島根大学医学部

島根大学医学部
口コミ 勉強法(17)/ 面接対策(9)/ 小論文対策(1)/ 大学生活(16
偏差値 65.755位/82校 国家試験合格率 87%64位/80校
学費 3,496,800円 男女比 男59:女41女子比率 5位/82校

島根大学医学部の大学生活の口コミ

口コミ評価
3.9
就職・進学
3.8
授業・実習
3.7
部活・サークル
4.4
研究
3.5
国家試験・資格
4.2
恋愛・友人
3.9
施設・設備・立地
3.2

19件中 1-10件を表示

大学生活の口コミ

【入学年度】2019年(現役)ID:5967

参考になった:1
口コミ評価
5.0
就職・進学
-
授業・実習
5.0
部活・サークル
5.0
研究
5.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
やたらと英語に力を入れている。解剖実習の時多少英語を覚える負担が減るのは嬉しい。
また、一年から専門的なことをバリバリやるため他大学よりも遊ぶ時間が少ない印象がある。とはいえ、先生方はすごく教育熱心で、勉強をとことんしたい学生にはいい環境である。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
部活は運動部が盛んで、文化系があまりないのかなと思う。サークルは元単科大学ということもあって、ほとんどなく、皆部活に入ってる印象。
学祭は一般的だが、友達同士ではっちゃけられる数少ないチャンスだったのですごく楽しい。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
自分自身、他大学を目指していたため、入学前島根大学医学部の人は大したことがないだろう。となめていた。
しかし、天才肌は少数派なものの努力の天才が鬼のようにおり、人間的にすごいなと思える人がたくさんいた。全体的に真面目な人が多い。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
一年からここまでしんどいとは思わなかった。専門をやってるから仕方ないのだが、いくらなんでもカリキュラム的に詰め込みすぎだと思った。また、生物選択者が医学部にしては多く、ある程度生物のことを分かってることが前提で授業が進むので、しっかり、入学前から生物は勉強しなければならない。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
自然豊かで風光明美なキャンパスである。キャンパス自体は単科大学医学部の中でも広い方だとおもわれ、なかなか伸び伸びと生活できる。
また島根県だけでなく全国津々浦々から様々な経歴を持った人集まってくるので、医学部生しか周りにいない環境にありながら、医学界以外の話も聞ける。(再受験生が多いのも要因の一つ)
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2019年(浪人)ID:5944

参考になった:1
口コミ評価
5.0
就職・進学
-
授業・実習
3.0
部活・サークル
5.0
研究
3.0
国家試験・資格
3.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
1.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
医学部カリキュラムの国際化に合わせるために、わちゃわちゃしている印象。まだ安定化していなくて、うーんと思うこともあるが、教授も熱心に考えておられるので仕方がないことだと思う。インターネットでは留年判定が厳しいとされているが、まあある程度勉強していれば留年することはまずないと思う。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
どこの医学部もそうだと思うが、部活動が盛んである。基本的に生徒の9割くらいが部活動に所属している。自分の学年はOneDriveで過去問、資料等を共有しているので、部活動に所属していない生徒でもそこら辺の心配はいらない。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
医学部入学前は都会に住んでいたので、田舎、孤立したキャンパスの社会のせまさを実感した。
誰とデートをしていた、などなどなどとにかく都会と比べて社会がせますぎると感じた。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
車が必ずと言っていいほど必要な生活で、車を買うために高い買い物をしなければならないということ。おもった以上に勉強が忙しくて、医学部入学がゴールではないことによくよく注意をして欲しいと思う。生物受験者がとにかく有利な科目がおおい。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
良くも悪くも社会がせますぎるので、学年を越えた仲の良さがある。基本的に大学生活も楽しく、一人暮らしの人が圧倒的に多いので、誰かの家に集まって一緒に勉強するということがとてもしやすくいいと思う。勉強はみんなと一緒にすべき。
大学の学費補助を受けていますか?
受けている
奨学金名
日本学生支援機構
貸与額
120,000/月

大学生活の口コミ

【入学年度】2019年(再入学)ID:5943

参考になった:0
口コミ評価
4.0
就職・進学
-
授業・実習
4.0
部活・サークル
4.0
研究
4.0
国家試験・資格
4.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
4.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
地域医療と英語教育に力を入れているように思う。
特に地域医療に関しては、地域医療で活躍する外部講師を呼ぶ講義があったり、希望者には地域医療実習の制度が整えられていたりする。
カリキュラムは以前と比べて前倒しになっており、1年生のうちから免疫や組織等の医学専門教育が行われる。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
部活は盛んで、入部すれば忙しさと引き換えにまあまあ楽しい交流が得られる。
サークルもちょくちょく新しく生まれているので、探せばいろいろある。
学園祭は小規模でそれほどパッとしないが、出雲では結構大きめのイベントの部類に入るようなので、来客はそれなりにある。
準備等は忙しい。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
田舎で嫌になるかと思ったが、大学近辺は比較的暮らしやすく、出雲での暮らしが気に入っている人も多い。
学生も教授も変わった人が多いのかと思ったが、意外と普通で優しい人ばかり。
ただやはり一般人と比べて金銭感覚が違うなあと思うことは多々ある。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
勉強が想像以上につらい。
真面目に勉強していれば大抵の試験は通るが、留年の不安を確実に払拭できるレベルの知識量を得るのは相当大変で、精神的に参る。
また、厳しい部活動に入るとお金や時間の面で不自由さが目立つ。
そういった意味では慣習が非常に古臭い。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
都心に比べてギラギラした人が少ないので、大学内での生活はかなり過ごしやすい方だと思う。
教授との距離感も近く図書館も24時間空いているので、積極的に勉強するには良い環境であると言える。
他県へのアクセスは悪いが、駅が近く空港もそこまで遠くないのはメリットだろう。
大学の学費補助を受けていますか?
受けている
奨学金名
日本学生支援機構
貸与額
171,000/月

大学生活の口コミ

【入学年度】2016年(浪人)ID:5885

参考になった:7
口コミ評価
5.0
就職・進学
-
授業・実習
4.0
部活・サークル
5.0
研究
3.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1年は基礎科目で化学や物理学などを軽く学習。2年から本格的に解剖が始まるのだが、1年の1月ごろから骨学の講義は始まっている。
進級は厳しい。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
本学と医学部キャンパスは電車で40分と遠く交流はない。医学部同士の連帯意識もあるのか、他県の医学部の部活とは交流戦等で非常に仲良くなる。
ほとんどの生徒が部活に所属し、一部では掛け持ちも存在する。学園祭は模擬店、バンド、お笑い芸人と至って普通。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
医学部は勉強が大変だと聞いていて覚悟していたが、入ってみると今までしてきた勉強よりも効率が求められると感じた。
受験勉強は理解するまでひたすら考える時間が取れたが、医学部の勉強をこなすには妥協しつつひたすら暗記をこなすしかない。
また、知識量が膨大なので、きちんと試験の過去問から出るところを絞って対策しないとならない。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
島根県外から入学した人にとっては、バスや電車で行ける場所は限られているので、自動車が移動手段としてほぼ必須であることは覚えておいたほうがいい。
医学科の自動車保有率は8割、看護科は1割くらい。もちろん、勉学や実習において自動車は必須ではないが(私も自動車を持っていない)、できれば持つか持っている友人を持つとQOLが上がる。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
島根県というイメージから田舎がイメージされがちだが、一応県内では2番めの都市なので住むのに苦労することはない。駅も近く立地はよい。
観光地も多くそれほど退屈することはない。勉強するには最適な環境だと思う。
大学の学費補助を受けていますか?
受けている
奨学金名
学生支援機構
貸与額
50,000円/月

大学生活の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)ID:5884

参考になった:6
口コミ評価
2.0
就職・進学
-
授業・実習
3.0
部活・サークル
3.0
研究
3.0
国家試験・資格
4.0
恋愛・友人
3.0
施設・設備・立地
2.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
解剖実習は4人で1つのチームとなってやる。英語に力を入れていて海外に行けるチャンスがたくさんある。実際私も昨年海外での研修に参加した。
テストはたくさんあるので受験生のころから毎日勉強する習慣をつけるべき。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
島根大学の医学部は出雲にあって他学部は松江なのであまり交流はない。
学生生活は部活を中心として人間関係が形成されるためどこの部活にはいるかは本当に慎重に考えた方が良い。学園祭は10月にくえびこ祭がある。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
医学部受験にうかりさえすれば後は遊べると思ってましたが完全な間違いでした。むしろ医学部に通ってからのほうがいばらの道でした。
他学部との交流もあると思ってましたがなく、人間関係は閉鎖的です。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
講義のコマがとにかく多く、テストや実習もたくさんあるので医学部受験を突破したからといって遊べるわけではない。
むしろ入学してからのほうがより難しく高い壁が山程立ちはだかっていて気を引き締めないといけないということ。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
医学の勉強に集中できる環境が整っている。定期的に勉強会やセミナーがありそれらに積極的に参加することでどんどん知識をつけていくことができる。
図書館にも医学書がたくさんあり大学の近くには医学書専門店がある。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2016年(浪人)ID:5883

参考になった:4
口コミ評価
5.0
就職・進学
-
授業・実習
5.0
部活・サークル
5.0
研究
5.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
5.0
施設・設備・立地
5.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1年生のことは教養科目で他の大学とあまり変わらないカリキュラムでした。
2年生以降は解剖実習が始まり、ようやく医学部に入ったんだという自覚が生まれました。
5年生からは病棟実習がはじまり、6年生では国試に向け勉強していくと思います。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
島根大学はサークルが少なく、部活が多くあります。そのため部活と勉強そしてバイトをしている人は両立が大変だと思います。
ですが、部活はどの人も真面目に取り組んでいるので大会等で勝ったりした時は部活に入っていて良かった!と思えるような充実感は得られると思います。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
医学部なので勉強ばかりだと思っていましたが、部活動、バイトの時間も多くとれました。
長期休暇には大学で知り合った友人と旅行に行ったりと普通の大学生と同じようなキャンパスライフを過ごすことができると思います。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
島根県は他の県と比べ、遊ぶ場所が少ないので車を早めに持つことが大事だと思います。
そのため、受験で合格した直後に自動車学校に申し込んで普通免許を取得することをお勧めします。
また、学校の近くに借家を持つことで朝の登校時間を遅くでき、睡眠時間を多く取ることができるので大学の近くの家を借りた方がいいと思います。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
英語に特に力を入れていて、医学英語がとくカリキュラムに多く入っているため、海外留学もしやすいと思う。
また解剖の単語などもすべて英語も一緒に覚えたりするので、テストも英語で出てきたり、答えさせられたりするため効率よく勉強できる。
大学の学費補助を受けていますか?
受けている
奨学金名
緊急医師確保枠
貸与額
100,000円/月

大学生活の口コミ

【入学年度】2016年(浪人)ID:5864

参考になった:1
口コミ評価
3.0
就職・進学
-
授業・実習
3.0
部活・サークル
4.0
研究
3.0
国家試験・資格
3.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
学資編入制度があり、全く違う分野の学部を卒業した学生や社会人経験のある学生が途中から加わるので、そういった人と共に勉強するのはいい刺激になる。
また、まだ自分自身は始まっていないが、病院実習のカリキュラムを比較的自分の自由に決められる。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
サークルというくくりの団体はあまりなく、ほとんどの団体が部活で、さらに学生の多くは部活に所属している。
医学部キャンパスは他学部のキャンパスと離れているので、他学部との交流は基本的にない。学園祭も医学部キャンパスで行われ、比較的小規模。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
他学部との交流は基本的にないが、田舎で、ほとんどの学生が大学にかなり近い位置に住んでいるため、医学部の中での交流は思っていたより活発だった。
また、田舎ではあるが、歩いていける駅前には一通りの店はあり、ショッピングモール等も近くにあるので生活はしやすい。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
受験生時代は医学部ならどこでもいいと思っていたが、まだ学閥のようなものは、存在するらしく、働きたい場所が決まっている人はその点も考えたほうがいい。
また、都会のほうが家庭教師の時給が高いので、お金に余裕のある生活はしやすい。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
多くの学生が大学のすぐ近くに住んでいるので、学生同士の仲が良いのが良い点。
また、再受験生の割合も多く、学資編入生もいるので、いろいろな人と交流することができる。
実際自分も、就職後再受験した人の話を聞いて、人生観が変わった。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2017年(現役)ID:5481

参考になった:6
口コミ評価
4.0
就職・進学
-
授業・実習
4.0
部活・サークル
5.0
研究
3.0
国家試験・資格
5.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
4.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
1年生の時、早期体験実習というもので、診療科を体験できました。2日間だけですが、カンファレンスに参加したり手術にも立ち会えたりできる貴重な体験が出来たと感じています。
3年生でも、希望の診療科で学べる機会があるので、臨床体験を多く出来ると思います。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
部活動は様々あり、サークルも多いです!
運動部で言えば、バスケ、サッカー、ラグビー、野球、水泳、卓球、バドミントン、フットサル、硬式テニス、軟式テニス、弓道、剣道、柔道、馬術など
文化部で言えば、茶道、オーケストラ、軽音、など
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
島根大学は比較的田舎だと思っていて、設備が十分ではないところもあると思っていましたが、勉強する環境が整っていてとても過ごしやすい場所でした。
特に24時間図書館が使えるのはとてもありがたく思っています。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
どのようなカリキュラムで1年間進むのか、また、1日何コマあるのかを知っておきたかったです。
他の学部とは違って、必須科目ばかりなので、予定の組み方が授業主体になります。なので、遊ぶ時間を作るのが難しいかもしれないです。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
島根大学は本当に勉強しやすい環境が整っていると思います。
24時間図書館が使えたり、試験期間中はいろんな教室が開放されて勉強出来たりと、生徒に嬉しい環境を作ってくれてます。
話し合いが出来る部屋もあるので、嬉しいです。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2017年(再入学)ID:3656

参考になった:6
口コミ評価
2.0
就職・進学
3.0
授業・実習
2.0
部活・サークル
3.0
研究
3.0
国家試験・資格
3.0
恋愛・友人
2.0
施設・設備・立地
3.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
とにかく前期は大学の理科の勉強。
かなり難しいが単位をとること自体は困難ではない。
物理は6割が落ちる試験で、半期でできるようなレベルの試験ではないのでかえって安心できる。
とはいえ、勉強せずに単位がとれる授業ではないので一ヶ月~二週間前くらいから毎日勉強すべき。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
とにかく閉鎖的で医学部だけで完結している。
学園祭は強制参加、部活参加者は学園祭のスポンサー集めすらやらされる。
また学園祭の前夜祭があり、部活に入っている一年生は強制的に部ごとのカラオケ・ダンス大会に参加させられる。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
再受験生であり、以前に所属していた大学がマンモスな総合大学だったのもあり、大学の閉鎖的な環境に辟易している。
他学部との交流は皆無で、同調圧力が大きい。
裏をかえせば、医学部生同士では助け合いがおおく、面倒見も良い。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
留年率が半端ではない。
入るのは比較的優しいが出るのが難しく、留年率は6年間で3割とか。
同じような偏差値で考えれば、新八医大でもある鳥取大学の方がおすすめ。
部活はかなり制約が生まれるので入部前によく調べるべき。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

大学生活の口コミ

【入学年度】2013年(浪人)ID:2137

参考になった:6
口コミ評価
5.0
就職・進学
5.0
授業・実習
4.0
部活・サークル
5.0
研究
4.0
国家試験・資格
3.0
恋愛・友人
4.0
施設・設備・立地
4.0
大学の授業や実習などカリキュラムで特徴的なところを教えてください。
名古屋大学は研究医の養成に力を入れており、三年生の後期には研究室に入って一つのテーマを設定し研究を行うことになっている。この期間はテストや授業もなく研究に集中できるようになっており、最終的に研究発表会で優秀賞をもらうと海外の学会に行き発表をすることができる。
大学での部活、サークル活動、学園祭について教えてください。
医学部のキャンパスは他学部から独立しているため医学部のみの部活がほとんどで全学との交流はどの部活もあまりない。また、学校祭では医学部の出展として医学生による模擬病院が毎年行われており、アルコールパッチテストや心電図をとることなどを行っている。
入学後、その大学のイメージが変わったことを教えてください。
医学部では勉強が忙しく勉強ばかりしている人がほとんどなのかと思っていたが、自分の趣味を持ちそれに没頭している人や、部活に打ち込んでいる人など様々な人がいることが意外だった。人によっては自分で研究室に通って研究をしている人もいます。
入学前に、知っておいた方が良かったことを教えてください。
カリキュラムの関係で忙しいときはかなり忙しいが、暇なときはかなり暇なので暇な時間をどのように使いたいかということをあらかじめ考えておくと時間の有効活用ができると思います。また、テストは自主的な勉強が対策の中心となるので自分で問題の要点を抑えることを意識して勉強をする様にしておくといいと思います。
所属する大学の良い点やおすすめポイントを教えてください
ほとんどの人が部活に入るので学校全体として皆の仲が良い。
大学の学費補助を受けていますか?
受けていない

19件中 1-10件を表示

島根大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

島根大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
島根大学医学部の画像はウェルカム島大から提供していただきました。
医学部予備校マニュアル