大阪大学医学部

大阪大学医学部
口コミ 勉強法(57)/ 面接対策(35)/ 小論文対策(3)/ 大学生活(54
偏差値 73.33位/82校 国家試験合格率 94%16位/80校
学費 3,496,800円 男女比※1 男53:女47女子比率 -位/82校

※1…医学部(看護学科等も含む)の男女比率

大阪大学医学部の勉強法の口コミ

勉強法の口コミ

【入学年度】-年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:-  入学直前期:-ID:22

参考になった:1
志望理由は何ですか?
厚生労働省の医系技官をめざしており、入省するまでのできるだけ短い期間で様々なことを経験する必要があったため、できるだけ多くのことを経験できる大学がよいと思い、難病と呼ばれる患者さんも多く来院する大規模病院を抱えている大学がいいと思った。(この時点で阪大以上)また、特に医療崩壊の現状を打破すべく医学部を目指したので、国の中枢となる病院が付属している大学だと研修期間からそういったことに触れることができると思ったため。
塾や予備校には通っていましたか?
塾には通っていませんでした。
所属する大学の入試の特徴を教えてください。また具体的にどのような対策をしたか教えてください。
英語は医学部受験者だと英文和訳や長文読解では基本的に差がつきにくいが、大学入試受験者程度のレベルだと差がつきやすく、また配点もそこそこある和文英訳に力を入れて高校時代の先生に見ていただきました。また数学は2011年に極端に難易度の高い問題が多く出題されていたので、点が取れそうな問題か否かをなるべく早く見分ける練習をしました。物理化学は分量が多いので早く解く練習をしました。
受験生時代の英語の対策を具体的に教えてください。
帰国子女なのでリスニング対策は一切していません。センター試験程度の問題の準備もしていません。阪大は医学部が特に英作文で差がつくと思っていたので高校の先生にいろいろな大学の過去問を選んで毎日1題ずつ採点していただきました。長文は1日どこかの大学の過去問を1年分ずつ解いていました。自分の志望する大学のものでなくても構わないので赤本が1番良い練習材料になると思います。英語は単語量も大きく影響するので、TARGETをお勧めします。
受験生時代の数学の対策を具体的に教えてください。
センター試験は練習すれば高得点をとれるので1月に入ってからはセンター試験過去問だけでなく駿台模試の過去問などをできるだけ多く解くようにしました。2次試験では時間配分と問題を解く順番の見極めが1番大事なので同じく試験時間が150分の東大京大の赤本を練習材料にしていました。河合塾が出版している「理系数学の良問プラチカ」がお勧めです。
受験生時代の理科(物理・化学・生物)の対策を具体的に教えてください。
物理と化学を選択しました。化学はもともと得意だったこともあり、他大の入試問題を解いていただけでした。物理は非常に苦手だったため、学校の授業の復習、あらゆるテストの復習および残りはすべて他大の問題を解きあさっていました。お勧めの参考書は物理化学ともに重要問題集、化学においては無料で国からもらえる教科書を効率よく使うことです。
受験生時代の国語(現代文・古文・漢文)の対策を具体的に教えてください。
2次試験では国語はうけておりません。センター試験は夏休み期間中毎日1年分ずつ過去問を解き、それからは週1回のペースで国語のセンター対策問題集を解きました。これはどこの問題集がいいとかではなく、本屋さんにあるものすべてを解きました。恐らく全部で15冊くらいはときました。
受験生時代の社会(地理・世界史・日本史・現代社会・政治経済・倫理等)の対策を具体的に教えてください。
2次試験では社会は受けていないです。センター試験では地理を選択しました。全体の3~4%しか配分がない地理に時間をかけてくなかったので、最後の10日間で詰め込みました。センター試験過去問をすべて解けるようにして、試験に臨みました。お勧めの問題集は旺文社の「みんなで学ぼうセンター教科書地理B」です

大阪大学医学部の他の勉強法の口コミ

2014年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:65 入学時偏差値:70
0
小中高と田舎で育ったので、大学は都会がいいと思い、大阪には昔から魅力を感じていました。 …(続きを見る
2017年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:65 入学時偏差値:72
0
実家から通える大学で、かつ最先端の医学を学べる大学として大阪大学を志望しました。 …(続きを見る
2017年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:67 入学時偏差値:72
11
まず、国公立大学志望だった。 研究医志望であり、研究方面では旧帝大が有利と聞いていたため、現役時には北海道大学を受験したが落ちた。 …(続きを見る
2016年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:69 入学時偏差値:75
2
実家から通える範囲内で、臨床が強いところを調べた …(続きを見る
2012年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:76 入学時偏差値:76
1
家から通える大学にしたかった。 幼いときから医師になりたかった。 …(続きを見る
2017年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:75 入学時偏差値:75
3
高校の時に地元の医学部の研究室に通っていた。 感染症の研究について学ぶ中で、大阪大学が、そのような研究をするのに適していると感じた。 …(続きを見る
2017年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:65 入学時偏差値:75
5
自分のセンターと二次の実力を考慮して大阪大学を志望しました。 センターでリードできなかったので、元々京都大学志望だったのですが、大阪大学に変更しました。 …(続きを見る
2017年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:72 入学時偏差値:70
6
実家から通える範囲で、自分の成績も含めて考え、神大か京大か阪大を志望していましたが、センターの結果が良かったので、センターの配点の割合が大きい阪大にいこうと思いまし …(続きを見る
2017年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:65 入学時偏差値:70
13
実家から通え、かつ臨床・研究ともに日本トップクラスの総合大学だから。 医学部を目指したのは、人の助けになる仕事でやりがいがありそうだから。 …(続きを見る
2017年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:70 入学時偏差値:72
6
工学系の研究者になりたかったから …(続きを見る
2017年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:66 入学時偏差値:69
0
実家にきわめて近い(徒歩圏内)で、学力的に可能な範囲と思われたので。人の役に立つ仕事をしたいと思ったので。 …(続きを見る
2017年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:58 入学時偏差値:70
4
実家から通えて、研究のレベルが非常に高い大学であったから、学ぶのには最高の環境だと思ったから。 …(続きを見る
2017年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:58 入学時偏差値:75
4
研究医になりたくて、研究に力入れていて、MD育成者プログラムを行なっている阪大医学部はとても魅力的だった。また、実家から通える範囲にあった。 …(続きを見る
2017年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:73 入学時偏差値:76
1
学力的にも、実からの距離的にも丁度よかったので。 祖母や母が病気にかかったことが、一番のきっかけです …(続きを見る
2017年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:70 入学時偏差値:75
2
再生医学によって今まで治療法が見つからなかった病気を治せる可能性がでてきたということに興味を持ち、日本のなかでその分野についてトップレベルの研究を行っている大阪大学 …(続きを見る
2017年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:65 入学時偏差値:70
0
国公立の大学で、旧帝大であり、しっかりとした教授の方々の元で医学を学びたいと思ったから。 …(続きを見る
2017年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:72 入学時偏差値:74
0
できるだけ難しい大学に行きたかったため …(続きを見る
2017年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:72 入学時偏差値:74
1
実家から近く、自分の学力とも合っていて、評判の良い大学だったから。 …(続きを見る
2017年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:53 入学時偏差値:74
1
京都か大阪の国公立大学がいいと前から思っていた。京都大学は苦手教科の国語が二次で課せられるので大阪大学が合格可能圏で最も偏差値が高く憧れていたから。 …(続きを見る
2017年度入学(再入学) 【模試の偏差値】高校三年4月:70 入学時偏差値:75
0
学力的に手の届く範囲の大学で、今まで九州にしか住んだことがなかったので地元から出てみようと思ったから。 …(続きを見る
2017年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:70 入学時偏差値:75
0
家が近くレベルも高いから …(続きを見る
2015年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:70 入学時偏差値:78
0
関西に関連病院が多いから …(続きを見る
2017年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:70 入学時偏差値:80
0
大阪大学は世界的に研究も臨床もレベルが高く、自分の将来の選択の幅が広がると思い、そこで勉強したいと思ったからです。また、カリキュラムも実践的なものが多く、しっかり医 …(続きを見る
2017年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:55 入学時偏差値:70
0
地元の国立医大では学力的にミスマッチだと思い、親に相談した結果、下宿するならば旧帝大しかないと言われて旧帝大医学科志望になりました。阪大を選んだのは受験科目、配点が …(続きを見る
2016年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:60 入学時偏差値:70
6
私は将来、臨床と基礎の架け橋となるような医療や医学研究に取り組んで医療に貢献したいと考えています。また、医学、薬学、社会科学、哲学など多面的なアプローチで患者さんに …(続きを見る
2015年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:70 入学時偏差値:70
3
実家から通える範囲の距離にある大学であるため。 阪大医学部は最先端医療に関わることができる環境が充実しているので選択しました。 …(続きを見る
2015年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:60 入学時偏差値:75
2
親が阪大医学部卒であり、また、阪大が自分の偏差値で合格する可能性がある大学のうち最も偏差値の高い大学だったため。 …(続きを見る
2013年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:65 入学時偏差値:68
0
学費を抑えるため国公立医学部を考えており、その中でなるべくレベルが高く、かつ自分が行ける可能性の高い大学を志望しました。 …(続きを見る
2016年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:72 入学時偏差値:75
4
両親が医者のため、自然と医学部を目指していた。 大阪大学は高度な研究をしているのと、近くに親戚が住んでいるため。 …(続きを見る
2016年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:70 入学時偏差値:76
0
臨床のレベルが高いこと、大学が家から近いということと合わせて考えると1番理想の大学であったから。医学部を目指した最も大きな理由は父の職業である医師に憧れを抱いたから …(続きを見る
2016年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:80 入学時偏差値:80
0
学力的に絶対合格できる大学の中で最も偏差値が高かった。 小児精神科を研究し、子供の社会をより良くするため医学部を志望した。 …(続きを見る
2016年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:80 入学時偏差値:76
9
そもそも医学部を志望したのは、医師が、日本のみならず世界の少しでも多くの人たちのためになる生き方ができると考えたからです。また、その中でも大阪大学を選んだのは、臨床 …(続きを見る
2013年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:60 入学時偏差値:75
1
高校時代に親が医師である友人が複数おり、その影響で医師を目指しました。 …(続きを見る
2013年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:70 入学時偏差値:75
4
実家から通える大学が良いということで選びました。また私は臨床医になりたかったためその中でも臨床に力を入れている大阪大学を志望しました。 …(続きを見る
2016年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:56 入学時偏差値:75
0
自分の医師としての可能性を広げるため、施設の整っている大学を選んだ。 …(続きを見る
2016年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:78 入学時偏差値:80
2
実家から通えることが条件で、その中で成績に見合った学校を選びました。将来は臨床医を志望しているので、大阪大学が臨床に強かったというのも理由の一つです。 …(続きを見る
2013年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:65 入学時偏差値:70
3
大阪大学は日本の中でもトップクラスの大学であり、心臓外科や免疫学など世界に誇ることのできる分野が多くあることです。 …(続きを見る
2016年度入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:55 入学時偏差値:73
3
独学で生命科学を学んでいくうちに医学への興味が高まったから。 …(続きを見る
2015年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:60 入学時偏差値:70
8
自分の学力で合格することができそうだっから。 …(続きを見る
2015年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:60 入学時偏差値:80
3
小中高とずっと地元で暮らしていたので、大学は地元を離れて生活してみたいと思い、現役の時は東北大学を受験しました。しかし、不合格が決まり、もう一年勉強しなおすなら現役 …(続きを見る
2015年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:69 入学時偏差値:73
2
昔に阪大病院に入院していたことがあり、医者を目指すにあたって思い入れのある阪大に入りたいと思ったから。 …(続きを見る
2014年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:63 入学時偏差値:71
3
自分は幼少期から病気を患っていて、その時の担当医の方に憧れ、その先生の出身である大学に行きたいと思い、また自分が患者であった経験を活かすことで、恩返しできないかと思 …(続きを見る
2013年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:60 入学時偏差値:75
3
私は元々理系に進もうと思っていて、実際理系科目は得意ですが、文系科目は苦手できた。また、高3に志望校を医学部に決めたので、国語を勉強する時間はほとんどなく、二次で国 …(続きを見る
2013年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:60 入学時偏差値:70
1
受験時代にはまだ研究に進むのか臨床に進むのか決めていなかったので、研究の面でも臨床の面でも世界の最先端を行く大阪大学にいこうと考えたため。 …(続きを見る
2014年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:65 入学時偏差値:72
2
大阪大学医学部は国内屈指の基礎・臨床研究能力を誇っています。また実家が大阪にあるので将来医師として働くことを考えた時にも素晴らしい関連病院が多くあると聞いたので大阪 …(続きを見る
2011年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:60 入学時偏差値:70
1
大阪の病院で働きたいと考えていたので、系列病院の多い大阪大学を志望した。 …(続きを見る
2012年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:70 入学時偏差値:70
1
免疫学や循環器科外科学の分野で世界でも突出した成功をおさめており、最先端の医学を学べる大学であると思ったから。 …(続きを見る
2015年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:75 入学時偏差値:80
1
免疫の分野で実績をあげており、臨床、研究ともに世界のトップレベルを誇る歴史ある大学だと思ったからです。 …(続きを見る
2014年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:68 入学時偏差値:72
4
現役の時は難しい大学にチャレンジしたいと思い、前期で東大理三、後期で阪大医学部に出願し、前期で不合格だったが、後期で合格することができたため。 …(続きを見る
2014年度入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:- 入学時偏差値:-
2
もともと京都大学法学部に通っていたのですが、法学の勉強にどうしても興味を持てず、小さい頃からの夢だった医学部を改めて目指すことにしました。2年次の夏に大学をやめ、半 …(続きを見る
-入学(浪人) 【模試の偏差値】高校三年4月:- 入学時偏差値:-
3
東大や京大の数学の問題は、難しいけれど、解放はきれいです。 …(続きを見る
-入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:- 入学時偏差値:-
2
以前から大阪大学に憧れがあったため。 …(続きを見る
-入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:70 入学時偏差値:72
3
研究・臨床ともにレベルが高く、質の良い教育が受けられると思ったから。 …(続きを見る
-入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:77 入学時偏差値:78
1
臨床にも研究にも強い大阪大学なら、医師としての仕事の選択肢も増えるから。他大学に比べてセンター試験の配点が高いため、二次で勝負しなければならない、と気負わなくてよか …(続きを見る
-入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:60 入学時偏差値:70
3
センター試験の結果を踏まえて、得点率が9割超えていたので阪大にチャレンジしてみようと思いました。また阪大は医師になってからも臨床面で強いと思ったので阪大を選びました …(続きを見る
-入学(現役) 【模試の偏差値】高校三年4月:80 入学時偏差値:80
0
ずっと北摂、さらには阪急宝塚線沿線で生まれ育ったので、馴染みがあった。小学校のころからなんとなく阪大を考えていた。医学部と決めたのは、父が歯医者のため、同じ医療系に …(続きを見る
カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

大阪大学医学部と偏差値の近い 国公立大学

大阪大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
大阪大学医学部の画像はHykw-a4さんから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル