順天堂大学医学部

順天堂大学医学部
口コミ 勉強法(17)/ 面接対策(9)/ 小論文対策(6)/ 大学生活(16
偏差値 70.79位/82校 国家試験合格率 96%6位/80校
学費 20,800,000円2位/31校 男女比※1 男70:女30女子比率 -位/82校

※1…医学部(看護学科等も含む)の男女比率

順天堂大学医学部の小論文対策の口コミ

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

6件中 1-6件を表示

小論文対策の口コミ

【入学年度】2014年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:65ID:1861

参考になった:1
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
写真とタイトルを与えられて考えたことを述べよ、だった。
はっきり言って意味不明な写真だったので、それっぽいことが論理的にかけていればよい。ちなみに、小論文の内容は面接で突っ込まれる。自分はおおむね褒められたが、論理が少し飛躍しているところがあり、質問をされた。圧迫ではない。

小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
高校二年生の夏に夏期講習で四日間だけ習った。一度書き方さえ覚えればそれ以上のことは必要ない。過去問すらやっていない。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
基本的なことは面接対策と変わらない。会話を通しているか文章を通しているかの違いなので、飾らないことが重要。

会話よりも論理的な論述が重要だとは思う。特別な訓練をしないとかけないような小論文は課してこない。小学校のころから親に作文を書いてもらっていない限り、予備校がいうようなフォーマットにしなくても受かるはず。小論文のフォーマットを知っていることと医師としての適性って関係ないのでは?

もちろん予備校が教えてくれるようなフォーマットは読みやすい上に思考を整理しながら書きやすい。なので一度触れてみるといいだろう。

もちろん知識に関しても同じ。医療的な知識なんて大学に入ってからでも間に合う。それよりも大事なのは、常識が歩かないか。素敵な引用をする必要はない。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
さんざん書いてきたが、特殊な知識入らない。例えば薬剤研究の不正に関する論述だが、有名製薬会社の名前や研究形態、薬と医療保険の関係、高価な薬の種類などなくても問題がない。薬の研究には莫大な費用と時間がかかることや、医療関係の大学や会社は公共の福祉において無視できない影響を与えることが分かっていれば書くことができる。むしろ専門的なことを書くと突っ込まれる恐れがある。向こうはプロ。素人の学生が知識で劣ることなどお見通し。知っている範囲内でよい。iPS細胞でノーベル賞をとった日本人がいる程度で大丈夫なはずだ。

もしもそんな最低限の知識もないようだったら、医学部はやめておいてほうがいい。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
書き方だけ先生に教えてもらって、あとは筆記試験の勉強をして、休み時間には趣味の本(推理小説やエッセイ)でも読むともう。これといった対策は必要ないと思う。

新聞やテレビのニュース、ネットのニュースを見ない人はほとんどいないと思う。というか、そうじゃない人が公共の福祉に大きくかかわる医学部を目指すとは到底考えられない。もちろんこれらの情報ソースは大学の先生からしたら不確かなものだが、論文や医学雑誌や医療セミナーに精通している高校生を欲しているわけではない。むしろそんな高校生は不気味でさえある。それに勉強すればするほど自分の不勉強を知るので、本当に医療的トピックに関心のある高校生はそんなことを書かない。

大事なのは知的好奇心を持って、それについて自分なりに考えることだと思う。休憩時間にでも想像や妄想するといい。そういった関心や思考のない人はそもそも大学生に向いていない。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:55  入学直前期:60ID:1660

参考になった:2
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】
少年が窓から外を見ている絵が配られ、「この絵を見て、この子はいったい何を見ており、何を考えているのか、800字以内で述べよ」と出題された。
【回答】
窓の外には通りが広がっており、様々な人が歩いている。子供はまだ幼く、そのどの存在にもなりうる。すなわち、将来はまだ何も決まっていない。これからいろいろと決断をしていくなかで選択肢は少しずつ減っていき、大人になる頃にはその通りを歩く人のうちのひとりとなる。それは、幸せそうに歩く家族かもしれないし、ものを売り歩く人かもしれない。あるいは、通りの端で暮らすホームレスかもしれない。でも、それはまだ誰にもわからない。
というようなことを800字近くになるように解答しました。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
全くやっていません。順天堂大学の小論文は対策する必要はないです。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
順天堂大学の小論文は、前に書いたものや過去問をみてわかるように、対策は特に必要ないのではないかと思います。実際私も直前に過去問を見て、想像を膨らませることしかやっていません。
ただし、まともな小論文の問題が出題されるところでは毎日ではなくとも、ちゃんとした対策を行う必要があるでしょう。市販の参考書や予備校の講習を利用して、知識と小論文の書き方を詰め込み、ひたすら例題を読みまくるのがよいのではないでょうか。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
順天堂大学の小論文に関しては、特に対策は要らないと思います。過去問を事前にいくつか読み、だいたいどのような傾向なのかをつかんでおくだけで充分です。
また、一般的な小論文の対策としてはまず、市販の本や予備校の講習などでよく出題される分野(インフォームド・コンセントや脳死と植物状態など)の知識を深めることでしょう。次に小論文の形式を学んで、書けるようにすることが大事です。また、問題を読んですぐに模範解答を読むという学習も効果的だそうです。このやり方では、数をたくさんこなし、型をたくさん読んで学習することでこのような場合にはこのように書くなども自然と出てくるようになるはずです。
また、私が編み出した方法で、小論文に関連する事項や思い浮かんだ事柄を次々と線でつないでいくという方法も良いと思います。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2016年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:45  入学直前期:65ID:1027

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】
写真をみて、感じたことを書きなさいという内容。
写真にはキングス・クロス駅の地下らしい階段と赤い風船が一つ、階段の手すりにくくりつけてあり、黒い服の男の人がその階段を上っていく姿が写っていた。
【回答】
地下階段は薄暗く感じられたが、その先には明るいホームがあると想像できたため、階段を上っていく男性を浪人時の自分に重ねあわせ、小論文を書いた。
風船を持っていた部分をのびのび生活していた高校生時代、風船をおき階段を登り始めたときを浪人時代、ホームにたどり着き電車に乗って次の場所にいくときを医学部に入学したのち、に対応させ、小論文を構成した。
字数が少ないわけではないので、試験開始後は20分ほど答案には手をつけず想像を膨らませて、大きな流れを作ってから書き始めた。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
現役生のときは講習のときだけ小論文の授業を駿台で受けた。
浪人時は毎週1時間駿台で授業を取っていた。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
まず、授業を受けていた。自分自身で勉強するには難しい内容が多く、先生にまとめて解説してもらったのは非常に効果的だった。また、毎週医療系の問題にふれ小論文を1本ずつ書いていたので、コンスタントに書くことで良い訓練になったと思う。
次に、興味のある分野(医療か否かに関わらず)の本を買って読んだ。興味がある本だと、スラスラと読めるので、隙間時間に読書をしていた。
また、現代文の授業をしっかり受けていたことは、今考えればよかった。現代文は、いかに筆者がイイタイコトを伝えようとしてくるものであるが、その思考を学ぶことで、逆に書くときに相手を説得させる文章を作る、ということの学習にもなった。
自分の考えを、よく考えて相手に伝える練習は今でも役立っていると思う。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
先ほど書いたように、駿台の授業で一通りの知識がまとまった授業をうけたり、興味のある医療系の分野の本を読んだりして、じっくりと知識を貯めていった。駿台の夏季・冬季講習では医系の重要単語をまとめた説明講座もあり、それも有効活用した。受験生は他の実際に筆記試験で出題される教科がとても大切になるため、このように誰かがまとめてくれたものを習うというのは非常に効率の良いものだと思う。
また、広く浅くも大切だが、3つぐらいは自分の語れる話題があると良いと思った。その話題についてはより深く自分で調べ理解し、友達と共有してもいい。そうして語れる状態にしておくと、少しでも関連性のある部分からその話題に引き込み文章を展開することができる。強みがあるとそこから派生もしやすいのでとても良いと思う。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
現役生へのメッセージとしては、小論文の勉強にそれほど時間を割き過ぎる必要はないと思う。現役生は時間がないことは誰でも承知していることであるし、大学側もそれほど完成度の高い小論文を期待しているとは思えない。(ただし後期試験などでは小論文が鍵を握る)そのため、医学的知識を得ることばかりに気をとられ、試験でしっかりと点数を取ることを疎かにしてはならないと思う。小論文は+αの判断材料に過ぎず、大切なのは筆記試験だと思う。小論文で問われているのは、医師に必要な素質と医学に対する興味があるか、と論理的に相手に自分の考えを伝えられるかである。ぜひ、日々の学習(現代文等)を大切にして、そのような力を養ってほしい。
浪人生は現役生よりも多く時間がある。よりレベルの高い小論文を求められても仕方ないだろう。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2015年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:70  入学直前期:70ID:1021

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】
なだらかな海の岸辺の写真について感じたことを述べる問題。
【回答】
医療系トピックにはほとんど関係ないことが問題を見ればわかります。しかし、描かれている風景をそのまま説明することは当然のことながら求められていないと思います。私は、海のグラデーション波のつくる凹凸、岸辺という特徴的な地形に目をつけ、人がどのように一生を過ごすのかを重ね合わせて考えました。すると逆に人の一生というのは、山あり谷ありという言葉から波を繋げるのは容易ですし、岸辺は最終的に行き着く場所という意味で、海のなす色は人生の様々な段階に見立てました。このようにして、与えられた景色が人の一生というものに似ているもので、人間が元来自然の一部だったと考えればそれもそのはずかもしれないというようにしめました。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
対策を始めたのは直前期になってからです。これに関しては、自分一人で思うように書いていました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
上記の通り私は小論文対策にほとんど力を入れていないため、対策として特別に取り組んだことはほとんどありません。
あえて対策としてしておくのならしっかりと文章を滅裂にならずに書けるようにすることです。また、決められた文字数の中でなるべく多くのことを十分に伝えられた方が、文章としての質が高いでしょう。私は普段の学校のアンケートや感想用紙はきっちり埋める方だったので、小論文はその延長として最初からある程度かけました。なので普段から文章を書くことを面倒に思う人や書かない人は苦労するかもしれません。思っていることをしっかりと視覚化できるように言葉にしてみる練習が必要だと思います。なんでも良いので適当な写真を見つけて、それについて思うことを書くことも練習になると思います。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
私の大学では小論文には医学的知識を用いることはほとんどないので、その情報収集をすることにあまり躍起になってはいませんでした。しかし、医療トピックについては、ニュースで見たり、受験時に某予備校から配布された医療トピックまとめというような小さくほとんど厚くない冊子で確認する程度で済みました。
タイムリーで起きた医療ニュースについてはアンテナを張っておいて、なるべくテレビなどでわかりやすく解説されているのを見るといいと思います。また過去のトピックは知らなければ何も書けないですが、一度読んでおけば案外頭に残っているものです。なので一度、インターネットでも良いので、過去のニュースに目を通し、なんとなくでも良いので理解しておくことが大事です。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
小論文対策に関しては、思っていることを簡潔に言語化する能力と、与えられた絵から自分は何を重ねるのかを考えられる力が必要だと思います。
まず簡潔に言語化する力は、ピンポイントで特徴を捉えることから始まります。日常会話レベルから、簡潔に言い表すことを少し意識しておくと良いと思います。
また小論は説明せよという問題ではありません。一つの絵や写真を見てこの学生は何を感じるのかという一種の診察だと思ってください。過度なイマジネーションは要りません。写真から、ある抽象的な真実を重ね、それを簡潔に論じるというのが私が使った手法でしたが、無理に真似る必要はありません。
ただ、説明以上の何かになるように、自分の考えを上に付加するつもりで書いてみましょう。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2015年(現役)【模試の偏差値】高校三年4月:50  入学直前期:65ID:1016

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】
テーマの代わりに1枚の写真がありました。
【回答】
キングクロス駅のある階段が中央には位置し、左上には男性がこちらに背中を向けてたたずんでおり、右下には風船が2つ手すりに括りつけられていました。私は、その階段を男性が歩んで来た人生の経過を表しているのだと論じました。風船が括り付けられているのは幼いころの思い出を表しており、階段の汚れ具合の様子などが1つ1つ異なるのは男性の成長過程で様々な思い出があったことを表しているのだと考えました。また、男性がこちらに背を向けて何か落ち込んでいるように立っているのは、人生において立ち直れないような悲しい出来事があったということを表しているのだと論じました。しかし、男性の頭上に光る行き先が見えない蛍光灯は、明るい未来が待っていることも表しているのだとまとめました。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
小論文の対策は、本格的に始めたのは受験期の直前ですが、月に2,3回、あるテーマや写真について自分の意見をまとめる、ということを行っていました。
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
小論文の構成、具体的には、起承転結について意識して練習していました。自分が何を言おうとしているのかを、簡単に章立て、大まかな構成を書く前に考えていました。次に、始めの冒頭でそのテーマについて自分が知っていることを混ぜて書くような文章の導入のような部分を必ず書くようにしていました。そのために、様々なテーマに対して知識や理解が必要だったのでなるべく新聞の医療関係の記事は家族に声をかけて、取っておいてもらうようにしていました。また、できるだけ誤字や脱字がないようにするために、練習で書き終わった後に見直しを行うようにしていました。そのようなクセを日ごろから身に着けておくことで、本番でのミスをできるだけ抑えることができると考えていました。
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
家族に声をかけて、新聞で医療系やそれに関連する面白そうな記事を見つけたら、取っておいてもらうように頼んでいました。これは、小論文の対策だけでなく、面接対策にもなると考えたからです。また、通っている塾の系列校に医学部専門予備校があったので、そちらにも頼んで、最近の小論文のテーマやそれに付随する知識がまとまっているものを頂き、情報を収集しました。また、取り組んだ小論文は、まず自分で添削をし、校正をしたものを作成しました。その小論文を学校の先生に添削してもらうことで、自分では気づかない気ミスや改良すべき点を見つけていました。このようにすることで、得た技術を次の小論文作成に生かしていき、だんだんと小論文の型のようなものを身に着けていきました。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
小論文で必要なのは知識はもちろんそうですが、文章の書き方であると小論文の練習をしていて感じました。前者は様々なところから情報を収集し、それを理解し覚えることで自分のものになります。しかし、後者は一朝一夕では身に着けられないものだと思いました。文章を書く練習をすればするほど文章力というものは上がっていきますが、徐々にしか上がっていきません。小論文対策は十分な文章力がカギになってくると感じました。そのためにも、直前期に小論文を対策し始めるのではなく、長い時間をかけて文章を書く練習をしていくことが必要になってくるのだと思います。例えば、1週間に1個でもいいので、過去問のテーマに取り組んでみるといったことが良いのだと思います。

小論文対策の口コミ

【入学年度】2015年(浪人)【模試の偏差値】高校三年4月:60  入学直前期:70ID:610

参考になった:0
受験された医学部の小論文のテーマ、またそのテーマに対してどのように論じたのかを教えてください。
【テーマ】キングクロス駅の写真を見せられた。この写真について自由に述べなさい、という問題でした。わたしは写真に写っている男の人が、どこかに決意をもっていくのだろうと想像し、男の人の抱えているもの、背景等についてむすびつけて書きました。一つの写真をじっくり見て、想像して膨らまして何かに無理やりでも結びつける力が大切だと思いました。内容は一次試験では問われませんが、面接で小論文についての説明を求められます。わたしは面接官に「意味が分からない」と言われましたが、丁寧に答えれば、じっくり耳を傾けてきいてくれたので、とにかく80%埋めることに意識を向け、足りない内容は面接で補うつもりでも大丈夫だと思いました。
小論文試験の対策はいつ頃から始めていましたか。またどのくらいの頻度で対策していましたか。
駿台で小論文講座を週一回受けていました
小論文試験の対策として取り組んでいたことは何ですか。できるだけ具体的に教えてください。
まず小論文は型が大切だと思います。要約、意見の導入、譲歩の仕方など、基本的な文章構成を身に付けるよう、模範解答を読みつつ自分で解答を作成してみる。そして、その答案を誰かに添削してもらうことも大切です。客観的な意見をもらうことでより良い答案を作成することができると思います。また、他人の答案を見て、優れた意見をとりいれることも必要です。文章は書きうつすと自然と自分のものになるので、模範解答を書き写して、文体などを取り入れる訓練も時間があれば行うと良いと思います。小論文には様々な形式があります。たとえば、問題文を要約するもの、順天堂大学のように写真を見て自由に書くものなど多様です。いろいろな問題に触れることが大切だと思います
医学部の小論文に必要な知識をどのように深めましたか。参考文献や実践した方法など出来るだけ具体的に教えてください。
わたしは予備校においてあった、医療記事だけを集めた雑誌を読んでいました。その雑誌には、闘病記から、医療事故の記事まで、新聞で扱われた全国の様々な新聞の医療記事が載っているので、多様な知識が得られ、面接や小論文で医療問題について聞かれて困ることはありませんでした。よく聞かれる安楽死などの論点などは本を読むか、調べてまとめるなどして、自分なりに論じることが出来るようにしておくべきでしょう。予備校の小論文講座では、頻出するトピックについて分かりやすく説明してくれるのでお勧めです。また、患者さんや医師と直接触れ合うことで得られるものもあるはずです。ボランティアや講演会などで会う機会があるのならば、積極的に利用してみるのが良いと思います。
小論文試験をもう一度受験するとしたらどのような対策をしますか。次世代の医学部生へのアドバイスも兼ねて教えて下さい。
面接で小論文の内容が飛躍していてよくわからないから説明するように求められました。これは内容もですが、私の文章力のなさによるものだと思います。日ごろから人に伝わるような分かりやすい文章を書くくせをつければよかったと思います。また、小論文で出される課題文の要約も苦手でした。要約が長すぎるせいで、本論が短くなりすぎることもありました。天声人語などの要約を短時間で行う訓練をしておけばよかったと思います。そして、受験直前は小論文対策に時間を費やしたくないと感じると思うので、時間が比較的ある高校二年生や高校三年生の前期から少しずつ練習しておきたいと思います。小論文だけでは受かりませんが、出来があまりにも悪いと落とされるのである程度は訓練するべきです。

6件中 1-6件を表示

カテゴリで絞り込む
全てのカテゴリ
勉強法の口コミ
面接対策の口コミ
小論文対策の口コミ

順天堂大学医学部と偏差値の近い 私立大学

順天堂大学医学部を見ている人はこんな大学も見ています

大学基本情報および受験・入試情報について
独自調査により収集した情報を掲載しております。正式な内容は各大学のHPや、大学発行の募集要項(願書)等で必ずご確認ください。
大学の画像について
順天堂大学医学部の画像は順天堂大学公式HPから提供していただきました。
医学部予備校マニュアル