島根大学医学部

島根大学医学部
口コミ 勉強法(12)/ 面接対策(5)/ 小論文対策(1)/ 大学生活(11
偏差値 65.360位/82校 国家試験合格率 89%59位/80校
学費 3,496,800円 男女比 男59:女41女子比率 6位/82校

島根大学医学部の面接対策の口コミ

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

5件中 1-5件を表示

面接対策の口コミ

【入学年度】2013年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:62  入学直前期:67ID:2212

参考になった:8
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別面接
【面接官と受験生の人数比】
面接官2人に対して受験生1人
【所要時間】
5分前後
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
学科試験どうだった?
【回答】
自分なりにはできたと思います。
【質問】
大学入学後、何をしたい?
【回答】
医学の勉強と英語の勉強をしたいと思っています。
【質問】
緊張しているか?
【回答】
とても緊張しています。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
自分より前に面接を受ける学生の面接が終わると呼ばれるので、それから部屋に入ります。ごく普通にドアをノックし、失礼しますと言ってから入り、座っていいと言われるまで勝手に座らないようにすればいいです。常識的に行動すれば問題ないと思います。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
センター試験を終えて出願校が決まった二月頭から週に二回程度予備校の先生と練習を行いました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接対策として、予備校から配られた面接で聞かれやすい基本的な質問事項が書かれたプリントを使いました。質問に対して一つひとつ回答を作り、その回答に対する理由や根拠を付け加えていくことで突っ込んで質問をされたときに対応できるようにしておきました。また、回答の準備の他には、実際に先生と面接の練習を行いました。実際に面接形式でやってみると意外と思ったように答えられなかったり、マナーを知らなかったりといった課題点が出てきます。また、自分が気づいていない課題を指摘してもらうこともできるので実践は大切だと思います。医学部の面接では医療系ニュースに関する質問も多いので日常的にはニュースを見たりたまに新聞を読んだりして医療界では何がトピックとなっているかということをチェックしていました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
とにかく何度も実践練習を行うことをお勧めしたいです。面接というものはおそらく多くの人にとって初めてであると思います。そのため、頭ではこう答えようと思っていても緊張や、非日常の空間、といったことからうまくいかないことがよくあります。それを克服するためには繰り返しの練習が大切だと思います。自分はこれだけは絶対に言いたいということを確実に言えるようにしておけば、少し余裕を持つことができ、仮に予想外のことを質問されたとしてもある程度の対応が可能になってくると思います。また、学校によっては答えのない質問(家族と親友どっちを救うかなど)を聞いてくるところもあるようですが、この手の問題は正解はないので自分なりの解釈と自分の選択を正確に面接官に伝えることが大切だと思います。

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:70ID:2207

参考になった:5
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
20〜30分程度、面接官からの質問を受けます。時々予想外の質問をされるので、焦らず丁寧に対応すると良いと思います。
【面接官と受験生の人数比】
面接官4、5人に対して、受験生1人
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
研究医を目指したいとは思いませんか。
【回答】
視野には入れていますが、現時点では臨床をメインで行いたい思いが強いです。
【質問】
興味のある科はありますか。
【回答】
現時点では特に決めているわけではありませんが、小児科に興味があります。
【質問】
いつ頃から医学部を受験しようと決めていましたか。
【回答】
高校入学時からです。地元で最も医学部進学率が高かった学校に入学したのもそのためです。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】 
重々しいという訳ではありませんが、緊張感はありました。
【面接官】
試験官の人数は二人で、厳しい質問・応答をする試験官、ある程度サポートしてくれる試験官で二人ずつ分かれていたように感じました。
【面接を受けてみた印象】
質問は一般的なものが思っていたよりも少なく、私個人の体験について聞かれることが多かったです。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
私は一般推薦枠を受験したので、面接対策は面接がある2ヶ月前の10月から行いました。学校の担当の先生複数人と1:1の面接を6回程度繰り返し、講評をいただき、修正するという流れを繰り返しました。一般的な質問に関してはある程度回答を準備しておきました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接対策のために、医療ニュースについて聞かれても答えられるように最近の医療ニュースは見るようにしていました。また、大学の特色を本やネットで調べたり、先輩から話を聞いたりしていました。簡単な敬語はきちんと使えるように言い慣れておきました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
県の人口や医療偏在についての回答が十分ではなかったと感じたので、島根県についてもっと詳しく調べるようにします。また、自分の体験について印象的だったこと、学んだことを私は聞かれたので、医学生の素養に繋げられよう予めまとめておくと良いでしょう。

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:50  入学直前期:65ID:2206

参考になった:4
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別面接
【面接官と受験生の人数比】
面接官3人に対して、受験生1人
【所要時間】
5分程度
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
興味のある科は?
【回答】
産婦人科に興味があります。
【質問】
医療偏在について、知っていることを教えてください。
【回答】
すいません、知りません。
【質問】
なぜ、島根を選んだのですか。
【回答】
高齢者も多く、より活躍の場があると思ったからです。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接官】
優しい面接官でした。質問はかなり深いところまで、つっこまれることもありましたが、自分に面接官が、とても興味を持ってくれているように感じました。
【会場の様子】
案内をちゃんと見ていないと、場所が分かりにくいです。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
特に対策はしませんでした。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
自分は敬語があまりうまく使えないこともあり、たびたび、高校の先輩や先生に注意されてしまうことがあったので、普段から正しく敬語を使うことを心がけました。また、学校の読書の時間に医学の本たくさん読みました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
まず、自分がなぜ医者になりたいのか、なぜ島根大学が良いのかということを、しっかり文章にしてから、面接に挑みたい。また、日頃から地域に飛び出し、過疎地での生活がどのようなものなのかということを学びたいと思う。

面接対策の口コミ

【入学年度】2015年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:63  入学直前期:67ID:2017

参考になった:8
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別
【面接官と受験生の人数比】
面接官3人に受験生1人
【所要時間】
40分前後
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
医学部を志望した理由は?
【回答】
幼少期にお医者さんにお世話になったから。
【質問】
本学のホームページは見たことありますか?
【回答】
はいあります。
【質問】
新聞は読みますか?
【回答】
読みません。
当日の面接の様子について教えてください。
面接官は40歳前後の男性が3人。真ん中の人が主に質問をしていた。両サイドの2人はやや優しめな印象だった。
島根に住むことに関する質問や医療に対する興味を聞く質問が多かった。こちらが質問に困っていると手助けしてくれる場面もあったので比較的面接に関しては寛容であったように思う。
島根大学は地域医療に力を入れているので、島根大学を選んだ理由や、将来島根で医師として働く意思があるかどうかについて深く問われる。地域医療に関して、また島根の医療に興味があれば面接官に対する印象はかなり良いような気がする。
ハキハキと答えれた方が面接官への印象は良かったと思う。
具体的に将来の医師像を答えられたりすると良いと思う。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
直前になってから塾で対策してもらえた。本番1ヵ月前から週に2回ほど対策してもらった。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
医学部の面接対策のための参考書を読んでこの筆問をされたときに自分がどのような回答するかシミレーションをした。
また河合塾で定期的に開催されていた医療系の授業を通して将来の医師としての具体的なイメージを作り面接で伝えられる準備をした。
面接の直前の時期には様々な質問に対して自分がどのように答えるか回答を用意しておいた。
大学によって毎年聞かれる質問があったりするのでそうした傾向と対策をあらかじめ立てておいた。
直前の面接の対策授業では所作やマナーなどをとても細かく指摘してもらったり友達と話し合ったりしてとても大切な内容について話し合いができたのでその時の知識を本番でも活用することができた。面接官の目を見て話したり椅子に浅く腰かけるなどの動きを身につけられた。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
本番では緊張してしまい自分の熱意やアピールポイントに関して熱く語ることができなかったので、もう一度面接を受けることができるとしたら自分がどれだけ医師になりたいのか、またどれだけ強い思いで1年間頑張ってきたのかを訴えたい。
また緊張でハキハキ喋ることができなかったので少し質問に対する回答に困ったとしても自信を持って落ち着いて回答したいと思う。島根を受験した動機等についても自分の中で強い思いを持って受験に臨んでいると言う意思表明をきちんとした言葉を用意して面接を受けたい。
自分の場合、他の人より突出しているポイントをあまり明確に言葉にできなかったので医師になりたいと言う強い気持ちを面接官に訴えられたらもう少し良い評価になったと思う。

面接対策の口コミ

【入学年度】2014年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:65  入学直前期:72ID:1588

参考になった:28
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別面接
【面接官と受験生の人数比】
面接官三人に対して受験生一人
【所用時】
15分程度
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
島根までどうやってきたのか?
【回答】
飛行機とバスできた。
【質問】
島根をどう思うか?
【回答】
私は福井出身なので田舎なので、そんなに変わらないと思った。
【質問】
島根に残りたいと思うか?
【回答】
その時にならないとまだ分からないが、残るかもしれない。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
一人はとても優しくて、もう一人は質問はしてもこちらの顔を見ない人で、もう一人はよく話す人だった。
【面接官】
50歳過ぎの男性が二人と、30歳前後の男性一人
【面接を受けてみた印象】
私の1つ前に同じ部屋で面接をしていた受験生がいて、部屋の外で自分が待っている間にその人の面接の声が聞こえたが、その時、その人は自ら医学に対する熱意などを面接官に話していって、逆にすごくきつく問い詰められていたので、自分の時はあえて、医学のことを自分から話さなかった。だから、面接官とはほとんど日常会話しかしなかったにもかかわらず、試験官の人に君みたいな人が欲しいなどとも、言われたので、手応えがあった。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接の練習を全くせずに、2次試験の筆記が終わったその日に、その大学のサイトをみてその大学の方針をチェックしたくらい。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
面接対策のためにしていたことは特にない。元々人と話すことや、初対面の人に取り入ったりするのが、自分で言うのはちょっと変だが、得意なので、ありのままの自分で面接に臨んだ。また、医師になりたいという理由は明確に自分の中であるので、それだけは、簡潔に言えるようにしていた。まだ大学にも入っていないから医学の細かいところなどについては当然ながら知らないし、変に何か知ったように医学について語っても、医学において専門である面接官につっこまれて、答えられなかったりする方が怖かったので、医学に踏み入った内容のことはあえて、何も勉強しないでおいた。そのかわり、面接では、この大学に入って、医学について学んで行きたいという意思を強くアピールした。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
たぶん、対策はしないと思う。もし、何かアドバイスをするとしたら、自分を表現することの方を進めたい。医学に対する熱意なんて、医学部を受ける人であればほとんどがもっているわけであるし、そのようなことをアピールしたところでだと自分は思っている。それよりも、自分自身の良いところ、例えば、ハキハキしているところを面接の際に伝わるように話したり、人と関わる際にしっかり目を見て、話を聞く時は、あいづちをうったりうなずいたり、しながら会話をするとか、そういった基本的なことを面接の中で確実にできるようにすれば、面接官から好印象だと思うので、これらのことができるように普段の生活の中で意識してみて欲しい。これらのことは、大学に入ってからも役立つと思う。

5件中 1-5件を表示

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

島根大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

島根大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
島根大学医学部の画像はウェルカム島大から提供していただきました。
医学部予備校マニュアル