九州大学医学部

九州大学医学部
口コミ 勉強法(36)/ 面接対策(0件)/ 小論文対策(1)/ 大学生活(36
偏差値 70.89位/82校 国家試験合格率 93%20位/80校
学費 3,496,800円 男女比※1 男59:女41女子比率 -位/82校

※1…医学部(看護学科等も含む)の男女比率

九州大学医学部の勉強法の口コミ

勉強法の口コミ

【入学年度】2014年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:75ID:50

参考になった:1
志望理由は何ですか?
元々同大学の別の学科に所属していたが、臨床医の仕事に魅力を感じ、大学を休学、再受験を決意した。友達が多くいたため、現在の大学を第一志望としていた。幸いセンター試験でも充分合格を狙える点が取れたので迷わず出願した。
塾や予備校には通っていましたか?
現役時は個人経営の塾
再受験時は河合塾
河合は医学部に強く、駿台は東大京大に強いというイメージがある
通っていた塾・予備校の講師について教えてください。
講師の方々は、優秀な人材が揃っているようでして、分からない問題の質問に対しても的確に答えてくれる。また生徒一人ひとりに目が届き、勉強のモチベーションを維持させるのが上手でした。自分の学力が向上しているのが分かりましたので、更に受験に向けて励むことが出来ました。
通っていた塾・予備校の指導方針・カリキュラムについて教えてください。
福岡で長年実績を築いている河合塾に通っていました。私の場合、九州大学の医学部志望でしたので、入試問題データの蓄積、出題傾向の分析など効率の良い入試対策ができる「トップ選抜九大医進コース」を受講していました。九大医学部入試を想定した実践形式の勉強ができました。
通っていた塾・予備校の教室内の環境(雰囲気)について教えてください。
予備校にはラウンジが設置されており、勉強する時は勉強に集中し、休憩の時は和気藹々とした雰囲気で、メリハリのある環境でした。また私のクラスは全員九大医学部志望なので、目的が明確化しており、良い刺激をもらいながら勉強をすることができました。
所属する大学の入試の特徴を教えてください。また具体的にどのような対策をしたか教えてください。
センター試験で生物が、二次試験で物理が必須なので理科3科目を勉強する必要があった。生物は再受験して初めて学習した。僕は暗記が苦手だと自負しているので、ネットなどで語呂合わせを探しまくった。物理は入試問題より少し高いレベルの問題を解くようにしていたので、本番の試験でも落ち着いて解答することができた。
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】12月頃から本格的に対策を始めた。センター特有の出題形式に慣れるように過去問をひたすら解いた。
【2次試験】英作文に苦手意識を持っていたので、予備校の先生に添削してもらっていた。自由英作文は定型文を暗記し、すぐに頭の中の引き出しから取り出せるようにしていた。
【参考書】システム英単語や英文読解の透視図などを使っていた。
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】満点を取りたかったので、後述の参考書を5周ほどした。本番の試験では満点を取ることができた。
【2次試験】標準問題を確実に押さえておくのを前提として、少しレベルの高い問題にもチャレンジしていた。また別解がある問題は必ず全ての解法で解き直すようにした。
【参考書】きめる!センター数学、やさしい理系数学
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】化学と生物を受験した。化学は教科書を細部まで読み込み、過去問を解いた。生物も教科書を重視したほか、前述の通り語呂合わせを利用した。
【2次試験】物理と化学を受験した。物理は公式を暗記するのではなく、自分で導き出せるようにした。化学は標準問題を確実に押さえる訓練をした。
【参考書】センター・マーク標準問題集生物、重要問題集、漆原晃の物理が面白いほどわかる本、究める物理
受験生時代の国語(現代文・古文・漢文)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】予備校の授業を受けて対策したが、ぶっちゃけ国語は時の運だと思う(笑)国語ができなくても2次試験で他の科目ができれば受かる。
【2次試験】2次試験はなかったです。
【参考書】古文単語帳、過去問題集など
受験生時代の社会(地理・世界史・日本史・現代社会・政治経済・倫理等)の対策を具体的に教えてください。
【センター試験】地理選択だった。有名講師である瀬川先生の授業を受けていたが、最後まで苦手意識は抜けなかった。本番でも8割ほどしか取れなかった。
【2次試験】2次試験はなかったです。
【参考書】黄色本、瀬川聡の超重要問題の解き方
所属する大学を目指す受験生にメッセージがありましたらお願いします。
模試を本番だと思って解くこと。そして本番ではとにかくリラックス。僕は試験前日はテレビ見てました。一年間自分は充分努力を重ねて、合格に足る学力を身につけたという自信があった。前日にもがいても焦るだけ。リラックス。

九州大学医学部の他の勉強法の口コミ

2017年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:60 入学時偏差値:67
3
自分が住んでいる県にあり、レベルの高い大学であるから …(続きを見る
2017年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:68 入学時偏差値:78
11
凡人でも努力でいける最高レベルだと思うから …(続きを見る
2014年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:68 入学時偏差値:75
3
全国屈指の大きな医学部及び病院を有する大学で,臨床だけでなく基礎研究に力を入れているため自分の将来目指している医師の姿とマッチしていました. …(続きを見る
2014年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:60 入学時偏差値:75
7
国際社会で活躍できる医師になりたかった故 …(続きを見る
2015年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:60 入学時偏差値:72
0
旧帝大であり、ご飯の美味しい街がよかったから …(続きを見る
2014年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:60 入学時偏差値:68
2
実家から通える国立大学であるため九大を志望しました。 旧帝大で、将来の就職にあたってもメリットがあるかもしれないと思いました。 …(続きを見る
2014年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:60 入学時偏差値:70
1
国立大学であり、設備も整っているという話を聞いたから。地元の大学でもあったから。 …(続きを見る
2016年度入学(再入学) 【模試の偏差値】高校三年4月:65 入学時偏差値:75
1
もともと九州大学の別の学科に在籍しており、医学科に再受験するにあたって、よく知っている九州大学に行くのが良いと考えた。また、再受験に対する傾斜配点などもなく、とりわ …(続きを見る
2016年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:70 入学時偏差値:73
1
実家から通える範囲の国立医学部が、九州大学医学部しか無かったため、九州大学を志望した。また、医学部を目指すきっかけは、叔父や祖父など親戚に医師が何人かおり、直接会っ …(続きを見る
2017年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:62 入学時偏差値:70
0
附属病院に入院した経験から、ここで学びたいと思ったから。 …(続きを見る
2014年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:70 入学時偏差値:75
1
小学生のころから漠然と医師という職業に対する憧れがあった。高校に入学した際に、3年後の大学受験、ひいては将来の職業選択について考えて医学部医学科を目指すことを決めた …(続きを見る
2014年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:65 入学時偏差値:65
0
現在の大学を志望した理由…福岡県出身で馴染みがあり、実家から距離的に最も近く、教育水準も高そうだったから。 …(続きを見る
2014年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:73 入学時偏差値:77
2
小学生のころまで福岡に住んでおり、もう一度福岡で生活したいと考えていました。旧帝大ということで比較的レベルも高く、早い時期から目標とすることでモチベーションの維持に …(続きを見る
2013年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:65 入学時偏差値:74
0
キャンパスが綺麗であり、福岡の市街地に自転車で行ける立地にあったので志望しました。医学部を目指すきっかけとして、公衆衛生の分野で活躍されている人の話を聞き、パンデミ …(続きを見る
2014年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:70 入学時偏差値:74
0
自分の実力で入ることが可能そうであり、また面接がなかったため。 …(続きを見る
2014年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:70 入学時偏差値:72
0
九州で一番偏差値の高い大学に行きたかったから …(続きを見る
2014年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:40 入学時偏差値:70
1
地元の大学は高校の同級生が多くいるので、新しい環境で大学生活を送りたい自分は、県外の大学に通うことにした。そして、楽しい街に住めて、旧帝国大学であるいまの大学を志望 …(続きを見る
2017年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:67 入学時偏差値:75
0
関連病院の多さと、九州一の大学であること、最新の研究が盛んに行われていることなどから、現在の大学を志望しました。はじめは漠然とした憧れから医学部を志望しましたが、意 …(続きを見る
2014年度入学(再入学) 【模試の偏差値】高校三年4月:50 入学時偏差値:60
0
実家から通える国立大学の一つであり、地方の中では栄えている場所に立地しているから。自分の将来を考えて、人のためになる生き方をしたいと思ったから …(続きを見る
2014年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:75 入学時偏差値:76
0
もともと九州の出身で地元に愛着があったため、九州から出ることなくその中でも最上位である九州大学を目指そうと思いました。センター試験の自己採点結果や判定も幸いじゅうぶ …(続きを見る
2017年度入学(再入学) 【模試の偏差値】高校三年4月:70 入学時偏差値:72
3
実家が九州にあるので、実家に近く、また、高校同期が多く通っている大学として九州大学は通いやすいと思ったからです。他大に通っていたのですが、進路を考えるために種々の講 …(続きを見る
2017年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:64 入学時偏差値:70
2
旧帝大の医学部で、病院の大きさも九州の中で1番大きく、いい経験を積めると思ったから。 …(続きを見る
2017年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:73 入学時偏差値:75
0
神経科学分野の研究医を目指していたから。 現役で東大理Ⅰを落ちたのちに、自分が将来したいことを再考した上で、理工系から医学部に転換した。 …(続きを見る
2016年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:65 入学時偏差値:75
0
それ程家庭が裕福ではないので実家から通える県内の大学、それも国立でという条件だったので医学部を目指す上ではほぼ他に選択肢がなかったというのもありますが、レベルも高く …(続きを見る
2017年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:65 入学時偏差値:70
0
研究医になりたいので研究医になる上でどこがよいかを考えていたときに、私にとって興味深い研究を九州大学がしていたので志望しました。 …(続きを見る
2016年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:60 入学時偏差値:70
1
九州大学を選んだのは、実家から比較的楽に通える範囲であり、かつ入学に必要なレベルが低すぎなかったから。 …(続きを見る
2016年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:68 入学時偏差値:73
0
理科が得意で理科の試験科目が一つ多いことが魅力であったから。 …(続きを見る
2016年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:66 入学時偏差値:73
0
実家が福岡県内にあるので、適度に遠くすぐ帰れるところがいいなと思い九大にしました。 …(続きを見る
2017年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:62 入学時偏差値:65
0
実家から通える距離で、医学部入試で面接がなく、他学部と同じ問題なので入試の難易度的にもちょうどよかったから。 …(続きを見る
2016年度入学(再入学) 【模試の偏差値】高校三年4月:62 入学時偏差値:73
37
地元の大学だから …(続きを見る
2013年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:67 入学時偏差値:71
9
当初は国立の医学部ならどこでも良いと思っていたが、受験に落ち、浪人する中で、悔しさや劣等感を感じ、より難易度の高い大学を希望したため。 …(続きを見る
2015年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:75 入学時偏差値:84
16
実家からさほど遠くない範囲にある大学では、九州大学が最難関だったため志望しました。 …(続きを見る
-入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:- 入学時偏差値:-
3
九大の二次試験は標準的な問題が多いので(まれに難問も出るが、あまり合否には直結しないようです。)、標準的な問題の演習を重ねました。 …(続きを見る
2014年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:58 入学時偏差値:65
7
実家から通うことのできる国立大学、ということで九州大学を受験しました。 医学部受験の理由は就職活動に振り回されたくなかったからです。 …(続きを見る
2014年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:68 入学時偏差値:75
4
地元の大学でもあり系列病院数が多いから ドクターGをみて …(続きを見る
カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

九州大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

九州大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
九州大学医学部の画像はMuyo masterから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル