関西医科大学医学部

関西医科大学医学部
口コミ 勉強法(37)/ 面接対策(22)/ 小論文対策(17)/ 大学生活(33
偏差値 66.840位/82校 国家試験合格率 91%42位/80校
学費 27,700,000円9位/31校 男女比 男60:女40女子比率 9位/82校

関西医科大学医学部の小論文対策の口コミ

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

17件中 1-10件を表示

小論文対策の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:40  入学直前期:65ID:4910

参考になった:5
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
健康寿命について
自分は生活習慣病と絡めて書いた記憶がある。字数もそれなりに稼いでいたので、自分としては手応えはあった。
面接の時に小論文のことは触れられたが、できが良かったかどうかは教えてもらえなかったので、結局のところわからない。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
小論文対策を本格的に始めたのはセンター試験後だった。自分が受験する大学の過去問を見て、時間を測って書く練習をした。自分で書いた答案は予備校の小論文や現代文担当の先生に添削してもらい、予備知識なども教えていただいた。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
国語の勉強が小論文対策につながる。日頃から新聞などを読んでおけば、独特の言い回しや文章が書けるようになる。書くときは実際に時間を計って緊張感を持って行うこと。書いたあとは先生に添削してもらった方が良い。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
基本的には予備校の小論文や現代文担当の講師から教わるのがベースだった。書店などに足を運んで知識を得たりもしたが、今はネット環境なので、ネットで調べて行った方が時間的にも効率が良かった。試験会場では電子媒体は使えないこともあるので、対策本はやはり一冊はほしい。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
とにかく大切なのは、小論文の対策に時間をかけすぎてはいけないということです。最も大事なのは学科試験であり、小論文はほとんど差がつかず、面接の参考程度にしかならない大学もたくさんあります。主要科目に苦手部分がある場合は必ずそちらを優先させてください!

小論文対策の口コミ

【入学年度】2015年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:55  入学直前期:66ID:4828

参考になった:1
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
少子化についてというてテーマだった気がします。
それについての対策を考えよという題だったので、せっかく医療小論文ですので、産婦人科や小児科の実情、医師不足・地域医療も絡めて論じ医療制度の整備無くして少子化の解消はないと論じました。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
週に1回論文を書く時間がありました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
小論文用の言葉遣い、お決まりの論理展開などをみて参考にするために小論文集を読みました。このとき自分では書いていません。
そもそもたかだか高校生が社会事情を論じてそれを解消することなど求められては居ないので、最低限の社会常識を時事問題を集めた本などで補い、無知で滑稽な文章を書かないように気を付けました。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
医療問題については新聞の医療面を見たらさまざまなtopicsがあるので役に立ちます。
漠然とでいいのでそれに関して自分がどう考えるかを考える癖をつけておくと試験会場で頭が真っ白で何もかけなかったということは防げます。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
小論文で一番怖いのは意見が何も思いつかくてパニックになって規定の文字数を埋められないことだと思います。
採点不能にならないようにこじつけでもなんでもいいので自分の知ってる論点に持ち込んで小論文を書くような姑息な解決の方法も頭の隅に置いておけばなと思います。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2017年(再入学)【模試の偏差値】高校三年4月:58  入学直前期:75ID:4819

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
健康寿命について
400字程度だったと思います。一次のときに一緒に書きます。
比較的書きやすい内容で制限時間内にしっかりと書ける内容だと思います。過去問を見てみてもそれほど書きにくいものは出題されていないので難易度は高くないと思います。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
小論文対策の講座をとっていました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
新聞などで記載されている医学知識や医療ネタに関してはなるべく目を通すように心がけていました。小論文対策の本なども読んだりしていました。
日頃からなるべくいろいろなことを考えるように心がけていました。
過去問などもみていました。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
予備校などのテキスト
新聞などに記載される記事など医学に関する文献
他の大学の過去問などいろいろな問題に触れて小論文の知識を増やして行きました。
予備校の先生やいろいろな人に軽くですが医療ネタをついて話したりしていました。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
小論文に関しても私はうまく切り抜けることができましたので、もし小論文を再受験するときも対策としては以前のもので良いかと思います。
強いていうのならば、絵や図形のような一見よくわからないものに関して出題されたときの対策をします。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2017年(再入学)【模試の偏差値】高校三年4月:40  入学直前期:68ID:4811

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】健康寿命について
まず健康寿命の定義についてを書き、その後にその他の関連事項やそれに対する自分の考えを書いた。
医療のテーマについてはある程度書けるようにしていたし、メディアでもよく聞く言葉なので比較的書きやすいテーマで楽だった。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
小論文の対策は夏から少しずつ始めていた。
気分転換程度に最低週1回30分~1時間していた。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
文章構成はしっかりしているか、時間制限以内に求められる字数を埋めることができるかなどをチェックしていました。
医療系のテーマで知らないとその他の受験生とかなり差がついてしまうと思ったので、そのようなことがないように頻出テーマは書けるようにしていました。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
小論文対策の本はどれも似ているので、自分が読みやすそうで良いと思う本をとりあえず一冊買ってみて読むのがいいと思う。
また普段から新聞やニュースを見る時は、医療系のテーマがあれば意識して見ていた。
文章を書くのが苦手でなければ、とりあえず色々な事に興味を持っていたら自然と知識がついていくと思う。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
自分が小論文をもう一度受けるなら、医療系のテーマについて、もっと詳しく書けるように対策する。
普段から少しは文章を書く生活をすればいいとよい。
日記や最悪Twitterなどである程度の文章を日常的に書くだけでも、書くことに対しての意識が変わるかもしれない。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2016年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:58  入学直前期:70ID:4809

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
人間とロボットについてのテーマだった。近い将来、人間に変わって、ロボットや人工知能が、医療をするようになるかもしれない。そういったとき、どのように、共存していくか。私は、人間にしかできない仕事もあると考え、人間と人工知能との、仕事の区別化が大事だと論じた。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
センター試験終わったあと、一週間に1、2題のペースで行っていた。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
医療ニュースを読み、自分ならどう考え、小論文で出題されるなら、どういう問題でくるのかを予想し、考えを巡らせていた。また、他大学の小論文過去問を漁り、これは、出題者が、受験生になにを問おうとしているのか、考えていた。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
医療知識を深めるための講座が、予備校には、オンデマンドで設置されていたため、それを受講していた。
医療倫理とは、何か。内臓移植について、代理母について、人工授精について、など。そのひとつひとつに、つたないながらも考え、文章化していた。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
良くも悪くも、講座をとってしまうと、模範解答のようなものが身についてしまう気がする。
自分なりに、どう考えて、どう向き合っていきたいのかを、方針立てて、順序よく、相手にわかりやすい文章が書けるように、対策すると思う。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:68ID:4345

参考になった:3
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
健康寿命について述べなさいというテーマでした。
私は健康寿命を延ばすために家庭医を増やしたり、医師が政府や行政と協力することが大事であると論じました。
また、地域医療を専門とする大学も受験しており、その時に得た総合医についての知識も盛り込みました。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
小論文の対策は一次試験を合格してから始めました。
過去の問題を解き、その文章を学校の先生やチューターに添削してもらいました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
聞かれている課題について、しっかりと関連した内容が書けているか、誤字脱字がないか、文章構成がおかしくなっていないかということに注意しました。
また、わからない課題が出てきても極力調べずにそれに近いであろう内容を書く練習をすることをお勧めします。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
面接対策の時に調べたり、得た知識を活用したり、様々な大学の小論文に対する模範解答などを見て自分なりにかけるように練習しました。
ときどき、医療とは関係ない課題が出ることもあるので様々な事にアンテナを張って情報や知識を得ることも大事です。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
自分が受けた時と同じことをします。
面接同様、あまり対策に時間をかけすぎてもいけませんが、最低限過去問を何年か解いておくといいです。
また、しっかりと自分以外の人に見てもらって添削してもらいましょう。
また、本番で知らない内容が出てきても焦らずに似たような内容を予想して書きましょう。
実際、私も本番で健康寿命について知らなくて少し焦りましたが、完全に合ってなくてもそれに近いであろう内容のことを予想して書きました。
本番で知らない課題が出てきても絶対に白紙で出さずに出来るだけ近い当たり障りのない内容を書くようにしましょう。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:56  入学直前期:63ID:4336

参考になった:1
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】
健康寿命について
【どのように論じたか】
健康寿命の意味を知らなかったので、とりあえず適当に自分で考えて字数を埋めた。
小論文終了後に意味を調べたら、書いた内容と全然違う意味だったが、合格しているので、そこまで内容は重要ではないのかなとも思う。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
まったくしていない。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
まったくしていないので、なんとも言えない。
予備校では小論文対策講座などもあったが、取らなかった。
国立の試験には小論文は無かったので、やる意味がないと思っていた。
試験前には今まででた小論文の問題に目を通しておいた。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
対策していないので、知識の深め方はわからない。
ただ、あたしが受講しなかった対策講座などに出席すれば、少しは知識が増えるのかな、と思う。
また、医療に関連する記事などは読んでおくといいのかもしれないなと思う。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
第1志望校に小論文がないのならば、特に対策を必死になってする必要はないのではないかなと思う。
ある場合、小論文を重視するかどうかは大学によると思う。
テーマが知らないことだと焦ったので、志望校で小論文がある場合は、少し対策しておくと安心するのかなと思う。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2013年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:50  入学直前期:70ID:3762

参考になった:2
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
5年前なのであまり覚えていませんが「音楽がヒトに与える影響を自分なりに考えて述べなさい」というようなものだったと思います。
※いろんな大学受けたので間違っているかもしれません。
音楽を聞いていてリラックスできる人にはいい影響があると思うがそうでない人にはあまり効果がないかもしれないという感じに述べたと思います。
また音楽だけに限らず騒音は新生児突然死に簡易するという内容も記載した気がします。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
浪人4月より週に1回
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
予備校で週に一度小論文の授業があり50分ほどで1つのテーマについて400字程度で書いて提出し添削を受けて一週間後に返却という形式で対策しました。
かなり国語力もつくので小論文対策はした方が良いと思います。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
基本的にわからないことはネットで調べていましたが、小論文は内容も大事だと思いますがいかに本番の時間内にひとつの文章を書き上げるかということが最も大事だと思うので知識を深めるというより自分の言葉でまとめる練習を一年を通して行いました。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
再受験するとしたら日頃から、もっと言えば小さい頃から本や新聞を読んで多くの知識を持って臨みたい。
アドバイスとしては上記の通り小論文の知識は1年を通して着くようなものではないと思うので自分の考えまとめる練習をしたほうがいいと思う。
また試験の点数で合否はほとんど決まっていると思うので勉強を頑張った方がいいと思います。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:61  入学直前期:66ID:3546

参考になった:1
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】
ロボットと医療の共生について
【私の回答】
機械に頼りすぎないようにする。
機械にも不備はあるのでチェックを怠らないようにする。
その上での機械の使用は医療で大いに貢献することなので機械を上手く使うことが大切だ。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
小論文の対策は夏から始めました。
駿台で夏期講習に対策授業を取って医療倫理について学んだ。
頻度はそんなに頻繁にはしなかったけど、勉強の合間に小論文対策の本を読んだりしていた。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
医療倫理についての知識を詰め込むことをした。
インフォームド・コンセントやエホバの証人や安楽死、尊厳死など小論文の王道のところをとりあえずは抑えて、知識を蓄えた。
あとはタブーも覚えた。
直前期は必要最低限のことは書けるように練習をした。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
医学部小論文の赤本が出ているのでそれを読んだ。
そんなにずっと勉強しなくちゃならないものではないと思う。
医療倫理の知識がそれなりにあれば書ける人はかけると思うしそこに時間を書けるよりは学科科目をしっかりやった方がいいと思う。
疲れた時に読むくらいが丁度いいと思う。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
もう1度受けるとしても対策はあまり変わらないと思う。
必要最低限の知識だけでいいと思う。
あとは人間性だと思う。
筆記試験ズタボロの人を小論文がいいからって合格にすることはないと思うから、小論文に力を入れるなら、学科科目を完璧にするほうがいいと思う。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:68ID:3127

参考になった:2
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】
ロボット工学と医療について
【どのように論じたか】
近年ロボット工学が発展して医療の現場にも侵入しているが、人との会話を通した温もりも大切にするべきである。技術をうまく使いながら、技術に頼りすぎないような医療を目指すことが必要である。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接一週間前に3回ほど。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
文章構成がちゃんとしているか、特に、内容よりも自分の意見を矛盾することなく伝えられるかどうかが大切だと思う。もちろん内容も大きく間違えてはいけないが。当たり障りのないことでもいいが、きちんと自分の意見を書くことが必要である。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
最新の医療技術についてニュースや新聞を通して知っておくべきだと思う。例を挙げるとするとiPS細胞やロボット(ダビンチ)なとである。どこの分野が問われるかわからないので、広く、そしてある程度深く知っておくべきである。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
本番では時間に追われてあまり起承転結の付いた文章にできなかった。まず初めに軽く構成を考えてから書くのも良いが、あまり構成を考えすぎて書く時間に追われないように、考える時間と書く時間をうまく考慮する必要がある。

17件中 1-10件を表示

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

関西医科大学医学部と偏差値の近い 私立大学

関西医科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
関西医科大学医学部の画像は関西医科大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル