近畿大学医学部

近畿大学医学部
口コミ 勉強法(13)/ 面接対策(6)/ 小論文対策(5)/ 大学生活(9
偏差値 66.840位/82校 国家試験合格率 88%49位/80校
学費 35,827,000円20位/31校 男女比 男65:女35女子比率 23位/82校

近畿大学医学部の小論文対策の口コミ

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

5件中 1-5件を表示

小論文対策の口コミ

【入学年度】2012年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:50  入学直前期:72ID:3586

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
理想の医師像とかはよく聞かれるので対策していた。
あとは小論文の本を一冊買って書き方を学び、先生に毎週添削してもらっていた。
何をテーマにしてもいいが人に見てもらうことが大事だと思う。
添削されたのを見直してまた書き直すとよくなる。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
最初からこつこつ
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
新聞のコラムをよむ。
そしてそれを自分なりに400字ほどでまとめて文章にする。
それを毎日すると大分練習にはなる。
毎日書くとペースも速くなるので本番に余裕を持って望めるとおもう。
知識を入れることも大事なので気になったら調べておく。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
時事問題の本を一冊買ったらいいなとあとは新聞等で情報集め。
最初はコラム等を丸写しするところから初めてもいいとおもう。
そうすると文章の書き方や内容が入ってきやすくなる。
徐々にそれを自分の言葉に置き換えていくとさらに知識が深まる。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
予備校で毎朝本を読む時間が設けられていたのでそのときにもっと色々読んでおきたかった。
そうしたらもっと小論文も楽であったかもしれない。
なんでもいいから書くというよりはやはりテーマを決めて毎回書くことが大事だとおもう。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:70  入学直前期:70ID:3574

参考になった:1
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
小論文では医療系のテーマだけでなく、様々なテーマから出題されるので医療に絞って学習するのはよくないと思います。
優先座席に若者が座ることの是非について、海外からの観光客のマナーを正すために有効な方法は何かなどについて出題されました。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
高校では対策しておらず、浪人時の春から夏まで講座を受講していました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
日頃から対策することができていませんでしたが、友達が日頃からの対策としてやっていた方法で有効だと思ったのは、毎週週末の新聞の社説を読み、それを100字要約し、さらには300字で感想、自分の意見を書くというものです。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
新聞やニュースなど情報に溢れています。
今ではスマートフォンからも知識を取り入れることができるので、交通時間や隙間時間を有効に使い知識を深めるのが大切だと思います。
参考書としては小論文はこれだけ が役に立つと思います。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
小論文をもう一度受けるとすれば、先ほど学べましたが友人のやっていた、社説を読んで、要約と感想を書かかとを日常的に行いたいと思います。
また、隙間時間でもスマートフォンなどから知識を取り入れたいと思います。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2015年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:58  入学直前期:62ID:2268

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】
倫理観がテーマの小論文だったと記憶している。倫理観はしっかり医者になる事を念頭におきつつ自分の考えも適度に入れるように努力した。また医者本位の考えに偏らないように患者の立場に立って考えることを強調した。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
小論文対策はセンター試験が終わってから始めた。頻度としては週2回ほどで1回につき1問と添削、書き直しをした。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
添削を2人にしてもらい、添削してもらったら同じ問題についてもう1度書き直すことを目標にしていた。また普段の勉強に疲れた時などはテレビなどでニュースを見て時事問題を追いかけたり、医療がテーマのテレビ特集などで倫理観を形成するように心がけた。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
小論文対策は小論文対策用の参考書を読んで基礎知識を固めたあと、それに関するニュースや本などで深い知識を得ていくことが大事であると思う。他に小論文を書く必要のある友達と意見を交換することで他人の意見なども取り入れる。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
再受験するとしたらもう少し客観的に見た意見なども付け足したら良いかと思う。自分の意見を組み込むのはもちろんだが、独特な意見に偏ってしまうのはとても危険であると感じる。一般的には〇〇だが、私は〜という書き方をすればいいと思う。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2016年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:55  入学直前期:65ID:1989

参考になった:3
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
テーマ:今年のノーベル物理学について述べなさい
このテーマは正直想定していなくて、たまたま興味を持ってノーベル賞関連のニュースを見ていて、そしてたまたま物理選択だったので、受賞された実験とこの功績について述べました。生物選択者や医学賞のほうを見ていた人には少し厳しかったかもしれませんが、大学が見ているのは正しい知識だけではなく、わからないではわからないなりになにを書くか、白紙にならずどのようにまとめるかを見ているのだと思うので、しっかり字数に収めることが重要だとおもいます。またこれは医学部受験の小論文なので、しっかり医学、医療に絡めるようにして答えるとより点数が高くなるのではないかと思います。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
小論文の対策をはじめたのはセンター試験が終わってからです。ただ、志望大学が特に特殊な小論文を出さなかったからこの時期にしたので、自分の志望大学の難易度に合わせて考えてください。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
小論文対策は、自分で書いたあと、しっかり自分で見直しをして訂正し、それから先生に添削してもらっていました。自分で訂正しないまま添削してもらうと、試験会場で自分で見直しをすることが出来なくなるので、その作業が非常に重要だとおもいます。そして、先生に添削してもらったことを、次に小論文を書くときに意識して書いてみると、一回小論文を書くだけでよりたくさんのとこを吸収できると思います。センターが終わって私立や国立二次の勉強をしたいときに小論文対策に大量の時間は当てられません。一回書くときにいかに小論文をかけるようになるか、効率よくしないといけません。また、添削はかならずやってもらってください。自分ではわからないことを見つけてもらえます。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
基本的に、医療に関する本やインターネットなどを日常的に見ていました。そしてそれに関する自分の意見を、そのときに少し考えていると、もし試験本番で知らないことが出てきても、自分の意見を考える癖を身に付けているとそのときスムーズに書けることができるかもしれません。そして、医療問題は必須で見ておく必要がありそうです。また、医療だけでなく、化学や物理に関する時事問題なども結果として今年受けた大学では出たので見ておく必要があるかと思います。勉強が大変なのはよくわかりますが、息抜きついででもいいのでニュースを見たり、ネットを見たりして時事ニュースは取り入れるようにしておくべきです。そして好奇心旺盛に興味をもつことが大事です。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
小論文をもう一度受けれるとしたら、もっと書き方に気をつけたいと思いました。小論文は小論文の書き方があります。ただの感想文や、意見を述べるだけの文章ではありません。型にあった小論文をもっと書けたらよかったと思いました。また、大学が求めている小論文をもっと追求できたらよかったのかなと思いました。
次世代の受験生のみなさんも、だいたいのひとが小論文を受けることになると思います。勉強ではないからといってなおざりにしないでください。もし点数されていなくても、点数で切って、切りきれない場合は小論文などを見られるかもしれません。そうなったときに後悔しないためにもできる限りの対策は必要不可欠だと思います。それぞれの志望大学にあった対策が必要です。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2016年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:55  入学直前期:63ID:1664

参考になった:1
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
もし医師以外の職業に就くとすればどのような職業に就くかという質問だった。僕はケアマネージャーと答えた。その理由としては、医師ではなくても人の命に寄り添える仕事をしたいと思うが、ケアマネージャーは介護が必要な方の家族にアドバイスをすることで間接的に患者の命に寄り添うことができるのではないかと考えた為である。近年は介護疲れなどから患者を家族が殺してしまったりする事件が増えている。その原因の最たるものとして高齢化により老人1人当たりの介護者数が減っていることが挙げられる。そのような苦しい思いをしている介護者の方を助けることで介護者も救われ、介護されている患者もより良い生活ができると考えるためケアマネージャーになりたいと思う。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
1次試験の発表が終わってから2次試験までの2週間。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接ノートという参考書が市販で販売されているが、それには各大学の面接の情報や小論文で実際に聞かれたテーマについてまとめてある。それを使ってテーマを集めれるだけ集めてそれぞれに対する回答を作成する。ただし医療系のテーマについては医療系の知識がある程度無いと解説できない。その為小論文対策用の参考書を購入して呼んだ。その参考書にはあらゆる医療テーマについての解説が詳しく分かりやすく書かれている。それを使ったり、それでも分からないことはネットを使ったりして回答を作成した。ただし、ここで注意しなけれはいけないことは、ネットには偏った意見が多いということである。もしその意見が面接官の意見と食い違った場合には相当不利な状況になるだろう。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
市販で売っている小論文対策用の参考書を主に使った。医療系のテーマについて述べる際にはかなり詳しい医療系の知識を理解しておく必要がある。このような参考書は以外と分かりやすく医療系の様々なテーマについて本質的に理解することができる。このような参考書を使ってもいまいち理解できない箇所がある場合には、ネットを使って情報を収集して理解することも1つの手段である。しかし、ここで問題なのはネットには偏った意見が多く書かれていることである。どの情報が公平な立場から提供されたものなのかを見抜く技術が必要であるが、不安な場合は予備校のチューターに聞いたりするのも1つの手段であると思う。また予備校の講師の中で、小論文講座を担当している講師に聞いてみるのも1つの手段である。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
小論文は面接に比べて、人前で回答するわけではないので簡単だと思う。しかしそれまでにやらなければいけない対策は面接より多いかもしれない。また面接で聞かれることと小論文で聞かれることはほとんど本筋は同じである。その為面接対策と小論文対策はほとんど同じ方法である。様々な医療系のテーマを用意してそれぞれに対する回答を考えるといったものだ。しかし小論文は400字から多いときは1000字で書かなければいけないこともあるので、より多い量の回答を用意しておくことが必要である。その為には暗記する時間がより多くかかるため、面接対策よりも小論文対策のほうが時間がかかり面倒なのかもしれない。1字試験に合格することを見越して、年明けから対策しておくのも1つの手である。

5件中 1-5件を表示

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

近畿大学医学部と偏差値の近い 私立大学

近畿大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
近畿大学医学部の画像は近畿大学校公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル