福島県立医科大学医学部

福島県立医科大学医学部
口コミ 勉強法(14)/ 面接対策(9)/ 小論文対策(1)/ 大学生活(13
偏差値 65.852位/82校 国家試験合格率 95%13位/80校
学費 3,496,800円 男女比 男70:女31女子比率 33位/82校

福島県立医科大学医学部の勉強法の口コミ

勉強法の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:45  入学直前期:65ID:5738

参考になった:1
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
英語は得意なほうだったので、センター試験対策は赤本を使ってリスニングと文法のところだけをやりました。
二次対策は、予備校のテキストを中心に長文読解力をつけるのと並行して単語をできるだけ多く覚えるようにしました。
【参考書】
単語に関しては、Z会出版の速読英単語シリーズの特に必修編をやり込みました。あと同じくZ会出版の解体英熟語もおすすめです。
英熟語を覚えておくと英作文のときに役立ちます。
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
センター試験対策は、とにかくセンター試験の赤本を丸々一冊何回も繰り返して解きました。
あとは予備校で配布されたセンター試験の予想問題もたくさん解いて色々な出題パターンに備えました。
二次対策は、受験する大学の赤本を数年分解き、傾向を確かめたあとは予備校のテキストをメインに基礎を大事にしました。
【参考書】
基本は予備校のテキスト。あとは確率が苦手だったので、東京出版の「ハッとめざめる確率」を何周かしました。
ハッとめざめるまではいきませんでしたが、確率の問題のほとんどのパターンが網羅されているので解き方を覚えておくと本番役に立つかもしれません。
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
化学と生物選択でした。センター試験対策は、センター試験の赤本を丸々一冊解いて、間違えたところをノートにまとめ、直前はそのノートを見直しました。
二次対策は、今まで受けた模試の解き直しや、予備校のテキストをもう一度解いて知識の漏れがないか確認しました。
【参考書】
センターの赤本と予想問題。予備校のテキスト。理科は参考書などはほとんど使わずに今まで解いたことのある問題を確実にできるようにすることを目標にしました。
受験生時代の国語(現代文・古文・漢文)の対策を具体的に教えてください。
センター試験対策は古文漢文メインでした。古文は単語をなるべく多く覚えるようにしました。漢文は句形を正確に覚えて読解力をつけました。
現代文は正直、文章との相性もあるので運も大きいかなという気がします。二次試験はありませんでした。
【参考書】
古文単語は、高校のときに配布された桐原書店の「文脈から理解する 新読解 古文単語」を使って単語を覚えました。
受験生時代の社会(地理・世界史・日本史・現代社会・政治経済・倫理等)の対策を具体的に教えてください。
センター試験では、「倫理、政治・経済」を選択しました。倫理は高校の教科書を丸暗記するつもりでひたすら読み流していました。
政治・経済は一問一答形式の問題集を買って知識を詰め込みました。暗記科目なので細かい時間を使って正確な知識をいかにつめこむかがポイントだと思います。
二次試験はありませんでした。
【参考書】
倫理は高等学校の教科書(たしか実教出版だった気がします)を使いました。政治・経済も高等学校の教科書(実教出版)を使いました。また、旺文社の「一問一答倫理、政治・経済ターゲット2600」を使いました。
所属する大学を目指す受験生にメッセージがありましたらお願いします。
単科大の医学部は問題が難しく合格するのが大変なのではという先入観がありましたが、難しい問題は皆できないので結局はあまり影響しないと思います。
小さい大学ですが国家試験合格率も高いし普通に生活してれば留年もほとんどしないのでおすすめです!頑張ってください!

福島県立医科大学医学部の他の勉強法の口コミ

2018年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:50 入学時偏差値:60
1
センター試験は、駿台の対策本や、過去問を繰り返し解くという対策をしていた。 二次試験は、長文の問題集を解き、技術力を鍛え、センター後は、国立の過去問を解いていた。 …(続きを見る
2018年度入学(再入学) 【模試の偏差値】高校三年4月:40 入学時偏差値:65
1
【センター試験】 過去問を本格的に解き始めたのはセンター試験の3週間前からである。それまではマーク模試を受けその復習をしっかりするという形であった。 …(続きを見る
2018年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:70 入学時偏差値:70
3
【センター試験】 とにかく自己採点を1日目終了時点でしてはいけない。また、スピード命なので気分のリラックス以外では気を抜かない。 【二次試験】 …(続きを見る
2018年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:60 入学時偏差値:70
1
センター試験は長文読解は得意だったのであまり対策はしませんでした。 苦手な文法と発音は直前に集中して対策することで得点を安定させることができました。 …(続きを見る
2018年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:65 入学時偏差値:67
0
センター前は毎日リスニングの時間を設けるようにしていてリスニング能力を衰えさせないようにしていた。 …(続きを見る
2018年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:65 入学時偏差値:67
0
【センター試験】リスニングはセンター対策の問題集を何冊か解いた。とりあえず本番の形式通りに解いて採点するが、この時まだ解説は見ないでもう一度英語を聞いて解いてみる。 …(続きを見る
2018年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:55 入学時偏差値:69
0
【センター試験】 問題に慣れることが大切なので定期的に過去問や問題集を解いた。しっかり時間を計ってやった。文法にも力を入れた。 【二次試験】 …(続きを見る
2014年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:65 入学時偏差値:65
15
実家から遠くなく、一次試験で落とされなさそうだったから …(続きを見る
2016年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:60 入学時偏差値:65
9
・福島県出身ということで、県内の大学に通いたかったため。 ・県内推薦があったため。 …(続きを見る
2016年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:60 入学時偏差値:68
15
公立大学で、面倒見が良いため。 自分の深く勉強したい分野に精通した教授がいるため。 医学部を目指したのは、祖父が病気になり治したい、支えたいと強く思ったため。 …(続きを見る
2015年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:60 入学時偏差値:68
7
実家が福島にあったから。生物系、とくに人体機能に興味があったので …(続きを見る
-入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:- 入学時偏差値:-
18
最終的にこの大学を決めたのはセンターの後だったので、センター後に過去問は5年分くらい解いた。 その前までは、特に大学別とかではなく、医学部対策的なことをしていた。 …(続きを見る
-入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:56 入学時偏差値:64
12
医師になることが目標であったため、大学に強いこだわりはなかった。 ただ金銭的な事情から進学できるのは国公立大学のみであった。 …(続きを見る
カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

福島県立医科大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

福島県立医科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
福島県立医科大学医学部の画像はKozoさんから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル