産業医科大学医学部

産業医科大学医学部
口コミ 勉強法(12)/ 面接対策(5)/ 小論文対策(3)/ 大学生活(8
偏差値 65.753位/82校 国家試験合格率 95%17位/80校
学費 30,490,000円11位/31校 男女比 男-:女-女子比率 -位/82校

産業医科大学医学部の面接対策の口コミ

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

5件中 1-5件を表示

面接対策の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:52  入学直前期:55ID:3521

参考になった:21
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個人面接
【面接官と受験生の人数比】
面接官3人に対して受験生1人
【所要時間】
20分くらい
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
(質問)
修学資金貸与制度について知っていますか?
(回答)
学費の3分の2を貸与でき、卒業後決められた進路に貸与を受けた1.5倍の期間勤めると返済が免除される制度
(質問)
産業医に2種類あるの知っていますか?
(回答)
専属産業医と嘱託産業医
(質問)
本校に入学したらどの部活に入りたいですか?
(回答)
まだはっきりとは決まっていないですが、●●部に興味があります
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
和やかでした。
最初に面接官から緊張してると思いますが、リラックスして答えてくださいと言われて、少し緊張が解けた
【面接官】
男性3人で、真ん中の人が中心に質問してきた。

産業医大学は、学科試験で合格の可能性が高い人は、大学に入学してから何がしたいか、といった類いの質問が多いので面接で自分がどの程度なのか分かると思う。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接対策は直前になってから始めました。
予備校で模擬面接を、してくれたのでそれを有効活用しました。
練習は2回くらいしかしてないです
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
ある程度聞かれそうな質問はリストにしてその回答も事前に考えておきました。
予備校から、各大学で過去にどのような質問がされたか調べたものがあったのでそれを、利用していました。
日頃から自分の伝えたいことをできるだけ簡単に伝えるように心がけていました。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
再受験するとしたら、産業医についてはもちろん産業医関連のニュースなどを事前にチェックしてから面接に望むと思う。
よほどのことがない限り面接で落とされることはないが、自分の意見を分かりやすく堂々と、説明できたらいいと思う。

面接対策の口コミ

【入学年度】2017年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:58  入学直前期:67ID:2659

参考になった:11
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【形式】
個別面接
【人数比】
試験官:受験生=3:1
【所要時間】
20分程度
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
産業医科大学の設置意義は?
【回答】
働く人々の健康のために、予防医学の観点から積極的に働きかける医師(産業医)の育成
【質問】
高齢者の運転による事故に対する意見
【回答】
運転する高齢者にも責任はあるが、車が不可欠な田舎では、取り締まりだけでなく代替案も必要だとおもう。
【質問】
将来の働き方はどのようなものを考えているか?
【回答】
産業医として企業で働きたい
当日の面接の様子について教えてください。
時間が長いので、結構深いところまで聞かれますが、圧迫という感じほとんどはなかったです。むしろ、「正解があるような質問ではないですから、あなたの考えを素直に述べてください」と優しく対応してくださいました。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
高3の2月から始めました。学校や予備校の先生に面接官役をしてもらいました。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
特にしていたわけではありませんが、ニュースや新聞をよく読むようにしていました。特に医学に関するニュースはだいたいでいいので、何を言わんとしているかを把握するようにしました。新聞の社説は、小論の参考にもなるので、読むことをおすすめします。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
所作の確認は、ぎりぎりまでした方がいいです。よほど態度が悪くない限り、所作で落とされることはまずありませんが、振るまいかたを間違えると、想像以上に焦ります。落ち着いてきちんと話せるためにも、所作の確認をするのがいいです。

面接対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:68  入学直前期:68ID:1574

参考になった:18
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別
【面接官と受験生の人数比】
面接官3人に対して受験生1人
【所要時間】
15分程度
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
医学部を志望した理由は?
【回答】
産業医を目指していることを面接では言いました。
【質問】
産業医の仕事はなんですか?
【回答】
産業医科大のパンフレットに書いてあることを言いました。
【質問】
修学資金制度について答えなさい。
【回答】
パンフレットに書いてあることを言いました。
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
普通の面接でした。圧迫とは感じませんでした。用意してきた質問が幸運なことにあり、堂々と答えることができました。修学資金制度と産業医のことは毎年詳しく聞かれるので用意して完璧に暗記しておくべきだと思います。
【面接官】
男の人3人が長机を挟んで座っていました。若い先生というよりは、中年の人というイメージでした。最初真ん中に座っている人からしばらくの間質問に答えていました。その後に、左の人から質問され、その後右の人から質問されました。質問される内容は決まってないようで、わたしが喋ったことに対してなにかしらの質問している様子でした。最後に真ん中の試験管の方が両サイドの方に「質問はもうないですか?」と聞いて終わりました。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
前期試験が終わってから対策はし始めました。面接は2、3回程度学校の先生にしてもらったくらいです。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
日頃から取り組んでいることはそんなにありませんでした。しかし、前期試験が終わってから、面接のマナーなどの本を読み、一通りの流れを確認しました。大事なのは、マナーよりも面接内容だと思います。毎年、面接で聞かれることは決まっている部分があるので、その質問に対する答えは用意しておくべきです。あとは、流行りのニュースや、病気については聞かれて答えられるようにひらすらニュースをチェックしていました。また、その年に話題になった世界中の病気がどんな病気であるかは説明できるように準備していました。
また、産業医についてはすごく内容を深く聞かれるので、かなり、調べて知識を増やしていっておいたほうがいいと思います。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
わたしは、満足のいく面接だったと思っています。質問に対して詰まることもなく、また自分の意見をはっきり言えたので、終わった後すごく達成感がありました。でも、もう一度受験するのであれば、高校のときの話を聞かれた時に、部活をしてなかったわたしはすぐに頑張ったことなどが浮かびませんでした。その時は、文化祭や体育祭の行事について話しましたが、もしやり直すのであればそこもきちんと用意した答えを言いたかったです。
入学してみんな言っていたことは、面接はかなり変な人でなければ落ちることはないそうです。でも、産業医科大の面接は3次試験としてきちんとあるので対策していたほうがいいと思います。面接があるまでの待ち時間が少し長く何度か移動するのでその時きちんと話を聞いて行動するようにしたほうがいいと思います。

面接対策の口コミ

【入学年度】2015年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:63  入学直前期:70ID:1123

参考になった:9
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別
【面接官と受験生の人数比】
面接官3人、受験者1人
【所要時間】
10分程度
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【【質問】
・奨学資金制度
・志望理由
・勉強法
当日の面接の様子について教えてください。
【面接官】
50〜60歳程度の男性3人。スーツ姿で質問する人、優しい人、厳しい人、みたいな感じでした。
【会場の様子】
少しピリピリしている感じだった。
【面接を受けてみた印象】
圧迫面接ときいていたのでかなり構えていったがとても優しかった。答えたことに何も突っ込まれなかった。補欠合格の人など、合格点ギリギリの人に対しては圧迫面接のような感じだったらしいが、ほとんどの人にはかなりやさしかったらしい。学科試験の点数を事前に面接官は見ているので面接の仕方を受験生によって変えているのだろう。奨学資金制度と志望理由を決めて覚えていけば何の問題もない。前日の夜から対策しても余裕で間に合う。聞かれたことに答えればいいだけで和やか。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
前日に志望理由と奨学資金制度をおぼえただけです。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
医療ニュースは極力詳しく知ることができるように努力する。特にこれといって日ごろ取り組んでいたことはないが、面接対策をする時はテンプレをいくつも作ってどんな質問が来ても答えられるようにしていた。兵庫医科大学の面接では、内容は覚えていないがかなり突っ込まれた。半泣きになったが、めげないことが大切。あと、基本的なことだが、普段から正しい言葉遣いを気をつける。日場の癖はどうしてもでてしまうものである。また、動作ひとつひとつも丁寧を普段から心掛け、いかにして好印象を与えるかを考えて過ごす。コミュニケーションが得意な人であれば心配することはないと思う。コミュニケーションが苦手な人はパニックにならないことが大切。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
対策にそこまで力は入れないと思う。しかし、医療ニュースを定期的にチェックしたり、他のニュースにも関心を持ち、話題性を広げたいと思う。面接では、医療テーマももちろんだが、医療と関係ないことを聞かれることもあるので、話せる話題が多いというのはかなり有利なことであると思う。また、表面的に覚えたような回答ではなく、自分の言葉で自分の考えを述べられるようにしたいと思う。そのためにも、色々な分野の知識は必要であると思う。しかし、受験生にそのような時間はあまりないので、スマートフォンのニュースを配信するアプリをダウンロードして移動時間に数分間見てみるというのもいいのではないかと思う。面接で落とされることはほとんどないらしいけれど、気を抜かずに頑張って下さい。

面接対策の口コミ

【入学年度】2015年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:65ID:1077

参考になった:15
受験された医学部の面接の形式について教えてください。
【面接形式】
個別
【面接官と受験生の人数比】
面接官3人に対して受年生1人
【所要時間】
30分前後
あなたが面接で聞かれた質問は何ですか。また質問にどのように回答しましたか。最低3つ教えてください。
【質問】
産業医についてあなたが知っていることを教えてください
【回答】
イメージとしては企業に所属したりしてそこの企業に所属する会社員の方々の健康のケアをするのが産業医という認識を持っています
【質問】
修学資金制度について教えてください
【回答】
なんて答えたか覚えてませんがパンフレットにあった修学資金制度について丸暗記して答えました
【質問】
産業医になる気ある?
【回答】
自分は再受験ということもあって前の大学でもそして再受験中もアルバイトをしていてそこで働く上での健康面がいかに重要かというのを感じました。なので私はその大切さを知ってるので産業医という働く人の健康面をケアする仕事にとても興味を抱いています
当日の面接の様子について教えてください。
【面接の雰囲気】
緊迫した感じかなと思ってた割にすごく和やかでした。ちゃんと答えたおかげなのかどうなのかわからなかったですが、普通の質疑応答という感じで特に止まることなく、またたまに笑いつつ終わりました。
【面接官】
40代くらいの男性3名でした。3人とも普通な感じでまた、中には笑顔を見せてくれる人もいたので逆にびっくりしました
【面接を受けてみた印象】
ある程度はネットなり友達なりいろいろな情報を仕入れてきて万全の準備はしてたのですがやはり緊張はしました。特に全生徒が集められるホールでは緊張が半端なかった記憶があります。ただ、ホールから待合室に移動してからは緊張が吹っ切れてしまって待合室で呼ばれるまで昼寝をしてしまいその成果面接の時は全く気負いせず素の自分でいられました。なので緊張しすぎよりかはリラックスしすぎのほうがいいとおもいます。
面接試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
面接の練習は全くしませんでした。どうせ面接官もしたところで同じような受け答えかというふうな感想を持つと思ったのでその場で受け答えしたほうがいいと思いました。ただ、最低限として受ける大学の特徴や過去に聞かれた質問は試験三日前くらいに頭に入れといて用意できるものは用意しました。すごく前からやるメリットはあまりないと僕は思います。
面接試験の対策として日頃から取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
他人と初対面で話すことに特に苦手意識はなかったし、面接で落とされることはないだろう、それなら学力上げた方がメンタル的にもいいとおもいました。日頃からやったということではないですが、面接は要は印象ゲームだと思ってたのでいい印象を持たれるような準備はしました。例えば髪の毛を切ってさっぱりした印象だったりネクタイはあまり派手目じゃないようにだったり受け答えははっきりとしつつもあまり目をずっと見ないように(威圧的に感じられると思ったので)穏やかな表情を向けたり、また面接始まってからは少し緊張した様子をみせながら相手の様子を伺ったりと考えうる手はいろいろしました。緊張は実際しましたけど、普通に楽しめればいいやってスタンスでやって方がいいと僕は思います。
面接試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
大学に特有な情報を調べてそれについて問われることをしっかりとリサーチして、また、予備校で行われるであろう模擬面接をしっかりしたいと思う。やはり、一度も面接を受けたことのない状態で本番の面接を受けるのはなかなかきついものがあると思う(自分も初面接が自治医大の面接でその時はものすごく緊張&あまりいい手応えではなかった)また、再受験のひとは面接で落とされやすい大学や、点数化してるところはあまり受けないかもしくは受けるとしてもその分ほかの人よりもより一層対策をするべきだと思う。個人的に面接というのはあまり大きな失言をしなければ大丈夫なものだとは思うが多浪や再受験などは偏見が入ると思うのでそのような対策もした方がいいと思った

5件中 1-5件を表示

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

産業医科大学医学部と偏差値の近い 私立大学

産業医科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
産業医科大学医学部の画像は産業医科大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル