神戸大学医学部

神戸大学医学部
口コミ 勉強法(28)/ 面接対策(16)/ 小論文対策(2)/ 大学生活(25
偏差値 70.710位/82校 国家試験合格率 91%43位/80校
学費 3,496,800円 男女比 男64:女36女子比率 20位/82校

神戸大学医学部の面接対策の口コミ

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

16件中 1-10件を表示

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:70ID:5030

参考になった:13
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
1人に対して3人の面接官
7、8分くらいだった気がする。
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
医学部を目指した理由
医療の国際化について
地域医療について
当日の面接の様子について教えてください。
和やかだった。優しそうな先生がにこやかに話しかけてくれた。
面接はキャンパス内ではなく、別の場所にある地域医療センターで行われる。みんなでそこに徒歩で移動する。
面接官はなにかを書きながら一人ずつ質問してくる。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
直前期に始めた。駿台が面接練習をしてくれたのが、ためになった。通学の電車で医学系のニュースとかをチェックしていた。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
時事問題に精通しとくことは気にかけていた。
とくに医療関係の話題にはちゃんとアンテナをたてとくことが大事。その結果、医療の国際化について聞かれた時も、臆することなく医療ツーリズムについて話すことができた。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
面接をもう一度受けるとしても同じ対策をすると思う。
面接の点数は結構高かったし、すらすらと医療ツーリズムについて言えたのは大きかったと思う。
日頃から医療関係の話題には興味を持っておくことがおすすめです。

面接対策の口コミ

【入学年度】2017年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:65ID:4788

参考になった:6
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
個別
面接官3人
五分程度
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
・何故この大学を志しましたか?
神戸という街に惹かれたからです。

・どういう医師になりたいですか?
患者さんに寄り添える医師になりたいです。

・AIが治療をすることについてどう思いますか?
すみません、あまりよくわかりません。
当日の面接の様子について教えてください。
そこまで圧迫というかんじではありませんでした。こちらとしてものびのびすることができるふんいきでした。
面接に点数はないので、あくまで質疑応答ができるかを、はかっているのではないでしょうかとおもいました。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接対策は特にしていません。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
点数の無い面接対策に時間を割くより、二次の勉強に時間を割いて学力をあげる方が大事だと考えて、面接対策をすることはありませんでした。面接官の質問がわからないときは、わからないと答えたらいいと聞いていました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
緊張しすぎないようにしたいです。人前で話す練習をもっとした方がいいのかなあともおもいます。そこまで圧迫というかんじではありませんでしたので、対策も必要ではないのかなあともおもいます。コミュニケーションが大事ですね。

面接対策の口コミ

【入学年度】2015年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:67  入学直前期:67ID:3540

参考になった:13
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接官と受験生の人数比】
面接官3人に対し受験生一人でした。
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
・大学に入ったら何をしたいか。
・自分の長所と短所はどこか。
・医学に関して、何に興味があるか。
当日の面接の様子について教えてください。
前から言われていた通り、3人中一人は優しそうな人、一人はちょっとふてくされたような怖い感じのひとでした。
しかし、圧迫感はなくこちらが回答に迷っていても待っててくれていました。
こちらが笑ったら笑ってくれたりして、そんなに張り詰めた空気でもなかったです。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
私は面接の練習を二回ぐらいしかしてなかったです。
また面接の前日にしか解答をつくってなかったです。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接対策はほぼしていませんでした。
二回ほどの練習で、言われた質問に咄嗟に答えれるかなど確認して、いけるなと思ったのでそこまで対策はいらないなと思いました。
実際、本番でも詰まることはありましたが、いけました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
周りのひとたちの話を合わせて自分で思ったことは、どれだけちんぷんかんぷんなことを言ってもいいから、面接官の目を見たり、黙ったりしないことが大事だと思います。
実際答えに詰まって黙ってしまったという人は点数が低かったです。

面接対策の口コミ

【入学年度】2017年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:70  入学直前期:75ID:3537

参考になった:10
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
個別で、教授3人にからそれぞれ2個ずつの質問を受け、それに対して回答する形。
十分程度だったと思う。
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
日頃の生活で、将来医療現場で役立ちそうだと思ったこと
【回答】
祖母が認知症であるので、身近にそのような人がいたことは将来役立つと思う。
【質問】
ゲノム編集技術のメリットとデメリット
【回答】
難病を発症させる遺伝子を取り除ける。
人がゲノム編集をすること自体に倫理的問題があること。
【質問】
自分が難病患者だったときに医師に期待すること
【回答】
病気を治してもらうのではなく、余生の生活の質を高めてもらうこと
当日の面接の様子について教えてください。
部屋はとても緊張感漂っていたが、面接自体は全く圧迫気味ではなく、むしろとてもアットホームな雰囲気であった。
それに、質問をしてきた教授もどことなく優しそうな顔をしており、すこし和んだが、やはりそれでも緊張した。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
センター試験を終わった後にした。
1週間に一度くらいした。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
センター試験が終わったあとは、この一年間であった医療関係以外のものも含めた有名なニュースを頭に入れ、それについて何か聞かれても答えられるようにした。
また近年注目が集まっているゲノム編集に関する質問について想定問答集を考えた。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
神戸大の面接は面接が点数化されないため特別なアドバイスはないが、あえていうとしたら、よっぽど変なことを言わない限り落とされることはないので、世間の一般論や倫理から極端にずれたことさえ言わなければ大丈夫です。
それができたら普段どうりにしていれば問題はないはずです。

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:69  入学直前期:72ID:3515

参考になった:3
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別面接
【人数比】
受験生1人につき3人の面接官
【所要時間】
15分程度
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
医療にビッグデータが使われることについてどう考えますか?
【解答】
メリットデメリットの両方があると思います。
メリットに関しては、統計を取ることでより適切な医療行為を提供することができると思います。
一方でデメリットとしては、データの管理が挙げられます。
もし個人のデータが保険会社などに漏洩して、持病があることがバレたら、保険料が上がったり、保険が組めなくなったりする可能性があると思います。
【質問】
好きな学問はなんですか?
【解答】
化学です。
理由は化学を習ってからいろいろなメカニズムがわかるようになったからです。
例えば、抗酸化作用という言葉は知っていましたが、化学でポリフェノールの構造式を学び、還元性があるから抗酸化作用を持つというメカニズムを知った時に感動しました。
【質問】
先ほどとは別の学問で他に好きな学問はありますか?
【解答】
地理です。
統計やデータに地域の特徴が現れるというのが面白くて、勉強していて楽しかったからです。
例えば、穀物生産量は生産国の主食や、気候に大きく影響を受けます。
当日の面接の様子について教えてください。
面接の雰囲気は、圧迫ではなく、気軽に話せる感じだった。
面接官が3人がランダムに質問してきた。
面接を始める前にリラックスできる時間を少しとってくださり、それからタイマーをセットして面接が始まった。
真ん中の面接官は怖い感じで、左の面接官は、解答後にコメントをしてくれる優しい面接官だった。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
特にこれといった面接対策は行なっていない。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
日頃から、医療ドラマや医療関連のニュースを見ていた。
また、数学社から出ている「医学部の面接」や「医学部の小論文」という本を日頃から読んでいて、勉強にやる気が出ない時に気分転換に読んでいた。
英語の長文で医学系の内容が出てきた時は、解説で全文和訳を確認した。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
日頃から話の順番を意識して話す練習をしておくべきだと思う。
最後に伝えたい要点を話す日本語的な伝え方ではなく、はじめに要点を話して理由や具体例を付け加えていく英語的な伝え方の方が端的で理解しやすいと思うからだ。

面接対策の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:58  入学直前期:74ID:3494

参考になった:1
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別面接
【面接官と受験生の人数比】
面接官3人に対して受験生1人
【所要時間】
5分ほど
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
あなたの長所と短所は?
【回答】
長所は落ち着いて物事が判断できることで短所は主体性に欠けるところです。
【質問】
出生前診断の良いところと悪いところはなんだと思いますか?
【回答】
産む前に自分の赤ちゃんに先天的な病気や障害があるかが分かるので、生活がしやすいように環境を整えたり覚悟ができるという意味ではよいですが、育児の覚悟ができず人工中絶などの方法をとってしまうことが予想されるのは悪いと思います。
【質問】
患者と医師の理想的な関係はどのようなものか?
【回答】
医師が上、患者が下という上下関係ではなく、互いに病気やけがを治すといった共通の目的をもった対等な関係が理想的だと思います。
そのためにも患者とのコミュニケーションが大切だと思います。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
特に圧迫といった感じはなかった。
「落ち着いてね~」と声をかけてくれたので特別緊張することはないと思う。
【面接官】
50代前後の男性が3人。
真ん中の人がリードして隣の人に「何か質問ある?」とふっていた。
【会場の様子】
まず指定時間にとある部屋に集合してそこから面接会場のある建物までみんなで歩いて移動した。
(5分くらい)建物の待機教室は3人掛けの長机。
スマホ等は電源OFFのため面接対策を見直したいなら紙に書くしかない。
僕は軽く典型質問の答えを覚えなおしたら読書をしていた。
【面接を受けてみた印象】
配点が変わり面接点が0点になったのでとりあえず極端にアブナイ人だけ取り除くという感じ。
人格を疑われるような発言をしなければ大丈夫だと思う。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接点が0点だったため予想される質問の回答を自分で考えたり河合塾のチューターに添削してもらったりはしたが、緊張で我を忘れるタイプではないし面接にもある程度慣れているので実際に対面での練習は1度も行わなかった。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
時事問題が問われたら困る、と個人的に最初から思っていたのであらかじめ何について答えるかを医学系の話題とそうでない話題で候補を考えておいた。
またその大学独自の話題もあるかどうか調べた。
あえて自分の回答であいまいな箇所を残しておいてそこを面接官に掘り下げて質問させることによって自分の苦手な質問をさせない、という戦略も少し考えた。
面接対策としては、『医学部の面接(改訂版)』という本を購入し「あ、この回答のこの部分は使えそうだな」と思ったところは自分の回答に盛り込んだりした。
この本には面接官にとってあまり受けがよくない回答なども記されていたのでそこを出さないように自分の回答を考え直し、まとめたりした。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
面接は医学部医学科受験者なら避けては通れない道。
誰もが緊張するし面接官もそのことは重々承知しているので気負いすぎないほうがいい。
医師を目指す理由やきっかけ、この大学を志望した理由、自分が将来どのような医師になりたいかなどといった典型的な質問はどこの大学でも問われる可能性があるので自分なりにまとめて、当てがあれば予備校のチューターや学校の先生などに見てもらいアドバイスを受けるといいと思う。
話している途中で詰まったり、思い出しているような素振りを見せると面接官の受けがよろしくないので、典型質問はすらすら言えるようにしたほうが賢明。
面接時のマナー(例えば入室する前のノックは何回かなど)は面接官も気にしていないと思うので内容で勝負。

面接対策の口コミ

【入学年度】2015年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:45  入学直前期:70ID:2731

参考になった:5
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【人数比】
自分1人に対し、面接官3人
【所要時間】
5分間の面接。
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【医学部を志望した理由】
ドラマ見てかっこいいと思ったから。
【高校の時何してたか】
●●部でバリバリ活動してた
【将来何科の医師になりたい?】
外科
当日の面接の様子について教えてください。
僕の面接官はとても優しい方々ばかりで、緊張していた僕に、「緊張しなくていいよ」と優しく声をかけてくれ、僕の意見にも相槌を打つほど優しかった。が、別部屋での面接では圧迫面接のところもあり、優しいか厳しいかは完全に運次第のように思われる。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接はあまり重要視されていなかったため、面接試験の当日の朝にネットで勉強した。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接専門の対策はほとんどしなかったが、日頃から新聞などで最近の医療ニュースなどはちらほら確認するようにはしていた。面接時に、医療ニュースなどを聞かれた時に全く答えられないのはさすがに恥ずかしいし、医療に興味がないかと思われる。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
とりあえずは日頃から医療ニュースなどを仕入れておくこと。あと、医療には関係ないが、高校時代に、部活に真剣に打ち込むなど、何か語れることをしておく。それが面接の時の自信となり、面接時にも怯まずに堂々としていられる。

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:81ID:2716

参考になった:1
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【形式】
個人面接
【人数比】
面接官3人に対し、受験生1人
【所要時間】
5から10分。
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
①医学部の志望動機
②この大学を目指した理由
③好きな本とそれを読んでどう思ったか
【回答】
①祖母が病気で云々
②この大学の先生で〜先生のようになりたく、この先生に学びたいと、思った
③永遠の0…本の内容を簡単に話し、命の大切さを学んだなど
当日の面接の様子について教えてください。
面接をあまり重視してないのかのように感じられるほど呆気ないものだった。時間も短くありきたりな質問をされた。ただ、研究医を求めているのが伝わったため、したい研究などを熱く語れば点数は高いと思う。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接対策は相当なコミュ障でなければ直前まで必要ない。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
日頃から、世の中の倫理的問題に始まり、医療の難しい問題に対して、頭の中で自ら議論を重ねておき、自分なりの意見を持っておくことが大事である。そして、それをら聞かれた時にヤバイやつだと思われないように、独りよがりな意見にならないように注意すべきである。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
再受験するとしたら、数学にもっと時間をかけておくべきであった。医学部受験は穴があるとレベルの高い所へは行けない。自分には穴があったと感じているので、特に数学について、これ以上は出来ない、やり切ったと、思えるほどやる必要があった。

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:67  入学直前期:75ID:1601

参考になった:15
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別
【面接官と受験生の人数比】
生徒1人 面接官3人
【所要時間】
10分程度
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
医学部を志望した理由は?
【回答】
社会に出た時人の役に立ちたいと思ったからです。
【質問】
地方の医師不足の解決策は?
【回答】
その地方の学校に医師が趣き医師の良さを伝え医師を、目指す生徒を増やさせる。
【質問】
地方医療について何か知っていますか?
【回答】
知りません。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
別に圧迫などではなく普通に聞かれた事に答えれば大丈夫といった感じでした。わからない内容でも待ってくれる感じですしわからないって答えても別に雰囲気は大丈夫そうでした。
【面接官】
50代ぐらいの男性2人と60代ぐらいのの男性1人の計3人でした。質問を3人で順番でしてくる感じで、質問を答えるたびに手元にある紙に何かメモを取っている感じでした。みなさんスーツを着ていました。優しい印象はなかったですが厳しい印象もなかったです。
【会場の様子】
面接官の前には机があり、受験生との距離は結構離れていたように思います。
【面接を受けてみた印象】
点数化はされますが聞かれたことに知ったかぶりをせず、きちんと答えれば大丈夫だと思いました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
ほとんどしていません。前日に本屋で面接対策の本を読んだ程度です。

面接対策の口コミ

【入学年度】2015年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:68ID:1595

参考になった:5
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別面接
【面接官と受験生の人数比】
面接官三人に対して受験生一人
【所要時間】
20分前後
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
高齢社会において医療はどうあるべきか。
【回答】
病院だけではなく、介護施設、在宅医療などを用いて、地域全体で高齢者をサポートしていく仕組みが必要だと思います。
【質問】
医療費の増大についてどうするべきか。
【回答】
病院や医師だけでなく、多施設や他職種と連携をとり、情報を共有することでコスト削減が望めるのではないかと思います。
【質問】
あなたの創造性について教えてください。
【回答】
文化祭での企画についてなど話しました。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
圧迫面接とまではいかないようですが、面接官三人の中の一人は私の回答での問題点を指摘して、解決方法をさらに求めてくる、というのが2,3分続くことがありました。マニュアルに載っているようなことだけ覚えていても、一筋縄にはいかないと思います。しかし中には冗談などを言って、気を和ませてくれる先生もいらっしゃって、ずっと切迫したような雰囲気ではありませんでした。
【面接を受けてみた印象】
正しい答えを求められているというよりも、考える力を見ているように思います。自分の意見を真摯に伝える、そしてその場で考えるのをあきらめない、というのが大切だと思います。自分の意見を否定されたからといって暗くならず、明るい笑顔で取り組める、粘り強さが大事です。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
センター後から始めて、三回ほど学校の先生にみてもらいました。とにかく緊張せずに笑顔でこたえられるように面接に慣れるようにしました。面接に関係する医学に関する本などは、興味があったこともあり、高校一年生のころから事あるごとに目にしていました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
新聞やテレビなどで医学に関するものがあれば注目していました。また本も進んで読むようにしていました。家族と医学の話題についてはなすなどして、自分なりに何らかの意見は持つようにしていました。礼儀作法や言葉遣いは普段から学校の先生に対して気を使っていたのでそこまで対策はしなかったです。面接対策として特別に何かする、というのではなく、医師になるから医学の事は知りたい、という好奇心で勉強していくような姿勢が、きっと面接でももとめられているのではないかな、と思います。特に神戸大学のAO入試はマニュアルとはすこし違った質問が多いし、かつ20分と時間が長いので、付け焼刃ではぼろが出てしまうのではないかと思います。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
かしこまった雰囲気でもマニュアルどおりではない、自分の意見が述べられるようになっていればよかったかなと思います。答えのない問題に対して、日ごろからよく考え、そして人に伝えられる、という力は、面接だけでなく、将来においてもきっと大事な力になっていくと思います。また、面接では考える時間が限られているので、頭の回転の速さもある程度必要です。しかし、どれだけ面接が良くても他の受験生とそれほど点数に差はでないのですから、平均並みにできたら上等だと思います。面接の事を心配しすぎるのは得策ではありません。あまり神経質になりすぎず、ゆったりとした気持ちで取り組み、確実に点数に差が出る学科により力を注いで取り組めばいいと思います。

16件中 1-10件を表示

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

神戸大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

神戸大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
神戸大学医学部の画像は神戸大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル