北海道大学医学部

北海道大学医学部
口コミ 勉強法(21)/ 面接対策(9)/ 小論文対策(1)/ 大学生活(19
偏差値 69.813位/82校 国家試験合格率 85%66位/80校
学費 3,496,800円 男女比※1 男54:女46女子比率 -位/82校

※1…医学部(看護学科等も含む)の男女比率

北海道大学医学部の面接対策の口コミ

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

11件中 1-10件を表示

面接対策の口コミ

【入学年度】2013年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:77ID:2321

参考になった:0
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別面接
【面接官と受験生の人数比】
面接官3人に対して受験生1人
【所要時間】
20分以下
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
1. どうして北海道大学医学部を志望したのですか?
2. 将来の志望は?
3. 人間的に優れた医師または治療技術の優れた医師どちらが大事か?
【回答】
1. 将来大学の講師になりたいと思い、その際には極力レベルの高い大学のほうがいいので、受かりうる一番レベルの高い大学に進学したいと考えたから。
2. 科は決めていないですが臨床医になりたいと思っています。
3. 治療技術の優れた医師です。医師である以上治療技術が第一なので最優先事項はそこだと思います。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
面接官の雰囲気としてはとりわけ圧迫を感じるようなものではなかったが、かといって雰囲気が良いとも思わなかった。
【会場の様子】
机が置かれており、前日の二次試験終わりに書いた自己PRが置かれた状態で面接スタートだったと思います。
【面接を受けた印象】
質問事態にこたえづらいものはなく割と典型的な質問のみをされる印象でした。大体5問~8問程度の質問数だったと思います。
ただ、面接の出来不出来にかかわらず、道内+現役あたりが高得点を取ってる印象を点数開示の結果からそのように感じました。要は浪人生はセンター試験と二次試験でちゃんと点数を取れということなのかなと思います。
わからない質問が来てもしっかりとわからないと伝えたらこたえられるまで説明してくれるので正直さも大事だと思います。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接対策は夏期講習の時に、予備校にて面接対策講座を受けたのみで、特別な対策はしていません。強いて言えば、質問されるであろう項目をメモしておいて、1日10分程度だけその質問に対する回答を考えていればよいと思います。それ以上は時間の無駄です。必死に二次試験、センター試験の対策をしましょう。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接対策自体は夏期講習での「医学部面接対策」という講義を受けたのみです。
その講義では最近の医療問題や研究分野のことを大まかに説明してくれることと、医学部面接の際にどのような受け答えをすれば他の受験生と同じような点数をとれるのかというものを説明していただけました。
ゆえにそれ以外の対策を行いませんでした。
個人面接はそこまで慣れなどは必要ないと思うのでそれくらいで十分じゃないかと思います。大学によっては集団面接や討論面接のところもあるようなのでそれに対しては十分な対策をするべきかと思います。
そして面接での高得点は期待しないほうがいいと思います。どんなに練習をしたところで自分で何とかできるものではないので、それならば二次試験、センター試験の勉強をしたほうが費用対効果が大きいと思います。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
医学部の面接ならば、最近の医療問題、医療研究、面接で聞かれる質問の回答を考えるというこの3点だと思います。
ただ、これらを一人で勉強するのは情報収集を含めて莫大な時間がかかるので、予備校(予備校名は問わない。)の面接対策講義などを受けることを勧めます。その場合だと3日間合計12時間以内で医学部の面接に必要な知識がほとんど手に入ります。これでほかの受験生に引けを取らない点数を取ることができます。逆に言えば、面接はほかの人より群を抜いて点数を取ることができるものではないので、それ以上の期待と勉強はするだけ無駄な時間だと思います。それ以上面接対策をするぐらいならその時間で二次試験、センター試験の知識を一つでも増やすほうが得策だと思います。

面接対策の口コミ

【入学年度】2013年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:75  入学直前期:75ID:2320

参考になった:0
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別面接
【面接官と受験生の人数比】
面接官4~5人に対して受験生1人
【所要時間】
10分前後
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
1.北大を志望した理由
2.高校で思い出に残っている出来事
3.高校時代に力を入れていたこと
【回答】
1.総合大学で、北海道大学に勤めている親戚の勧めがあったから。
2.登山活動です。非常に大変なものでしたが、とても達成感がありました。
3.部活動です。厳しい部活でしたが、人間的にも成長できたと思います。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
雰囲気はそれほど堅くなかったが、向こうは質問してくるだけで、こちらの返答に対して反応するということはあまりなかったです。
【会場の様子】
待ち時間が人によってとても差があり、遅い人は精神的にも身体的にもとてもつかれるとおもいます。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
センター試験が終わってから始めました。
回数は三回ほどだと思います。

面接の点数は予測がつかなかったので、面接が0点でも受かってやるという気持ちで、筆記試験の方に時間を割きました。

面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
日頃から行っていたことは特にないですが、センター試験が終わってからは、面接用の本を一冊買って読み込み、面接ではその本通りにやったつもりでしたが、あまり役に立ったとは言えない気がします。やはり、答えをある程度準備しておいた方がいいと思いました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
自分の場合は志望動機などが少し弱かったように感じます。
やはり、もっと志望大学のいいところを調べたり、聞いたりする事が大事だと思いました。

また、面接官は医学部の先生方(基礎系の先生が多かったように感じます)志望動機にはキャンパスライフなどよりも医学部のことや医学の勉強についてのべた方がよかったかなと感じています。

面接対策の口コミ

【入学年度】2014年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:68ID:2236

参考になった:3
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
医学部を志望した理由
【回答】
病気や怪我のせいで希望を失ったりしている人を助けてあげたいと思ったから。
【質問】
北大を志望した理由
【回答】
大学の研究レベルが高くしっかり勉強できそうだと思ったから。
【質問】
好きな科目は?
【回答】
数学。抽象的な出来事を考えたりすることが楽しいから。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
個人面接だったが穏やかな雰囲気の面接だった。出身や年齢で面接点をつけているわけではなく、しっかりと受け答えを出来る人間を見ていると面接だと実感できる内容だったので一般常識的な受け答えを明るくはっきりと出来れば十分だと思う。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
予備校で渡された面接対策本をセンター試験が終わった後からたまに見るくらいでそれまでは全くやらなかった。学力がないと面接でいくら良い印象があっても意味がないし、面接官も受験生が学力試験で手一杯で面接の対策が疎かになっていることは把握している。面接対策は片手間に済ませて学力を上げることに全力を注ぐべき。

面接対策の口コミ

【入学年度】2014年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:73ID:2220

参考になった:1
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別
【面接官と受験生の人数比】
面接官3人に対し、受験生1人
【所要時間】
大体15分ほど
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
医学部の志望理由
【回答】
小さい頃医師にお世話になり、自分もこのような人の役に立つことがしたいと思った。また、かなりやりがいのある仕事だと思ったから。
【質問】
北大を選んだ理由
【回答】
家から近いのと、雰囲気が良かったから。
【質問】
学校で何の委員会だったか
【回答】
●●委員会
当日の面接の様子について教えてください。
【面接官】
3人いて、主に質問する男性、優しい感じの女性、男性だった。面接の雰囲気は和やかで、かたすぎない感じ。質問内容は定番のこの大学を選んだ理由、医師になりたい理由の他に、最近見たニュースとその感想、地域医療に関して、あとは主に学校生活についてであった。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接練習はセンター後から開始した。大体3回ほど模擬面接を予備校、学校で行なった。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接におけるマナー、常識は学校、予備校で教わった。
また、医師になりたい理由、大学を選んだ理由は常日頃から考えていた。あとは医療系のニュースは普段から注目しておき、それぞれ自分の意見を持つようにしていた。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
最近は日本で医学系のノーベル賞がいくつかあったため、それらについての周辺知識を調べ、これからの展望などについて自分の意見を言えるようにしておく。ただ、面接で大事なのはいかに自分がこの大学に入って医師になりたいかを伝えることで、面接官とのコミュニケーションであるということを忘れてはいけないと思う。

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:80  入学直前期:80ID:2219

参考になった:0
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個人面接
【面接官と受験生の人数比】
面接官3人、受験生1人
【所要時間】
10分程度
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
志望理由は?
【回答】
有名な医師に憧れたのがきっかけです。オープンキャンパスで医学部を見学したことも自分の意識を高めてくれました。また、親が北大出身なので身近な大学でもあったからです。
【質問】
尊敬する科学者は?
【回答】
益川敏英先生です。最近益川先生の著書を読んだのですが、自分の研究分野に限らず昨今の社会情勢についても深い考えをお持ちでした。科学者として尊敬しています。
【質問】
医療系のニュースで気になったことは?
【回答】
iPS細胞の臨床応用についてです。まだ不安定な部分もあり許可が降りていないということを知り、これからの研究がどう進んでいくのかに興味を覚えました。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接官】
穏やかそうな面接官二人と、ややフランクな面接官一人でした。回答につまった時があったのですが、静かに待っていてもらえたので平常心で回答できました。
【会場の様子】
面接室は10部屋あり、10人グループで控え室から案内され、面接室の前で座って待っていました。

面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接の練習は学校の先生とやっていました。始めたのは1月の始めです。自分で志望校の面接試験の過去問や形式などを調べて先生に提出し、それに応じて練習をやってもらうという形でした。練習は計2回やりました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
学校の先生が医学部志望者向けに医療ニュースや最近のトピックをまとめた冊子をつくってくださったのでそれを読みながら医療に関する知識をためていきました。このおかげで、本番で落ち着いた受け答えができたと思っています。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
もう一度面接を受けるとしたら、本番当日を想定したシミュレーションを繰り返します。面接自体に限らず、待ち時間をどう過ごすかといった準備も必要だと思います。そうすることによって、本番は練習の通りやればいいという心の余裕が生まれると思います。

面接対策の口コミ

【入学年度】2012年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:69  入学直前期:71ID:2046

参考になった:1
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個人面接
【面接官と受験生の人数比】
面接官3人に対して受験生1人
【所要時間】
10分前後
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
あなたが一番大事だと思うものはなんですか?
【回答】
命です。生きていなければどんなに楽しい事や、嬉しかった事を経験する事ができないからです。
【質問】
最近のニュースで関心のあることは?
【回答】
天皇陛下の冠動脈バイパス術の話をしたと思います。
【質問】
人生で一番楽しかったことと辛かったことは?
【回答】
楽しかったことは修学旅行で、みんなと思い出が作れたこと、辛かったことは、勉強をどんなにやっても結果が出ない時期があったことです。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
面接官の人は大学の教授、准教授の人たちで、みんな優しく話を聞いてくれる人でした。思っていた以上に落ち着いて質問に答える事ができました。受験番号によって面接官は異なり、中には少し厳しい質問をする面接官もいたみたいです。
【会場の様子】
受験生はスーツ着用です。面接は机を挟んで対面式で行われました。待機室は少し寒いのでカーディガンを持っていきました。面接を受けるまで長時間待つ場合もあるので、本などを持っていくといいと思います。
【印象的だったこと】
面接官の人は高校の時の成績証明書を結構見ていて、受験に関係のない科目も良い成績だった事を高く評価されました。受験科目以外も手を抜かずしっかりやっていて良かったと思いました。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接の対策を始めたのはセンター試験が終わってからです。担当の学校の先生と時間を見つけては練習をしていただき、その都度アドバイスをもらいました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
代々木ゼミナールの「2012年入試対策 医学部面接ノート」を利用していました。この本には予想される質問とそれに対する回答例が記載されており、自分なりの回答を考え、ノートにまとめておきました。その際、回答の文章をそのまま暗記するのではなく、どんなに本番で緊張して原稿が真っ白になっても、最低限絶対に伝えたい自分の考えを明確にしておくようにしていました。
面接でのマナーや振る舞いに関しては、担当の先生に指摘された事をノートにまとめた他、自宅で面接の様子をビデオ撮影し、客観的に見て気をつけました。
また面接試験の前日に、面接カードを書く時間があり、具体的にどんな自己アピールを書くかあらかじめ決めておきました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
実際に面接を受けた時と同様、予想される質問に対して、自分なりの回答を準備し、周りの人と何度も練習をします。その際大切なのは準備した回答をただ暗記するのではなく、それぞれの質問に対して自分の伝えたい事を明確にしておく事だと思います。そして自分の意見をしっかり伝えるためには、ゆっくりと大きな声で話すという事も大切です。面接官の人はちゃんと聞いてくれるので、落ち着いて自信を持って、これらの点に注意して話すよう心がけましょう。
また当時は気にする余裕がありませんでしたが、言葉遣いやマナー、身だしなみなどももっと注意を払おうと思います。どんなに話している内容が良くても見た目の第一印象は大事な要素だと思います。

面接対策の口コミ

【入学年度】2013年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:68ID:2045

参考になった:1
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個人面接
【面接官と受験生の人数比】
面接官3人に対して受験生1人
【所要時間】
10分前後
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
医学部を志望した理由は何ですか?
【回答】
基礎から応用まで幅広い学問だから。強いやりがいを感じるから。
【質問】
志望は臨床医?研究者?
【回答】
臨床医。実際に多くの人を助けるのに関わりたい。その中で興味を感じた時に研究に移りたい。
【質問】
医学に関して気になるトピックは?
【回答】
まだあまり分からないです。それらも含めて大学で学びたいです。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
圧迫感はなかったです。先生方も学生が緊張していることを理解してくださっていて優しい雰囲気でした。
【面接官】
40歳前後の男性2名、女性1名でした。服装はあまり覚えていません。
【会場の様子】
自分の番まで廊下の椅子に座って待ち、呼ばれて部屋に入ります。面接室は机が1つあって、5mくらい先に3人の面接官の長テーブルがありました。
【面接を受けてみた印象】
質問内容はそれほど難しくなく、専門的な話題も特に知らなくても、熱意があり、よほど偏屈な考えがなければ問題はないだろうと思います。ただ1つ予想していなかった質問が、「医学部でなければ他にどの学部が興味をもっていたか」というもので、医学部の面接において他学部への関心を話す準備はしていませんでした。それにはとても面喰らいました。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接の準備は、念のため医学の時事問題を扱う100ページくらいの本を半年くらい前から気分転換に読みました。面接自体の練習は特にしませんでした。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接対策のための参考書は医学部に特化したものである必要はないと考え、一般的な面接マナーが分かる本を読みました。その本のタイトルは忘れましたが、よく書店に売っているもので大丈夫だと思います。
時事問題の本も2周ほど軽く読んでいき、もしその読んでいたテーマを質問されたら答えられてラッキーだな、くらいにしか考えていませんでした。他には新聞やニュースで取り上げられたものは、少しインターネットで調べたりして知識を広げていきました。広げた知識に対して自分の言葉で話せるようにイメージトレーニングしました。
実際の面接の練習はしていませんが、あまり念入りに準備しすぎても本番の環境とは違うと思ったので、これもイメージトレーニングで済ませました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
面接の練習はしておいても良かったとは思いますが、しかし同時に、逆にする必要はやはりなかったとも思います。その時点での私が、練習した方が不安が解消されるなら対策すると思います。
他には、もっと幅広く、そして深くトピックについて知っておけばよかったなと思います。今であればインターネットも普及していますし、正確で詳しい情報が手に入れやすいので、その点で活用していきます。
アドバイスとしては、不安はなるべく減らして本番に臨んだ方がいいと思うので、自分がある程度納得するまで面接対策に時間を割きましょう。しかし、重視されるのは筆記試験の方です。そちらの勉強もしつつ、たまに気分転換に面接について取り組むことがちょうど良いと思います。

面接対策の口コミ

【入学年度】2015年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:66ID:2044

参考になった:1
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別面接
【面接官と受験生の人数比】
面接官3人
【所要時間】
5分程度
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
医師を目指したきっかけは何ですか?
【回答】
テレビ番組のドクターGに憧れを抱いた。
【質問】
海外留学はしたいですか?
【回答】
はい。
【質問】
高校生活で頑張ったことを教えてください。
【回答】
高校の学園祭で出し物のリーダーとして活躍しました。
当日の面接の様子について教えてください。
他の大学の面接も受けましたが、全然圧迫感はありませんでした。というのも、面接官はあらかじめ決められた質問を読んでいるかのように、淡々と質問していたからです。
質問があまりにもあっけないものばかりでしたので、質問に対する答えももちろんですが、受け応えの姿勢をみるための面接だったのではないかと思います。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接の練習は高3の秋から行っていました。担任の先生が個別に生徒を呼び出し、面接練習をしてくれました。そのお陰か、面接に対するアレルギーはなかったように感じます。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接で答えたい内容は丸暗記せず、キーワードを繋げてその場で文章をつくるようにしていました。面接練習に必要なのは暗記力ではなく、どう受け答えするかですので、答えるときの発声や態度についても気をつけました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
医療関係の知識を事前に増やしておけばよかったかと思います。また、別の大学の面接をあと2つくらい受けておきたいと思います。というのは、面接に対する自信をつけるためです。本番は面接練習にない緊張感があるので、失敗してもいい本番を何度か経験しておくことによって、その緊張を和らげ、胸を張って志望校の面接を受けることができると思います。

面接対策の口コミ

【入学年度】2013年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:58  入学直前期:68ID:2043

参考になった:0
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
面接官三人とのトーク形式。
【面接官と受験生の人数比】
3対1
【所要時間】
10分以内
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
医学部を受験しようと考えた理由はなんですか?
【回答】
ブラックジャックという漫画から命の尊さと、人を治すということね素晴らしさを学び、人生を豊かにする方法と考えたので志望しました。
【質問】
ブラックジャックで一番好きな話はなんですか?
【回答】
安楽死をしようとした患者を奇跡的に治したものの、患者が事故死してしまう話です。奇跡を起こせるブラックジャックでも運命的な出来事にはなすすべがなく、それに歯がゆいきもちを持つ場面が印象的でした
【質問】
安楽死についてどう思いますか。
【回答】
医者は他人の人生を決める権利まではもっていません。安楽死という選択肢を患者が選ばないよう日々努力するべきだと思いますし、私もそうしようと考えています。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
三人の内、一人は事務的な質問をする役、一人はフォロー役、一人は圧迫的で鋭い質問をする役という感じでした。
【面接官】
皆医学部の教授や職員だと思います。
焦らせるつもりはなく、素の受験生がどういう人なのかを出させようとしている感じです。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
センター試験後から面接本で回答を考えたりや河合塾のチューターや親に面接練習を頼んでやっていました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
医療ニュースや時事ニュースについて関心をもち、自分の意見を持つようにしていました。
特に時事ニュースについては聞かれやすいと書いてあったため、テレビを見たり、インターネットでニュースを検索したりしていました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
時事ニュースについて関心をもち、自分の意見を持つということはもちろん大事だと思います。
ただ、背伸びをせず、素の自分の考えを発信していくことが大事だと思いますし、自分の意見に自信があるような発言のしかた、態度をとることが大事だと思います。

面接対策の口コミ

【入学年度】2015年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:70ID:2042

参考になった:0
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別面接
【面接官と受験生の人数比】
面接官3人に受験生1人
【所要時間】
10分
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
医学部を志望した理由
【回答】
やりがいのある仕事をしたいと思ったから。人と接することが好きだから。
【質問】
どんな医師になりたいか
【回答】
地域医療に携わる医師になりたいです。
【質問】
卒後北海道に残ることはできますか
【回答】
はい
当日の面接の様子について教えてください。
面接官は3人とも優しい印象でした。各面接官から2つずつ質問されたと思います。質問されて答えたことからまた派生して質問されるといった感じでした。ただ時間のかかる質問ではなかったので面接自体はすぐに終わったといった印象でした。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
とくに対策はしませんでした。志望理由くらいは事前に言う内容を決めておきました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接対策はとくにしませんでした。医療の話題が聞かれることもあるので少しは興味を持って知るようにしましたが、面接官はその道のプロですので、知らないことはきちんと知らないと言えるようにもしておくようにしました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
もう一度面接を受けるとしたらもう少し将来のビジョンを持って臨みたいと思います。将来の夢、展望をしっかり持っていれば何か聞かれても自信を持って答えられます。受験した時は医師についてまだなんの知識もなかったので難しかったとは思いますが、今なら少ししっかり答えられたかなと思います。

11件中 1-10件を表示

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

北海道大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

北海道大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
北海道大学医学部の画像は北海道大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル