかとれば、勉強自体は楽になるだろうし、見通しはかなりよくなるはずです。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:74ID:4825

参考になった:1
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
小論文のテーマは医師の応召義務についてであった。
アメリカと日本のそれを比べ、比較しながら論を立てていった。昔と今では医療の状況が異なっていることも踏まえながら記述した。
小問に分かれていて、いきなり小論文というわけではなかった。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
小論文の対策としては主に解答の根拠となる考え方を学んだ。
現役時は全く小論文対策をしておらず、予備校にて対策を行なった。医療の目的やインフォームドコンセントなどを解答の根拠にすることを学んだ。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
日頃からよく医療記事を読むようにしていた。またその記事から自分が医師としての立場でならどのように考えるかを想像していた。
主観で考えるだけでなく、倫理観や医療の目的等に沿った考え方ができるように意識していた。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
医療に関する本や新聞紙を読んだ。医療の目的や医療者としての正しい倫理観、インフォームドコンセント等を文献を通して学んだ。
知識を蓄えるだけでなく、電車移動などにおける空き時間では、そこから常に自分なりに考えるようにしていた。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
小論文をもう一度受けるとしたら、やはり解答の根拠となる部分の学習は確実に行うと思う。
医学部受験における小論文であるのだから、解答根拠には医療に即したものを用いる必要がある。
医療の目的やQOLの向上、尊厳死やインフォームドコンセントなどを深く学ぶであろう。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】29年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:70ID:4654

参考になった:4
口コミ評価
4.0
就職・進学
5.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
4.0
研究
4.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
4.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1年次では、TOEICの点数が600点以上の生徒が取れる英語特別プログラムでイギリスに3週間の短期留学に行ける。
詳しくはわからないが、6年次には、様々な国を選んでその国で実習できるらしい。
外国からも留学生が来る。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学部の学生の多くはサークルではなく、医学部の部活に所属する。
学園祭に出店する部活は少ない。
キャンパスが他学部と同じ場所にあるので、他の大学よりは他学部との交流があると思うが、授業以外ではほとんどない。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
総合大学でキャンパスが1つなので、他学部との交流が多くあると思ったが、
教養科目の授業が同じだけでほとんど交流がない。
サークルなどで、いろいろな人とかかわれると思ったが、部活に入るので交流は医学部内だけであった。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
講義は2年次以降は多く、休みもかなり少なくなる。
勉強をしっかりとやる気持ちがないと、ついていけなくなる。
部活に入ることになると思うので、総合大学で同一キャンパスだが、学部内での交流しかほとんどできない。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
進級が比較的緩いので、勉強だけに縛られず、部活動やバイトもできる。
海外交流に力を入れている。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2016年(再入学)【模試の偏差値】高校三年4月:48  入学直前期:72ID:4651

参考になった:5
口コミ評価
5.0
就職・進学
5.0
授業・実習
5.0
部活・サークル
5.0
研究
4.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
6年生では多くの学生が留学に行く(半分程)。
一年生のうちから患者体験実習など患者さんに寄り添った実習や授業が多く組まれている。
しかし一般教養がメインなので一年生のうちは他学部との交流などもあり大学生らしいキャンパスライフが送れる。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学部単独の部活に入る学生が大半である。
またサークルより部活が多く、ほとんどの学生が運動系の部活に入る。
4月の新歓はどの部活も新入生を入れようと盛大なものとなる。
夏には西医大があり、後旅行などで仲を深める。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
総合大学なので他学部との交流はあるが、やはり学部内での関わりがとても濃く、必ずと言っていいほど友達ができる。
また縦の繋りも強く他部活の先輩に遊びに連れて行ってもらえたりする。これは医学部ならではかもしれない。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
三重大は他大より進級に寛容であるが、留年する人はどこでもする。
また、入試では比較的物理の方が有利とされているが、入学後は生物選択の方が圧倒的に勉強が楽となる。
しかし入学後はだいたいの人が遊んでいるので勉強さえすれば必ず追いつける。
大学の学費補助を受けていますか?
受けている
奨学金名
日本学生支援機構
貸与額
51000円/月

三重大学医学部へのアクセス

所在地 三重県津市江戸橋2-174
最寄駅 近鉄名古屋線 江戸橋駅

大学解説

【歴史】 19ある「旧制医専」の一つ。三重県立医学専門学校、三重県立医科大学、三重県立大学医学部を経て、1972年に三重大学医学部となる。中部・北陸甲信越地区内では論文発表数が最も多い。
【特徴】 1年次前期~2年次前期では、医学を学ぶための基本姿勢と基礎知識、医学英語を学ぶ。3年次後期~4年次後期にはPBL(問題基盤型)チュートリアル教育が行われ、学生自らが主体となって、少人数グループに分かれ、能動的に医学を学ぶ。5年次から、教育関係病院において1年半の臨床実習に入る。 また、海外実習にも力を入れている。

三重大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

三重大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
三重大学医学部の画像はMiyuki Meinakaから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル