川崎医科大学医学部

川崎医科大学医学部
口コミ 勉強法(3)/ 面接対策(2)/ 小論文対策(1)/ 大学生活(3
偏差値 61.282位/82校 国家試験合格率 87%71位/80校
学費 45,500,000円31位/31校 男女比 男-:女-女子比率 -位/82校

川崎医科大学医学部の小論文対策の口コミ

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

1件中 1-1件を表示

小論文対策の口コミ

【入学年度】2017年(再入学)【模試の偏差値】高校三年4月:55  入学直前期:65ID:3188

参考になった:5
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
今年の問題はテーマを忘れてしまった。
去年は混合診療についての問題だった。
混合診療は、皮膚科と脳外科、など、複数科を同時に診察してもらうことだと思っていた。
そのため、その時はでたらめな内容を書いてしまった。
混合診療とは、保険適用診療と保険適用外である自由診療についてのことを問いにしていたと思う。
このように、川崎医科大学は、知らないとわからないような単語を出して、意見を聞いてくる。
ある程度の医学知識や用語は覚えておいたほうがいいと思いました。
私は、用語はあまり分からなかったが、文章の構成は、トピックセンテンスの後ろに必ずサポートセンテンを書くなど、自分の意見についての根拠はどこにあるのかを示すようにした。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
9月から週1で小論文の授業を受けていた。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
週1回は、医学部じゃない学部の、国立や私立大学の小論文の問題を時間指定して解き、小論文の先生に添削してもらっていた。
ブレインストーミングの練習をした。
すると、最初は単語しか思い出せなかったことでも、ブレインストーミングを続けることで、繋がりそうにないことでも、アイデアを工夫して繋げることができた。
一つのテーマに関して、たくさんの、アイデアをあげるのではなく、一つのアイデアをあげたら、それについて深めていくような文書を書くように心掛けた。自分の体験や経験、聞いた話など、できるだけ具体的に、わかりやすい根拠を示すような文章を書くように心掛けた。
漢字は絶対に間違えないように、市販の漢字ノートを買って対策した。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
新聞やツイッター、ラインニュースなどで関心のある記事について読んだ。
特にツイッターは、一つの記事に対して、両サイドからの意見があることが多く、そのように考える人もいるのか、と感心することもあった。
小論文の基本的な書き方などは、予備校の授業で学んだ。
また、小論文の先生が医療に関する新聞記事を毎週くばってくれた。それはとても参考になった。
小論文の医療の時事ネタなどをまとめた小論文の本を買って読んだ。
自分の志望大学の過去問にまず目を通し、どのようなことが話題になっているのかは把握するようにした。
専門の医学知識がないと解けないのか、ある程度解ける問題なのかを見て、必要だと思った分野だけ、本で目を通した。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
まず最初に、自分の第一志望の大学の過去問を一度解いてみる。
それから、小論文の先生に相談してみる。
小論文は、市販の小論文用の参考書で勉強すると、時間もかかるので、先生に従ったほうがいいと思う。
私は、ツイッターがお勧めだと思う。
たくさんの人の意見を見ることができる。
そのことで、一つのテーマに対して、根拠となる文がたくさんかけると思うし、自分の意見もさらに深めて考えることができる。
医師を志すのだから、絶対に、命の尊厳を無視するような文章は書かない、と徹底してさえおけば、文章の構成があれば他の’受験生と同じレベルで書けると思う。
また、小論文の対策は、1学期からやるのではなくて、2学期から始めても間に合うと思う。

1件中 1-1件を表示

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

川崎医科大学医学部と偏差値の近い 私立大学

川崎医科大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
川崎医科大学医学部の画像は川崎医科大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル