九州・沖縄にある『医学部に強い高校』医学部合格者数高校ランキング

九州・沖縄にある医学部に強い高校ランキング TOP 10

順位 学校名 医学部
合格者数
国公立 私立 卒業者数 卒業者数割合
1 久留米大附設(福岡)[私立] 130 77 53 191 68.1%
2 ラ・サール(鹿児島)[私立] 125 76 49 231 54.1%
3 熊本(熊本)[公立] 82 51 31 398 20.6%
4 青雲(長崎)[私立] 68 33 35 227 30.0%
5 昭和薬科大附(沖縄)[私立] 61 47 14 218 28.0%
6 修猷館(福岡)[公立] 53 33 20 433 12.2%
7 宮崎西(宮崎)[公立] 50 33 17 400 12.5%
8 鶴丸(鹿児島)[公立] 46 32 14 311 14.8%
9 福岡大附大濠(福岡)[私立] 44 18 26 609 7.2%
10 弘学館(佐賀)[私立] 43 19 24 139 30.9%

九州・沖縄の都道府県別医学部に強い高校

福岡にある医学部に強い高校

順位 学校名 医学部
合格者数
国公立 私立 卒業者数 卒業者数割合
1 久留米大附設(福岡)[私立] 130 77 53 191 68.1%
2 修猷館(福岡)[公立] 53 33 20 433 12.2%
3 福岡大附大濠(福岡)[私立] 44 18 26 609 7.2%
4 明治学園(福岡)[私立] 32 17 15 201 15.9%

佐賀にある医学部に強い高校

順位 学校名 医学部
合格者数
国公立 私立 卒業者数 卒業者数割合
1 弘学館(佐賀)[私立] 43 19 24 139 30.9%

長崎にある医学部に強い高校

順位 学校名 医学部
合格者数
国公立 私立 卒業者数 卒業者数割合
1 青雲(長崎)[私立] 68 33 35 227 30.0%

熊本にある医学部に強い高校

順位 学校名 医学部
合格者数
国公立 私立 卒業者数 卒業者数割合
1 熊本(熊本)[公立] 82 51 31 398 20.6%

大分にある医学部に強い高校

該当する高校はありません。

宮崎にある医学部に強い高校

順位 学校名 医学部
合格者数
国公立 私立 卒業者数 卒業者数割合
1 宮崎西(宮崎)[公立] 50 33 17 400 12.5%

鹿児島にある医学部に強い高校

順位 学校名 医学部
合格者数
国公立 私立 卒業者数 卒業者数割合
1 ラ・サール(鹿児島)[私立] 125 76 49 231 54.1%
2 鶴丸(鹿児島)[公立] 46 32 14 311 14.8%

沖縄にある医学部に強い高校

順位 学校名 医学部
合格者数
国公立 私立 卒業者数 卒業者数割合
1 昭和薬科大附(沖縄)[私立] 61 47 14 218 28.0%

『医学部に強い高校』 -九州・沖縄地方の傾向-

九州・沖縄地方の傾向

国公立医学部合格者が9人以上かつ私立医学部合格者14名以上の高校全89校の内、九州・沖縄地方には11校あります。2017年度の九州・沖縄地方において最も多くの医学部合格者を出した高校は久留米大附設高校で、現役と浪人を合わせて合格者は130人でした。都道府県別でもっとも多く医学部合格者を出した高校は、福岡県が久留米大附設高校、佐賀県が弘学館高校、長崎県が青雲高校、熊本県が熊本高校、宮崎県が宮崎西高校、鹿児島県がラ・サール高校、沖縄県が昭和薬科大附高校でした。(大分県では今回のランキングの条件に当てはまる高校はありませんでした)
医学部受験の動向として、後期試験を廃止する大学が出てきたことや医学部を新設する大学が増えた影響で倍率は下がっています。しかし、医学部受験が易しくなったわけではなく、入試の難易度は変わっていません。
医学部進学への一番の近道はまず「医学部に強い高校」に進学することです。全国的な医学部合格者数上位校の傾向としては、学内に医学部志望者が多いことや、合格実績を頼りに優秀な生徒が数多く入学するということです。更に、合格者が多い高校のほとんどは中高一貫校になりつつあるようです。医学部受験を考えている方は、まずはこういったことを参考に高校選びをしてみてはいかがでしょうか。

他の地域の医学部に強い高校を見る

全国 | 北海道・東北 | 関東 | 中部 | 近畿 | 中国・四国 | 九州・沖縄

全国82大学医学部に関するランキング

  • ※上記のランキングは2017年度のデータを参考に作成されています。
  • ※合格者の数値は現役・浪人生数が含まれたものです。
  • ※都道府県別に、国公立医学部合格者が9人以上かつ私立医学部合格者14人以上の高校のランキングです。