日本大学医学部

日本大学医学部
口コミ 勉強法(4)/ 面接対策(3)/ 小論文対策(1)/ 大学生活(5
偏差値 67.042位/81校 国家試験合格率 98%7位/80校
学費 33,370,000円13位/30校 男女比 男71:女30女子比率 71位/81校

日本大学医学部の面接対策の口コミ

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

3件中 1-3件を表示

面接対策の口コミ

【入学年度】2012年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:45  入学直前期:65ID:1133

参考になった:1
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
個別面接を2回
面接官2人
10分を2回
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
・医学部を志望した理由
・医学って臨床のほかになにがある?(教育と研究)
・研究につかう動物についてどう思う?
・尊敬してる人は?
・部活なにしたい?
・高校の思い出は?
・高校の部活は?
・うちの大学(日大)の創始者の名前わかりますか?
当日の面接の様子について教えてください。
大きな試験会場から順番に小さな部屋がある棟に誘導される。
大きな試験会場では、ある先生が騒いでいた学生を叱っていた。
面接は二回行われるが、一回目の面接官のうち1人が、ジッと目を見てくる感じがして少し緊張が増した。
しかしその人以外はみな優しくとてもやりやすい面接であった。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
一次試験受かってから予備校で対策してもらった。一次試験が受かってからで十分だと感じた。
模擬面接を2回した。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
予備校が発行していた医学ニュースなどは読んでいた。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
予備校での模擬面接が役に立った。
一度圧迫面接(愛知医科大学)されてからは他の面接が全て優しく感じた。

面接対策の口コミ

【入学年度】2014年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:52  入学直前期:63ID:705

参考になった:2
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別面接
【面接官と受験生の人数比】
面接官2人にたいして受験生一人
【所要時間】
10分を2回
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
医学部を希望した理由は何ですか?
【回答】
医学部へは幼い頃から興味がありましたが、友人をなくした無力感が医師を目指す後押しをしてくれました。
【質問】
男性でも大変な仕事だが、やっていけますか?
【回答】
はい。体力には自信があります。
【質問】TPPって何が問題だと思う?
【回答】
日本の国民階保険制度が変わってしまう可能性があり、貧しい人が医療を受けられなくなることが懸念される
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
二部屋違う部屋には入り、一つめは志望動機などを聞く部屋で和やかな雰囲気だった。二つ目の部屋は、時事問題などにかんしてで圧迫ではなかったが、少し固めな雰囲気だった。
【面接官】
4人のうち2人は感情をとらえげ理解をしてくれる人だったので、話しやすかった。もう二人は、論理的、現実的であり、正当な理由を求められた。
【会場の様子】
机を挟んで対面式だった。
【面接を受けてみた印象】
今までで一番良い面接官の反応だったので、面接にどこまで配分があるか分からないが、正直受かった感覚があった。
ニュースに関しては、事実をつたえるだけでなくもう少し自分の意見も考えるべきであった。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
10月ぐらいから担任と練習をしていた。
試験までに、3回、一次試験に受かった直後にもう一回練習した。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
毎朝、医療トピックは新聞でチェックしていた。
読売新聞と朝日新聞の医療欄はお勧めです。
本を読む余裕はなかったので、わからないことはネットでチェックしていた。
昼休みに、友人との他愛のない会話に時事問題について交えると、自分の意見もまとめることができ、情報共有にもなります。家に帰って家族と話すのも良い勉強になります。特に両親とのコミュニケーションは意外なところで役に立つ時があります。
予備校で配られた各大学の面接資料は熟読した。
何も準備をしていないと、当日焦って頭が真っ白になってしまうので、ある程度の解答はつくっておく。
棒読みになるのもよくないので、自然に話せるように練習はした方がいいです。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
少なくとも自分の大学では、知識だけを多く語る学生より、元気にハキハキと自分の意見を言う学生が好印象だと思う。
自分の人間性をアピールすると良い。
面接官も、1日に数十人の学生をみているため同じような内容をいうと興味をもってくれなくなる。
自分は他の人とどのような経験がちがって、何をアピールできるのかを考えた上で、そのアピールポイントを話せるようにどうにか話を繋げると良いとおもいます。
自分は今日、何を伝えたいのかを決意し望むと会話に弾みがでてくるのではないでしょうか。たまに、嘲笑うような面接官もいますが、あまり気にしない方がよいです。
また、分からないものは分からないと伝えて大丈夫ですので、沈黙をつくらないようにしてください。

面接対策の口コミ

【入学年度】2014年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:48  入学直前期:63ID:700

参考になった:1
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別面接 面接官と部屋を変えて1人2回やりました。
【面接官と受験生の人数比】
面接官2人に対して受験生1人
【所要時間】
10分を2回
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
・ソチオリンピックで印象に残った選手と、その選手にかけてあげたい言葉
・景気を良くするためにはどうしたらいいか
・新聞を読むか
・高校での部活の話
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
穏やかすぎず厳しすぎずという感じでした。面接官との会話を楽しめる雰囲気はありました。
【面接官】
とても穏やかです。私が緊張していたら深呼吸を促してくださったほどでした。2回とも男性2名でした。
【会場の様子】
10畳くらいの部屋に机を挟んで面接官と向き合います。
【面接を受けてみた印象】
正直これで差がつくのかと思えるくらい、メモなども取ってる様子もなく、選考されている感じは受けませんでした。毎年1次試験を合格して2次試験を受験するのは400人、さらにそこから120人程度を合格者としていますが、おそらくやはり、学科試験でほとんど順位が決まっていて、よっぽど入学に不適切な学生さんを見ているような印象を受けました。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
1次試験に合格してから、隙間時間にシュミレーションをしていました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
これといって特に取り組んでいたことはありませんが、こんなことを聞かれたら何を言おうということはある程度は決めていました。また自分の知識の中から関連付けられるものはできるだけその知識も絡めて答えられるように準備をしました。これは小論文対策にもなりますが、小論文のテーマになるものは今まさに問題になっていることだと思うので、その周辺事項を調べて整理しておきました。その知識は面接にも役立つはずです。
また、普段なかなか敬語を使わないので、先生と話すときの敬語も見直すようにしていました。こればかりは直前から注意したのでは身につかないと思ったので、親にも協力してもらいました。
他には、姿勢に気をつけたり、あまり疲れた様子ではいけないと思うので生活習慣が崩れないようにしたりしました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
もう一度受験するとしても、今までと同じ対策をすると思います。医学関係のことあで今話題になっていることを調べて、それらの背景や周辺事項を確認して知識として整理しておきます。さらに余裕があったら自分の意見も加えたいと思いますが、なかなかそれらに対して自分の意見をしっかり述べるのも難しいことではあると思うので、本番では調べたことは披露するにしても、自分意見は簡単でいいと思います。医大生になっても、自分の意見までしっかり言えそうな人は少ないと思います。
面接は選抜される側としてはとても緊張してしまうと思いますが、面接者と対等に会話をすることを意識するべきだと思います。傲慢な態度をとるのは論外ですが、萎縮しすぎるのも良くないと思います。

3件中 1-3件を表示

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

日本大学医学部と偏差値の近い 私立大学

日本大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学の画像について
日本大学医学部の画像は杉山真大さんから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル