三重大学医学部

三重大学医学部
口コミ
口コミ評価
4.2
  • 勉強法(27
  • 面接対策(16
  • 小論文対策(6
  • 大学生活(26
偏差値 68.8偏差値 21位/82校
学生数 762人【男性:68.5%・女性:31.5%】
女子比率 29位/82校
6年間で
必要な学費
3,496,800円
医師国家試験
合格率
91%(合格率 37位/80校

三重大学医学部の偏差値

2019年度
68.8 ランキング  21位/82校
2018年度
68.8
2017年度
68.5
2016年度
68.5
2015年度
66.8
順位 偏差値 大学名 国公私立 都道府県
17 69.5 横浜市立大学 国公立 神奈川県
19 69.2 名古屋市立大学 国公立 愛知県
20 69.0 筑波大学 国公立 茨城県
21 68.8 和歌山県立医科大学 国公立 和歌山県
21 68.8 長崎大学 国公立 長崎県
21 68.8 三重大学 国公立 三重県
24 68.7 日本医科大学 私立 東京都
24 68.7 岡山大学 国公立 岡山県
24 68.7 順天堂大学 私立 東京都
27 68.5 自治医科大学 私立 栃木県
28 68.2 山梨大学 国公立 山梨県

三重大学医学部の学費

6年間学費総額 3,496,800円 ※国公立大は学費が一律のため
ランキングなし
1年次学費総額 817,800円 2年次以降学費(年間) 535,800円
1年次学費 入学金 282,000円
授業料 535,800円
教育充実費 -円
委託徴収金 -円
その他 -円
合計 817,800円
2年次以降学費(年間) 535,800円
6年間学費総額 3,496,800円

三重大学医学部の口コミ

合格するための口コミ(勉強法など)

小論文対策の口コミ

【入学年度】2018年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:69ID:5802

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
併願私大は過去問とは異なり、医療ではなく社会問題に近い日常的なテーマだった。
海外の人とコミュニケーションをとる際には、安易に日本の常識で語るのではなく、互いの文化的背景に注意を払いながら対話するべきというような内容を書きました。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
手っ取り早く小論文の講座を取った。本番において意味があったかどうかはわからないが、少なくとも自信はついた。
添削を受けないと演習効果は半減すると思う。たくさん解いて先生に見てもらうのがベストな選択だと感じた。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
自分の意見を述べるのは小論文だけでなく、国語の実力を伸ばすことにも繋がると思って取り組んでいた。
同じ問題を解いてから解答を交換しあって優秀な友人の文章を読むと、自分の文章の不自然なところに気づきやすくなる。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
医学のみならず、満遍なく教養をつけることは大切だと思う。
常に幅広くテーマに目を向けておくと、たとえ自分の知らない題材が出た時でも、無理やり得意な分野の話に繋げて書くことができる。
普段からの姿勢がモノを言うと思う。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
実戦演習では書くスピードを意識するあまりに、徐々に字が雑になったり誤字が増えたりする癖があった。
また試験直前は忙しくなったので、手を抜いてしまい添削を先生に頼まない日が増えたことは、反省すべき点だと思う。

面接対策の口コミ

【入学年度】2018年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:69ID:5799

参考になった:0
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
三重県について
幼い頃に住んでいた時のエピソード
県の印象についても自分が感じたまま伝えた。

欠席の多さについて
高校の時に部活の試合の怪我で長期入院をしたこと
尊敬する人について

外科医である父の仕事の話
当日の面接の様子について教えてください。
男性の面接官が複数いました。受験生は自分1人だった。
浪人したので面接は初めてではないが、それでもかなり緊張してした。
とりあえず落ち着いて話すように心がけて、ゆっくり話した。緊張を和ませるような工夫をしていただいた。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
筆記に不安があったので早期からはほとんどしていない。本格的に取り組み始めたのはセンター試験が明けてからだったように思う。
高校時代に医学部の推薦を受けており、その時に対策として高校から配布されたテキストを見直したりしていた。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
高校から配布された、医学部面接の基本姿勢が掲載されたテキストを寝る前に少しずつ読んでいた。
それで十分だと感じたので、あとは普段から時事的なニュースを気に留めるようにした。新聞を読むつもりでいたが、結局続かなかった。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
センター明けではなくもっと早くから練習を重ねていれば、直前に慌てなくてよいので早期から面接を意識してもよかったかなと思う。
予備校の面接講座を受講した友人もいたので、場合によってはそれを頼るのも一つの手段だと感じた。

大学生活の口コミ(授業・サークルなど)

大学生活の口コミ

【入学年度】2018年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:69ID:5794

参考になった:0
口コミ評価
3.0
就職・進学
-
授業・実習
3.0
部活・サークル
3.0
研究
4.0
国家試験・資格
3.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
2.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
他大学と比較したことはないが、英語は積極的に勉強するように大学全体で推している。
海外留学に行った先輩がいるし、外国語の試験を受験する機会があるのでモチベーションは保ちやすい。
医学教育においても僻地の地域医療を熱く説く先生が多い。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
部活動は大抵の人が入っている。イベントや大会で試合が続くと確かに体力的に厳しい時もある。
なかには環境が合わずに辞めてしまう人もいる。兼部したり、サークルに入る人もいるが、そういう人は基本的には文化系の団体が多い。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
三重大学はキャンパスは全学部で共通しているのに、他学部の方と接点がないということには大変驚いた。
実習が夜遅くまであったりして、時間のズレが大きいので自然に医学部の生徒たちとしか行動しなくなるので、他学部との交流には積極性が必要。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
学業のスケジュールが厳しい。
医学部に目的意識もなく合格した人たちは辛そうにしている。
確たるモチベーションがないと日々の医学の勉強が単なる作業になってしまう。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
立地は田舎ではあるが、海が近いので海の香りを感じることがある。最寄りの駅からは離れている。
キャンパスは広いのでのびのびとできる。
部活も先輩も後輩との仲が良く、なんでもスマートに軽々とこなす優秀な人が多くいる。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2018年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:73  入学直前期:78ID:5388

参考になった:6
口コミ評価
5.0
就職・進学
-
授業・実習
4.0
部活・サークル
5.0
研究
3.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
私は1年生なので、1年生のカリキュラムについて説明します。
1年生の間は専門的な勉強はせず、一般教養を勉強します。
実習としては地域基盤実施というものがあり、三重県内のさまざまな地域に行き、地域医療の実態について学びます。
また月に1〜2回程度病院に行って見学するという実習もあります。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学部と他学部の部活・サークルは分かれていて、他学部の方に入っている人はあまりいません。
医学部にはバレー部やテニス部などの運動部、軽音楽部などの文化部、救命部などの医療系サークルをはじめとするさまざまな部活・サークルがあります。
私は医学部軽音楽部に所属していて、とても充実した日々を送っています。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
医学部というと、とても真面目な人の集まりだと思っていたのですが、とても個性的で、面白い人が多かったです。
とくに1年生のうちは専門的な勉強もほとんどないので、遊びや部活に熱中している人ばかりです。良い意味で真面目なイメージは変わりました。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
一年生では細胞生物学という専門科目があるのですが、高校生物の内容とかぶっている部分も多く、生物選択の生徒がかなり有利になります。
物理選択の人は大学1年生の前期に入門生物学を履修することになり、高校生物の内容も勉強するのですが、不利なことには変わりありません。
また英語もかなり使うので、英語の勉強もしっかりしておいた方がいいでしょう。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
三重大学医学部は全国的にも進級しやすいということで知られています。また全学部のキャンパスが同じなので、交流がさかんです。
またキャンパス自体も国公立大学のなかでは全国トップクラスの広さです。また周りが飲食店や娯楽施設に恵まれています。
また、医師国家試験の合格率も全国有数の高さです。
大学の学費補助を受けていますか?
受けている
奨学金名
三重県医師修学資金貸与制度

三重大学医学部へのアクセス

所在地 三重県津市江戸橋2-174
最寄駅 近鉄名古屋線 江戸橋駅

大学解説

【歴史】 19ある「旧制医専」の一つ。三重県立医学専門学校、三重県立医科大学、三重県立大学医学部を経て、1972年に三重大学医学部となる。中部・北陸甲信越地区内では論文発表数が最も多い。
【特徴】 1年次前期~2年次前期では、医学を学ぶための基本姿勢と基礎知識、医学英語を学ぶ。3年次後期~4年次後期にはPBL(問題基盤型)チュートリアル教育が行われ、学生自らが主体となって、少人数グループに分かれ、能動的に医学を学ぶ。5年次から、教育関係病院において1年半の臨床実習に入る。 また、海外実習にも力を入れている。

三重大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

三重大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
三重大学医学部の画像はMiyuki Meinakaから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル