全国医学部に強い高校ランキング TOP 20

順位 学校名 医学部
合格者数
国公立 私立 卒業者数 卒業者数割合
1 東海(愛知)[私立] 222 109 113 426 52.1%
2 ラ・サール(鹿児島)[私立] 158 84 74 215 73.5%
3 四天王寺(大阪)[私立] 154 50 104 456 33.8%
4 開成(東京)[私立] 149 59 90 399 37.3%
5 灘(兵庫)[私立] 145 94 51 218 66.5%
6 洛南(京都)[私立] 138 83 55 522 26.4%
7 海城(東京)[私立] 131 40 91 287 45.6%
8 豊島岡女子学園(東京)[私立] 126 28 98 344 36.6%
9 青雲(長崎)[私立] 117 58 59 192 60.9%
10 帝塚山(奈良)[私立] 117 25 92 386 30.3%
11 久留米大附設(福岡)[私立] 116 60 56 200 58.0%
12 桜蔭(東京)[私立] 113 35 78 231 48.9%
13 智辯学園和歌山(和歌山)[私立] 113 56 57 268 42.2%
14 南山(愛知)[私立] 108 39 69 390 27.7%
15 滝(愛知)[私立] 101 41 60 343 29.4%
16 渋谷教育学園幕張(千葉)[私立] 101 34 67 349 28.9%
17 巣鴨(東京)[私立] 99 29 70 244 40.6%
18 駒場東邦(東京)[私立] 91 23 68 237 38.4%
19 愛光(愛媛)[私立] 90 45 45 230 39.1%
20 岡山白陵(岡山)[私立] 88 40 48 189 46.6%

地域別医学部に強い高校ランキング TOP 3

続いて、2016年度における全国の高校(国公立・私立)で医学部合格者を多く輩出した高校を地方別にランキングで公開!地域別ランキング上位の医学部進学校に変化はないと思われがちですが、実は近年新たな動向が各地でみられます。結果からわかる進学校の医学部合格者実績と最近の傾向を知ることで、自分の地域から最適な「医学部に強い高校」選びにお役立てください。

北海道・東北地方の医学部に強い高校ランキング

順位 学校名 医学部
合格者数
国公立 私立 卒業者数 卒業者数割合
1 仙台第二(宮城)[公立] 85 47 38 325 26.2%
2 北嶺(北海道)[私立] 67 37 30 125 53.6%
3 札幌南(北海道)[公立] 58 47 11 319 18.2%

関東地方の医学部に強い高校ランキング

順位 学校名 医学部
合格者数
国公立 私立 卒業者数 卒業者数割合
1 開成(東京)[私立] 149 59 90 399 37.3%
2 海城(東京)[私立] 131 40 91 287 45.6%
3 豊島岡女子学園(東京)[私立] 126 28 98 344 36.6%

中部地方の医学部に強い高校ランキング

順位 学校名 医学部
合格者数
国公立 私立 卒業者数 卒業者数割合
1 東海(愛知)[私立] 222 109 113 426 52.1%
2 南山(愛知)[私立] 108 39 69 390 27.7%
3 滝(愛知)[私立] 101 41 60 343 29.4%

近畿地方の医学部に強い高校ランキング

順位 学校名 医学部
合格者数
国公立 私立 卒業者数 卒業者数割合
1 四天王寺(大阪)[私立] 154 50 104 456 33.8%
2 灘(兵庫)[私立] 145 94 51 218 66.5%
3 洛南(京都)[私立] 138 83 55 522 26.4%

中国・四国地方の医学部に強い高校ランキング

順位 学校名 医学部
合格者数
国公立 私立 卒業者数 卒業者数割合
1 愛光(愛媛)[私立] 90 45 45 230 39.1%
2 岡山白陵(岡山)[私立] 88 40 48 189 46.6%
3 広島学院(広島)[私立] 56 39 17 175 32.0%

九州・沖縄地方の医学部に強い高校ランキング

順位 学校名 医学部
合格者数
国公立 私立 卒業者数 卒業者数割合
1 ラ・サール(鹿児島)[私立] 158 84 74 215 73.5%
2 青雲(長崎)[私立] 117 58 59 192 60.9%
3 久留米大附設(福岡)[私立] 116 60 56 200 58.0%

ランキングに見る『医学部に強い高校』

東海(愛知)がまたもやトップに!

2016年度の国公立・私立大医学部入試で最も多くの合格者を出した高校は東海(愛知)で、現役と浪人を合わせて222人の合格者を出し、ランキングトップとなりました。同校は現役合格者数でも全国1位の成績でした。

中高一貫圧倒!医学部現役合格

昨今の傾向として中高一貫校の強さがあげられます。東大合格者2強である灘、開成や、桜蔭、海城など多くの東大合格者を出している高校のほとんどが中高一貫校です。またその傾向は、東大だけではなく西の最高峰である京大、私大医学部の雄である慶大においても顕著に出ています。その理由として、5年間で中高のカリキュラムを終えて最後の1年間を受験対策に充てられるという中高一貫校ならではの教育体制があげられます。そのため医学部を含む難関大進学を目指して中高一貫校に入学する傾向が、近年いっそうが高まっています。また、首都圏の医学部を代表する慶應義塾大学、東京慈恵会医科大学、日本医科大学、順天堂大学、昭和大学の合格者トップ10も、灘やラ・サールをはじめとする中高一貫校が並んでいます。

医学部志向が高い関東・近畿

関東には国立大医学部が7大学(防衛医科大学校)、私立大医学部は17校もあります。
中でも5つの国立大学は全国的に見ても難関と言われる大学で、それらに不合格だった学生は自宅から通える私立大学に進むケースが多いようです。
また、関東の進学校の中には特別な指導を行っているところもあり、全国ランキング7位の海城(東京)は、04年度から医学部志望者を対象とした「医学部小論文・面接講座」を始め、医師を目指す理由や理想とする医師像について考えさせる授業を行っています。
関東と同様に医学部志向が高いのが、国立大医学部が9大学、私立大医学部が4大学ある近畿地方です。近畿の進学校である四天王寺、灘、洛南、帝塚山、智辯学園和歌山などが高い医学部合格率を誇っています。近畿地方は全国的に見てもランキング上位常連校が多い地域であるため、「医学部受験激戦地」と言っても過言ではないでしょう。

他の地域の医学部に強い高校を見る

全国 | 北海道・東北 | 関東 | 中部 | 近畿 | 中国・四国 | 九州・沖縄

全国82大学医学部に関するランキング

  • ※上記のランキングは2016年度のデータを参考に作成されています。
  • ※合格者の数値は現役・浪人生数が含まれたものです。