日本大学医学部

日本大学医学部
口コミ 勉強法(6)/ 面接対策(5)/ 小論文対策(3)/ 大学生活(7
偏差値 66.249位/82校 国家試験合格率 90%40位/80校
学費 33,370,000円14位/31校 男女比 男71:女29女子比率 41位/82校

日本大学医学部の小論文対策の口コミ

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

3件中 1-3件を表示

小論文対策の口コミ

【入学年度】2015年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:71ID:3558

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
医師になる者が備えているべき倫理観がどのようなものかを具体的に論じた。
実際には、何か本を読んだことはなかったため、自分の中の理想の医師像を具体的に書いていくものだった。
世の中で問題になってることなど具体例も出して、こういう医者であるべき、こういう医者ではいけないと、述べた。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
現役の時は、朝の時間にニュースは見て、常に時事問題は知っとくようにしていた。
医療関係のニュースを意識し始めたのは、医学部受験を完全に決めた高3の夏以降です。
その頃から、親にも協力してもらって医療ニュースは見たり、考えたりしていました。
文章を書いたり具体的に対策を行ったのは、センターが終わってからです。
あまり時間に余裕がなかったため、充分な対策ができませんでした。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
朝日新聞の医療関係の記事は読むことにしていた。医療関係はもちろんのこと、日本の情勢、世界の情勢を知るために、見出しの大きいものは読むようにしていた。
また朝ニュースを見るようにしていたため、ニュースできになるものを新聞でも読むようにしていた。
また自分の意見を構成する上で人の意見も取り入れたかったため、その日の社説は面白いし読んでいた。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
医療特有の言葉、例えばインフォームドコンセプトなどは、意味をしっかり覚えた。
現在の医療で話題になってることはニュースで見たりするので、その都度わからない用語は調べたり、親が医療関係の仕事に就いている人なので、親に聞いたりしていた。
結構親が医療ニュースは話してくれるので、かなり助けられた。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
やはり知識があるのと無いのでは、小論文を書く上で自分が医療従事者となる上での核心に迫った文章を書くのに差が出ると感じる。
でも、ただ医療の知識だけがあるのでは、本当の意味での医療人になれないと思う。
私たちは医者になる前に日本人であり、人間であるから、日本のこと、世界のことを知っておく必要があると感じる。
私は、もう少し新聞で医療記事を読む際に、日本や世界の問題と結びつけて、疑問を持って考えておけばよかったと感じる。
受験生のみなさんは、日進月歩で進む医療について、疑問というものを常に持って考えていくべきだと思います。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2016年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:85ID:1862

参考になった:1
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
文章をよんでそれを踏まえて二つの問題に答える問題が出た。
問題は問一が赤ちゃんポストに赤ちゃんを入れてきた友人の気持ちを想像して書きなさい。
問二は赤ちゃんポストに赤ちゃんを入れてきた友人に対してあなたはどのような言葉をかけるか書きなさい。答案用紙には下書き欄が与えられていた。
おそらくここでなるべく考えをまとめ、答案では消しゴムを使わないようにとのことだろう。

読んで感じたことそのまま解答した。とにかく字数制限も厳しく、清書に消しゴムは使えないうえ、試験時間はたったの60分と時間制限も厳しいので急いで答案を仕上げることで当日は手一杯だった。そのためこの問題に対してどのように解答したか覚えていない。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
河合塾のカリキュラムで週に一回小論文演習があったのでそれを利用して対策していた。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
先生に添削してもらいどこが改善点か指摘を受けたほうが良い。というのも自分が書いた答案ではどこが減点されるかわからないし、最悪の場合小論文の書き方の決まりを無視した答案になっている可能性がある。信頼できる人の指摘を受け入れ、毎週必ず小論文をこなすのがいいと思う。

またそれと同時並行で、時事問題を理解しようとしました。現在の医療についてしっかり理解しておき、小論文字数を稼ぐための話題をできる限り作っておきたいと思い、新聞やインターネットでニュースを調べていた。また、オープンキャンパスや大学の学園祭にも参加し、そこで研究について知ったり、医療について知ったり、学生と話したりして医療の最新事情を知ろうとした。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
週に一回小論文の授業を受け、そこで日本の医療について学んでいた。このおかげで、授業で学んだテーマが入試に出たときしっかり答案が書けたと思う。またそれと同時並行で、時事問題を理解しようとしました。現在の医療についてしっかり理解しておき、小論文字数を稼ぐための話題をできる限り作っておきたいと思い、新聞やインターネットやテレビで医療に関するニュースを調べていた。また、オープンキャンパスや大学の学園祭にも参加し、そこで研究について知ったり、医療について知ったり、学生と話したりして医療の最新事情を知ろうとした。

おすすめの本は岩波新書の「医の現在」「医の未来」の二冊。この本を読めば、現在の日本の医療の問題点を理解できる
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
同じ対策をしていたと思う。先生に添削してもらいどこが改善点か指摘を受けたほうが良い。というのも自分が書いた答案ではどこが減点されるかわからないし、最悪の場合小論文の書き方の決まりを無視した答案になっている可能性がある。信頼できる人の指摘を受け入れ、毎週必ず小論文をこなすのがいいと思う。

またそれと同時並行で、時事問題を理解しようとしました。現在の医療についてしっかり理解しておき、小論文字数を稼ぐための話題をできる限り作っておきたいと思い、新聞やインターネットでニュースを調べていた。また、オープンキャンパスや大学の学園祭にも参加し、そこで研究について知ったり、医療について知ったり、学生と話したりして医療の最新事情を知ろうとした。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2014年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:52  入学直前期:63ID:711

参考になった:2
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
詳しいテーマは、あまり覚えていませんが、初めてみる長文を読んで、単語に線が引っ張ってあった。その場で解くような現代文の試験のような内容であった。聞いたことないような単語ではあるが、与えられた文章をよく読むと小論文記載の素材を得ることができる。抽象的な内容だったので、できる限り具体化しようと自分の海外での経験などについて記した。
簡単なテーマではなかったため、試験時間を目一杯利用してかいた。いかに速く文章を理解し、まとめ、具体例と共にアウトプットができるか、日々の練習がそのまま試験にでるような小論文でした。まずは考える習慣をつけるべきなので、小論文対策も模範解答を覚えるのではなく、定期的に自分で書く練習をすれば良いと思います。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
小論文の授業が週に一回あり、毎回添削をうけていた。
何回か書いているうちに、どのような構成でまとめていくかが掴めた。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
ただ事実を書くだけでなく、具体例をだすようにしていた。
出来るだけ読んでいる人が分かりやすく興味を惹かれるように書いていた。時に自分の海外体験なども交えて書いた。
一次試験がとにかく大事なので、小論文に負荷をかけないようにしていました。そのためにも、授業内で行う演習を途中で諦めることはせず、どんなに分からなくてもまずは鉛筆を動かしていました。授業内で完結できるとまでは言えないが、小論文に一定時間費やせるのは週に一度の授業だったので、授業は大事にしたほうが良いです。
一次試験が受かったときに、最新のニュースや、過去に解いた問題の見直しをした。小論文の書き方を自分の形でまとめることができるようになれば十分です。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
授業でビデオをみたり、解説をきくことで理解を深めていました。ビデオは、終末期医療についてでした。本を読むより、実際の映像をみる方が特に終末期にかんしては、理解がしやすいと思います。また、ビデオをみる利点は、自分の考えが他の人に誘導されにくいことです。事実をそのまま写し出されるので、その点でも勉強になります。
特に参考書は買いませんでした。小論文に関しては、予備校の先生にお任せしていました。面接練習と合わせて入試半年前からのニュースは注目して見た方が良いと思います。
何よりも、無理やり知識を詰めようとしないことが大事です。ストレスなく、自分の興味があるから知識が入ってくるという姿勢で望むべきです。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
まず、一次試験の点数を伸ばすことを考えるべきだと思います。一次試験に複数受かると、その分、小論文も多く経験することができます。
小論文は、はじめはとにかく時間内に一定文字数を埋めることが大事です。文字数が達していないと見てくれないところもあるので、指定された文字数は満たすようにしましょう。
また、個性をだすのに必ずしも変わった意見を書かなくてはいけないということはありません。
典型的な問題であっても、具体例に独自性を出せば良いと思いますので、一定の倫理観はもって記入しましょう。
時間がないからといって授業にでないのは、もったいないです。要領よくやりたいのならば、プロの講師に言われたことを素直にやってみてください。

3件中 1-3件を表示

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

日本大学医学部と偏差値の近い 私立大学

日本大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
日本大学医学部の画像は杉山真大さんから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル