浜松医科大学医学部

浜松医科大学医学部
口コミ 勉強法(5)/ 面接対策(1)/ 小論文対策(1)/ 大学生活(3
偏差値 67.042位/81校 国家試験合格率 96%13位/80校
学費 3,496,800円 男女比 男63:女37女子比率 18位/81校

浜松医科大学医学部の勉強法の口コミ

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

5件中 1-5件を表示

勉強法の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:67ID:1886

参考になった:1
志望理由は何ですか?
現在の大学を志望した理由は、オープンキャンパスに行ってみて、雰囲気がよく、勉強も部活も熱心であるということにも惹かれたからです。
医学部を目指したのは、小さい頃、毎月のように熱を出していたためいろいろな行事に参加できなくなることが多々ありましたが、扁桃腺の手術をしたところ全く熱を出さなくなり私の人生は大きく変わったと思っています。私もこのように、他の人の人生を良い方向に変えてあげれたらいいなと思い、医師になりたいと思うようになりました。
塾や予備校には通っていましたか?
東進衛生予備校
映像授業で、自分のペースで進めることができ、繰り返す見直すこともできるので、私にはとても合っていました。
通っていた塾・予備校の講師について教えてください。
フォローの仕方としては、2週間に一度担任の先生との面談がありました。また授業を受けるごとに確認テストがあり、それに合格しないと次の授業が受けられないようになっていました。映像授業のため、先生の板書の時間などの無駄な時間を省くこともでき、とても良かったです。
通っていた塾・予備校の指導方針・カリキュラムについて教えてください。
志望大学に合わせた授業を提案され、そこから選び授業を取っていました。どんどん先取り学習をすることができるので、高2の間に化学の授業は一通り受け終わっていました。そのおかげで、余裕を持って、範囲を終えることができました。
通っていた塾・予備校の教室内の環境(雰囲気)について教えてください。
個別にしきられていました。そして、個人個人で映像授業を受けたり、勉強をしていました。長期休みの時や、平日の夕方はとても混み合っていて、席がいっぱいいっぱいのこともあり、困ることもありましたが、集中できる環境でした。
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
センター試験の直前の1ヶ月は、センター試験の予想問題集をたくさん解きました。リスニング対策は、毎日必ず少しでも英語を聞くようにして、耳がなまらないようにしていました。
【二次試験】
必ず毎日少しでも英語に触れるようにはしていました。単語帳はしっかりやり、毎日長文問題を必ず1題は解くようにしていました。
【おすすめの参考書】
やっておきたい長文シリーズ 河合出版
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
問題のパターンは決まっているので、予想問題や過去問をできるだけたくさん解いて、すぐに解法が思いつくように練習しました。時間配分がとても重要なので、そのためにも練習が欠かせません。
【二次試験】
予備校のテキストを繰り返し解きました。赤本を使い、問題の傾向を見ることもとても重要です。
【おすすめの参考書】
青チャート 数研出版
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
化学と生物で受験しました。化学は無機化学の暗記はしっかりしました。生物はとにかくセンター予想問題をたくさん解きながら覚えました。
【二次試験】
化学も生物も予備校のテキストの内容をしっかりやりました。生物は記述対策として、学校の先生に添削してもらっていました。
【おすすめの参考書】
化学セミナー 化学重要問題集 生物リードα
受験生時代の国語(現代文・古文・漢文)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
学校の授業でセンター対策をやってくれたので、それをしっかりやっていました。センターの問題には特有の解き方があるので、それを身につけることが大切です。漢文の句形はしっかり覚えましょう。古文単語もしっかり覚えましょう。
【おすすめの参考書】
センター予想問題集 漢文ヤマのヤマ マドンナ古文 古文単語ゴロゴ
受験生時代の社会(地理・世界史・日本史・現代社会・政治経済・倫理等)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
学校の授業が中心でした。センター試験の過去問は15年分くらい解きました。地理は覚えることはありますが、考え方を覚えることが一番重要です。そのためにはたくさん問題演習をして、わからなかったところを、教科書や地図帳で確認しながら、自分の知識を固めていくことがとても大切だと思っていました。

勉強法の口コミ

【入学年度】2013年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:55  入学直前期:65ID:1310

参考になった:3
志望理由は何ですか?
国家試験合格率が全国でトップレベルということもあり両親に勧められ受験しました。
塾や予備校には通っていましたか?
駿台予備校
通っていた塾・予備校の講師について教えてください。
数学と英語について特に指導力のある講師の方々が多かったように思います。数学では答えをすぐ見るな、自分で考えろと繰り返し言われましたが、それを実践したことで成績があがりました。また英語では構文を一から理解することの重要性を教わりました。
通っていた塾・予備校の指導方針・カリキュラムについて教えてください。
国公立大医学部コースだったのですが、医学部に必要な理系科目のみならずセンター試験に必要な文系科目の授業もしっかり組み込まれており、非常にためになりました。また数学と英語は2次試験にも通用するような学力をつけるべく良質な問題が数多くテキストに載っていて非常に勉強になりました。
通っていた塾・予備校の教室内の環境(雰囲気)について教えてください。
教室がそれほど大きくなく、人数も30人を超えないくらいの少なさだったのですぐ打ち解けて問題のわからないところを聞き合う仲になれました。また黒板との距離が近く板書が見えなかったり先生の声が聞こえないということが全くありませんでした。
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
直前期はセンター試験用の問題集で長文を1日2題は解いていました。またリスニングはもともと自信があったので直前期にセンター問題集の問題をやったくらいでした。
【2次試験】
英作文の授業で習った自由英作文の基本を元に過去問を解いて先生に見せていました。ただ、実際に英作文をたくさん書くというよりは英作文の基本をしっかり頭に叩き込んでどんな問題が出ても対応できるようにしておきました。
【参考書】
単語は駿台のシステム英単語を完璧にしました。他は駿台のテキストで勉強しました。
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
あえて言わせた欲しいのですが、特別な対策はしていません。と言うより必要ありません。なぜなら2次試験の勉強をやっていればセンター試験は自ずとできるようになるからです。したがって直前にマークシートを塗る練習をしたぐらいです。
【2次試験】
とにかく駿台のテキストの問題の予習を時間をかけて丁寧に解き、授業で解説を聞いたあと復習を行うということを繰り返していました。また長期休みの時にはもう一度やった問題を総復習していました。
【参考書】
駿台のテキストのみです。
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
化学と生物を受験しました。これも数学と同じく2次試験の勉強が行っていれば自ずと力はつくので特別な勉強はしていません。直前期に過去問を解いたくらいです。
【2次試験】
化学と生物を受験しました。生物はもともと好きだったので特に苦もなく授業の予習復習(実際に問題を解いてみて授業で答え合わせする)をしていました。化学はあまり得意ではありませんでしたが、やはり予習復習を繰り返すことで克服しました。
【参考書】
高校の頃使っていた資料集は非常に役に立ちました。どこの出版社でも内容は同じだと思います。
受験生時代の国語(現代文・古文・漢文)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
授業で国語の授業が組み込まれていたので、記述問題もしっかり予習復習して取り組みました。センター試験は選択問題ですが記述力が非常に役立ったと思います
【2次試験】
ありませんでした。
【参考書】
駿台出版 生きる漢字・語彙力
センター試験では漢字や語彙力も問われます。バカにできません。
受験生時代の社会(地理・世界史・日本史・現代社会・政治経済・倫理等)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】
世界史を選択しました。もともと得意でもあり好きな科目だったので、他の科目の息抜きでやっていました。授業は復習しかしておらず、参考書を買って自分で勉強していました。
【2次試験】
ありませんでした。
【参考書】
山川出版 一問一答世界史B 世界史Bの焦点
一問一答は趣味でやってました。世界史Bの焦点は非常によくまとまっていて、何度も読み返して覚えました。

勉強法の口コミ

【入学年度】-年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:-  入学直前期:-ID:149

参考になった:12
志望理由は何ですか?
別に親が医者というわけではありませんでしたが、周りの同級生が医学部に行く人が多かったです。
その影響で、漠然とですが、高校1、2年生ぐらいからは、医学部を意識していました。
自分の学年まで、センター試験点数の配分が、国語と社会は半分ずつでした。
センターの結果で考えていたのですが、国語が悪かったので、浜松医科大学を志望しました。
受験勉強の開始時期はいつでしょうか?
高校3年生の夏頃です。
塾や予備校には通っていましたか?
高校1、2年生の時は、駿台予備校に通っていました。
3年生から、河合塾に通いました。もともと河合塾は、中学受験の時に通っていました。
駿台予備校から河合塾に変えた理由は、名古屋だと河合塾が強いということと、規模も大きかったからです。
授業をしていた先生もよかったです。
所属する大学の入試の特徴を教えてください。また具体的にどのような対策をしたか教えてください。
2次試験は、英語、数学、理科2科目(物理・化学)を受けました。
英語は赤本を中心に勉強しました。
入試では150字以上で英作文を作るという問題がありましたが、もともと英作文は得意でした。
しっかり流れを作って、練習し学校の先生に添削をしてもらっていたので、本番ではスラスラと解くことができました。
数学は、大学に数学の先生が1人しかいないので、問題があまり練られていません。
難しい問題から、簡単な問題まであります。
なので、皆が取れる問題を取れるようにし、標準的なものは解けるようにしました。
理科も数学同様です。2次試験前に対策をし、塾の問題集を解きなおしていました。
センター試験ができていました学校でも塾でも医学部対策がありました。
学校の医学部対策は、行っても行かなくてもよかったのですが、気分転換に行っていました。
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
単語、文法を中心に学びました。特に『Next Stage』は、8割から9割ぐらいわかるようにしました。
長文は3年の秋ぐらいから、1日3問ぐらい勉強しましたが、まずは基本的な単語や文法が大事だと思います。
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
チャートや学校の問題を中心に勉強しました。
学校では『体系数学』を使用していました。
普段の授業から、数学の内容はわかるように真剣に聞いていました。
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
理科は教える先生により質が違うと思いますが、自分は好きな先生に教えてもらっていました。
教科書の内容は100パーセントわかるように、わからない点は先生に質問していました。
化学は、1高校年の時に『セミナー化学』を使用していて、その内容は全部わかるようにしていました。
『セミナー化学』を理解していたので、『化学Ⅰ・Ⅱの新研究』を解いていました。
これはちょっと難しく、東大や京大に行く子が解いていました。
受験生時代の国語(現代文・古文・漢文)の対策を具体的に教えてください。
国語は苦手でした、古文の単語や漢文の句法を中心に勉強していました。
あまり自信をもって勧められるものはありません。
受験生時代の社会(地理・世界史・日本史・現代社会・政治経済・倫理等)の対策を具体的に教えてください。
社会は世界史を選択しました。世界史は、学校の授業を大切にし、最後は赤本を解きました。
親御さんにされて嬉しかったこと、良かったことはなんでしょうか?
ご飯を用意してくれたり、そういう身の回りのことをやってくれたことはありがたかったです。

勉強法の口コミ

【入学年度】-年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:-  入学直前期:-ID:148

参考になった:5
塾や予備校には通っていましたか?
なし
医学部受験にはどのような心構えが必要だと思いますか?
医学部に入った後にどのような医者になるか、という明確な目標を持つこと。高いモチベーションにつながります。
医学部合格を勝ち取る必勝法はなんだと思いますか?
必ず合格とはいえませんが、早寝早起き。厳しい受験勉強を乗り越えるのに規則正しい生活をして健康を維持することは必須だと思います。
親御さんにされて嬉しかったこと、良かったことはなんでしょうか?
リビングと自分の部屋は隣同士だったのですが、親が気遣ってテレビはイヤホンをつけて見てくれていました。やはり人の会話(テレビも)は気になるものなのでこれはありがたかったです。
親御さんにされて嫌だったことはなんですか?
勉強に関して任せられていたため、言われて嫌なことは特にありませんでした。 しかし、ご飯の時間がずれると自分の勉強リズムも多少なりずれてしまうため、それは嫌でした。
受験生時代の春にはどんなことをやっていましたか?
春は得意科目である英語をまず完成させました。どの科目も(センターに使うものも含め)コンスタントにはやっておきましたが、英語の長文を自身の付くまでやりました。この時点で志望校の過去問の英語に関しては、ほどほどな出来になりました。 この時期は英語以外は学校のテスト対策を中心に勉強しておきました。
受験生時代の夏にはどんなことをやっていましたか?
夏休みは生物と数学に力を入れました。生物も得意科目であったため、夏休み前半には過去問がほどほどに解けるくらいになりました。 一方数学は嫌いだったためなかなか苦戦しました。夏休みが終わっても数学に関しては過去問の半分も解けないレベルでした。テキストは主にチャートを使っていました。 夏休みも塾には行きませんでした。学校行事との兼ね合いもありなかなか厳しかったのですが、とりあえず起きてる間は常に勉強をしていました。 学校の補講には自主的に参加しておきました。
受験生時代の秋にはどんなことをやっていましたか?
秋ごろは化学も見始めました。化学は最も嫌い&学校のテストもあり、結局中途半端な勉強しか出来ませんでした。 この時期には過去問を全教科通して解いておきました。が、化学はせいぜい4割程度の正答率でした。 一方でこの時期に地元の国立大学医学部の推薦をもらえたため、11月末からはセンター対策が基本となりました。(推薦の場合、成績&センター&筆記テスト) この時点ではセンター試験の過去問の出来は8割後半くらいでした。
受験生時代の冬にはどんなことをやっていましたか?
センター試験まではひたすらセンター対策をしていました。過去問5年分を3回通り&代ゼミや駿台、河合の予想問題集を2回ずつくらいやっておきました。 この時点でコンスタントに9割取れるくらいにはなりました。 1月末に推薦のテストがあり、それ以降は念のため同じ大学の前期試験の対策をしました。 英語と生物はだいたい完成していたため、数学と化学を中心にやりました。 どちらの科目も過去問を解いて、解けなかったらテキストの類似問題を見直す、という方法でやりました。センター対策にかなり時間を使っていたため、あまり点数は伸びず、どちらもせいぜい過去問が6割解けるくらいでした。 この時期も塾には行きませんでした。
受験生になる前はどんな勉強をしていましたか?
上にも書きましたが、推薦をもらうことが頭にあったので普段の成績は取るように勉強しておきました。 勉強は授業の進度にあわせたもの、定期テスト対策が主でクラス1位はできるだけキープしました。 ときどきある実力テストの際にはその前後で対策および復習しておきました。 &英語の長文は伸ばすのに時間がかかると聞いていたので、普段から英語の物語を何かしら読んでおきました。

勉強法の口コミ

【入学年度】-年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:70ID:147

参考になった:2
志望理由は何ですか?
将来静岡県で医師として働くつもりで、静岡県の医療の中枢であるのが浜松医科大だから。

幼少期〜思春期の自分のアトピー等の経験から、小児科医を目指した。
塾や予備校には通っていましたか?
現役時は、学校で与えられたものを確実にこなしていれば十分であり、また必然的に予備校に通う時間も必要もなくなった。
浪人時は代々木ゼミナールに通った。
通っていた塾・予備校の講師について教えてください。
代ゼミサテラインに通っていました。映像授業と集団授業を半々で受講していましたが、科目の先生によっては、連絡先を教えてくれて質問がある時はいつでも連絡出来るように対応してくれた先生もいました。通常質問がある時は、Faxで質問をすることになっております。
通っていた塾・予備校の指導方針・カリキュラムについて教えてください。
他の塾・予備校ですと、夏期講習で色んな講座を詰め込むように推奨されていたようだが、代ゼミはどちらかというと、次々に新しいものを詰め込む勉強の進め方ではなく、学習したものを理解できるまで、しっかりと教えてくれる授業で着実に成績が伸びた。
通っていた塾・予備校の教室内の環境(雰囲気)について教えてください。
映像授業が多かったので、あまり教室内の雰囲気はわかりませんが、次々と詰め込むのではなく、選択と集中で効果的に勉強するやり方が自分に合っていたし、またこの勉強法が効率良く入試に合格する一番の近道であった。
所属する大学の入試の特徴を教えてください。また具体的にどのような対策をしたか教えてください。
数学は非常に難易度が高く、逆に差は開かないと考え、標準レベルの対策しかしなかった。ただし、今年から新しい数学の教師が赴任しました。英語は英作文を確実に解けるよう毎日ブレインストーミングと構成、作文の練習をした。読解では文章の要点をつかむことが大切。物理化学に関しては入試標準レベルなので、確実に点を稼がなければいけなかった。
全体としてはセンター逃げ切りが有効。
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
センター試験
文法は失点を抑えたい。コツコツと積み重ねることが大事。
とにかく量をこなした。
リスニングはできるだけ毎日やり、音読は欠かさない。
二次試験
英作文の対策を中心にした。
設問の要求に応えていなければ、文法があっていても点はもらえないので、必ず添削をしてもらった。
参考書
西きょうじ ポレポレがとてもオススメ。
単なる解説をすることはなく、どこに目をつけ、何を考えて解くのか記されていふ。
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
センター試験
あえて100は狙わず95を取るつもりで練習した。
時間が足りなかった時は、どこが問題なのか反省した。遠回りな解き方をしたのか、粘ったのがいけなかったのか。
二次試験
微積分、極限ばかりやっていた。計算テストなどをして、解くスピードをあげるようにした。
必要最低限だけやり、時間は理科とセンターにまわした。


参考書は塾テキスト
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
センター試験
二時対策をしていたら安定して90%〜100%がとれたので、特に対策はしていない。
二次試験
単なる暗記はしない。(無機は除く)とくに、物理に関しては、定義を頭に入れ、式の意味を言葉で表せるようにした。これが出来ると、難しい問題もかみくだけるようになる。

参考書は塾テキスト
物理は代ゼミ為近先生がオススメ
受験生時代の国語(現代文・古文・漢文)の対策を具体的に教えてください。
センター試験
評論 論理の飛躍、換言、表現、対比に注目して過去問をひたすら練習
小説 心情の+−、その対象、変化に注目
古文漢文 文法、句法、単語を確実に
実践問題集はセンター試験と傾向が違うので過去問だけをやった
また、センター試験作成部会の見解も参考にした
二次試験はありません
参考書は漆原慎太郎の、面白いほどわかるセンター試験古文
受験生時代の社会(地理・世界史・日本史・現代社会・政治経済・倫理等)の対策を具体的に教えてください。
センター試験は地理選択
夏までにまず、知識を整理する
夏からは問題集をつかって、その知識の使い方、どこに目をつけて解くのかをひたすら繰り返した。
間違えたら、
知識がないのか、それとも考え方が見についていないのかに分類して復習した


オススメ参考書、特になし。どれも同じだと思う。
所属する大学を目指す受験生にメッセージがありましたらお願いします。
常に自己分析して、改善すれば必ず実力が付きます。頑張れ!
受かったら是非ボート部へ

5件中 1-5件を表示

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

浜松医科大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

浜松医科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
浜松医科大学医学部の画像は浜松医科大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル