大阪医科大学医学部

大阪医科大学医学部
口コミ 勉強法(10)/ 面接対策(8)/ 小論文対策(5)/ 大学生活(10
偏差値 70.513位/81校 国家試験合格率 94%23位/80校
学費 32,075,000円12位/30校 男女比 男72:女28女子比率 74位/81校

大阪医科大学医学部の小論文対策の口コミ

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

5件中 1-5件を表示

小論文対策の口コミ

【入学年度】2015年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:42  入学直前期:69ID:1031

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】
昨今では医学と工学の関係がより密接になってきています。そこで医療用機械についてあなたが思うことを書きなさい。
【回答】
私の母親は介護の仕事をしており、お年寄りがいかに自分の体をコントロールすることができないか、介護という仕事がいかに重労働であるかなどをとてもよく聞かされました。そこで介護ロボットの開発が進んでいるという情報を聞いたときにそれは素晴らしいと思いました。介護ロボットとは主に介護を必要とする人の身体の動きを助けるロボットであり、お年寄りや身体障がい者にも困難な動きを可能とします。ですから、その人たちが自分で出来ることが増えるだけでなく、介護者の働きも楽になるので素晴らしいと思いますと解答した。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
二週に一回小論文を書いてみてもらってました
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
まずは知識を入れることよりも論理的に文章を組み立てる力をつけるように努力しました。そのために二週に一度自分の手で作文を書き、それを予備校の先生方にみてもらっていました。今思えば、あそこでしっかり自分で論理的な文章をしっかりつけていて良かったと思います。そして、直前期になると知識の詰め込みが始まりました。市販の医系の小論文対策の参考書を購入し、それをまず熟読しました。丸暗記よりも先に今の医療の問題を大雑把にでも理解しようと思ったからです。そして、その参考書を二週目するときに細かい単語やその意味を正確に覚えていきました。それで知識が詰め終わった後は大学の過去問の小論文を解いてひたすら予備校の先生方に添削してもらいました。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
やはり、小論文の受験の科目の一つですから、絶対に対策は可能ですので、もちろんそれに関する参考書もたくさん出ていました。そのうちの自分が気に入った参考書を一冊購入し、文章の書き方、大学側の求める答え、医療倫理、細かい医療に関する知識などをつめこんでいきました。他にも新聞やネットの記事も大いに参考になりました。特に新聞というのは文章を書くプロが書いた文章です。ですから読みやすいし、必要な情報も詰まっているので、文章を書く際の参考にもなりますし、入れた知識をどのように使えばいいかがわかるのでとても有効であると思います。あと、自分で書いた文章を人に見てもらうのはもちろんですが、自分でも見直したほうがいいと思います。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
小論文においてもっとも大事なことは自分が覚えた知識をひけらかすことでも、自分の考えをそのまま書くことでもありません。真に大事なのは大学側の望む答えを論理的に書くことだと僕は思っています。たとえ、たくさんの知識を覚えていても、その知識の一つ一つが繋がっていないとそれは無用の長物と化します。もし、自分の考えをそのまま書いてもその考えがひねくれていたりすると、その考えは間違えたものであるとみなされます。しかし、大学側が求める答えというのを僕らが即興で作り上げるのはとても難しいことであると思います。なので、小論文の参考書をじっくり読み、その論理展開や話題などを徹底的に頭に叩き込むことをがんばってください。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2015年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:54  入学直前期:70ID:1029

参考になった:0
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
センター試験が終わってから数回程度

小論文対策の口コミ

【入学年度】2015年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:50  入学直前期:70ID:1028

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】
嘘も方便 について書きなさいという問題が出ました。

ときには嘘も良いよということわざだとはわかりましたが
後々聞くと、私立専願の人は意外と知らないことが多いみたいでした。

【回答】
僕は、はだしのゲンで、踊り子を目指す夏目ねぇさんという人が
ケロイドで顔面がどろどろになっているのに
きれいだよといっておちつかせるゲンの例を出して
その話では結局、夏目ねぇさんは水を飲むときに
気付いて首を吊ろうとし、生きる希望を失ってしまうということで
嘘が良いというのではなく
嘘という諸刃の刃を使う覚悟があるときは使えみたいな解釈だと思うと
がんの宣告の時などには使えないというか、
医師としては使うべきではないことわざだと思います
みたいなことを書いて、オッケーでした。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
まったくしてませんでした
9月に一回くらいあって
ほぼ試験受かってからみたいな感じでした。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
写経をするのが良いのではないかというような気がする。
学力で決まるので基本的には関係ない。
どれだけ理路整然ときれいごとを書きまくれるかという感じで、数学の論証問題とかで特訓して、
着地するときに極論になってしまわないこと、医師としてオッケーかどうかを自分でわかっておかなければならない。
また、なにもないところからはなにも生み出せないので、日頃からおしゃべりしておくこと。
本だとなお良いが、本は僕は無理だったというか
本より動画の方が好きだった。
そして教養をふかめていく。しかし深めるだけではだめ。
深めるだけだとウンチクおじさんになってしまうので、政治家になったようなつもりで自分はこうだな〜と考えること。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
小論文なんて自分でやるのはまず不可能だと思う。
とにかくいったん書いてみせること。
書きまくらなければ話にならない。
そして、先生を見つけて添削してもらったりよんでもらうこと。
河合塾とメビオ両方とも小論文の先生がいた。
僕の場合はおもしろいけど、なんかポエマーか?とか言われて、文章が独特で、よくわかんねぇよということをいっつも言われていた。
知識だけなら何を媒体としても良いのでとにかく増やせるけれど、論理的に考える訓練というのはすぐにはつかない。
自分の中でいろいろな武器というか、こうきたらこう、こうきたらこうというパターンを持ち合わせて、それを文章の中で練習していけばいい。
極端な話、すべての大学で同じ文章書いても良いんだと思う。
着地点いっつも同じでもまぁ良いんだと思う。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
構造が重要なんだろうなと今となっては思う。
論理を積み上げるときに、前提、根拠、結論と言っていたけれど
いまいちわからなかった。
先生にもっと授業をしておいてもらえば、本番前にちょっとドキドキするようなことはなかったのかもしれないなと今になって思う。
小論文交換日記一週間おきとかしてそれで友達と訓練しておけば良いのではないかとも思う。
書く視点というのはもちろんだけれど、読む視点も必要だし、問題を出す視点も必要となる。
つまり、なんとなく、こいつ良いやつなのか?と思って議題をだしているんではなく、なにかを読み取ろうとして問題を出しているのだ。
たとえば、
殺してくれと患者にいわれました。どうします?
というときに殺すは絶対、何があってもダメであるのだが、じゃあ安楽死ってなんで良いんだろう?いやダメなのか?みたいにして、自問自答してても良いと思う。
なんにせよ、小論文に関しては一人でやらないこと!

小論文対策の口コミ

【入学年度】2015年(再入学)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:75ID:1019

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】2択で選べたように思います。
医学的な話題に対して論じるか、社会的な話題に対して論じるかの選択だったように思います。
【回答】
私は社会的な話題に論じました。 300〜400字くらいの超小論文を1時間くらいで書くだけでした。 大阪医科大学の前期一次試験合格者の面接、小論文は合否に関わらないので小論文試験後の面接聞かれても問題のないように無難なことだけを書くって感じでささっと字数を埋めました。内容に関しては社会性的な話題には絶対的な正解というものが多いように思いますので、その話題に対する知識などをできるだけ書き字数をほぼ埋め、軽いタッチで自分の意見を添えるくらいの感じで、強く意見を主張しないようにかきました。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
小論文を書いたのは小論面接試験の2日前にネットで過去の問題を調べ、一回書いただけでした。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
自分が小論文を書く際に気をつけていたことは、まず文章の構成についてです。
接続詞などを適切に使うことで自分の論があやふやであったり支離滅裂な論理展開にならないようにしました。 内容面に関しては、小論文対策というよりも面談対策の方と同様に、問題文で聞かれて知らない話題がないように新聞やネットニュースなどの時事的なニュースや話題についてアバウトな範囲、最悪見出しだけでもいいので出来る限り幅広く知識を入れていくようにし、一方、医学的な話題に関してはある程度詳細に会話ができるように細かなところまで目を通すようにはしていました。そうすることでその知っている知識を頭からアウトプットするだけで、スムーズに文章がかけると思います。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
参考文献というような大層な本や雑誌などを読むことは一切しませんでした。しかし面接などと同様に問題文で聞かれて知らない話題がないように新聞やネットニュースなどの時事的なニュースや話題についてアバウトな範囲、最悪見出しだけでもいいので出来る限り幅広く知識を入れていくようにしていました。一方、医学的な話題に関してはある程度詳細に会話ができるように細かなところまで目を通すようにはしていました。参考書などで先生、講師などが書いた解答は初期知識の量が違うので内容面での自分との答案との差は気にしませんでしたが、文章の流れなどについては気にするようにしました。正しい答案を読んで内容を覚えることで知識を増やすことも少ししました。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
自分が受験生の頃にしていたこと以上に新たに何かを始めることはしないと思います。 今までのように問題文中に知らない話題がないように新聞やネットニュースなどの時事的なニュースや話題についてアバウトな範囲、最悪見出しだけでもいいので出来る限り幅広く知識を入れていくようにし、一方、医学的な話題に関してはある程度詳細に会話ができるように細かなところまで目を通すようにはしていこうと思います。次世代へのアドバイスとしては、年齢にもよるとは思いますが、多くの大学の場合小論文の内容で差がつくことはほぼないように思います。 なぜならそのテーマについてかける範囲の内容が限られているからです。ならどこで差がつくかというとその知識を書く際の文章の構成が差になると思います。
起承転結や論理展開正しく書けていることが高いレベルでは最も需要になってくると思います。受験生にはその辺りの訓練もして欲しく思います。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2015年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:73ID:1008

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】
二つのうちから一つのテーマを選んで書く形式で、例年医学系のものと医学系でないものです。私はロボットの医療への利用について書きました。 
【回答】
ロボットは少子高齢化が深刻となるであろう将来を考えると必要かもしれないが、ロボットには人間らしさがないのでそういうところをうまく補てんできるようなシステムの開発が特に必要なのではないかというような内容を書きました。そのために人間の心理や行動をさらに研究してうまく人間らしさを表現できるようなAIのようなシステムが開発できたら、ロボットを医療に導入することを積極的に考えても良いと思うというような内容を強調して書きました。ただ、人間がすることには人間らしいといういいところが存在するということも強調して書きました。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
小論文の対策は授業をとって週に一回授業を受けてどのように書けばいいのか指導してもらっていました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
小論文の授業を予備校でとって、週に一回実際に書いて添削してもらい、そしてそれに関して解説してもらっていました。同時に、その題材に関連した医療関係の知識をまとめたプリントを配ってもらい、それを読んで医療の知識(例えば安楽死や臓器移植に関すること)を効率よくそして受験に関して必要なポイントを絞って最低限必要なことだけを短時間で得ることができた。また、授業ではどのようにすればより良い答案になるかを先生の豊富な経験をもとにして教えてもらいました。その授業から基本的な小論文の書き方や知識を伝授してもらい、あとは普段から自分である内容に関して箇条書きで思ったことをいくつか書きだして、それをどうまとめるか考える習慣をつけるようにしていました。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
予備校で小論文の授業をとり、先生から毎回受験で必要な最低限の医療関連の知識をまとめたプリントをもらい、それを自分で何回も読みました。先生からもらったプリントには最低限でもこれぐらいは知っていれば小論文を書く上で役に立つというような内容ばかりで、とても効率よく知識を補充することができました。特に先生が授業中に問題の解説をする際に自分の実体験を交えて話してもらえるので、印象に残りやすかった。分からないところは自分で調べて知識を補っていました。また、医療系のニュースは積極的に見るように心がけていました。中でも特に興味を持ったことに関しては調べるようにしていましたが、受験の勉強が忙しくてなかなか自分の思うように好きなだけ調べる時間を作ることはできなかった。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
小論文の対策は自分一人ではなかなか難しく、他の科目の試験のように何が絶対的に正しい答えだと断言できるような答えはなく、むしろある程度の常識があるかどうかといかに自分の意見を限られた時間内で書ききれるかが問われていると思います。なかなか自分一人では対策できない小論文は必要以上に時間をかけては勿体ないので、予備校で授業をとり、プロの先生の長年の経験をもとにした授業をうまく活用して効率よくそして効果的に小論文の対策をしたいと思います。ただ、もう少し普段から物事を深く考えるようにしておいた方が良かったと思います。今から思い返してみれば、受験生の頃に書いていた小論文はもうすこし自分の意見をうまく盛り込んでかけたのではないかと思うことも多かったので。

5件中 1-5件を表示

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

大阪医科大学医学部と偏差値の近い 私立大学

大阪医科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学の画像について
大阪医科大学医学部の画像は大阪医科大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル